最新インプラント症例ブログ

2015年3月12日

最新インプラント症例:229回目

2015年 3月12日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 インプラント症例専門サイト」です。

『229回目のインプラント症例』になります。

本日の症例のテーマは、
「インプラント周囲炎」です。
インプラント周囲炎とは、インプラントが歯周病と同じような症状になることです。
インプラント治療後に歯ブラシが不十分になると
汚れは 歯肉 と インプラントの境目から内部に侵入していきます。
この汚れは歯周病細菌と同様の細菌です。
そして初期の段階では インプラント周囲の歯肉が腫れて行きます。
その後 インプラントを支えている歯槽骨を吸収してしまいます。
最終的にはインプラントはダメになり、撤去することになります。
これが インプラント周囲炎 なのです。

本日ご紹介するケースは再アップ症例です。
他歯科医院で行ったインプラントが 「インプラント周囲炎」となり
紹介されて当医院を受診された方です。
また、インプラント周囲炎以外にも問題が多くあった方です。

インプラント周囲炎は、非常に大きな問題です。
インプラント治療後に適切にメインテナンス(定期検査) が行なわれなかったり、
歯周病がある状態のままで インプラント治療を行なったりした場合には、
こうしたインプラント周囲炎になる可能性が高くなります。

歯周病のケーアは本当に大切なのです。

症例は、10年程前のケースですので、初診時のレントゲンは少し見づらくてすみません。

それでは早速見てみましょう!
以下が初診時です。
スライド01

右下のインプラントは他の歯科医院で行ったとのことです。
インプラント治療後に その手前にある天然歯がグラグラしてきて
腫れを繰り返した結果、自然に脱落してしまったとのことでした。
スライド02

紹介を受けて当医院に来院された時に 検査を行うと
さまざまな問題を抱えていました。
まず、2本埋入してあるインプラントのうち
手前のインプラントが感染を起こしていました。
インプラント周囲炎です。
スライド03

骨吸収も起こしていました。
ここでいつものように 骨吸収の状態を線で書いてみましょう!
青線が骨吸収を起こす前の骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
何度か このブログを見られている方は、
この線がだいぶ分かってきたのではないでしょうか?
始めて見られる方は、是非この線を覚えておいて下さい。
赤線まで骨が吸収したということです。
スライド04

インプラント周囲炎(骨吸収)がここまで進行してしまうと
治療することが難しくなります。
結果として、インプラントを摘出することが必要な状態でした。
スライド05

それでは なぜ このような状態になってしまったのでしょうか?
スライド06

口腔内全体が非常に進行した歯周病だったのです!!
スライド07

それでは、これも先程と同じように
骨吸収の状態を線で書いてみましょう!
青線が骨吸収を起こす前の骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
骨吸収が非常に進行しているのが分かると思います。
スライド08

上顎左側の奥歯に関しては グラグラ です。
スライド09

上顎左側の奥歯 2歯は保存が難しい状態でした。
抜歯と判断しました。
スライド10

他の歯もかなり 歯周病が進行していました。
このままでいると ほとんどの歯はダメ(抜歯)になってしまうような状態です。
また、歯周病が進行した他の原因として、
奥歯が欠損していることです。
奥歯が欠損していると 残っている前歯に負担が加わります。
奥歯の噛み合わせをきちんとすることが 残っている歯の将来を決定します。
スライド12

患者様は、上顎左側の奥歯を抜歯後には、インプラント治療をご希望されました。
スライド13

しかし、骨吸収が大きく インプラント治療は無理な状態でした。
スライド14

その理由として、上顎洞の存在があるからです。
上顎洞とは、上顎の奥歯の上方にある空洞のことです。
上顎の奥歯の上方には、この上顎洞という空洞が存在するため
インプラント治療を難しくしているのです。
実際に上顎洞を線で書いてみましょう!
スライド15

先程解説しましたように この緑線の内側は骨ではありません。
ただの空洞です。
さらに見やすくするために 上顎洞を緑色で塗りつぶしてみましょう!
スライド16

現状では 骨吸収と 上顎洞の存在のため、インプラントを埋め込むことはできません。
骨の高さがほとんどないのです。
スライド17

そのため、もし 上顎左側の奥歯にインプラント治療を行うためには、
上顎洞内部に骨移植を行うことが必要になります。
この治療をサイナスリフト法(上顎洞底挙上術) と言います。
スライド18

このサイナスリフト法(上顎洞底挙上術) は、
インプラント治療の中で最も大変な治療です。
治療後の腫れ 等も大きく起こります。
しかし、今回のような骨吸収が大きいケースの場合、
このサイナスリフト法(上顎洞底挙上術) を行わないとインプラント治療は不可能です。
患者様は、上顎左側の奥歯に関しては、このサイナスリフト法(上顎洞底挙上術) を行い、インプラントを埋入することに同意していただけました。
次に問題があったのが、上顎右側奥歯です。
この部分も骨吸収と上顎洞の問題がありました。
スライド19

骨の高さがほとんとありませんでした。
スライド20

左右ともサイナスリフト法(上顎洞底挙上術) を行い、インプラント治療を行うことが最も良い方法です。
しかし、サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) がどれほど大変であるのかが分からないため、まずは 左側を行い、その後に右側を行うかどうか決めたいとの患者様のご希望がありました。
スライド21

そのため、インプラントの治療計画は以下のようになりました。
まず、下顎右側です。
まずインプラント周囲炎となっている インプラントを摘出します。
その後、摘出した手前の部分に新たにインプラントを埋入し、
先に埋め込んであった奥のインプラントとブリッジを行います。
次に下顎左側です。
この部分には、インプラントを1本埋入する計画を立てました。
次に骨の状態に問題のある上顎左側の奥歯です。
この部分には、サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) を行い、2本のインプラントを埋入する計画を立てました。
スライド22

まず、徹底した歯周病治療を行うことが最優先です。
歯周病の状態のままでインプラント治療を行うことは良いことではありません。
インプラントにも歯周病細菌が感染してしまうからです。
以下のレントゲンは、歯周病治療が終了した後で、
上顎左側の奥歯を抜歯し、
下顎の奥歯に1本のインプラントを埋入した後です。
スライド23

次に上顎左側の奥歯に骨移植(上顎洞底挙上術) を行いました。
移植した骨が安定するまでには、かなりの期間がかかります。
約6ヶ月以上です。
その間に下顎右側のインプラント周囲炎は摘出し、新たなインプラントを埋入して
インプラントブリッジとなりました。
下顎左側も被せ物まで終了したのが以下のレントゲンです。
スライド24

上顎左側の 上顎洞内部に見える 白っぽいのが 移植した骨です。
以下のレントゲンは、上顎左側の奥歯にインプラントを埋め込んで治療終了後
約10年程たった状態です。
スライド25

上顎右側の奥歯は 結果的に 現在まで
サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) は行っていません。
義歯となっています。
しかし、左側だけでも奥まで きちんと 噛み合う部位が確保されたことは
非常に重要なことです。
奥歯できちんと噛めることにより、残っている前歯への負担が少なくなっているのです。
もし、今回奥歯にインプラント治療を行っていなければ、
前歯はダメ(抜歯)になっていた可能性が高いと考えられます。
以下のレントゲンは、上顎左側の上顎洞の位置を
術前 と 術後 で表したものです。
骨移植により 骨の高さが大幅に増大したのが分かるかと思います。
スライド26


本日のテーマは、インプラントも歯周病のように感染してしまう可能性があるということです。
また、歯周病がある状態では けしてインプラント治療を行ってはいけません。
また、歯周病は、放置すればするほど骨吸収が進行します。
歯周病が進行した状態で抜歯すると
骨吸収が大きくなりますので、その後のインプラント治療が困難になってしまうのです。

歯周病は怖いですよ!

使用したインプラントは、全てストローマンインプラント(ITIインプラント) です。


治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯  100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 70.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。




お知らせです。
かなり長く続けていたインプラントモニター制度ですが、
症例も数多くあつまりましたので、4月頃を目安に終了予定です。

多くの方のご協力で莫大な症例数があつまりました。
ありがとうございました。


今後どのようにするのかはまだ未定ですが、
少しでも多くの方にインプラント治療を受けていただけるような
新しい制度を検討中です。

現在のようにはいきませんが…





現在オールセラミックのサイトを作成中です。


そのサイトに掲載させていただく症例を募集しています。
オールセラミック ジルコニアオールセラミック モニター募集




オールセラミック や ジルコニアオールセラミックは、非常に審美性の高い 治療です。

以下のような方に適しています。

1.歯の色を白くしたい方!
     ・オールセラミックの色は、見本の中から ご希望の色を選択していただけます

2.歯の形をきれいにしたい方!
     ・歯並びが悪いが矯正治療は行ないたくない

     ・歯が前に出ている

     ・歯と歯の間に隙間がある

      ただし、多少の歯並びが悪い程度であれば
      オールセラミックで審美的に改善可能ですが、
      歯並びに大きく問題がある場合には、
      オールセラミックのみで対応することは難しいです。
      対応可能かどうかは、口腔内をみてから診断致します。 

3.現在被せ物を行なっているが、審美的に問題を感じている方!
     ・歯肉が退縮して被せ物と歯肉との境目が黒く見える
       従来のセラミックは、セラミック内面は金属製なので、
       場合により金属部分が見えることがある。
       オールセラミックは一切金属を使用していない。

     ・以前被せ物を行なったが、変色した
       保険の差し歯は、プラスチック製なので必ず変色します。
       オールセラミックは変色しない。

     ・被せ物の色が悪い、白くしたい
       保険の差し歯は内部は金属製ででてきるので、
       色の透過性が悪く、暗い色になる。

     ・被せ物の形が悪い
       歯の長さ、形態に問題を感じられている場合には改善させることも可能
       どのような状態に改善できるかは、噛み合わせ や 歯並び 等により決まります。

     ・被せ物が前に出ている(出っ歯)
       歯が出ている状態を気にされる方は多くいらっしゃいます。
       噛み合わせ 等によってもどこまで改善できるかが違います。


オールセラミックモニター治療費

オールセラミック  1歯 43.200円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック  1歯 86.400円(消費税込)

まずこの治療費で行なえる歯科医院はないと思いますので、
ご希望の方は、この募集中の機会に是非ご利用下さい。

症例が集まり次第オールセラミックモニターは終了します。



募集症例
上顎前歯部



ご希望の方は、
電話(045-891-3334)
もしくは、インターネットオンライン予約(ネットでは担当医の指定はできません)
をご利用下さい。

初診時は、口腔内診査と今後の治療についての説明となります。
2回目には、治療計画書をお渡しし、治療方法、治療期間、治療費 棟をご説明致します。
その後、ご希望により治療開始となります。







当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。


このブログが始まって以来 毎週木曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週木曜日にアップしたいと考えております。


 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで4万円かかっていた費用を無料にしました。(インプラント2本以上同時に埋入の方のみ)
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
2015年2月26日

オールセラミック ジルコニアオールセラミック モニター募集

2015年 2月26日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 インプラント症例専門サイト」です。



本日はインプラントの話ではありません。

オールセラミックについてです。

現在オールセラミックのサイトを作成中です。



オールセラミック ジルコニアオールセラミック モニター募集




オールセラミック や ジルコニアオールセラミックは、非常に審美性の高い 治療です。

以下のような方に適しています。

1.歯の色を白くしたい方!
     ・オールセラミックの色は、見本の中から ご希望の色を選択していただけます

2.歯の形をきれいにしたい方!
     ・歯並びが悪いが矯正治療は行ないたくない

     ・歯が前に出ている

     ・歯と歯の間に隙間がある

      ただし、多少の歯並びが悪い程度であれば
      オールセラミックで審美的に改善可能ですが、
      歯並びに大きく問題がある場合には、
      オールセラミックのみで対応することは難しいです。
      対応可能かどうかは、口腔内をみてから診断致します。 

3.現在被せ物を行なっているが、審美的に問題を感じている方!
     ・歯肉が退縮して被せ物と歯肉との境目が黒く見える
       従来のセラミックは、セラミック内面は金属製なので、
       場合により金属部分が見えることがある。
       オールセラミックは一切金属を使用していない。

     ・以前被せ物を行なったが、変色した
       保険の差し歯は、プラスチック製なので必ず変色します。
       オールセラミックは変色しない。

     ・被せ物の色が悪い、白くしたい
       保険の差し歯は内部は金属製ででてきるので、
       色の透過性が悪く、暗い色になる。

     ・被せ物の形が悪い
       歯の長さ、形態に問題を感じられている場合には改善させることも可能
       どのような状態に改善できるかは、噛み合わせ や 歯並び 等により決まります。

     ・被せ物が前に出ている(出っ歯)
       歯が出ている状態を気にされる方は多くいらっしゃいます。
       噛み合わせ 等によってもどこまで改善できるかが違います。


オールセラミックモニター治療費

オールセラミック  1歯 43.200円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック  1歯 86.400円(消費税込)

まずこの治療費で行なえる歯科医院はないと思いますので、
ご希望の方は、この募集中の機会に是非ご利用下さい。

症例が集まり次第オールセラミックモニターは終了します。


募集症例
上顎前歯部




ご希望の方は、
電話(045-891-3334)
もしくは、インターネットオンライン予約(ネットでは担当医の指定はできません)
をご利用下さい。


初診時は、口腔内診査と今後の治療についての説明となります。
2回目には、治療計画書をお渡しし、治療方法、治療期間、治療費 棟をご説明致します。
その後、ご希望により治療開始となります。







      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
2015年2月19日

ホームホワイトニング

2015年 2月19日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 インプラント症例専門サイト」です。

歯科助手募集
歯科助手を急募しています。
時給 等の詳細は以下のページをご覧下さい。
アルバイト募集要項


今日は、インプラントの話ではなく、
ホワイトニングの話です。

なぜホワイトニングかと言いますと、
最近白い歯を希望される方が本当に増えたからです。

今日のブログでは、
ご自宅でできるホームホワイトニングの話をしたいと思います。

まずホワイトニングの種類と特徴についてです。

ホワイトニングとは、
ホワイトニング剤を歯面に塗り、着色成分を分解、漂白する治療法です。

歯面に塗ったホワイトニングジェルは、
漂白効果を持つ成分に変化して歯の内部に浸透し、
歯の色の原因となる分子を、小さな無色の分子へと分解します。

このホワイトニングには、

自宅で行える ホームホワイトニング と

歯科医院で行う オフィスホワイトニング の   
   
2種類があります。
それぞれの特徴は以下のようになります。
スライド2

当院ではオフィスホワイトニングは行なっておりません。

大まかに違いを言えば、

短期間で白くなりたい方は、 オフィスホワイトニングです。
費用は高くなりますが、早さが最大の特徴です。
欠点は、漂白剤の濃度が強いため、治療によりしみることがあります。
私自身は、さほど オフィスホワイトニングは行なっていませんんが、
3〜4人に1人ぐらいの割合でしみることがあるようです。
後戻りは若干オフィスホワイトニングの方が多いようです。


治療費を抑えたい方は、ホームホワイトニングです。
また、しみるリスクがオフィスホワイトニングより低いと言われています。
また、持続効果が高いのもホームホワイトニングの特徴です。
最大の欠点は、毎日2時間、それを2週間行なうわけですから大変です。
毎日2時間は結構大変なことですよね。


どちらを選択するかは、
患者様次第です。


現在、当院で使用しているホームホワイトニングは、
NITEホワイト・エクセルという製品です。
ホームホワイトニング材 「NITEホワイト・エクセル」は、
アメリカで最もポピュラーなホワイトニング材です。

「NITEホワイト・エクセル」は、日本で初めて厚生労働省の認可を受けた
ホワイトニング システムです。

『白くきれいな歯』への意識の高い審美歯科の先進国アメリカで、
歯科医師からだけでなく 患者様からも圧倒的な支持を得ている
最もシェア率の高い製品です。
スライド3


ホワイトニングというと
どこまで白くなるの?
という方もいらっしゃると思います。

歯の色を16段階のトーンに分けた場合、
日本人の平均の色は下写真の赤印の範囲となり、
加齢とともに色が濃くなる傾向があります。
スライド4


通常、ホワイトニングを行うと2〜3トーン程度明るくなりますが、
効果には個人差があります。

上記の色見本の右側に2つ もしくは 3つ分色が白くなることが一般的です。


また、ホワイトング効果は継続的に続くわけではありません。
必ず後戻りがあります

また、ホワイトングを行って効果がない症例もあります。
この詳細は後に記載してあります。

ホワイトニング前に 
どれくらい白くなるのか? 
という効果を知りたい方は、
以下のサイトで体験できます。

バーチャルホワイトニング 白い歯体験!

自宅で行える ホワイトニング(ナイト ホワイト)をバーチャルで
体験できる スマートフォンWEBアプリ です。

スマートフォンで顔写真を撮るだけで
ホワイトニング前後のイメージを見ることができます。

上記のQRコードをスマホで読み込み
白い歯になった自分の笑顔の印象の違いを実感してください!
QRcode のコピー 2


以下のサイトからも体験できます。
バーチャルホワイトニング 白い歯体験!
【動作環境】
iOS iOS6、7(iPhoneのみ対応) /Android™ OS Android3 以降



次にホームホワイトニングの治療手順です。
スライド1





それではどのような方がホワイトニングに適しているのでしょうか?

ホーム ホワイトニングの効果が高い方
• 飲食物 及び 嗜好品による変色歯
     コーヒー、紅茶、烏龍茶 などのお茶類、赤ワイン、ベリー類、しょうゆ、
     ソース、ケチャップ などの調味料、カレー、キムチ、チョコレート、
     その他着色料を使用した食品、タバコ などによる変色歯

• 加齢による変色歯
    年齢を重ねるにしたがって、徐々に黄色く変色した歯

• 全身疾患に由来する軽度な変色歯
    幼少期に服用した抗生物質 や
    過剰に摂取したフッ素等の影響により変色した歯

             *「ホワイトンングの効果」、「効果がでるまでの期間」、
               「色の後戻り」には個人差があります


ホーム ホワイトニングができない方
• 健全でない歯(虫歯、くさび状欠損、咬耗症、クラック 等)

• 知覚過敏症(歯がしみる)のある方

• 重度の歯周病

• セラミック、金属、プラスチック等の人工の歯

• 喫煙者

• 妊娠中、授乳期

• 小児(14歳以下)

• 無カタラーゼ血症

• その他 歯科医師の判断で効果が望めないとされた場合




次に ホームホワイトニングをご希望される患者様からよくあるご質問を掲載します。
Q & A形式です。

Q1:どれくらい期間で白くなりますか?
A1:
1日2時間以内、最長2週間まで使用します。
個人差がありますが、通常は数日後に効果が現れ始め
継続することでより効果が高まります。


Q2:効果はどれくらい持続しますか?
A2:  
個人差がありますが、後戻りは必ずあります。
これは着色の原因になる飲食を日常的に避けることはできないためです。
お茶をよく飲む、タバコを吸う方、歯磨の頻度が少ない方は、後戻りが早いです。
こうした場合、再度ホワイトニングを行うことで白さを保つことができます。


Q3:痛みはありますか?
A3:
使用期間中に知覚過敏症(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。
この場合にはすぐに使用を中断して下さい。
歯科医院での知覚過敏治療が必要になります。
知覚過敏症が改善された場合は継続してご使用が可能ですが、
使用可能かどうかは歯科医師に相談してください。


Q4:詰め物 や 被せ物は白くなりますか?
A4:  
人工的な詰め物を白くすることはできません。
詰め物 や 被せ物をされている方で、ホワイトニングを希望される場合には、
天然歯部のホワイトングを行った後でホワイトングされた色に合わせて、
詰め物を再製したり、セラミッック 等の被せ物を再製することが有効です。


Q5:ホワイトニング時間を長くすると効果がありますか?
A5:  
1回のホワイトニング時間は、2時間までです。
1回の使用時間を長くしても効果はありません。
また、使用中にしみる 等の症状があわられた場合には2時間以内でも中断して下さい。


Q6:ホワイトニングジェルを飲んでしまったのですが…
A6:  
ホームホワイトニングジェルの主成分は低濃度の過酸化尿素です。
少量飲み込んでも体への影響は少ないとされていますが、
もし飲み込んでしまった場合は、多量の水を飲用して下さい。
大切なことは、ジェルを入れる量を正確に守ることです。


Q7:ホワイトニング中の飲食で注意することは?
A7:  
ホワイトニング中の歯は、着色性のある成分の影響を受けやすい状態になります。
コーヒー、紅茶、コーラ、赤ワイン、カレーなど、
着色性のあるものは控えてください。 
ホワイトングが終了する約2週間です。
基本的に水分は 水 のみとして下さい。


Q8:ホワイトング中の喫煙は可能ですか?
A8:  
基本的に喫煙者はホワイトング効果が認められないため、
ホワイトニング自体をお勧めできません。
どうしても禁煙できない方は、
最低限ホワイトニングが終了する約2週間は、禁煙することが必須です。
ただし、喫煙すると後戻りが早く起こります。


Q9:ホワイトニング後 どれくらいしたら飲食可能ですか?
A9:
ホワイトニング後 30分〜1時間は飲食禁止です。


Q10:歯がしみるのですがホワイトニングできますか?
A10:  
知覚過敏症(歯がしみる)があった場合には、
基本的にホワイトニングは避けた方が良いでしょう。
無理して使用すると 歯がしみるのが強く起こる可能性があります。


Q11:希望する白さにホワイトニングすることはできますか?
A11:  
ホワイトニングにより希望する色(白さ)にすることはできません。
ホワイトニングを行うと歯の色は白くなりますが、
ホワイトニングは あくまで歯の表面についた色素を一時的に取り除く治療です。
白さをねらって変えることはできません。
また、効果には個人差もあります。


Q12:就寝しながら使用することは可能ですか?
A12:  
絶対に避けて下さい。
また横になりながら使用するとジェルが喉の奥に流れる可能性があるのでご注意下さい。


Q13:ホワイトニングが適応されない場合 や 実施しても効果が少ない場合、
さらに白い歯を希望する場合、長期的な白さを希望する場合に良い方法はありますか?

A12: 
ホワイトニングが適応されない場合や 長期的な白さを希望される場合、
希望される色にしたい場合、歯の形も変えたい場合には、
オールセラミック治療が良いでしょう。
オールセラミック治療には、
歯全体的にオールセラミックを被せる方法 と
つけ爪のように歯の表面に薄いオールセラミックを貼付ける 「ラミネートベニア」
という方法があります。 (詳細は歯科医師にお尋ね下さい)



以下は当院の治療費です。
スライド2



最後にすてきな笑顔の作り方です。


good point 1
すてきな笑顔は、周囲の人に 優しさ や 安心感を伝えることが できます。
人とのコミュニケーションが良くなる効果があります。


good point 2
顔の表情を変えることで筋肉が鍛えられ、たるみやシワの予防効果が期待できます。


good point 3
すてきな笑顔でいることは、心身の健康に大切なことです。

スライド5





本日のブログはこれで終わりです。





このブログが始まって以来 毎週木曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週木曜日にアップしたいと考えております。


 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで4万円かかっていた費用を無料にしました。(インプラント2本以上同時に埋入の方のみ)
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
2015年2月12日

最新インプラント症例:228回目

2015年 1月12日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 インプラント症例専門サイト」です。


始めに診療時間変更の案内です。
2015年 2月 15日(日曜日)は、15:30までの診療となります。


次に
歯科助手急募
歯科助手を急募しています。
時給 等の詳細は以下のページをご覧下さい。
アルバイト募集要項

もう一つお知らせです。
現在インプラント基礎ブログで 最近よくあるご質問の
「ジルコニア」について掲載してありますので
ご興味のある方は、以下をご覧になって下さい。
新しい歯科材料 ジルコニア について


さらにも一つお知らせです。
普段 土曜日の診療はかなり込み合っており、
インターネットの予約枠は、
1ヶ月ほど先までうまってしまうことが多かったのですが、
今週末(2月7日:土曜日)は、キャンセルが多くあったことと
新しい先生も加わり、
土曜日は4名の歯科医師が在籍することになったため、
現時点で予約が若干あいています。
ご希望の方は、以下から予約をご利用下さい。
インターネット24時間オンライン予約



『228回目のインプラント症例』になります。

本日の症例は、インプラント治療としては最も簡単なケース(再アップケース)です。
しかし、最も効果の高い治療です。

それでは初診時のレントゲンを見ながら解説していきます。
スライド01

下顎の左側の奥歯が欠損しています。
スライド02

歯が欠損した場合には、以下の3つの治療法が考えられます。
1.義歯(入れ歯)
2.ブリッジ
3.インプラント
です。

どの治療法が良いのか?
どの治療法が適しているのか?

骨の状態 や
残っている周囲の歯の状態、
歯周病の状態、
噛み合わせの状態、
全身的な状態(ご病気 等)、
治療期間、治療費 等の患者様の希望
治療後の審美的な問題
等さまざまなことを考慮して決定されます。

先月も同様の話しをしましたが、
今後インプラント治療を考えられている方にとっては、
基本中の基本となる考え方です。

それでは、3つの治療法の利点、欠点を解説します。

まずは、義歯(入れ歯)です。
スライド03

利点
1.型を取れば、1週間程度で義歯が完成するため、治療期間が短い!
2.保険が適応される!
  今回のようなケースの場合 約5.000円程度です。(保険3割負担の方)
3.歯を削る必要性がない!
スライド04

欠点
1.取り外し式のため、わずらわしい!
2.義歯の形(大きさ)があるため、違和感が非常に強い!
3.保険の義歯の場合、義歯を固定する金属の金具がつくため、審美的に問題がある!
スライド05


次の方法として、ブリッジがあります。
スライド06

ブリッジは、欠損部の両側の歯を削り、型を取り、被せ物を装着する方法です。
歯を削る量は、1〜2ミリ程度です。
これを歯全体に行います。
つまり、歯を全周 約1〜2ミリ程度削るのです。
ブリッジの利点、欠点は以下のようになります。
利点
1.歯を削り、型を取るだけなので、治療期間が比較的短い!
  (型を取れば約1週間程度で完成)
2.保険が適応される!
  今回のようなケースの場合 約15.000円程度(保険3割負担の方)
3.固定式なので、違和感が少ない!
スライド07

欠点
1.歯を削ることがどうしても必要!
2.保険が適応されるが、奥歯の場合には金属製になるので審美的に問題がある!
3.ブリッジの土台となる歯が悪い状態の場合には、将来性に問題が残る!
スライド08


次にインプラントです。
スライド09

インプラントの利点、欠点は以下になります。
利点
1.固定式のため、違和感が少ない!
2.歯を削る必要性がない!
3.審美的に回復が可能!
4.天然歯とほぼ同様に噛むことが可能!
スライド10

欠点
1.治療期間がかかる!
  (今回のケースですと約3ヶ月程度)
2.保険が適応されない!
3.手術が必要!
スライド11


それぞれの治療方法には、利点、欠点があります。
それぞれの特徴をきちんと理解した上で 治療を行うことが重要です。

どの治療法が1番良い ということではありません。

治療費を最も抑える!
ということを重要視すれば、義歯になります。

治療期間を最も早くする!
ということを重要視すれば、義歯もしくはブリッジになります。

違和感を少なくしたい!
ということを重要視すれば、インプラントもしくはブリッジになります。

治療を行う患者様ご自身が なにを最も重要視するかによって治療方法は決定されるのです。

どの治療方法が良いということではありません。

ただし、どれが悪いのか?
という話しをすれば、ブリッジはできるかぎり避けたい治療です。
この理由として、ブリッジはどうしても歯を削ることが必要になるからです。
削ってしまった歯は元に戻ることはありません。
削った歯と 健康な歯では、その将来性には大きな違いがでます。
圧倒的に削った歯の方がトラブルが多いのです。
また、ブリッジの土台となる歯が悪い場合には、
ブリッジは比較的早くダメ(抜歯)になってしまいます。
ブリッジの平均寿命は、
土台となる天然歯の状態によっても大きく変わりますが、
約8年と言われています。
この詳細については以下を参考にして下さい。
   ブリッジ、インプラントの平均寿命!

スライド12


以下は、インプラント治療が終了した後のレントゲンです。
スライド1


今回のインプラント治療は非常に簡単なケースでしたが、
歯を削らないで治療が行えたことは、
将来的なリスクを最小限にできたことになります。

今回使用したインプラントは、
ストローマンインプラント(ITIインプラント) でした。



治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯  100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 70.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。


インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。


このブログが始まって以来 毎週木曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週木曜日にアップしたいと考えております。


 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで4万円かかっていた費用を無料にしました。(インプラント2本以上同時に埋入の方のみ)
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
2015年2月5日

最新インプラント症例:227回目

2015年 2月 5日(木曜日)です。

このブログはインプラント症例を紹介するブログです。


『227回目のインプラント症例』になります。

本日ご紹介するケースのテーマは、
「どこまで治療を行った方が良いのか?:費用 対 効果の関係!」です。

歯が多数欠損している方の場合、
欠損全てにインプラント治療を行うと 治療費が非常に高額になってしまいます。

患者様にとっては、できるかぎり治療費を抑えたい と考えられることは当然のことです。
本日の症例もそのようなケースでした。

それでは、早速初診時のレントゲンから見てみましょう!

以下が初診時のレントゲンです。
上顎の前歯部の7歯分のブリッジがグラグラして噛めないとのことで来院されました。
診査をすると 指で触ってもとれそうなくらい グラグラです。
良く食事中に取れたりしなかったか不思議なくらい グラグラしていました。
スライド01

スライド02

問題なのは 上顎の前歯だけではありません。
残っている歯も重度歯周病です。
また、奥歯は 多くが欠損しています。
以下の×印は、歯が欠損している部位です。
スライド03

先程説明しましたように 上顎の前歯部は、グラグラしていました。
また、残っている歯も 歯周病が進行している状態でした。
歯周病による骨吸収 がかなりありました。
骨吸収が非常に大きかったのです。
いつものように 骨吸収の状態を分かりやすくするために
骨吸収の状態を線で書いたのが以下のレントゲンになります。
青線が骨吸収を起こす前の骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
何度かこのブログをご覧になっていられる方は、この青線赤線が分かってきたのではないでしょうか?
スライド04

さらに分かりやすくするために 骨吸収部位を赤色の領域で表します。
スライド05

ものすごく、骨吸収が大きいのが分かるかと思います。
なぜ ここまで放置してしまったのでしょうか?
大変なことです。
それでは、なぜこのように骨吸収が起こってしまったのでしょうか?
1つ目の原因は、歯周病 です。
2つ目の原因は、噛み合わせです。
骨吸収を起こした前歯がグラグラし始めます。
さらに奥歯が欠損しているため、噛む力が全て前歯に加わってしまったのです。
スライド06

スライド07

その結果、上顎の前歯部は、指で触ってもとれそうなくらい
グラグラになってしまったのです。
スライド08

上顎の前歯部は、どのような治療法を行っても残すことは不可能な状態でしたので、
抜歯と判断しました。
スライド09

この上顎前歯部の抜歯については、患者様も当然のことながら同意していただけました。
それでは、残っている歯はどうなのでしょうか?
大丈夫なのでしょうか?
上顎左側の奥歯の3歯は、骨吸収も大きくかなり厳しい状態でした。
スライド10

しかし、患者様は、上顎左側の3歯も抜歯をしてしまうと
上顎で残る歯は、上顎右側の1歯だけになってしまうので、
なんとか抜歯しないで治療はでいないかとの希望がありました。
そのため、徹底した 歯周病治療 を行い、保存することにしました。
スライド11

また、この上顎左側の奥歯を残すには、他にも理由があります。
それは、後で解説しますが、噛み合わせの安定が必要なためです。
先に説明しましたように この患者様の上顎前歯部がダメになった理由の一つが
奥歯に歯がなく、前歯に負担が加わってしまったのです。
そのため、今回 抜歯した上顎前歯部にインプラント治療を行ったとしても
噛み合わせが安定しなければ、上顎前歯部のインプラントもダメになってしまう可能性があります。
そのため、上顎前歯部にインプラント治療を行うだけでなく、
噛み合わせを安定させることも重要なことなのです。
この説明については、また後で解説します。
上顎前歯部を抜歯した後は、義歯(入れ歯)とインプラント治療が考えられます。
患者様は、義歯は嫌とのことでした。
それは、入れ歯に対する違和感もそうですが、
義歯を入れない状態であると
上顎前歯部がないと 審美的に問題があるからです。
上顎前歯部が全てなければ、人前に笑うこともできませんので、
なんとか上顎前歯部を義歯ではない治療法をご希望されました。
つまり、インプラント治療です。
抜歯後の 欠損は、7歯分です。
そのため、4本のインプラントを埋入し、7歯分を作製する
インプラントブリッジによる治療計画を立てました。
以下のようなプランです。
スライド12

歯周病による骨吸収が大きかったので、
インプラント治療は非常に難しい状態でした。
GBR法(骨増大法) 等が必要になります。
次に問題となったのが、左右の奥歯の欠損です。
奥歯が欠損の状態のままでいると 前歯に負担が加わり、
いつかは、インプラントもダメになる可能性があります。
理想的には、以下のように奥歯にもインプラントを埋入することが有効です。
スライド13

スライド14

しかし、この治療計画であると 治療費が非常に高額になってしまいます。
先に説明しましたが、本日のテーマは、
「どこまで治療を行った方が良いのか?:費用 対 効果の関係!」です。
理想と現実 非常に難しいことです。
最終的には、インプラントは上顎前歯部のみに行うことになりました。
スライド15

そのかわり、奥歯には必ず義歯を装着していたくことが重要であることをお話しました。
奥歯に義歯があるからこそ 噛み合わせが安定するのです。
スライド16

ここで上顎左側の奥歯を抜歯しないで残すと判断したことが効果がでてきます。
上顎左側の奥歯が残れば、左側で噛む部位を確保することが可能になります。
結果的に 上顎前歯部にも負担が少なくなるのです。
以下は、インプラントを埋め込んだ直後です。
スライド17

もちろん インプラントを埋め込む前には、徹底した歯周病治療 が必要です。
ここで治療期間中の仮歯についてご説明します。
治療期間中は、上顎の残っている歯(右側の1歯と 左側の3歯)を土台として、
固定式の仮歯(ブリッジによる仮歯)を使用していただきます。
そのため、治療期間中は、歯がなかったり、義歯を使用することはありません。
仮歯の状態のままで治療は進んでいきます。
スライド18

以下が治療終了後です。
スライド19

インプラント以外の治療は、全て保険で行っています。

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯  100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 70.000円(消費税別)になります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。


このブログが始まって以来 毎週木曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週木曜日にアップしたいと考えております。


 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで4万円かかっていた費用を無料にしました。(インプラント2本以上同時に埋入の方のみ)
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
2015年1月12日

最新インプラント症例:226回目

2015年 1月12日(月曜日)です。

このブログはインプラント症例を紹介するブログです。


『226回目のインプラント症例』になります。


昨年から かなり忙しい日が続くので ブログのアップが不定期になっています。

本来はこのブログは毎週木曜日にアップしていましたが、
今週の木曜日は少し忙しいので、おそらくアップするのが難しいため、
本日(月曜日)かわりに アップします。

本日の症例は、治療が完了した症例ではなく、
昨日行ったばかりのオペ(インプラント手術)です。

ちょっと新しいケースをまとめる時間がなかったので、
昨日行ったインプラントオペの報告です。

昨日は、午前、午後の2件ともに 大変なオペでした。

インプラント手術は、簡単なケースもあれば、
とても大変な症例もあります。

あまり治療プランが変更することはないのですが、
昨日は、治療プランが変更になった稀なケースです。



まず1ケース目です。
以下は手術前です。
スライド1


いつものように 骨吸収の状態を分かりやすくするために
骨吸収の状態を線で書いたのが以下のレントゲンになります。
青線が骨吸収を起こすの骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
かなりの骨吸収が起こっているのが分かるかと思います。
さらに問題なのは、奥歯の骨吸収です。
上顎左側の奥歯は、骨吸収が非常に多くありました。
以下の緑線は上顎洞という空洞です。
骨ではなく、穴が開いているのです。
いつもこのブログをご覧になっている方はもうすでにご存知のことと思います。
上顎洞の詳細は、以下を参考にして下さい。
        上顎洞
スライド2



欠損部が非常に多く存在する場合、
どこまでインプラント治療を行なうのか?
ということも問題となります。

全ての欠損部をインプラント治療でカバーすると
治療費が高額になることもあり、
現実的に治療費を考慮した治療プランとなることがあります。

昨日行なった治療でも
上顎左側の奥歯までは、インプラント治療は行なわない治療プランとなりました。


また、上顎左側の奥歯では、骨吸収が非常に大きいので
もし、上顎左側にインプラントを埋入するためには、
さまざまな方法をとることが必要です。

このような場合には、上顎の奥歯の上顎洞の中に骨を移植することが必要になります。
サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) と言います。

この治療法は、かなり大変な治療であり、患者様の負担が非常に大きいことが欠点です。
治療後の腫れが長く続くことも多いです。

治療費、治療負担 等を考慮した結果、
以下のようにインプラントを埋入することにしました。
スライド3


しかし、問題があったのはこれだけではありませんでした。
骨の吸収があまりにも大きく、
通常のインプラント治療では不可能な状態でした。

具体的には、ほとんどの部位で 骨の厚みが2ミリ程度しか存在しない状態でした。

通常適切にインプラント手術を行なうためには、
骨の厚みは、6ミリは必要です。

その理由として、一般的に使用されるインプラントの太さ(直径)は、
約4ミリです。

インプラントの太さは、メーカーによっても違いますし、
前歯、奥歯 等の部位によっても変えることもあります。

一般的には約4ミリの直径と思って下さい。

約4ミリの直径のネジを埋め込むわけですから
骨の厚み(幅)は、さらに必要であることは、なんとなく分かるかと思います。

インプラントの直径(太さ)より、周囲に1ミリ程度の厚みが残らないと
インプラントが骨からはみ出してしまいます。

そのため、骨の厚みが6ミリ以上はないといけないのです。

しかし、今回の症例では、平均的に2ミリ以下しか骨の厚みがありませんした。
吸収が大きい部分では、骨の厚みは1ミリちょっとです。

わずか1ミリ程度しか骨の厚みがないのです。
大変なことですねよ。


骨の厚みが2ミリしかない部分に 
4ミリの太さのネジ(インプラント)を埋め込むわけですから
大変なことです。

そのため、
OAM(大口式)インプラントシステム
を併用して骨の幅を拡大しました。

一般的には、骨の幅を拡大することを
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法) と言います。

また、骨の幅の増大(増骨)も行なう必要性があります。
これをGBR法(骨増大法) と言います。

また、骨再生をさらに有効的に行なうために
PRP法 も併用しています。

奥歯では、骨の高さも少ないので
ソケットリフト法 も行なっています。

骨吸収が大きいと結構大変なのです。

以下は、インプラント手術直後のレントゲンです。
スライド4



使用したインプラントは、
ストローマンインプラント(ITIインプラント)
です。


昨日行なったもう一つの手術も大変でした。
2症例目です。


以下は手術直前のレントゲン写真です。
スライド1


この患者様の場合、
インプラント予定部以外にも非常に多くの問題があります。

例えば、下顎右側の奥歯のブリッジとなっている歯も
虫歯が大きくあったりします。

しかし、現在上顎の前歯部から 上顎左側の奥歯にかけて
歯が欠損している状態では、
義歯を使用するしか方法はなく、
患者様にとっては、審美的、噛むこと、義歯の違和感 等があり、
できるかぎり早急に改善させることが
快適な生活を送る上でも大切なことです。

そのためインプラントの治療計画を立てました。

まず1症例目と同じように
骨吸収を線で表示します。
青線が骨吸収を起こすの骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。

さらに問題なのは、奥歯の骨吸収です。
これが大変な状態でした。
以下の緑線は上顎洞(空洞)です。
上顎洞の詳細は、以下を参考にして下さい。
        上顎洞

奥歯では、骨吸収があまりにも大きいので、
サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) という治療方法が適していますが、
1症例目でも説明しましたように
このサイナスリフト法(上顎洞底挙上術) は、かなり大変な治療です。

特に今回のケースでは、骨吸収が大きいので
移植する骨の量もかなり多くなります。

そのため、治療を受けられる患者様には、大変な治療と言えます。

また、サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) を行なうと
治療費もそれなりに多くかかります。

患者様のご希望や さまざまなことを考慮した結果、
サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) は行なわず
ソケットリフト法 で対応してインプラント手術を行なう計画を立てました。

スライド1


上図のような治療計画です。

しかし、実際に手術を行なってみると
予想以上に骨の硬さに問題がありました。

骨吸収により、骨の高さが少ないことは始めから分かっていたので、
ソケットリフト法
PRP法
GBR法(骨増大法)
で対応する予定でしたが、
骨が非常に軟らかく、
奥歯では、埋め込んだインプラントが安定しなかったのです。

この患者様の場合、
手術後に義歯を使用しますので、
インプラントが安定していない場合、
義歯の圧力に耐えきれない可能性があるため、
手術時に治療計画を変更することにしました。

上顎の奥歯にはインプラントは無理した埋め込まずに
上顎左側の親知らず部分に斜めにインプラントを埋入する
インプラント傾斜埋入 という方法で対応することにしました。
スライド1

親知らずの部分の骨は、比較的骨吸収が少ない部分であり、
他の部分の骨は吸収していても
この部分のみ残っていることが多いです。
また、斜めに埋入することで 少しでも長いインプラントを埋入することが可能となります。


インプラント手術後に義歯を使用しない状況であれば、
奥歯の部分に安定はしませんが、
ソケットリフト法 でインプラントを埋入し、
骨とインプラントがしっかりとくっつくまで安静にすることで
問題はないのですが、義歯を使用するとなると
ある程度のインプラントの安定が必要になるので、
無理はしないように治療プランの変更を行ないました。


通常義歯を使用された状態でインプラント治療を行なう場合、
手術後に歯肉が腫れたり、
インプラントに負担が加わらないように
義歯の内面を削除して、安静にするのですが、
それでも 手術直後にインプラントがまったく安定してない場合には、
義歯使用の圧力でインプラントがダメになることがあります。


4本のインプラントを埋入する治療計画でしたので以下のように
変更しました。
スライド3



手術直後のレントゲンが以下になります。
スライド4



前歯のインプラント部と親知らず部分に埋め込んだインプラントとの間にスペースが大きいので
今後どのように対応するかは、検討は必要ですが、
今回のように治療が変更となる場合が稀ではありますが、
必要になる場合があります。

通常、骨の高さが少なくても
骨の表面にある皮質骨という部分は、
ある程度の硬さがあるので、
ソケットリフト法 を行なった場合には、
この皮質骨でインプラントが支えられ、
安定するのですが、
今回の場合、この皮質骨自体が
ピンセットで折れるくらい脆く、安定が全くしない状態でした。

今後はインプラントの追加も考えれるケースです。

使用したインプラントは、
ストローマンインプラント(ITIインプラント)
です。




治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯  100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 70.000円(消費税別)になります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。


このブログが始まって以来 毎週木曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週木曜日にアップしたいと考えております。


 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで4万円かかっていた費用を無料にしました。(インプラント2本以上同時に埋入の方のみ)
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
2015年1月1日

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

このブログは最新インプラント症例専門サイトブログです。

新年は1月8日(木)よりブログアップします。


スライド1



新年は1月6日より診療致します。
ご不自由をおかけしますが、よろしくお願い致します。

休診中の緊急連絡は、以下からメールでお願い致します。
年末 年始緊急連絡メール


休診中は、以下サイトよりインターネットで24時間オンライン予約可能です。
大船駅北口歯科ネット予約


スタッフ募集(アルバイト / パート)
詳細は、以下をご覧になって下さい。
    求人情報


2014年12月23日

2014年最後の「最新インプラント症例ブログ」

2014年最後の「最新インプラント症例ブログ」です。

今年も もう少しです。
年内の予約は、以下のインターネットオンライン予約でも可能です。
24時間オンライン予約


始めに年末年始の休診案内です。
12月29日(月曜日)〜1月5日(月曜日)まで休診となります。

休診中の緊急連絡は、以下からメールでご連絡下さい。

年末 年始緊急連絡メール




次に求人情報です。
スタッフ募集(アルバイト / パート)
詳細は、以下をご覧になって下さい。
    求人情報


今年もインプラント治療をご希望される患者様は、
本当に多くご来院されました。


入れ歯しか選択肢がない時代には、
我慢して義歯を使用されていた方が多かったのですが、
どうしても義歯に違和感があり、使用できない方や

今までは、
抜歯した後で一般的に行われていたブリッジという治療がありますが、
ブリッジはどうしても欠損部の両側の歯を削る必要性があり、
歯を削ることに抵抗がある方や
以前に歯を削りブリッジをしたが、
そのブリッジを行った歯自体がダメになり、
はやり歯を削るブリッジには抵抗がある

という患者様が多くいらっしゃいます。

インプラント治療がベストということではありませんが、
歯を削るブリッジには欠点が多いことも事実です。

できれば歯を削らない治療法を選択した方が
将来的なリスクが低くなるケースも多く存在します。

しかし、必ずしもブリッジが悪いということではありません。

ブリッジの土台となる歯の状態によっても
どのような治療法が良いのか
ということも違ってきます。

また、インプラント治療といっても
インプラントを埋め込むための骨の状態が悪い方では、
インプラント治療が適さないケースも存在します。

また歯周病がある状態でインプラント治療を行うと
インプラントに歯周病細菌が感染し、
インプラント自体がダメになることもあります。

噛み合わせの負担がインプラントがダメになるケースも存在します。

そのため、
必ずブリッジがダメで
インプラントが優れているということでもありません。

義歯、インプラント、ブリリッジのどれが良いのかは、
患者様それぞれの口腔内状況によっても大きく変わります。

そのため、まずは歯科医院で検査をされ、
ご相談をしていただくことが最も良いでしょう。


今年インプラント治療をご希望されて来院された患者様の中でも
義歯を勧めた方も多くいらっしゃいましたし、
ブリッジを行った方も多くいらっしゃいました。

なにが最も良い治療法であるのかは、
患者様によって異なるのです。




それでは今年最後の症例です。

本日ご紹介するケース(再アップケース)は、本当に大変な症例でした。
それは骨吸収が非常に大きかったからです。


以下が初診時です。
スライド01

歯肉は腫れ、出血が多く、膿みが出て、
多くの歯はグラグラで ほとんど噛めない状態でした。
スライド02

上下顎ともグラグラです。

いつものように 骨吸収の状態を分かりやすくするために
骨吸収の状態を線で書いたのが以下のレントゲンになります。
青線が骨吸収を起こすの骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
かなりの骨吸収が起こっているのが分かるかと思います。
スライド03


さらに わかりやすくするために、
骨吸収部位を赤色で表示します。
非常に骨吸収が大きいのが分かるかと思います。
スライド04


奥歯が欠損していることもあり、
残っている歯には、噛む力の負担が非常に加わりやすい状態です。
スライド05


以下の歯は抜歯しか方法がない状態の歯です。
スライド06


歯周病は、病状が進行すると 歯を支えている骨が吸収する 病気です。
支えている骨の吸収が進行すると 歯がグラグラ してきて 抜けてしまいます。
もちろん、歯周病が進行しないうちに 適切に治療を行えば、歯周病の進行を停止させることが可能です。
歯周病の治療とは、
ルートプレーニング
フラップ オペレーション
GTR法
エムドゲイン法
といった治療です。
しかし、こうした治療にも限界があります。
あまりにも骨吸収が進行してしまった場合には、私のような歯周病専門医 であっても治すことは不可能です。
抜歯になります。
全ての歯周病を治すこはできないのです。
しかし、患者様にとって抜歯は可能なかぎり避けたいものです。
そのため、完全に抜歯しか方法がない状態でも 抜歯をご希望されない方は、多くいらっしゃいます。
これが、大きな問題なのです。
こうしたことを患者様に 他の例でご説明することがあります。
お腹が痛くて内科を受診したとします。
診査の結果、病名が ガン(癌)と診断されたとします。
しかも、ガンは、かなり進行していたのです。
もっと早い段階でガンが発見されていれば、抗ガン剤 や 放射線治療で治ることが可能だったのですが、
ガンが進行してしまっている現状では、ガンの部分を切除するしか治療方法はなかったとします。
もし、切除しないと ガンは、他の臓器にも転移してしまうからです。
ガンが転移した結果、生死にも関わってくるのです。
そのため、外科処置によってガンを切除する方法を選択するのです。
歯周病も同じです。
歯周病は感染症 ですので、治療を行っても治らない歯を放置すると
必ず 他の歯に感染してしまいます。
つまり、さらに多くの歯を失ってしまうのです。
歯周病は、感染症 であることをしっかりと認識することが 歯周病治療を行うための第一歩なのです。
しかし、100%治療ができない歯であっても どうしても抜歯を希望されない方がいらっしゃいます。
その結果、さらに多くの歯を失うことになるだけでなく、
骨吸収が進行することにより、歯が抜け落ちた後の治療が困難(不可能)になってしまうことが多いのです。

話しを今回の症例に戻します。
患者様には、抜歯しか方法がない歯の抜歯については、同意をしていただき
抜歯となりました。
スライド06


下顎に関しては、本来は抜歯してもおかしくないような進行した歯周病でしたが、
徹底した歯周病治療を行い、保存することにしました。
スライド07


以下は、抜歯が終了した状態です。
スライド08


抜歯後の状態に先程と同様に骨吸収の線を記入した状態が以下になります。
スライド09


さらに問題なのは、奥歯の骨吸収です。
これが大変な状態でした。
以下の緑線は上顎洞という空洞です。
骨ではなく、穴が開いているのです。
いつもこのブログをご覧になっている方はもうすでにご存知のことと思います。
上顎洞の詳細は、以下を参考にして下さい。
        上顎洞
スライド11


上顎の奥歯においては、インプラントを埋め込むための骨の高さがほとんどない状態です。
スライド12


前回のブログでもそうでしたが、このままでは、奥歯にインプラントを埋め込むことは不可能です。
どうしたら良いのでしょうか?
このような場合には、上顎の奥歯の上顎洞の中に骨を移植することが必要になります。
サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) と言います。
スライド13


このサイナスリフト法(上顎洞底挙上術) を行なえば、奥歯にインプラントを埋め込むことが可能となります。
スライド14


そして、その手前の欠損部にもさまざまな方法を駆使してインプラントを埋入します。
以下が理想的なインプラント埋入治療プランです。
スライド15


しかし、このサイナスリフト法(上顎洞底挙上術) は、かなり大変な治療です。
特に今回のケースでは、左右側とも行なう必要性がありますし、
移植する骨の量もかなり多くなります。
そのため、治療を受けられる患者様には、大変な治療と言えます。
また、サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) を行なうと
治療費もそれなりに多くかかります。

患者様に治療(サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) )に対する説明を行なったところ、
「大変な治療は避けたい!」
とのご希望がありましたので、サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) を行なわない治療方針を考えることにしました。スライド16
スライド17


そこで奥歯には、インプラント治療を行なわないで
前歯部を中心としてインプラント治療を行なうことにしました。
スライド18


下顎は徹底した歯周病治療を行ないます。
スライド19


それでも上顎は骨吸収が大きいのでインプラント治療は非常に大変です。
スライド20


インプラント手術も 以下のような さまざなま治療方法を駆使して行ないました。
ソケットリフト法
GBR法(骨増大法)
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
PRP法
等です。
1回目のインプラント手術が終了したのが以下のレントゲンです。
スライド21


上顎の左側の2本のインプラントの間は、骨吸収が大きくGBR法(骨増大法) のみ行ないました。
その後、2回目のインプラント手術を行ない、追加のインプラント手術を行ないました。
以下は、インプラント治療が終了した状態です。
スライド22


使用したインプラントは、
アンキロス インプラント
ストローマンインプラント(ITIインプラント)
です。



治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  168.000円(消費税込) 
被せ物(白い歯) 1歯  105.000円(消費税込)〜
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 73.500円(消費税込)になります。


当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。




 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
2014年12月4日

最新インプラント症例:225回目

2014年12月4日(木曜日)です。

始めにいくつかお知らせがあります。

スタッフ募集(アルバイト / パート)
詳細は、以下をご覧になって下さい。
    求人情報


今週末(12月7日:日曜日)は
大阪での ほんだ歯科 口臭研修会のため、休診となります。
また、土曜日の診療は16:00までとなります。


年末年始休診案内

始めに年末年始の休診案内です。
12月30日(火曜日)〜1月5日(月曜日)まで休診となります。



このブログはインプラント症例を紹介するブログです。

『225回目のインプラント症例』になります。

さて本日の症例は、『治療計画の難しさ』です。

治療計画というのは、口腔内だけでは考えられません。

虫歯がいっぱいあったり、
歯周病が進行していたり、
噛み合わせがズレていたり、
欠損数が多かったり
した場合には、治療計画が非常に複雑になります。

もちろん、
治療期間、
治療方法、
治療費、
患者様の体調、
治療費対するご理解の程度…等に制限がなければ、
理想的な治療方法があります。

しかし、現実問題として、
 忙しくて通院が難しい!
 痛みのある治療は嫌!
 体調が悪い!
 高額な治療費は無理!
といったさまざまな問題があり、
『どこまで治療を行うか』ということは
患者様のご希望、口腔内の状態 等を考えた上で決定されます。

本日ご紹介する症例も悩むことが非常に多かったケース(再アップ)です。

それでは早速始めましょう。

以下が初診時のレントゲンです。
スライド01

グラグラしている歯が多くありました。

スライド02


虫歯!
歯周病!
歯がない部分がある!
噛み合わせのズレが起こっている!
等さまざまな問題があります。

いつものように 骨吸収の状態を分かりやすくするために
骨吸収の状態を線で書いたのが以下のレントゲンになります。
青線が骨吸収を起こす前の骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
スライド03

さらに分かりやすくするために 骨吸収部位を赤色の領域で表しします。
スライド04

骨吸収が非常に大きいのが分かります。

多くの歯が初診時にすでにグラグラです。

指で触っても取れそうな歯も多くあります。

下顎右側の奥歯がないことからも 噛むことも困難になっています。

一番最初に問題となるのが、
『どの歯を抜歯するのか?』ということです。
スライド05

現実問題としては、ほとんどの歯は将来性が低く、抜歯の対象です。
スライド06

逆に治療が可能な歯は以下の歯です。

歯周病治療、虫歯の治療…等を行うことにより治療が可能な歯です。
スライド07


患者様のご希望としては、
『極力 抜歯しないで 歯を保存したい!』
とのご希望がありました。

治療を受ける患者様側としては、当然のことです。

私達歯科医師も極力歯を保存したいと考えています。

しかし、将来性を考えた場合、
保存する方が良いのか?
抜歯した方が良いのか?
等を考えなければいけません。
スライド08


今回の症例も
歯周病の状態、
虫歯の状態、
噛み合わせの状態、
患者様のご希望を考えて以下の歯を抜歯することにしました。
スライド09

保存が厳しい歯もありましたが、それらの歯は残す(保存する)ことにしました。
最終的な治療計画は以下のようになりました。
スライド10


それでは、この治療の妥当性について解説していきます。

まず、右側です。
抜歯後 右側奥歯は、上下後ともに欠損になります。
欠損した部位の治療方法としては、
1.インプラント
2.義歯(入れ歯)
になります。
患者様は、取り外し式の義歯(入れ歯)は嫌なため、固定式のインプラント治療を選択されました。
スライド11

右側の奥歯の治療方法はこれで決定です。

次に上顎の前歯部です。
これが大きな問題となるのです。
今回の治療計画では、
上顎前歯部は、2歯のみを抜歯し、2本のインプラントを埋入する計画になっています。

しかし、問題なのはインプラントを埋入した両側の歯(天然歯)です。
この歯自体すでにグラグラしています。
将来性はあまり高いとはいえません。
スライド12

もし、上顎の前歯部に2本のインプラントを埋入した後で
その両側の歯がダメになった場合には、
さらに2本のインプラントの追加が必要になります。
スライド14

そのため、理想的な治療方法としては、
上顎前歯部の2歯のみを抜歯するのではなく、
将来性の低い残りの歯も抜歯して治療計画を立てることです。

具体的には上顎前歯部は、4歯とも抜歯です。
スライド15

そして、2本のインプラントを埋入し、
インプラントブリッジとする方法です。
スライド16

この治療方法のが、最終的な治療費の削減にもなります。

治療の繰り返しもありません。

理想的な治療方法です。

しかし、理想的な治療方法 と 患者様のご希望とは違います。

患者様には、将来的に起こる さまざまな ことをご説明しました。
その結果、患者様は、
『なんとか歯を残したい!』という強いご希望がありました。
これが最終決定です。
スライド17

どの治療方法が良いということではありません。

それぞれの利点、欠点を十分ご理解していただき、
最終的な治療方針が決定されるのです。


次に下顎左側です。
スライド18

今回の治療計画では、欠損部周囲の歯を削り、ブリッジという治療方針になりました。

しかし、理想的には、ブリッジではない方が良いでしょう。

下顎左側の奥歯の治療方法としては、
1.ブリッジ
2.義歯(入れ歯)
3.インプラント
になります。
スライド19

患者様は、取り外し式の義歯は嫌であったため、
ブリッジ もしくは インプラント となります。

理想的にはインプラント治療が良いでしょう。

この理由として、歯を削ることがないからです。
スライド20

しかし、インプラント治療の場合、費用の問題がどうしてもあります。
スライド21


今回、右側 や 上顎前歯部 にもインプラント治療を予定しています。

さらに下顎左側までインプラント治療となると これは大変です。

今回の治療で最優先となる治療は、右側です。

右側の奥歯できちんと噛むことが可能となることが
将来的に口腔内を維持するために重要なことなのです。

スライド22

さまざまなことを考えた結果、下顎左側の奥歯はブリッジで対応することにしました。

また、このブリッジも治療費を抑えることを考え、保険のブリッジにしました。

ブリッジは、残っている歯の数によって違いますが、
ほとんどのケースで保険が適応されます。

ただし、材質は限定されます。(保険で セラミック 等は使用できません)
下顎左側のブリッジの治療費は、約25.000円程度です。
(神経がある、ない、によっても違います)


以下がインプラント治療が終了した状態です。
スライド24


今回の症例のテーマは、『治療計画の難しさ』でした。





治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯  100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 70.000円(消費税別)になります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。




 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
2014年11月27日

「キーン!」とする 虫歯治療の音を解消

2014年11月27日(木曜日)です。

だいぶ久しぶりのブログです。
11月は、いろいろと仕事が多く、なかなかブログにまで手がまわりませんでした。


歯科助手急募
歯科助手を急募しています。
時給 等の詳細は以下のページをご覧下さい。
アルバイト募集要項


本来このブログはインプラント症例を紹介するブログですが、
本日は、ちょっと違った話をしたいと思います。

虫歯を治療する際に、
歯を削る器具がありますよね。

あの「キーン!」と音がする “ アレ ” です。

嫌な音ですよね。

この音は、タービンという歯を削るモーターの音なのです。

どうしても歯を削る際には、
この音がしてしまいます。


本日ご紹介する内容は、
「キーン!」とする 虫歯治療の音を解消する「ノイズ ホワイトニング」という話です。
pixta_6772000_S

患者様には、治療中にヘッドホンで音楽を聞いていただきます。

そして、ヘッドホンで聞く音楽に
歯を削るタービンと同じ周波数を挿入することで
タービンの「キーン」 という音を 聞こえにくくしています。

これを 「マスキング効果」 と言います。

患者様は音楽を聞いているだけです。

歯科医師の説明に対しては人の声の周波数帯を
カットしてありますので聞こえます。

マスキングするのは
タービンから聞こえる 「キーン」 とする音だけです。

スライド1



歯科治療の あの音が嫌いな方は ご利用下さい
使用は無料です。

現在まだ一台しか設置していませんので、
ご希望がございましたら事前予約していただければ確実です。

また、待合室に「ノイズ ホワイトニング希望カード」がありますので、
ご希望される方は、受付にこのカードを渡して下さい。




このブログが始まって以来 毎週木曜日にアップしていましたが、
今年の4月から毎週 大学で講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週木曜日にアップしたいと考えております。






 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP