口臭ブログ

2016年2月の記事一覧
2016年2月22日

口臭 と 歯周病の関係

2016年 2月22日(月曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

今日のテーマは、
『口臭 と 歯周病の関係』になります。


前回のブログでは、自律神経と口臭について解説し、
本日もその続きということでしたが、
内容を変更し、口臭 と 歯周病についての話をさせて下さい。

これは 口臭 と 歯周病の関連性についての問い合わせが多いからです。


歯周病 と 口臭には 非常に大きな関連性があります。

口臭を引き起す細菌として、
嫌気性細菌の存在があります。

この嫌気性細菌の代表格が
P.g.菌Prophyromonas gingivalis )
という細菌です。

この細菌は、歯周病にとって非常に問題となる細菌です。

ただし、誤解してはいけないのは
P.g.菌Prophyromonas gingivalis )が存在すれば絶対にいけない(悪い)のではありません。

このブローグは口臭のブログですので、
細かい話は、歯周病ブログ  や 歯周病サイト に記載してありますのでそちらをご覧下さい。

ちなみに健康な方でもP.g.菌が検出される確立は高いです。

問題なのは、その量(口腔内全体に対するP.g.菌の比率)です。

P.g.菌の比率が高いことは 歯周病にとって非常に問題です。


さて話を口臭に戻します。

このP.g.菌は、非常に強い臭いを発生します。

どれくらい臭いのか?
と言いますと

私自身は、日本歯周病学会の歯周病専門医のため、
当医院には、非常に進行した歯周病の患者様が多く来院されます。

そうした進行した歯周病患者様の中には、
口腔内を検査する前に
歯周病の臭いを感じることができます。

当然と言えば当然なのですが、
毎日進行した歯周病の方を治療しているわけですから
歯周病の臭いが分かるのです。

そのため、初診の患者様では、
歯周病の検査をする前の段階で
臭いで歯周病があるのかどうか
が分かることもあります。

もちろん 全ての方ではありませんが…


しかし、こうした歯周病が原因で臭い(口臭)がある方の場合、
ご本人が 気がついていることは 少ないです。

この理由として、
進行した歯周病の方の場合、
朝 歯周病で
夜 歯周病が治る
ということはあり得ませんので、
1日中歯周病ということになります。

当然です。

治療しないで進行した歯周病が治る(自然治癒すること)ことは絶対にありません。

そのため、進行した歯周病の方は
当たり前ですが、毎日重度歯周病です。

臭いはあるのですが、毎日 24時間 同じ臭いに接していますので
臭いに慣れてくるのです。

そのため、他人には感じる歯周病の臭いでも
ご本人は感じていないことが多いのです。


でも安心して下さい(ん…どこかで聞いたフレーズ)
歯周病治療を行なえば、臭いも治ります。

歯周病が原因で起こっている口臭であれば、
歯周病治療を行なうことで
P.g.菌等の歯周病細菌は減少しますので、
臭いは軽減してきます。

そのため、口臭がある方では
まず どんなことで臭いが起こっているのか を診断することが大切なのです。

歯周病 等 が原因で口臭が起こっている状態を
病的口臭と言います。

病的口臭は治りやすいです。

原因がはっきりしていますから…

問題なのは生理的口臭です。

生理的口臭については、
このブログでも何度も説明してきましたが、
今後も生理的口臭についての話はしていきたいと思います。

歯周病による口臭の問題は、
単に臭いだけの問題ではありません。

進行した歯周病の場合、
歯を失うだけではなく、
健康にも良くありません。

口腔内に大量の細菌が繁殖していることは、

糖尿病を悪化させます。

また、妊娠中の母親にとってもよくありません。
歯周病を持っている母親の早産のリスクは7倍になる!
ことが研究により分かっています。

また、歯周病のある人は ない人に比べて
心臓血液疾患を発症するリスクが20~180%高い!
ことも研究により分かっています。


口臭はご本人が気になることで問題となることが多いですし、
口臭外来を受診される方の多くは、
ご自身口臭が気になることで来院されます。

しかし、歯周病による口臭が起こっている場合には、
ご本人が気がつかないことも多いので、
周囲の方が口臭に気がついたら
歯周病の可能性があることを知らせることが必要です。

口臭については、かななか指摘しにくいことですが、
ご家族 等 ご本人に近い方であれば
比較的話すことができますので、
健康ということを考えても
しっかりと指摘することも必要です。

ちなみに歯周病細菌は感染します。

ご注意下さい。(安心できませんよ!  ん…)

本日は、歯周病と口臭の関係の話でした。



口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。



口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト


大船駅北口歯科オフィシャルサイト


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ


メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


2016年2月15日

自律神経バランスの崩れから起こる口臭:その2

2016年 2月15日(月曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

今日のテーマは、
『自律神経バランスの崩れから起こる口臭:その2』になります。



前回口臭が起こる原因の一つとして
自律神経バランスの問題点について解説しました。

本日は自律神経バランスの改善方法についてです。


自律神経バランスの整え方

ポイント1:食生活の改善
健康を維持するためには、バランスの良い食生活が重要であることは当然のことです。

その中でも朝食をしっかりと取ることは重要です。

口臭を気にされる方の中には、
食べることで臭いが起こると考えられている場合があり、
朝食を取らないことがあります。

バランスの取れた食生活は、口臭対策にとっても非常に重要なことなのです。

まず30分早く起きるようにして下さい。

そして朝食は、和食を中心にして下さい。

和食は繊維質が多く含まれる食品が多いのが特徴です。

食物繊維が多い食べ物は、腸の中をゆっくりと進みます。

腸の中を食べ物が進む時は、
副交感神経になるので、

その時間が長ければ長いほど、副交感神経が優位になる時間が長くなります。

また、よく噛むことは、口臭対策にとって非常に有効です。

噛むことで口腔に関する筋肉が鍛えられ、舌の活動も活発になります。

口腔生理機能が鍛えられることが唾液の正常な分泌につながります。

1口30回を目安にして食べるようにして下さい。

普段よく噛まない方の場合、いきなり1口30回を噛むことは非常に難しいです。

そのため、最初は1口10回でも良いので、きちんと噛む習慣をつけることが必要です。
時間がかかるために、いつもより30分早く起きるのです。

また、水分補給は水が基本です。
飲むタイミングは、
朝起きた直後、
朝食 と 昼食の間
昼食後 と 夕食の間
就寝前
に飲んで下さい。
飲む量は、コップ1杯程度です。

お茶は控えて下さい。

また、口臭が気になる方の場合には、口腔生理機能のバランスが崩れている
ことが多いので、唾液の分泌能力等も劣っていることがあります。

そのため、唾液を失うことを避けることが重要です。

水分補給は重要なのですが、あまり飲用回数が多いと
水と一緒に唾液を飲み込んでしまいますので、頻繁に飲まない方が良いでしょう。



ポイント2:お風呂でリラックス
湯船に入ることは、副交感神経を優位にします。

少しぬるめのお湯で のぼせすぎないようにすることが良いでしょう。

湯船に入ると、
筋肉がほぐれ、
血行が促進され、
体温の上昇が起こり、
副交感神経を優位にさせます。

就寝する1時間ほど前に入浴を済ませ、
就寝するまでは、
強い明かりの下 や テレビ、パソコン等の
交感神経を活発にさせる行為は控えることも安眠にとって重要です。


ポイント3:睡眠
睡眠中は、副交感神経が最も優位になる時間帯です。
夜更かしは最もよくありません。

また、就寝直前までパソコン等を使用しているのもよくありません。

正しい生活習慣のリズムを守ることが口臭対策にとって非常に重要なのです。

早寝、早起き、十分な睡眠時間をとることは、
現代人にとって難しいことかもしれませんが、
自律神経バランスを整えることが口腔生理機能を正常な状態にすることなのです。

起床したらすぐに日光を浴びることも体内時計を整える有効な手段です。

睡眠、食生活、規則正しい生活習慣は、口臭治療において基本中の基本です。
口臭をなんとか治したいと真剣に考えられているのであれば、
生活習慣の改善は必須です。

また、マッサージも有効です。
マッサージをすると眠くなりますよね。
これはリラックスしたことにより副交感神経が優位になっているのです。



次回も本日の続きです。


口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。



口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト


大船駅北口歯科オフィシャルサイト


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ


メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


2016年2月8日

自律神経バランスの崩れから起こる口臭

2016年 2月 8日(月曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

今日のテーマは、
『自律神経バランスの崩れから起こる口臭』になります。


口臭と自律神経は大きく関係しています。

唾液の分泌が口臭改善にとって非常に重要であることは、
このブログでも何度も解説しています。

唾液の分泌量が多い方は、口臭は起こりにくいのです。

しかし、口臭を主訴として来院される患者様の多くは、
唾液の分泌量が少なかったり、
唾液の性状に問題があったり
等の問題が起こっています。

唾液の分泌が少なくなる原因として、いくつかのことが考えられます。

その中でも
• 食生活習慣の乱れ
• 誤った歯磨き方法 や 誤った口腔ケアー 習慣
• 生活のリズムの乱れ
• 精神的ストレス
が大きく関わってきます。
 
だ液の分泌量が適切であれば、口臭は起こりにくいのです。

しかしながら 唾液の分泌は、基本的に私達の意思ではコントロールできないのです。

これは、唾液は自律神経の支配を受けているためです。

自律神経の働きを理解することが、口臭を抑制することにつながります。


自律神経とは、
自分の意思と関係なく無意識のうちに絶えず働いてくれている神経のことです。

例えば、心臓は自律神経支配です。
当然のことながら 心臓は、生まれてから、亡くなるまで 人の意識とは関係なく、
眠っている時も 起きている時も動き続けています。

唾液も同じなのです。
常に分泌されているものなのです。

ここで少し難しい話になりますが、自律神経をもう少し解説します。
自律神経には、
交感神経
副交感神経
という 相反する働きをする神経があります。

起きて動いているときには、心臓を活発にするために交感神経が強く働き、

眠っているときには心臓の働きをゆっくりとし休ませるように
副交感神経が働きうまくバランスを保ちながら身体の調節をしています。

交感神経が優位になると
• 血管を収縮し血圧が上昇
• 心拍数が上昇
• 気管支が拡張
• 唾液の分泌が抑制
• 胃腸の働きが抑制
• 排泄が抑制
します。

興奮した時 や 緊張した時の状態です。

人前で話をする時に緊張すると 喉が乾くのは、
交感神経が優位になり、唾液の分泌が抑制されるためです。

運動すると脈が早くなりますよね。
これは、運動をすると筋肉が多くの酸素を消費するため、脈を早めて
筋肉に酸素を運ぼうとする現象なのです。


副交感神経が優位になると
• 血管が拡張し血圧が低下
• 心拍数が低下
• 気管支が収縮
• 唾液の分泌が促進
• 胃腸の働が活発
• 排泄が促される

リラックスした状態は唾液が分泌されやすいです。


緊張した状態が続くということは、
交感神経が優位になり、
結果的に唾液の分泌が抑制されるのです。

寝ている時は、脈拍は少なくなります。
これは、生命を維持しながら無駄なエネルギー消費をしないように
基礎代謝を下げているためです。


これでなんとなく、自律神経(交感神経 と 副交感神経)の働きが分かってきたと思います。

先にも説明しましたように
口臭を主訴として来院される方の多くにみられる「自律神経バランスの乱れ」を改善させることが臭い対策の基本となります。

次回はこうした対策について解説します。




口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。



口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト


大船駅北口歯科オフィシャルサイト


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ


メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


PAGE TOP