口臭ブログ

カテゴリー: 口臭ブログの記事一覧
2018年1月18日

口臭予防対策:舌磨きは必要?

2018年 1月16日(月曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

今日のテーマは、『口臭予防対策:舌磨きは必要?』になります。

まず結論から説明しますと
口臭予防のために舌の清掃は行なっていただいて問題ありません。

しかし、その方法や頻度が大きく影響してきます。

まず舌は粘膜であるということをしっかりと認識して下さい。

舌の表面には「舌乳頭」という非常に細かいヒダのような物が覆っています。

イソギンチャクのヒダのようなものがいっぱい舌の表面には存在するというものと思って下さい。
舌乳頭というと一般的には「糸状乳頭」というのをさすことが多いのですが、
この機能は食物をなめとりやすくしたり、舌の感覚を鋭敏にする感覚装置とされています。

この繊細な舌を歯ブラシのようなもので擦ると傷がつきます。
この傷がつくことが口臭にとっては悪影響です。

剥がれ落ちた舌乳頭をもとにして口腔内細菌がさらに繁殖してしまいます。
口腔内細菌の増殖により口臭はさらに強くなります。

またブラシで擦ることにより剥がれ落ちた粘膜は
舌に残ったり、唾液に混じります。

この剥がれ落ちた粘膜が匂いを発生します。

実際に舌ブラシ等で舌の清掃を頻繁に行っている方の唾液は混濁(濁っている)しています。
これは剥がれ落ちた舌乳頭等が唾液の中に混じっているのです。

それではどのように舌の清掃を行なったら良いのでしょうか?

舌を清掃する専用のヘラがあります。
プラスチックでできたヘラです。

これを舌に傷がつかないように数回だけ舌の上をなぞり
汚れをとります。

汚れの付着程度にもよりますが、
週に1〜3かい程度です。

舌を傷つけないように行うことが非常に重要です。

舌ブラシを頻繁にご使用されている方は
口臭が強いです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

大船駅北口歯科

口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。

口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト

大船駅北口歯科オフィシャルサイト

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

2017年10月2日

口臭の原因

2017年10月2日(月曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

今日のテーマは、『口臭の原因』になります。

口臭で悩まれる方は本当に多いです。

私が歯科大学を卒業したのが約25年前です。
その頃って口臭で悩む方ってこんなにいたのかな?
と思ってしまいます。

おそらく昔から口臭で悩んでいる方は多くいらっしゃったと考えられます。
しかし、口臭で悩んだとしても
どうしたら良いのか
どこに相談したら良いのか
そうした情報がなかったので
表に出てこなかったのだと思います。

口臭で悩んでいて
歯科医院を受診し、
「口臭がするのですが…」
と相談しても
歯科医師からは
「問題ありません」
と言われることが多く
口臭について向き合ってくれる歯科医院がほとんどなかったのも事実です。

現在でも口臭について取り扱っている歯科医院は非常に少ないですが、
20年前からすると
だいぶ増えてきました。

口臭外来を探すのも
インターネットで見つけられます。

また口臭で悩まれる方の多くは、
インターネットで
「口臭」と検索して情報を収集します。

当然ですよね。

口臭って非常にデリケートな部分ですから
人に相談できない悩みです。

そのため、ご自身で情報を集めるている方がほとんどです。
今 YAHOO JAPAN で 「口臭」と検索すると
約41,100,000件がヒットします。

おそらくこのブログを見られている方の多くが
同じように検索されて見られているのではないでしょうか?

そうしたサイトを見ると
明らかに間違っている情報もあります。

また口臭の原因は非常に複雑です。
口臭の原因により対策は全く変わってきます。

そのため、口臭と検索し、
その情報を実施しても
全く改善しない方が多くいらっしゃいます。

例えば、
口臭があるから歯周病や虫歯が原因ではないのか?
と考えられ、歯科医院を受診します。

しかし、担当歯科医師からは、
「虫歯、歯周病に問題ありません」と言われます。

何が原因なのか?

ますます悩みます。

歯磨きも相当丁寧にしているのに…
それも人一倍頑張って歯磨きをしているのに…

またネットで見つけた口臭対策も実施します。

それでも口臭は改善しない…

実際に口臭外来を受診される方の多くは
こうした経験をされています。

確かに歯周病が進行している方の場合、
非常に強い口臭が認められます。

私自身は、歯周病専門医ですから
当医院を受診される方の中には非常に歯周病が進行した方もいらっしゃいます。

重度歯周病の方の場合、
ほとんどが非常に強い口臭を認めます。

しかし、こうした歯周病が進行した方の場合、
口臭外来を受診されることは滅多にありません。

私の経験上、
口臭外来を受診される方のほとんどが
歯周病に問題はありません。

実際に歯周病が進行された方の場合、
1日24時間、1年365日臭いがあります。
そのため、ご自身の口臭に気がつかないことが多いです。

でも他の人は口臭を感じていることが多いです。

臭いって慣れがあるのです。

口臭外来を受診される方は
もっと他の原因があることが多いです。
次回のブログではこうした話をしたいと思います。


クリックでの応援よろしくお願い致します

大船駅北口歯科

口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。

口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト

大船駅北口歯科オフィシャルサイト

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

2017年8月31日

口臭を無臭にする!無臭化製品:Pro Fresh CL

2017年 8月31日(月曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

今日のテーマは、『口臭を無臭にする!無臭化製品:Pro Fresh CL』になります。

無臭化製剤Pro Fresh CLは
アメリカの口臭専門医リフター先生が開発したものです。

無臭化製剤Pro Fresh CLは
殺菌剤や合成界面活性剤(歯磨き剤で泡立つ材料)などの粘膜に有害な化学物質はまったく使用されていない口腔内化粧品です。

それではPro Fresh CLの使用方法について解説しましょう。

Pro Fresh CLは上記にありますボトルと
小さな袋に入ったクエン酸(A液)と次亜塩素酸ナトリウム溶液(B液)に分かれています。

ステップ 1
Pro Fresh CLのボトルに
A液とB液を混ぜて、撹拌します。
そして30分以上静置した後に使用します。

ステップ 2
朝食後 と 就寝後に 歯磨きを行なった後に
A液とB液を混ぜたボトル液(Pro Fresh CL)を
ボトルのキャップに液を1杯とり
1分間ブクブクとうがいを行ないます。

ステップ 3
うがい後にリンスは吐き出さずに
液体を口腔内に入れたまま歯磨きと粘膜を磨きます。
食後の食べかすは、歯の隙間に約10%、舌の上や頬等の粘膜に約90%残っています。
食べかすの多くは、舌の上や頬等の粘膜に残っているのですから
その汚れを取ることが有効です。
歯だけを磨いても 口腔内に残った食べかすを的確に取り除くことはできないのです。

ステップ 4
リンスを吐き出し、
タングスクレーパーを水に濡らし、
リンスが舌表面に十分に行き渡るように優しくなぞります。
この時に注意することは、舌専用のタングスクレーパーを使用することです。
ブラシ等で舌を擦ってはいけません。
舌ブラシは禁忌です。
舌ブラシで擦ると舌表面が傷つき、口臭はさらに悪化します。
舌は絶対に磨いてはいけません。

ステップ 5
再度リンスをキャップ1杯取り、30秒間ブクブクとうがいを行ないます。
これで終了です。

20~30分間飲食は禁止です。

A液とB液を混ぜた後は、直射日光が当たらない涼しい場所に保管して下さい。
使用期限は約1~2ヶ月です。

Pro Fresh CLの作用機序

Pro Fresh CLのボトルに
付属してあるA液(クエン酸)と B液(次亜塩素酸ナトリウム溶液)を混合すると
次亜塩素酸は消滅して、非常に不安定な亜塩素酸が生成されます。
亜塩素酸は、口腔内ですぐに分解されて、唾液中に新鮮な酸素を供給します。

歯周病細菌の中で問題となる細菌は、嫌気性細菌という細菌です。

嫌気性細菌は、酸素が届かない部位で生息することが可能な細菌です。

無臭化製剤Pro Fresh CLを使用することにより、
口腔内には酸素が行き届き、酸素が嫌いな細菌は活動できなくなります。

これがPro Fresh CLの効果の一つです。

デンタルリンス等で使用される殺菌剤は、
全ての口腔内細菌を殺菌するので、菌交代現象やアレルギーが起こる可能性がありますが、
無臭化製剤Pro Fresh CLには そうしたことはありません。
安全性が高いのもPro Fresh CLの特徴です。

無臭化製剤Pro Fresh CLは、
酸素を供給すると同時に遊離した塩素イオンが口腔内に浮遊し、待機します。

この時に人によっては、塩素臭を感じるかもしれませんが、塩素系消毒薬ではありませんのでご心配いりません。

WHO、FDA等が安全性を認めた口腔内酸化剤です。

この遊離した塩素イオンは、
口腔内で発生した揮発性硫黄化合物や揮発性窒素化合物などの臭気ガスと結合して
塩化化合物を作ります。

口腔内に新鮮な酸素を供給することで口臭が起きにくい環境を作るとともに口臭ガスが発生しても待機する塩素イオンによって無臭化が行なわれるという作用機序です。

作用時間は、12時間です。
そのため、24時間無臭にするためには、朝(朝食後)と夜(就寝前)に行なうのです。

Pro Fresh CL費用
リンス(本品) : 2,700円(消費税抜価格)
タングスクレーパー : 400円(消費税抜価格)(初回のみ購入必要)
受付で販売しております。

口臭の原因は、口腔内の問題だけではありません。
生活習慣や、自律神経失調、過去の経験 等 さまざまな要因があります。
口臭検査を行わない方でPro Fresh CLをご使用後、口臭の改善がない場合には、口臭の原因を調べるために適切な口臭検査を行う必要性があります。


クリックでの応援よろしくお願い致します

大船駅北口歯科

口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。

口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト

大船駅北口歯科オフィシャルサイト

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

2017年6月8日

口臭で悩む方へ

2017年 6月 8日(木曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

前回のブログでも書きましたが、
口臭で悩まれる方は年々多くなってきます。

口臭関連対策の商品も非常に多く販売されるようになっています。

テレビコマーシャルは当然のことですが、
ネットでも雑誌でも多くの口臭対策製品が販売されています。

当然のことながら企業は売れない商品は販売しません。

売れるからこそ多くの口臭ケアー対策製品が販売されているのです。

ガム や マウスヴォッシュ は当然のことですが、
口臭を予防する歯磨き剤もあれば
口臭を予防するタブレット錠もあります。

また口臭に効果があるとされる飲料もあります。

もちろんこうした製品の中をご使用されることで口臭に効果があることもあります。

しかしどうでしょう
このブログを読まれている方の中には、
口臭で非常に悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

口臭で悩めば悩む人ほど
必ずと言っていいほど口臭ケアー対策を行っているはずです。

別の言い方をすれば
口臭で悩んでいるのになにも対策をとっていないということはないと思います。

こうしたさまざまな口臭対策を行っている方に共通して言えることは
口臭の原因が生理的口臭の可能性が高いということです。

口臭は大きく分けて2つに分類されます。
一つは病的口臭です。
もう一つは生理的口臭です。

この話はブログで良く書く内容ですが、
とても重要なので再度説明致します。

病的口臭で代表的なのは、歯周病です。

歯周病は、歯周病細菌により起こる病気です。

このブログは口臭のブログなので歯周病の話は省略させていただきます。

この歯周病細菌が増えることで口臭は起こります。

私自身は歯周病の専門医であることから
当医院には歯周病が非常に進行された方が多くいらっしゃいます。

その歯周病が進行されたの方が来院された場合、
診察する前に口腔内を見ずに
臭いで重度歯周病であることが分かることが多いです。

歯周病が進んだ重度歯周病の方では、
大量の歯周病細菌が口腔内に繁殖していますので、
特有の臭いがあります。

私のように毎日歯周病の進行した方を治療していると
その臭いに敏感になってきます。

歯周病の進行した方は明らかに
歯周病細菌による特有の臭いがあります。

これが病的口臭です。

そのため、治療は単純です。
歯周病の治療を行います。

歯周病が改善してくれば歯周病による臭いは減少してきます。

当然のことです。

もちろん歯周病以外の病的問題もあります。

虫歯が進行していたり、
被せ物等の隙間に汚れが多く付着していたり、
等の問題もあります。

親知らずが原因での口臭もあります。

また神経を取った歯の根の中に膿みが溜まり
この膿みが大きくなることで口腔外に出てきて
臭いがすることもあります。

また神経のない歯は脆いので折れることも高頻度であります。
根の根が折れた場合には、折れた部位から感染が始まることで、
細菌が増殖します。
この細菌お増殖により口臭が起こることもあります。

病的口臭の原因はさまざまです。

対処法は、問題となっている病状の治療です。

それに対して
生理的口臭の方は、
対処方法がまったく違います。

歯周病のような病的な状態がないため、
当然のことながら歯周病の治療では治りません。

歯石をとっても治りません。

生活習慣等問題が口腔の問題となることが多いです。

こうした場合には、口臭専門外来での検査が必要になります。


クリックでの応援よろしくお願い致します

口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。

口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト

大船駅北口歯科オフィシャルサイト

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

2017年4月2日

歯周病の方は口臭があるのか?

2017年 4月 2日(日曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

今日のテーマは、『歯周病の方は口臭があるのか?』になります。

答えから言いますと
歯周病の方は、口臭があります。

もちろん歯周病の進行程度によっても変わりますが、
歯周病が進行した方では、必ずと言っていい程口臭があります。

なぜなのでしょうか?

上記の写真は歯周病が進行した方です。

非常に強い口臭があります。

私自身は、歯周病の専門医でもありますので、
当医院には歯周病が進行した方も多く来院されます。

まず歯周病を理解するためには歯周病の成り立ちから解説する必要性があります。

歯周病は、歯と歯肉の境目にある歯周ポケットに汚れが付着し、
それが歯周ポケットの中に入り込んでしまうことから生じます。

以下が歯周ポケットです。

歯周ポケットを検査する器具は、プローブといって以下のようなものです。

このプローブを歯周ぽけっとの中に入れ、
どれくらいの深さが入るか測定するのです。

歯周病が軽度の人です。

先ほどより歯周病が進行した方です。

さらに歯周病が進行し、歯を支えている骨が吸収(溶けた)状態です。

健康な方 と 歯周病が進行した方をレントゲンでみると以下のようになります。
まずは健康な方です。

次に歯周病が進行した方です。

比較すると
歯周病の方では、歯を支えている骨が少なくなっているのが分かるかもしれません。
(見られないとちょっと分かりにくですけど…)

このように歯周病は、食べかす等の汚れが 歯周ポケットの中に入り込むことから始まります。
汚れの中には、細菌がいっぱい潜んでいるのです。

細菌とは、歯周病細菌のことです。

歯周病細菌には多くの種類がいますが、
口臭と関連する細菌は、
嫌気性細菌と言います。
けんきせいさいきん と読みます。

嫌気性細菌は、酸素が嫌いな菌です。
酸素が少ないところで繁殖していきます。

我々が生活している地上では、
酸素濃度は約21%とされています。

先ほどの図で解説した歯周ポケットですが、
この深さが6mm以上になると歯周病は進行していると言えます。

深い歯周ポケット内部の酸素濃度は約1%以下となることもあります。

非常に酸素が少ない状態ですよね。

こうなると酸素が嫌いな嫌気性細菌がどんどんと増えていきます。

また歯周病が進行すると出血もありますよね。
歯肉から血が出るという状態です。

こうした血液の成分も嫌気性細菌が繁殖しやすい状態なのです。

嫌気性細菌は、口臭の大きな原因である
揮発性硫黄化合物を産生します。

これが本当に臭いのです。

そのため、歯周病が進行した方の場合には、
口臭が強くなります。

口臭の治し方は比較的明瞭です。

歯周病の治療を行うことです。

歯周病が治ってくれば、
当然のことながら歯周病細菌も減少してきますので
口臭は軽減します。

嫌気性細菌が少なくなるわけですから…

しかし、口臭外来を受診される方の多くは、
歯周病の問題が少ない人が多いです。

実際に歯周病の検査を行っても
歯周病に問題は認められない方が多いです。

それではなぜ歯周病に問題がないのに
口臭があるのでしょうか?

歯周病等の口腔内に病的な問題があることで口臭がしている人を
病的口臭と言います。

それに対して、歯周病等の病的な問題がないのに口臭がある方を
生理的口臭と言います。

口臭外来を受診される方の多くは、
この生理的口臭です。

生理的口臭の場合、どこに原因があるのかを徹底して調べることが必要です。
こうしたことは、一般的な歯科医院では対応することが難しいです。

口臭認定医等が在籍している口臭外来を受診されることが必要です。

口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。

口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト

大船駅北口歯科オフィシャルサイト

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

2016年12月26日

大船駅北口歯科 年末年始休診案内

大船駅北口歯科 年末年始休診案内

2016年12月30日(金曜日)午後から
2017年1月5日(木曜日)
まで休診となります。

 

休診中の緊急連絡は、以下メールよりご連絡下さい。

https://www.sugiyama-dental.com/inquire.html
休診中の緊急連絡メール


また休診中の予約は以下からインターネットオンライン予約をご利用下さい。


http://www.st-se.co.jp/dental/sugiyama-dental/yoyaku.htm

24時間インターネットオンライン予約

 

 

2016年9月26日

口臭外来を受診する患者様の特徴

2016年 9月26日(月曜日)です。

 

始めに休診案内です。

10月7日(金)
10月8日(土)
は、日本歯周病学会参加のため休診となります。

 

 

 

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

 

今日のテーマは、『口臭外来を受診する患者様の特徴』になります。

 

 

私が 口臭専門医であり世界的な口臭の権威である

大阪のほんだ先生の歯科医院を始めて訪れたのが今から5程前になります。

 

それは、口臭についての勉強を歯科大学ではほとんど学ぶことがないため、

私自身 歯科医師となってからも

口臭についての

基礎知識から

治し方についてもほとんど知らなかったため、

生理的口臭といわれる方に対してはなにもできない状態でした。

 

これはほんとの歯科医師に当てはまることです。

 

患者様にとっては、口臭という状態は

歯科医院を受診すれば治る

と思っていらっしゃることと思われます。

 

口臭のタイプで

病的口臭という状態であれば、

歯科医院で改善させることが十分可能です。

 

病的口臭とは、

歯周病 が代表的な疾患です。

 

しかし、口腔内に病的な問題がないにも関わらず

口臭で悩む方が多くいらっしゃいます。

 

こうした口臭は

生理的口臭と言われます。

 

一般的な歯科検査を行なっても

病的な問題は認められないため、

生理的口臭の方は、

「問題ありません」

と言われてしまいます。

 

こうした方は、確かに病的な問題はありません。

 

しかし、口臭で悩んでいるのです。

 

私自身生理的口臭に対しては、

治すすべを知りませんでした。

 

治す方法というよりも

もっと基本的な生理的口臭を判断することもできない状態でした。

 

そこで日本で最も口臭についての専門医である

ほんだ先生の臨床をみたく、

毎月1回大阪に通い、2年ほどをかけて学んできました。

 

現在も定期的に大阪に行き、

勉強させていただいています。

 

 

生理的口臭の方の特徴として、

口臭を気にされる方の多くは、

普通の方より非常に良くは磨きを行なっています。

 

これは当然と言えば当然のことで、

口臭が気になるわけですから

歯を磨かないと口臭が起こると思っているからです。

 

これは歯に付着した汚れが口臭の原因であると思っているからです。

 

もちろん歯に付着した汚れは、口臭の原因にはなりますが、

なぜ人一倍は磨きをされている方が口臭で悩むのでしょうか?

 

汚れがついていないのにです。

 

また、人一倍は磨きを行なっている以外にも

マウスヴォッシュ等も使用している方が多いです。

 

マウスヴォッシュを使用すれば、

口臭が消える感じがしますよね。

 

他にも口臭に効果があると言われることを多く実施している方も多いです。

 

それでも口臭で悩むわけです。

 

もうなにが原因であるか分からなくなってきます。

 

そしてようやく口臭外来を受診するわけです。

 

上記のような方は、

なぜ口臭で悩んでいるのでしょうか?

 

口腔内には汚れがついていなく、ピカピカなのにです。

 

口臭外来を受診される方の多くは、

このような状態です。

 

生理的口臭がある方は、

根本的に治す方法 考え方がまったく違うのです。

 

 

口臭でお悩みの方は、お近くの口臭外来を受診し、

検査をされて下さい。

 

治らない口臭をお一人で悩んでも解決しません。

 

 

 

 

口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。

https://www.sugiyama-dental.com/kosyu/process.html

 

現在口臭外来は、非常に混み合っております。

できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。

 

 

口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。

https://www.sugiyama-dental.com/kosyu

 

 

 

 

 

2016年9月5日

昨日は口臭の勉強会がありました

2016年 9月 5日(月曜日)です。   始めに9月の長期休診案内です。 9月10日(土曜日)~9月15日(木曜日)まで休診となります。 長い期間の休診のためご不自由をおかけします。   昨日口臭のセミナーが開催されました。   主催は、口臭の権威である大阪のほんだ先生です。   ほんだ先生は、日本の口臭治療において 長く貢献されている先生であり、 口臭の専門医でもあります。     口臭について我々歯科医師は、学ぶ機会は非常に少なく、 私自身歯科大学生時代には、 口臭に関連する授業はまったくありませんでした。   もう20数年前のことですが…   現在私は、大学の講師として 毎週臨床と先生対象の講演を行なっているのですが、 口臭については、まったく授業等でもないようです。   患者さんは、口臭というと 歯科医院を受診されることと思いますが、 その口臭について、多くの歯科医師は対策を知りません。   これが現実的なことなのです。   当然と言えば、当然のことで、 口臭について学んでいないのですから…   一般歯科医師が口臭について対応できる範囲は、 歯周病と虫歯です。   歯周病が進行すると口臭は強くなります。   これは歯周病細菌が臭いをもっているからです。   そのため、歯周病が進行した方では、口臭があります。   こうした場合には、歯周病治療を行なうことで 口臭が改善される可能性があります。   虫歯も同様です。   このような状態で起こる口臭を 病的口臭と言います。   治療は比較的簡単です。   しかし、口臭外来を受診される方は、 病的口臭がないことがほとんどです。   こうした状態で口臭が起こる方を 生理的口臭と言います。   生理的口臭の場合、 一般的な歯科医院を受診しても 「問題なし」 とされてしまいます。   単純に歯周病等の病気がないわけですから…   私自身は、歯周病の専門医ですので、 歯周病が非常に進行した患者さんが多く来院されます。   しかし、口臭の患者様も多いのです。   それは、患者様にとって 口臭の原因は歯周病ではないかと考えられているからです。   口臭について学んでいない私にとって 生理的口臭に対して、 できることはほとんとなかったのです。   そこで、もう4〜5年程前になりますが、 大阪のほんだ先生に師事をいただき、 口臭について一から学ばせていただくようになりました。   口臭は、一般的な歯科知識とはまったく違う分野であり、 ほんとの内容が始めて知ることばかりでした。   多くの歯科医師がそうではないでしょうか。   現在も口臭の知識を得るべく、 ほんだ先生の講演を聞いています。   当医院のメインの治療は、 歯周病、インプラント、オールセラミック治療(金属アレルギー外来)であり、 口臭はあくまでメインの治療ではありませんが、 どうしても学んでいかなければいけない分野です。   また12月にも大阪でほんだ先生の勉強会があります。   つねに新しい知識を得ていくことが必要ですね。        

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

 

今日のテーマは、『昨日口臭セミナーが開催されました』になります。

口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。

 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。

できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。

口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。

大船駅北口歯科オフィシャルサイト

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。

最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。

インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。

歯周病ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック

欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック

休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

   
2016年8月15日

口臭外来の治療手順

2016年 8月15日(月曜日)です。

このブログは、口臭に悩む方のブログです。

今日のテーマは、
『口臭外来の治療手順』になります。

口臭を主訴として来院された場合、
以下の手順で治療が進んでいきます。

まず口臭の原因が
病的口臭であるのか?
生理的口臭であるのか?
を判断します。

これを予備診査と言います。

この予備診査は、健康保険が適応されます。

治療費は、歯の残っている数等によっても違いますが、
おおよそ3.000円です。(健康保険3割負担の方の場合)

病的口臭とは、
歯周病に代表される口腔内に病的な状態があるかどうかです。

歯周病は歯周病細菌が繁殖することで起こる病気です。

歯周病が進行した方の場合、
歯周病細菌の中でも特殊な細菌大幅に繁殖します。

その代表的な歯周病細菌はP.g菌と言われる細菌です。

この細菌は、歯周病に大きく関連しているだけでなく、
口臭の大きな要因にもなります。

もし、予備診査で病的口臭と判断された場合には、
歯周病が原因で口臭が起こっている可能性が高いので、
歯周病の治療を先行させます。

歯周病治療も多くの場合、健康保険が適応されます。


そして、歯周病治療の結果、口臭も改善されれば
特別な口臭治療はありません。

歯周病が原因で口臭が起こっていたわけですから
歯周病治療で口臭が改善されたということです。


しかし、予備診査の結果、
病的口臭がないと判断された場合です。

つまり生理的口臭と判断された場合です。

この場合には、専門的な口臭検査が必要です。

口臭検査には、非常に長時間かかります。
検査とカウンセリングだけで、3時間程度かかります。
長い方ですと4時間かかることもあります。

また、口臭検査前に
1週間程度 生活調査票というものを記録していただく作業もあります。

先にも書きましたように
口臭外来は、時間がかかる検査ですので、
完全予約制です。

1回目の予備診査が終了した方で
生理的口臭と診断された方のみが
口臭検査を行なうことになります。

そのため、口臭外来をご希望される方の最初は、
予備診査が必ず必要であるとお考え下さい。

また口臭外来自体は、保険が適応されませんので、
完全に自費診療となります。

口臭外来の治療費は、
初回 7万円(消費税別)となります。
*2016年8月時点の治療費


口臭外来は、保険が適応されないと思っていらっしゃる方も多いですが、
口臭の原因がなにかによっても
検査の内容によっても
それは異なります。

病的口臭が口臭の原因であれば
基本的にどこの歯科医院でも検査可能です。

重度歯周病や特殊な細菌が関与している歯周病を除き、
軽度から中程度の歯周病であれば、
多くの歯科医院でも歯周病治療は可能ですので、
口臭でお悩みの方は、
まずは
かかりつけの歯科医院 や
お近くの歯科医院を受診していただき、

病的問題があるのか?
ということを調べられてみてはいかがでしょうか?

もちろん 当院は日本歯周病学会の認定歯周病専門医ですので、
精密な歯周病検査が可能です。




口臭外来をご希望される方は、以下のページをご覧になりご来院下さい。
 口臭外来 治療手順(予約方法)および 治療費

現在口臭外来は、非常に混み合っております。
できるかぎり早く検査を受けられたいとお考えの方は、お早めにご予約下さい。



口臭外来受診をご希望の方は、以下のサイトをご覧になって予約方法、治療費 等をご確認下さい。
口臭外来サイト


大船駅北口歯科オフィシャルサイト


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

歯周病ブログは下記をクリックして下さい。
歯周病ブログ


メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


2016年8月8日

夏期休診案内

2016年夏期休暇案内です


始めに夏期休診案内です。

8月11日(木曜日)~8月15日(月曜日)まで休診となります。


休診中の緊急連絡は以下よりメールでご連絡下さい。
夏期期間中の緊急連絡先


口臭ブログは8月15日(月曜日)から再開します。

PAGE TOP