歯周病専門医サイトブログ

2009年8月の記事一覧
2009年8月31日

歯周病治療の中断は、良くない!

8/31(月曜日)です。
このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。
今日のテーマは、『歯周病治療の中断は、良くない!』です。


前回のブログでは、現在の歯周病の状態をきちんと把握することが重要であることを解説しました。
つまり、この歯周病は、治せるのか? 治せないのか?
ということでした。

徹底した歯周病治療を行うことにより、歯周病の進行を停止させることが可能な歯もありますし、
どのような治療を行っても歯周病の進行を停止させることができないケースもあります。

これが、現実的なことです。

いくら 歯周病専門医であっても全ての歯を残すことは不可能です。

どの歯が治療可能であるのか?
どの歯は、抜歯になるのか?
を正確にきちんと判断できるのが、 歯周病専門医なのです。

ここまでが、前回のブログの内容でした。

本日は、『歯周病治療を中断される患者様は、問題をさらに大きくする!』という話です。

歯周病の治療は虫歯の治療とは異なり、1回や2回程度の治療で終了することはほとんどの場合ありません。
特に重度の歯周病の場合、治療期間が半年以上かかることもあります。
歯周病の治療を希望されて来院した患者さんのうち 
多くの方は、治療を中断してしまいます。

それでは何故このように治療を中断する人が多いのでしょう。

その理由は、いくつかあります。
1.初期の治療により出血等の症状が改善したから!
2.仕事等が忙しく、通院する時間がない!
3.治療に対する痛み等があったから!
4.治療の必要性はわかっていてもなかなか行動に移せない!
5.一度予約をキャンセルしてしまったために通院しにくくなった!
6.治療に対する理解が得られなかった!

こうした点についてお話します。

まず、1番目の『初期の治療により出血等の症状が改善したから!』の話になります。
『歯ブラシの時に歯肉から出血がある』ということを主訴として来院された方に多いのですが、
歯周病の治療を始めると出血と腫れは、急速に治まってきます。
もちろんこの時点で歯周病治療が終了する方もいらしゃいます。

しかし、重度歯周病の場合、出血が治まっても、歯周病が完全には、治っていないこともあります。

歯周病の治療は、
まず、検査、
そして治療(初期治療)、
その後どこまで治ったかを判断するために再度検査を行います。

この再検査を行って、きちんと歯周病が改善されたことを確認してから治療が終了となるのです。

しかし、患者様の中には、『出血や腫れが良くなったから治ったんだ!』という自己判断で治療を中断される方もいらしゃいます。
しかし、現実的には、まだ歯周病は完全には治っていないケースもあります。
結果的に、歯周病は再発し、数年後には、初診時の状態以上に問題が悪化していることも良く経験します。
一度 歯周病治療を開始された患者様が途中で中断し、再度来院された時には、初診時以上に問題が大きくなているのです。

自己判断は危険です。
中途半端にせず、きちんち治療を行うことが重要なのです。

次に2番目の『仕事等が忙しく、通院する時間がない!』ということです。
これは、ご本人の意思だけではありませんので、難しいことです。
私達歯科医師としても、『通院 時間がない!』ということに対しては、どうすることもできません。
ただし、一つ言えることは、治療を進める段階で、どうしても ある程度短期的に治療を行わなければならないこともありますし、ある程度治療期間をあけても大丈夫 という段階もあります。

例えば、歯周病治療を開始する段階で、『初期治療(基本治療)』 という治療があります。
初期治療の中でも歯肉の炎症を抑える重要な治療が『ルートプレーニング(SRP)』になります。
この治療方法についての詳細は、省略しますので、以下をご覧になって下さい。
    ・ルートプレーニング(SRP)

このルートプレーニングは、歯肉の内部に侵入した 汚れ を撤去する治療です。
ただし、全ての歯を1回で行うことは、難しいことであり、
当医院では、上下顎、左右側を4つのブロックに分けて行います。
つまり、4回に分けて『ルートプレーニング(SRP)』を行うのです。
1回の治療次回は、病状によっても違いますが、40分〜60分程度かかります。

通常この治療(『ルートプレーニング(SRP)』)は、1週間に1回程度の間隔で行います。

この『ルートプレーニング(SRP)』により、治療を行った部位からは、歯周病細菌の減少が起ります。

ただし、1部位行ったのみでは、治療を行っていない他の部位には、まだ歯周病細菌の感染が残っているのです。

この治療を行っていない部位(細菌感染がまだ存在する部位)から
治療を行った部位(『ルートプレーニング(SRP)』を行った部位)に感染を起こすのです。

そのため、『ルートプレーニング(SRP)』を開始した場合には、ある程度短期的に続けることが重要です。

1回『ルートプレーニング(SRP)』を行っても、次の『ルートプレーニング(SRP)』を行うのが何ヶ月という期間がかかってしまっては、まだ感染している部位から再感染をしてしまい、結果的に治療効果が認められないこともあります。

そのため、お忙しい患者様の場合には、この治療ステップは、どうしても連続して治療を受けれ必要性があることを十分にご説明させていただいています。

『仕事が忙しい!』ということが最もなことですが、
『歯周病を治したい!』というお気持ちがあるのであれば、
どこかで時間を作らなければなりません。

そのため、時間的な制約がある方は、どうしても通院しやすい歯科医院を選択することも重要です。

また、治療開始前に、現在の生活スタイル 等を担当医にきちんと説明し、
どのくらいの通院が必要であるかど事前に確認することも大切です。


3番目以降の話については、次回のブログで解説します。


次回の歯周病ブログは9/7(月)です。

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病WEB

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
インプラントWEB

総合サイトは、以下をクリック              
大船駅北口歯科

2009年8月24日

重度歯周病の患者様の来院

8/24(月曜日)です。
このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。
今日のテーマは、『重度歯周病の患者様』です。

昨日初診で来院された患者様は、重度歯周病でした。
骨の吸収も全体的に80%以上進行していました。
ほとんどの歯は、グラグラで、指で触っただけでも取れてしまいそうな状態です。

また、初診時にすでに、5歯、歯が抜けていました。

患者様は、グラグラしている歯をなんとか残したいというご希望がありました。
しかし、あまりにも骨吸収が進行しすぎているため、多くの歯は、抜歯になってしまう状態です。

ただし、すぐに歯周病治療を開始すれば、何本かの歯は歯周病の進行を停止させることが
可能な状態です。

そのため、患者様には、『完全にダメな歯は抜歯をして、残る可能性がある歯を徹底して治療しましょう!』とお話させていただきました。

しかし、患者様は、『絶対に1本も抜歯したくない!、抜歯するくらいなら このままにしたい!』
また、『ダメもとで歯周病の治療を行ってほしい!』との希望もございました。

私は、 歯周病専門医ですから、毎日のように重度歯周病の患者様が来院されます。

そして、進行した歯周病であっても治療を行うことにより、改善させることも可能です。

しかし、全ての歯周病が治療できるわけではありません。
あまりにも進行しすぎてしまった状態では、治療は不可能です。
この場合には、抜歯になります。

もし、治療を行っても治せない状態の歯を 無理に治療しても治らないだけでなく、
歯周病の感染は、他の歯へも転移してしまいます。

その結果、さらに多くの歯を失うことになります。

歯周病の治療で大切なことは、治療可能な歯 と 治療不可能な歯 をきちんと判断することです。
もし、適切な判断がでずに、患者様の『抜きたくない!』という希望のみで治療方針を決定すると
さらに多くの歯失う結果になってしまいます。

どの歯が治療が可能で、どの歯が治療が不可能なのかを適切に診断することが重要なのです。

その上で、歯周病の治療が開始されます。
残る可能性がある歯は徹底して歯周病の治療を行うことにより、歯周病を改善させることが可能ですし、
歯周病細菌が他の歯へも感染することを防ぐこともできるのです。

このような適切な判断ができるからこそ、 歯周病専門医と言えるのです。

『ただ単に 抜かない!』というだけでは、本当の治療には、ならないのです。

例えば、ガン(癌)という病気が発見された時に、
薬(抗ガン剤)で治療するのか?
放射線療法で治療するのか?
外科的に切除するのか?
という判断がでてきます。

外科的に切除する必要性があると診断された場合、
患者様に外科的切除の必要性をご説明します。

早期に外科的に切除しないと 他の臓器に転移してしまうからです。
進行を停止させないと結果的に、手遅れになってしまいます。

歯周病も細菌感染ですから、口腔内から歯周病細菌を排除し、感染を防ぐことが重要です。

話は、今回の症例に戻りますが、
完全に保存することができない歯が何本かありましたが、
患者様は、『絶対に1本も抜歯したくない!』と強い希望をお持ちでした。

現時点で、ダメな歯はダメとして、きちんと治療すれば、ある程度の数の歯は残すことが可能です。
歯が何本か残れば、残った歯を土台として、固定式のブリッジにすることも可能な症例です。
固定式のブリッジになれば、食事に困ることもありません。
この時点が大きなポイントになるのです。

しかし、このまま単に抜歯をしない ということのみであれば、
あと数年でほとんどの歯を失う結果になります。
いわゆる総入れ歯になってしまいます。

また、歯周病が進行して、抜歯となれば、歯を支えている骨が吸収しますので、
その後の治療(義歯)が難しくなってしまうのです。
顎の骨が吸収すると義歯自体も合わなくなってしまいます。

数年後には、ほとんどの歯を失うだけでなく、その後の食事も困難になってしまいます。
義歯(入れ歯)が合わないのですから…

この時になって始めて
『あの時治療をしていれば良かった…』と思うのです。

義歯(入れ歯)をしていて、義歯が合わず、困っている患者様のほとんどが
『もっと歯がダメになる前に治療をしていれば、良かった』
と後悔しているのです。

歯を失って始めて気がつくのです。

歯周病であっても十分治せる段階はあるのです。
重要なのは、このポイントを間違えないことです。


次回の歯周病ブログは8/31(月)です。

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病WEB

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
インプラントWEB

総合サイトは、以下をクリック              
大船駅北口歯科

2009年8月17日

歯周病の全身的な原因

8/17(月曜日)です。
このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日(8/17)まで夏期休診になります。
明日から診療です。



今日のテーマは、『歯周病の全身的な原因』です。

歯周病の原因として最も大きいのが、歯ブラシが十分にできずに口腔内に汚れが付着し、
口腔内の歯周病細菌が増殖することにより起るものです。

また、噛み合わせも大きな原因になっています。

それでは、徹底して歯ブラシをして、噛み合わせも改善できれは、歯周病にはならないのでしょうか?

答えは違います。

噛み合わせに問題がなくて、徹底してブラッシングを行っていても
歯周病になってしまう方もいらしゃるのが現状です。

歯周病は、単に口腔内の問題だけではないからです。
口腔内の歯肉は、全身の一つです。
そのため、歯周病は、全身的な健康状態に大きく左右されます。

例えば、インフルエンザが流行しているとします。
同じ職場 や 同じ学校にいても
うつらない人もいれば、インフルエンザにかかってしまう人もいます。
また、インフルエンザにかかっても
軽度ですぐに治る人もいれば、
非常に悪化する人もいらっしゃいます。
特に 子供 や 老人、 御病気のある方では、重篤になる可能性が高くなります。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。
同じ歯周病細菌が感染しても
歯周病が重篤化する人もいれば、さほど問題が起りにくい人もいらっしゃいます。
先程と同じように御病気がある方は、歯周病が悪化しやすいのです。

得に糖尿病の方は、注意が必要です。
重度の歯周病の場合、歯周病になりやすいだけでなく、
歯周病になっても非常に治りにくいのです。

私の 歯周病専門医としての経験の中でも 重度の糖尿病の方では、いくら治療を行っても治療の反応が悪く、治りづらいことを実感しています。

また、喫煙者もそうです。
喫煙者は、本当に歯周病が治りにくいです。

歯周病は、口腔内のことだけではなく、全身的な影響を非常に受けやすいのです。

現在御病気がなくても 歯周病は、食生活、運動、睡眠、ストレス…といったことに影響を受けるのです。



次回の歯周病ブログは8/24(月)です。

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病WEB

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
インプラントWEB

総合サイトは、以下をクリック              
大船駅北口歯科

2009年8月10日

歯周病細菌

8/10(月曜日)です。
このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。
今日のテーマは、『歯周病細菌』です。

歯周病細菌は、生まれたばかりの子供の口腔内には存在しないものです。
後から感染します。
どこから感染するのかと言いますと、
家族間が一番確率が高いのです。
そのため、家族の方が歯周病であった場合には、高頻度でうつる確率が高くなります。

それでは、感染しない方法はないのでしょうか?
一緒に生活しているかぎり、100%感染しない方法はありません。
それよりも、感染した細菌が口腔内で繁殖しない方法をとることが有効です。

歯周病細菌といっても細菌の種類は多数存在します。
さほど問題を起こさない歯周病細菌もいれば、
非常に問題となる細菌も存在します。

特に問題を引き起こす歯周病細菌を『嫌気性細菌』と言います。
どんな歯周病細菌かと言いますと、酸素が届かないような場所で繁殖する細菌です。
酸素が届かない?
どのような場所なのでしょうか?

酸素が届かない場所は、『深い歯周ポケット』です。

ここで『歯周ポケット』について解説します。

歯と歯肉の間には、元々わずかな隙間(すきま)が存在します。
この隙間のことを『歯周ポケット』と言います。
健康な方では、この『歯周ポケット』の深さは約1〜2ミリ程度です。
66554333
クリックすると拡大されます。




1111114
クリックすると拡大されます。




歯ブラシが十分にできないと歯の周囲に汚れが付着します。
歯の周囲に付着した汚れは、歯と歯の境目(歯周ポケット)から内部に侵入してきます。

この歯の周囲に付着した汚れの中には、歯周病細菌が存在しています。
つまり、汚れが歯の周囲に付着するということは、歯周病細菌が歯の周囲に付着していることと同じことなのです。

歯周ポケット内部に汚れが入り込むということは、歯周病細菌も歯周ポケット内部に侵入するというこです。
歯と歯肉の隙間は狭いものです。
その狭い歯周ポケットの深い部分には、酸素があまり届かない部分になります。
そうした酸素が届かない部分にまで汚れが入り込むと
そこで、歯周病細菌が繁殖するのです。
先に解説した『嫌気性細菌』です。

歯周病にならないためには、この『嫌気性歯周病細菌』を繁殖させないことが重要です。
その一歩が適切なブラッシングなのです。

適切な歯ブラシの方法こそ、歯周病にならないための最も重要なことなのです。

歯周ポケットの深い中に歯周病細菌が存在するということは、
台所の排水溝の中に汚れが詰まっているのと 同じようなことです。

歯肉の中に溜った汚れは、以下の写真のようになります。
2344321







歯についている黒い塊が食べかすと細菌の塊です。
大変な状況です。
これが、歯肉の中にあるのですから…


次回の歯周病ブログは8/17(月)です。

インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病WEB

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
インプラントWEB

総合サイトは、以下をクリック              
大船駅北口歯科
2009年8月3日

歯周病は治るのか?:その3

8/3(月曜日)です。
このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。
今日のテーマは、『歯周病は治るのか:その3(歯周病の具体的な治療方法)』です。

前回のブログでは、歯周病の原因の一つとして、歯周病細菌の話をしました。
そして、歯周病細菌は、放置すると 感染します。

歯周病細菌に感染した歯があれば、その歯に感染した細菌は、他の健康な歯へも感染するのです。

そのため、歯周病の状態を放置すると どんどんと感染は広がり、最終的には、多くの歯を失う結果になってしまいます。

それでは、歯周病の治療はどのようなことをするのでしょうか?
先にも書きましたように歯周病の原因の一つが、歯周病細菌の感染です。
つまり、毎食後の歯ブラシの不足によって、口腔内に食べかす 等の汚れが付着し、
その汚れを元にして、歯周病細菌が増殖するのです。

歯周病細菌については、次回のブログで詳細に解説する予定ですが、
本日は、歯周病の基本的な治療についてお話します。

歯周病の基本的な治療には、『ルートプレーニング』という治療があります。
『ルートプレーニング』は、歯ブラシ不足によって歯肉の内部に入った歯石を取り除く治療です。

歯と歯肉の境目の溝を『歯周ポケット』と言います。
歯ブラシが十分にできていないと この『歯周ポケット』の内部に汚れが侵入します。
歯肉の中に歯石がついていると思って下さい。

そして、この歯石の中には、歯周病細菌が多量に存在しています。

そして、歯肉の中にある歯根面に歯周病細菌が出す“ 毒素 ”が根面に浸透しています。

そうした歯石 や 細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除くことが『ルートプレーング:SRP』なのです。

具体的な治療方法ですが、
まず 歯肉に若干の麻酔をします。

ただ 歯石を除去するだけでは麻酔は必要ありませんが、歯周ポケットの深い部分の汚染物質を除去するためには 麻酔をしないと絶対に取れません。

歯石や汚染物質は『キュレット』(下写真)と言われる 専用の器具をポケット内部に入れ、歯の根に沿わすように上下に動かし、歯石等の汚染物質を除去していきます。

66543332
クリックすると拡大されます。



これが、歯周病治療の基本です。
歯周病治療とは、歯周病になってしまった原因(汚れ)を機械的に取り除くことです。

ただし、歯周病治療のみでは、歯周病は治りません。
それは、予防です。

いくら歯周病の治療により、汚れを取り除いても、徹底した歯ブラシができていないと
再度歯周病になってしまいます。

歯周病は、生活習慣病です。
糖尿病や高血圧と同じようなものです。

糖尿病や高血圧の方が、病院で薬を処方され、服用していても
食生活 や 運動 等が乱れていれば、治らないのと同じです。

歯周病と治療と適切な生活習慣があってこそ 歯周病は治るのです。

当医院には、毎日のように歯周病を主訴とした患者様が来院されます。
全ての患者様が治るかと言いますと 治らない方がいらっしゃるのも現状です。

歯周病が治らない方の中には、病状(歯周病)があまりにも進行してしまった方で
治療ができない方もいらっしゃいますが、
歯科医院での治療だけに頼ってしまい、徹底したブラッシングができていなかったり、
食生活を始めとする 適切な生活習慣が行えない患者様の場合にも 治らないことがあります。

先程書きましたように歯周病は、糖尿病や高血圧と同じ生活習慣病ですから、
治療と平行して 徹底した口腔清掃と適切な生活習慣が重要になります。


次回のブログは、8/10(月)です。
次回は、歯周病細菌について解説します。


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病WEB

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
インプラントWEB

総合サイトは、以下をクリック              
大船駅北口歯科
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP