歯周病専門医サイトブログ

2010年1月の記事一覧
2010年1月25日

歯周病治療は大変なの?:その1

1/25(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日の話の前に以前このブログで解説したパーフェクトペリオのその後をお話します。
以前のブログを読んでいない方 や 知らない方は、以前のブログを読んで下さい。
  パーフェクトペリオ:その1
  パーフェクトペリオ:その2
  パーフェクトペリオ:その3
昨年末、歯周病の治療薬としてテレビで報道されたことにより、
『パーフェクトペリオを使用すれば、歯周病が治る!』といったことが広まってしまいました。
パーフェクトペリオが本当にどういった薬であるかは、上記のブログをご覧になって下さい。
一時期流行りましたこの薬もたいぶ下火になってきたようです。
当然と言えば当然の結果です。
パーフェクトペリオを始めとして、
『これを使用すれば歯周病が完治する!』といったものは
今までにも数多くありました。
もちろん それら全てが まったく効果がないわけではありません。
それなりに効果があるものもありました。
しかし、現実的には、まったく効果がないばかりか 問題となることもありました。

同様のことは、歯周病に効く薬以外でも数多く存在します。
例えば、痩せる薬 等です。
『今まで なにを行っても痩せなかった人が この薬(?)を飲むだけで痩せます!』
といった内容のものです。
『この薬(?)を服用した人が1ヶ月で5キロも痩せました!』とか
『ウエストが10センチ細くなりました!』
等の服用者の体験記のようなものがあり、
購買意欲をあおっています。

同様に『ダイエット器具』 や 『ダイエット運動』も毎年新しいものが次々にでてきます。
『今まで さまざまなダイエットを実行しても痩せなかった人が この器具を使用したら 痩せました!』
というような広告です。
私は、決してこれらの ダイエット器具 や ダイエット運動 を否定するわけではありません。
事実関係は分かりませんので…

しかし、医療に関しては違います。
歯周病についても 
『このようなタイプの歯周病であれば、このような治療を行えば治る』
ということは科学的に実証されています。
逆に言えば、
『このように進行した歯周病であれば治らないので、抜歯が必要』
ということも分かります。
科学的に実証されている以外にも 歯周病専門医 の臨床経験からも具体的な治療方法が分かります。
そうした方法が確実に分かっているのに きちんとしたデータがない薬等を患者様に販売する歯科医師がいるのも事実です。
嘘は結果的に患者様を不幸にします。
歯周病で悩んでいる方がいれば、歯周病の治療をすれば良いのです。
なにも根拠のない薬を単に販売するのは医療行為ではありません。

この話は、パーフェクトペリオを完全否定するものではありません。
しかし、歯周病の検査や治療もせず、効果がまったく未知の薬剤を処方する行為は 決して行ってはいけません。
単に患者様を混乱させるだけです。
科学的根拠のある治療方法を患者様にきちんとお話しすることが一番大切であり、
その補助的な意味で うがい薬 等があるのです。


さて余談はここまでにして
今日のテーマは『歯周病治療は大変なの?』になります。

このブログを見られている方の中には、
 歯肉から出血がある!
 歯がグラグラする!
 歯科医院で歯周病と言われた!
等で歯周病の治療を行いたいと考えられている方もいらっしゃるかと思います。
しかし、歯科治療というと
 痛いのでは?
 治療回数が何回もかかるのか?
 本当に治るの?
等 さまざまな不安もお持ちのこと思います。
本日からシリーズでこうした内容について解説していきます。

本日は、『歯周病治療は痛いのか?』になります。
歯周治療の基本的な治療として、ルートプレーニング(SRP) という治療があります。
以前よりこのブログをご覧になっていられる方は もうお分かりのことと思います。
ルートプレーニング は、中程度歯周病であれ、重度歯周病であっても必ずこの治療を行います。
このルートプレーニング のことを歯周病の初期治療と言います。
始めに行う治療だからです。
それではこの基本的な治療であるルートプレーニング は、痛いのでしょうか?
ルートプレーニング は、歯周ポケット という歯肉の内部深くに侵入した汚れを取り除く治療です。
この汚れは、歯ブラシが確実に達成できなかった場合に歯周ポケット に入り込んでしまった汚れです。
歯周ポケット 内部に溜まった汚れは、専用の器具で取り除きます。
この際、歯肉に麻酔を行います。
麻酔を痛くなく行うための方法については、以下を参考にして下さい。
      痛みの少ない歯科治療
ルートプレーニング は、麻酔を行うため 治療中の痛みはありません。
ご心配はいりません。
それでは、麻酔が切れた時にはどうでしょうか?
麻酔が切れたら痛いのでしょうか?
多くの方は、麻酔が切れた後でも痛みを生じることはほとんどありません。
しかし、稀に『麻酔が切れた後で痛かった!』と言われる方もいらっしゃいます。
同じ治療を行っても 痛みを感じる程度には 個人差があるのは事実です。
100%痛みを生じないかと言いますと 個人差があるとしか言えませんが、ほとんどの方で痛みはありません。
これが現実的なところです。
ただし、歯肉の腫れが大きかったりする状態でルートプレーニング を行うと痛みが生じる確立は高くなります。
そのため、ルートプレーニング 前には徹底して炎症を抑えることが重要です。
また、歯ブラシがきちんとできていない方の場合にも痛みが生じる確立は高くなります。
歯ブラシが適切に行えていないと炎症が完全に抑えられないからです。
ルートプレーニング 前に徹底して炎症を抑えるために、歯ブラシの徹底と歯石除去を行い、炎症が強い部位には歯周ポケット 内部に抗生剤を注入して炎症を抑えることを行います。
ルートプレーニング 前には徹底して炎症を抑えることが 治療後の痛みを少なくする有効な手段です。
しかし、ルートプレーニング にはさほどご心配はいりません。
麻酔も行いますし、1回の治療時間も30〜60分程度かかります。
また、1回の治療で7歯程度の歯を一度に行いますので、口腔内全体の歯周病治療が必要な場合には4回の治療回数がかかります。(当医院の場合)
そのため、それなりの大変さはあります。
ルートプレーニング を1回の治療で麻酔もせず、短時間で行うことは不可能なのです。
時々重度歯周病の方で、
『今まで治療に通院する時間がなかったので、歯周病を放置してしまった!』
『今後も通院に通う時間がないので、本日1回でなんとかならないのか?』
というご質問を受けることがあります。
また、初診時からルートプレーニング を行いたい! というご希望もあります。
重度歯周病の場合、これは無理です。
歯周病治療はどうしても治療ステップがあります。
まず、炎症の消退
次に 徹底した歯ブラシを行うことによる汚れの付着防止
その後ようやくルートプレーニング になります。
先の2つを達成できないうちに歯周病の初期治療を行うことは無理なのです。
炎症が強いうちに歯周病の初期治療(ルートプレーニング) を行っても 効果が少ないばかりでなく、治療に対する痛みも大きくなることがあります。
逆に言えば、炎症がきちんと減少した状態でルートプレーニング を行えば、痛みが起こる確立はぐんと低くなります。


今日はこれで終了です。
次回も本日の続きになります。

この前 愛知県豊橋市の某歯科医院で インプラントの使い回し についていろいろと報道されていました。
この内容については以下のブログに掲載してありますのでご覧になって下さい。
インプラント基礎ブログ


次回のブログは、2月1日(月)になります。



・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2010年1月18日

歯周病の治療(ルートプレーニング):その5

1/18(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病の治療(ルートプレーニング):その5』になります。
さてこのシリーズも今日で5回目です。
今までの4回については以下を参考にして下さい。

  ルートプレーニング:その1
  ルートプレーニング:その2
  ルートプレーニング:その3
  ルートプレーニング:その4

前回のブログでは、ルートプレーニング 等の歯科治療を行うと菌血症という、血液内に細菌が侵入する現象が起こることを解説しました。

ただし、通常この菌血症が起こっても一時的なことなので 問題になることはありません。

ただし、注意しなければならないのが、
炎症が非常に強かったり、
一度に口腔内全体のルートプレーニング を行うと 菌血症の程度も大きくなるので、注意が必要です。

菌血症を防止する方法として、治療前に抗生剤を服用することが有効です。
ルートプレーニング の1時間以上前から抗生剤を服用することにより、治療時の細菌感染による影響を少しでも少なくすることが可能になります。

ルートプレーニング 前の抗生剤の服用は有効な方法であり、
糖尿病等の全心疾患がある方や
心臓病等でペースメーカーを使用されている方は
治療の1時間以上前から抗生剤を服用されることが有効です。

当医院でもリスクの高い方は、治療前日から抗生剤を服用してもらい、
ルートプレーニング を行っています。

健康な方でも一度に多くのルートプレーニング を行うと 次の日に多少の発熱を起こす方が稀にいらっしゃいます。

ルートプレーニング は、歯周病治療の基本的な治療ですが 治療によるリスクを軽減するためには、ルートプレーニング 前に炎症をできるかぎり抑えることも重要です。
炎症が強いと出血があります。
出血がある状態でルートプレーニング を行うと多少ですが菌血症を起こすリスクが高くなります。
そのため、ルートプレーニング 前には徹底して炎症を抑えることが大切です。
歯石の除去を徹底して行うことは重要なことですが、それ以上に患者様ご自身による歯磨きが徹底して行われていることが重要です。
歯磨きが適切に行われていないと 炎症が起こります。
また、抗生剤を歯肉の中に注入し、炎症を徹底して抑えてからルートプレーニング を行うこともよくあります。
逆に言えば、ルートプレーニング 前に炎症が抑えられないような状態ではルートプレーニング を行うことでリスクが高まりますので 無理して行ってはいけません。

本日は若干短い話ですが、これで終了です。
ルートプレーニング については5回に分けて解説してきました。
この治療は歯周病の基本的な治療になります。
歯周病の患者様は必ず行う治療です。
今後歯周病治療を受けられる方は十分ご理解していただきたいと思います。


次回のブログは、1月25日(月)になります。



・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2010年1月11日

歯周病の治療(ルートプレーニング):その4

2010 1/11(月曜日)です。

今年最初の歯周病ブログです。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

さて 今日のテーマは、昨年の続きで『ルートプレーニング:その4』になります

今までのルートプレーニングについては以下を参考にして下さい。
  ルートプレーニング:その1
  ルートプレーニング:その2
  ルートプレーニング:その3

今までの3回でルートプレーニング がどのようなことがだいぶ分かってきたかと思います。

前回のブログでルートプレーニング は、1回の治療で4〜6歯程度を行うことを解説しました。
その理由として、4〜6歯程度のルートプレーニング を行うと治療時間は 約30〜60分程度かかります。
そのため、口腔内全体を一度に行う場合(28歯)には 単純に 約120〜240分程度かかることになってしまいます。
これだけ長時間口を開けていることは患者様にとって困難です。
また、麻酔を口腔内全てに行うことは その後のことを考えてもなかなか難しいことです。

そして、ルートプレーニング を1回で全て行うことのもう一つの問題点として、
菌血症という問題があります。

本来 血液の流れている血管中は、無菌的な場所です。
この血液中に細菌が存在する状態を菌血症と言います。

菌血症は日常の生活の中でも起こることがあります。
例えば、歯科に関係するところで言いますと
歯肉が腫れたとします。
腫れているということは、その中には 膿み があります。
この 膿み の中には細菌が存在します。
この膿みが血液中に入り込むことで菌血症が起こります。

他にも感染症の外科治療の際にも外部から生体内に細菌が入り込みます。

さまざまな原因により 外来の細菌が 生体内に侵入することがあります。

しかし、こうした細菌が生体内に侵入したとしても
一般的には さほど問題にはならないのです。

しかしながら 
大量の細菌が侵入したり、
全身的な病気がある方 等では問題が起こるこがあります。

また 稀ではありますが、全身に細菌が入り込み 敗血症 とう状態になることもあります。
敗血症 になると死亡することもあります。

現実問題、一般的な歯科治療においても 菌血症は起こっています。
例えば 多くの方が お口のクリーニングを受けたことがあると思います。
いわゆる 『歯石を取る』 ということです。
この歯石除去の際にも菌血症が起こっていることが報告されています。
歯石の中には、大量の細菌が存在しています。
歯石除去は、超音波スケーラーといわれる 器具をもちいて 取ることが多いのですが、
歯石を砕く際に、細菌が歯肉の内部に散らばります。
細菌が散らばっているのです。
この細菌が歯肉内部の血管から侵入していきます。
菌血症です。

しかし、こうした歯石除去によって起こる菌血症は、さほど心配することはありません。
健康な状態の方であれば問題となることありません。

この一般的に歯科医院で行われている歯石除去とは、歯肉の上に見える歯石を取り除くことです。
それに対し、今回のテーマであるルートプレーニング は、歯肉の内部深くに侵入した歯石を取り除くことが目的の一つです。

歯肉の深い中に存在する歯石を除去する際には、器具が歯肉に触れるため、
多少の出血を伴います。
そのため、粉砕された歯石は血液に触れることになります。
歯石は細菌の塊なので 細菌が血液に触れることになります。
結果的に細菌が血液中に侵入する可能性が高くなります。
これが菌血症の原因になるのです。

しかし、こうしたルートプレーニング によって起こる菌血症もさほど心配されることはありません。

ただし、あまりにも多量の歯石を一度に取ったり、炎症が強い時にルートプレーニング を行うと菌血症の程度は大きくなります。

そうしたことからもルートプレーニング を行う際には、炎症がある程度おちついてきてから行った方が良いのです。

また、一度に口腔内全てのルートプレーニング を行うと細菌が体内に侵入するのが多くなるため、菌血症のリスクは高まるのです。

こうしたことからも1回で口腔内全てのルートプレーニング を行うことは一般的には行われていないのです。

今日のブログはこれで終了です。
次回のブログは、安全に口腔内全てを1回でルートプレーニング を行うため方法について解説します。
また、1回で行ってはいけない患者様についても解説します。
次回はいよいよルートプレーニング の核心になります。

これを知れば ルートプレーニング を極めた! といってもいいでしょう。

次回のブログは、1月18日(月)になります。


 インプラントモニター募集(20%割引
現在、新規にインプラント症例集のページを作成しています。
さまざまなケースを見ていただくことにより、よりインプラント治療についてご理解していただきたいと思います。
そのため、症例を公開しても大丈夫という方(インプラントモニター)を募集しています。
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談


・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP