歯周病専門医サイトブログ

2013年7月の記事一覧
2013年7月29日

歯周病治療の中断は良くない!:その1

2013年 7月29日(月曜日)です。

始めに7月の臨時休診の案内です。

休診案内
  • 7月31日(水) 午後
    学術勉強会参加


このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病治療の中断は良くない!:その1』になります。


このところ、歯周病ブログでは、歯周病治療の話というよりは
歯周病治療に対する考え方であるとか
歯周病治療を受けるにあたり考えなければいけないこと

歯周病治療に対する理解を説明する内容でした。

本日は、一度歯周病治療を開始したが、
治療が中断してしまう患者様がいらっしゃいますので、
そのような患者様に対する内容になります。

本日から何回かのシリーズとなります。

歯周病の治療は虫歯の治療とは異なり、1回や2回程度の治療で終了することはほとんどの場合ありません。
特に重度の歯周病の場合、治療期間が半年以上かかることもあります。
歯周病の治療を希望されて来院した患者さんのうち 
多くの方は、治療を中断してしまいます。

それでは何故このように治療を中断する人が多いのでしょう。

その理由は、いくつかあります。
1.初期の治療により出血等の症状が改善したから!
2.仕事等が忙しく、通院する時間がない!
3.治療に対する痛み等があったから!
4.治療の必要性はわかっていてもなかなか行動に移せない!
5.一度予約をキャンセルしてしまったために通院しにくくなった!
6.治療に対する理解が得られなかった!

こうした点についてお話します。

まず、1番目の『初期の治療により出血等の症状が改善したから!』の話になります。
『歯ブラシの時に歯肉から出血がある』ということを主訴として来院された方に多いのですが、
歯周病の治療を始めると出血と腫れは、急速に治まってきます。
もちろんこの時点で歯周病治療が終了する方もいらしゃいます。

しかし、重度歯周病の場合、出血が治まっても、歯周病が完全には、治っていないこともあります。

歯周病の治療は、
まず、検査、
そして治療(初期治療)、
その後どこまで治ったかを判断するために再度検査を行います。

この再検査を行って、きちんと歯周病が改善されたことを確認してから治療が終了となるのです。

しかし、患者様の中には、『出血や腫れが良くなったから治ったんだ!』という自己判断で治療を中断される方もいらしゃいます。
しかし、現実的には、まだ歯周病は完全には治っていないケースもあります。
結果的に、歯周病は再発し、数年後には、初診時の状態以上に問題が悪化していることも良く経験します。
一度 歯周病治療を開始された患者様が途中で中断し、再度来院された時には、初診時以上に問題が大きくなているのです。

自己判断は危険です。
中途半端にせず、きちんち治療を行うことが重要なのです。

次に2番目の『仕事等が忙しく、通院する時間がない!』ということです。
これは、ご本人の意思だけではありませんので、難しいことです。
私達歯科医師としても、『通院 時間がない!』ということに対しては、どうすることもできません。
ただし、一つ言えることは、治療を進める段階で、どうしても ある程度短期的に治療を行わなければならないこともありますし、ある程度治療期間をあけても大丈夫 という段階もあります。

例えば、歯周病治療を開始する段階で、『初期治療(基本治療)』 という治療があります。
初期治療の中でも歯肉の炎症を抑える重要な治療が『ルートプレーニング(SRP)』になります。
この治療方法についての詳細は、省略しますので、以下をご覧になって下さい。
    ・ルートプレーニング(SRP)

このルートプレーニングは、歯肉の内部に侵入した 汚れ を撤去する治療です。
ただし、全ての歯を1回で行うことは、難しいことであり、
当医院では、上下顎、左右側を4つのブロックに分けて行います。
つまり、4回に分けて『ルートプレーニング(SRP)』を行うのです。
1回の治療次回は、病状によっても違いますが、40分〜60分程度かかります。

通常この治療(『ルートプレーニング(SRP)』)は、1週間に1回程度の間隔で行います。

この『ルートプレーニング(SRP)』により、治療を行った部位からは、歯周病細菌の減少が起ります。

ただし、1部位行ったのみでは、治療を行っていない他の部位には、まだ歯周病細菌の感染が残っているのです。

この治療を行っていない部位(細菌感染がまだ存在する部位)から
治療を行った部位(『ルートプレーニング(SRP)』を行った部位)に感染を起こすのです。

そのため、『ルートプレーニング(SRP)』を開始した場合には、ある程度短期的に続けることが重要です。

1回『ルートプレーニング(SRP)』を行っても、次の『ルートプレーニング(SRP)』を行うのが何ヶ月という期間がかかってしまっては、まだ感染している部位から再感染をしてしまい、結果的に治療効果が認められないこともあります。

そのため、お忙しい患者様の場合には、この治療ステップは、どうしても連続して治療を受けれ必要性があることを十分にご説明させていただいています。

『仕事が忙しい!』ということが最もなことですが、
『歯周病を治したい!』というお気持ちがあるのであれば、
どこかで時間を作らなければなりません。

そのため、時間的な制約がある方は、どうしても通院しやすい歯科医院を選択することも重要です。

また、治療開始前に、現在の生活スタイル 等を担当医にきちんと説明し、
どのくらいの通院が必要であるかど事前に確認することも大切です。


3番目以降の話については、次回のブログで解説します。



次回のブログは、8月 5日(月)になります。



最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

オリコン歯科医院ランキング2012年度版発表!

オリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の2012年度版が
公表されました。
オリコンは、音楽以外でもさまざまな分野でアンケート調査を元にしてランキングを発表しています。
当医院はインプラント治療で 11部門中 5部門で ベスト10入りをしました。
ランキングされた多くの歯科医院は、大学病院 や 規模の大きい歯科医院ばかりでしたので、当医院のような小規模の個人歯科医院が選出されることはとても喜ばしいことです。
今後も多くの患者様に支持されるよう スタッフともどもがんばってきたいと思います。

ランキングの詳細は、以下をクリックして下さい。
  オリコン2012年 インプラント治療前のケア・説明部門: 7位
  
  オリコン2012年 インプラント治療の丁寧さ部門: 10位
  
  オリコン2012年 インプラント治療結果部門: 8位
  
  オリコン2012年 治療プランの充実度部門: 10位

  オリコン2012年 治療後のアフターケア・保障制度の充実度部門: 6位

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2013年7月22日

歯周病の検査データは必ずもらうこと

2013年 7月22日(月曜日)です。

始めに7月の臨時休診の案内です。

休診案内
  • 7月23日(火) 午後
    医院研修
  • 7月31日(水) 午後
    学術勉強会参加


このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病の検査データは必ずもらうこと』になります。

前回のブログでは
「歯周病で悩む前に 検査を行うことが大切!!」
という話をしました。

当医院に来院される歯周病の患者様の多くは、
一言で言えば、
「来院するには あまりにも遅すぎた!」
ということです。
1年遅いとか2年遅いというレベルではなく、
10年以上来院するのが遅かったというくらい
あまりにも放置してしまい、歯周病が進行している方が多くいらっしゃいます。

歯周病の検査なんて 本当に簡単で 費用もさほどかからず 数分でできるようなことです。

また、歯周病の検査自体、どこの歯科医院でも行えます。
歯科医院だって、
ほとんの方では、ご自宅の近くや 会社の近く 等 いくらでもあるかと思います。

本当に簡単な検査ですから是非お近くの歯科医院で
歯周病検査を行って下さい。

歯科医院で「歯周病の検査希望」と言って下さい。
受診された時の注意点として、
検査データをコピーでも良いので必ずもらっておいて下さい。

例えば、血圧が高い方は、ご自身の血圧の値をほとんどの方は知っていると思います。
上が150で 下が90とか…
当たり前ですが、高血圧の方の多くは知っていらっしゃると思います。

歯周病で来院される患者様に
「ご自身の歯周病の状態は今までどうでしたか?」
とお聞きすると
「歯周病の検査を行ったことがない」
とか
「自分の歯周病の状態を知らない」
という人がほとんどです。

何年にもわたり歯科医院で治療を行ったことがある人でも
まったくご自身の歯周病の状態を知らない方が多いのです。
私にとってはビックリです。

基本的に歯周病の検査を行わない歯科医院はまずないと思います。

その一つの理由として、
歯石を取ることを行ったことがある方は多いかと思います。
この歯石を取る際には、基本的に歯周病の検査を行います。

なぜかと言いますと
基本的に歯石を取るためには、保険上 歯周病の検査が必要だからです。
歯周病の検査を行うことで保険上 歯石除去が可能となるからです。
これが保険のルールです。

日本の健康保険は、基本的に病気に対して認められる制度です。
歯石を取るためにには、
歯周病であるとか
歯肉炎という病名が必要なのです。
検査を行わなければ、病気かどうかはわかりませんよね。

健康保険が基本的に病氣に対して認められるというのは、
「人間ドック」という健康診断(検査)が保険適応でないことでも分かるかと思います。
健康な方には、基本的に保険が認められないからです。
(人間ドックの結果病気が見るかると 検査自体が保険適応されることもあります)

患者様が 単に歯石を取りたいというだけでは、
病気ではないので、基本的には行えません。
(細かい話ですが、歯周病検査を行わない場合には初診料の費用の中で歯石除去を行うことはできます)

現実問題として、歯科医院では歯周病という病名のもとで
歯石除去を行っている場合がほとんであると考えられます。
つまり歯石除去を行ったことのある方の場合
基本的に歯周病検査を行っている可能性があるのです。

しかし、この検査データを知らない患者様が多いということは、
検査データを知らされていない可能性があります。

ます、歯周病検査をご希望される場合には、
きちんと検査データを患者様ご自身が知っておくことが重要です。
通常歯周病検査データは、
カルテ自体に記載されているか
別途カルテと一緒に別途データを保管しています。
もちろん一定の期間は、こうした検査データを保管する義務が歯科医院にもあります。

こうした歯周病検査データのコピーでも患者様ご自身が保管されていれば、
先ほど説明しました
「歯周病の検査を行ったことがない」
とか
「自分の歯周病の状態を知らない」
ということにはならないと思います。

私自身、時々内科を受診する際に 血液検査を行ってもらっています。
この検査データのコピーは必ずもらっていますから
帰ってからみることもできますし、
以前と比較することもできます。

当たり前と言えば、当たり前ですよね。

検査データをしっかり患者様に伝えることは、
医療サイドとして、当然のことです。

当医院では、検査データをコピーして渡すこともありますし、
長く通院している患者様などには、
「まったく歯周病の再発もなく、問題ありません」
とか
「どこどこに歯周ポケットの再発が認められます」
というようなことを説明させていただくこともありますし、
ほとんどの方でメインテナンス時に書面で口腔内の状況を報告させていただいております。

ただし、こうしたことは特別なことではなく、
保険上も歯周病の検査等を行った場合には、
基本的に患者様に書面で伝える義務があるからです。

そのため、患者様ご自身も
歯石を取った時や歯周病の検査を行った時には、
検査データをもらうか
診断内容を書面でもらった方が良いでしょう。

ご自身の口腔内の状況をきちんと理解されていれば、
本日の最初に記載した

当医院に来院される歯周病の患者様の多くは、
一言で言えば、
「来院するには あまりにも遅すぎた!」
ということです。
1年遅いとか2年遅いというレベルではなく、
10年以上来院するのが遅かったというくらい
あまりにも放置してしまい、歯周病が進行している方が多くいらっしゃいます。

ということにはならないと思います。

例えば、
ガンと分かっていて
10年も20年も放置することはないですよね。

歯周病の場合、本当に10年、20年、30年と放置した状態で来院されることが多くあり、
もっともっと早く来院していれば…
という方が本当に多いのです。

もちろん歯周病の検査を行わないと 歯周病の状態は分かりませんが…

本日のテーマは、「歯周病の検査データは必ずもらうこと」でした。
本当に大切なことなのです。


次回のブログは、7月29日(月)になります。



最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

オリコン歯科医院ランキング2012年度版発表!

オリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の2012年度版が
公表されました。
オリコンは、音楽以外でもさまざまな分野でアンケート調査を元にしてランキングを発表しています。
当医院はインプラント治療で 11部門中 5部門で ベスト10入りをしました。
ランキングされた多くの歯科医院は、大学病院 や 規模の大きい歯科医院ばかりでしたので、当医院のような小規模の個人歯科医院が選出されることはとても喜ばしいことです。
今後も多くの患者様に支持されるよう スタッフともどもがんばってきたいと思います。

ランキングの詳細は、以下をクリックして下さい。
  オリコン2012年 インプラント治療前のケア・説明部門: 7位
  
  オリコン2012年 インプラント治療の丁寧さ部門: 10位
  
  オリコン2012年 インプラント治療結果部門: 8位
  
  オリコン2012年 治療プランの充実度部門: 10位

  オリコン2012年 治療後のアフターケア・保障制度の充実度部門: 6位

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2013年7月8日

歯周病で悩む前に 検査を行うことが大切!!

2013年 7月 8日(月曜日)です。

始めに7月の臨時休診の案内です。

院長不在案内
  • 7月14日(日)
    日本口臭学会参加のため
休診案内
  • 7月23日(火) 午後
    医院研修
  • 7月31日(水) 午後
    学術勉強会参加


このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病で悩む前に 検査を行うことが大切!!』になります。


もし、歯周病がなければ、歯を失う人も かなりいなくなります。
歯が欠損しなければ、嫌の思いもせず、快適な食生活になるはずです。

このブログを読まれている方の中には、歯周病で悩んでいる方も多いかと思います。
そしてその中には、
1.現在歯科医院に通院しているが、なかなか歯周病が治らない!
2.年々 歯がダメになっていく!
3.歯がグラウグする!
4.出血 や 腫れ がある! 
5.口臭がある!

『歯周病なの?』と考えられている患者様も多いかと思います。

歯周病がご心配な場合には、現在通院されている歯科医院で
歯周病検査 を受けて下さい。
歯周病検査 はなにも大変なことではありません。
歯周病検査 の中でも 最も重要な検査である歯周ポケット は、簡単な検査です。
検査時間も5分程度で終了します。
その他の検査 と 検査結果の説明を含めても通常30〜60分程度です。

治療費も基本検査と言われる歯周ポケット測定検査 自体は、約600円(保険3割負担の場合で、レントゲンや初診料等は含みません)程度です。
(*レントゲン撮影 等のさまざまな検査を含めれば、初診料を含めて約2.000〜3.000円程度)

短時間で、上記のような治療費で行えるのであれば、悩むより まず検査を行うべきです。

歯周病を放置すれば、するほど 治療も大変になりますし、治療費もかかります。

よく歯周病を放置された方が 今まで歯周病を放置していた理由として以下のように話されます。
『歯科医院に来る時間がなかった!』
『治療費がかかるので!』

確かに通院にかかる時間も必要ですし、治療費もかかります。

しかし、歯周病を放置しても自然には治りません。
悪化する一方です。
歯周病が悪化すると
治療回数 も増えます。
治療費も格段にかかります。
場合によって抜歯が必要になります。
抜歯となった場合には、義歯(入れ歯)になるかもしれません。


また、大きな問題なのは、進行した歯周病の場合、歯周病治療を行ったからといっても
元の状態に回復するわけではありません。
例えば、骨吸収が進行した歯周病の場合、
歯周病の進行を停止させることは可能です。
しかし、歯周病治療を行っても 骨が元の状態に回復することはありません。
そのため、歯周病治療後も 健康な方と比較すれば、将来的にダメになるリスクは高くなります。

実際に重度歯周病の方の場合、歯周病治療を行った方でも数年し、再度歯周病が悪化したりして抜歯となる場合もあります。

歯周病が治るのかどうかの話は、以下を参考にして下さい。
     歯周病は治るのか?

歯科にかぎらず、多くの病気は同じです。
ガンという病気も 早期に発見されれば簡単な治療で治すことも可能かもしれません。
しかし、進行してしまった状態では、治療が不可能となることもあります。
ガンによって切除した部位は、元に戻ることはありません。
『もっと早く検査していれば…!!』というようなケースは後を絶ちません。

時間がないからこそ、
1年に1回の人間ドックを受けるとか

治療費を節約するためにも
定期的に検査を受けることが必要です。

歯周病は、検査自体も簡単に行えますし、検査費用もガン検査と比較すれば圧倒的に安いものです。
また、基本的にどこの歯科医院でも歯周病の検査は行えます。

しかし、それでも歯周病検査を受ける方は、本当に少ないのです。
もっと もっと早く(若い頃から)きちんと歯周病の検査を受けていれば…
という方は、本当に多くいらっしゃいます。

歯周病で困っている方は、悩んでいる場合ではありません。
お早めに歯科医院を受診されて下さい。
また、歯周病の検査を受けた場合には、きちんと検査結果データをもらうと良いでしょう。
もし、他の歯科医院に転院される場合、こうした過去のデータは非常に参考になります。
いつ頃から歯周病が発症したのか?
等が分かるからです。
歯周病検査データとは、
歯周ポケット レントゲン検査 等です。
こういした検査データは、担当医に『検査データを下さい』と言えば、必ずもらえます。
例えば、内科で血圧を測定した後で、血圧が 高いか 低いか を患者様に伝えない医師はいないのと同じです。
検査データは、患者坂ご自身のものです。
また、カルテには、検査データを記載(保存)する義務もありますので、過去のデータ(保存期間5年)も残っているため、過去のデータももらうことが可能です。

今まで歯石を取ったことがある方であれば、
歯周病の検査データはあるはずです。
なぜかと言いますと
歯石を除去するためには、歯周病の検査(歯周ポケット検査) が必要だからです。
歯周病の検査(歯周ポケット検査) を行ってから歯石を取ることが義務ずけられているからです。
(ただし、歯石除去自体の費用が発生しなければ検査は必要ありません)
そのため、歯石除去を行ってことがある方は、その歯科医院で歯周病の検査データが残っていますので、その検査データをもらっておいた方が後でさまざまなことが分かります。

当医院に来院される患者様の多くは、
『歯石を取ったことはあるが、歯周病の検査データは聞いたことがない!』と言われる方が多くいらっしゃいます。
歯周病の問題がない場合には確かに知らないことも考えられますが、
もし、歯周病に問題があった場合には、必ず検査データを知らされることになるはずです。
例えば、血圧測定をして、血圧が200以上もあった場合、患者様になにも伝えないということはちょっと考えにくいのです。

話は長くなりましたが、
歯周病検査 自体はさほど難しいものではありませんので、是非1年に1回は受けられることが良いでしょう。

もし、歯周病専門医 での治療をご希望される場合には、日本歯周病学会のホームページに歯周病専門医 の名簿が掲載されているので、お近くの歯周病専門医 を探して下さい。

    日本歯周病学会ホームページ(歯周病認定医掲載ページ)
    日本地図がありますので、
    ご希望の都道府県をクリックしてして下さい。
    あいうえお順に名簿が掲載されています。

また、歯周病専門医 を受診される場合には、
保険診療で行っているのか? 
保険診療は取り扱っていないのか?(自費診療)
を確かめて下さい。
歯周病専門医 の中には、技術料として、自費診療で検査を行っている歯科医院もあります。
あらかじめ確かめて来院されることが必要です。
通常、歯周病検査にかかる治療費は、
初診料を含めて 約2.000〜3.000円程度です(保険3割負担)。



次回のブログは、7月22日(月)になります。
7月15日(月)は、海の日の祝日ですのでブログも休みです。



最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

オリコン歯科医院ランキング2012年度版発表!

オリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の2012年度版が
公表されました。
オリコンは、音楽以外でもさまざまな分野でアンケート調査を元にしてランキングを発表しています。
当医院はインプラント治療で 11部門中 5部門で ベスト10入りをしました。
ランキングされた多くの歯科医院は、大学病院 や 規模の大きい歯科医院ばかりでしたので、当医院のような小規模の個人歯科医院が選出されることはとても喜ばしいことです。
今後も多くの患者様に支持されるよう スタッフともどもがんばってきたいと思います。

ランキングの詳細は、以下をクリックして下さい。
  オリコン2012年 インプラント治療前のケア・説明部門: 7位
  
  オリコン2012年 インプラント治療の丁寧さ部門: 10位
  
  オリコン2012年 インプラント治療結果部門: 8位
  
  オリコン2012年 治療プランの充実度部門: 10位

  オリコン2012年 治療後のアフターケア・保障制度の充実度部門: 6位

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2013年7月1日

歯周病治療の第一歩は、歯周病についての理解から

2013年 7月 1日(月曜日)です。

始めに7月の臨時休診の案内です。

院長不在案内
  • 7月14日(日)
    日本口臭学会参加のため
休診案内
  • 7月23日(火) 午後
    医院研修
  • 7月31日(水) 午後
    学術勉強会参加


このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病治療の第一歩は、歯周病についての理解から』になります。


歯周病治療を行う場合、重要なことの一つとして
患者様の歯周病治療に対するご理解です。

1.『患者様ご自身がどの程度進行した歯周病なのか?:現状の把握』
2.『なぜ歯周病になったのか?:歯周病の原因』
3.『どうすれば 歯周病が治るのか?:歯周の治療方法』

等を患者様ご自身がどれだけ理解し、
治すというご理解が重要なのです。

歯周病という病気をご理解していただくために
『歯周病は生活習慣病!』ということをご説明します。
生活習慣病というのは、高血圧 や 糖尿病 といった病気のことです。

糖尿病を例にとって 先程の1〜3に合わせて考えてみましょう。

1.現状の把握
糖尿病といっても 軽度なのか? 重度の糖尿病なのか?
病状の進行程度によっても 治療方法もまったく違いますし、将来性も違います。
糖尿病が進行すれば、失明になったり、足の壊疽による切断となったり、生命の危機にもなります。
ご自身の病状がどこまで進行しているのかをきちんと把握することが大切なのです。

2.原因
なぜ糖尿病になったのか?を 患者様ご自身がきちんと理解していないと 糖尿病は決して治りません。
薬だけに頼った治療、病院まかせの治療では決して糖尿病は治りません。
糖尿病の大きな原因の一つに食生活があります。
患者様の食生活を見直すことが、糖尿病を治す大きなポイントになります。
原因を知ることが大切なのです。

3.治療方法
病気(糖尿病)を治すためには、どのような治療が必要であるのか をきちんと理解することが大切です。
軽度の糖尿病であれば、食事制限や運動だけで十分治ることもありますが、
重度の糖尿病であった場合には 入院が必要かもしれませんし、
薬を服用したり、インスリンを注射するかもしれません。
もっと重度であった場合には、人工透析を行うかもしれません。

歯周病もまったく同じです。
現状の把握、原因、治療方法をきちんとご理解しないと 治りませんし、治療の効果もでにくいのです。

上記の3つをご理解されていないと歯周病治療はうまくいかないのです。

歯周病と診断される患者様の中には、
『歯周病が心配なので、検査して欲しい!』と来院される方もいらっしゃれば、
『差し歯が取れた! 等で患者様ご自身は 歯周病とはまったく思っていなかった!』という方もいらっしゃいます。
つまり、検査で始めて歯周病であることが分かった方です。
特に深刻なのは、後の方です。
患者様ご自身の自覚がない方の場合、
歯周病と診断しても 歯周病に対するご理解が低いために
治療が進まないことがあります。

当然のことながら、
『なぜ歯周病の治療が必要なのか?』をご理解されていないので、治るわけはありません。
糖尿病であるのに 糖尿病となった原因を理解しないで、食事制限ができないのと同じです。

当医院では 歯周病の患者様には、
現在の歯周病の進行程度、
歯周病の原因、
歯周病の治療方法…
等についてきちんとご理解していただくために、患者様個人に合わせた『治療計画書』をお渡ししています。
20〜30ページ程度になる治療計画書です。
全て読むにはかなりの量ですが、患者様ご自身の 歯周病の状態 や 原因、治療方法 等をきちんとご理解していただきたいため、このような分厚い治療計画書になっているのです。

私の今までの経験から
歯周病についてきちんとご理解されていない患者様は、
歯周病の治療が途中で中断されるケースが多いのです。
また、一度歯周病治療を行っても 再発するケースも多いのです。
そのため、一番始めの『治療計画』の段階が非常に重要であると考えています。

私自身が、歯周病専門医 ということもあり、当医院を受診される患者様は、歯周病の方が非常に多いのです。
しかし、全ての患者様に対して完璧な歯周病治療を行うのではありません。
どこまで治療を行うかは、
患者様のご希望もありますし、
患者様の歯周病治療に対するご理解にもよります。

歯周病治療のご希望がなかったり、
歯周病治療のご理解がない場合には、
無理して歯周病治療を行っても治らないからです。

今までの経験の中で 歯周病の患者様でまったく歯ブラシを行わない方がいらしゃいました。
歯ブラシをしても1週間に1回程度とのことでした。
口腔内をみると 歯石が大量に付着しているだけでなく、
直前に食べた 食物がいっぱいついている状態です。
歯周病の原因である 口腔内の汚れを話をし、
『徹底して毎食後の歯磨きを行わないと 歯周病は治らない!』ことをお話しましたが、
患者様は、
『忙しくて歯磨きなんかできない!!』と言われていました。
何度も何度も 歯周病の原因についてご理解をいただくために
来院のたびにご説明しましたが、結果的に患者様は来院されなくなりました。
その患者様が今まで通院されていた歯科医院では、
痛くなったらその時、痛みを止める治療をしてくれたり、薬をくれ、痛みはなくなったのに
なぜ ここの歯科医院では簡単に治せないのか? といつも怒鳴っていました。
『歯周病を治す薬をくれ!』と言っていました。

その患者様は、初診時 すでに半数以上の歯が欠損していました。
残っている歯もほとんどがグラグラです。
おそらく後1〜2年もすると ほとんどの歯は なくなるでしょう。

痛くなったら薬(抗生剤)を服用すれば 確かに腫れは改善することが多いのです。
しかし、これは治ったわけではありません。

上記の患者様は極端な例ですが、
きちんと歯周病についてご理解されることが 歯周病治療の第一歩なのです。


次回のブログは、7月 8日(月)になります。



最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

オリコン歯科医院ランキング2012年度版発表!

オリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の2012年度版が
公表されました。
オリコンは、音楽以外でもさまざまな分野でアンケート調査を元にしてランキングを発表しています。
当医院はインプラント治療で 11部門中 5部門で ベスト10入りをしました。
ランキングされた多くの歯科医院は、大学病院 や 規模の大きい歯科医院ばかりでしたので、当医院のような小規模の個人歯科医院が選出されることはとても喜ばしいことです。
今後も多くの患者様に支持されるよう スタッフともどもがんばってきたいと思います。

ランキングの詳細は、以下をクリックして下さい。
  オリコン2012年 インプラント治療前のケア・説明部門: 7位
  
  オリコン2012年 インプラント治療の丁寧さ部門: 10位
  
  オリコン2012年 インプラント治療結果部門: 8位
  
  オリコン2012年 治療プランの充実度部門: 10位

  オリコン2012年 治療後のアフターケア・保障制度の充実度部門: 6位

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP