歯周病専門医サイトブログ

2016年2月の記事一覧
2016年2月29日

歯周病 と オールセラミック:その2

2016年 2月29日(月曜日)です。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、前回の続きで
『歯周病 と オールセラミック:その2』になります。

以下の写真はだいぶ前(20年程前)になりますが、
歯周病患者さんに連結した被せ物を装着した症例です。
写真は上顎の噛み合う面から撮影した状態です。
普段見慣れていないと分かりにくい写真構図だと思いますが…
スライド01


歯周病が進行してくると
歯を支えている骨が吸収してしまいます。
その結果、歯がグラグラしてきます。

歯がグラグラしている状態では
長期的に維持させることは難しいです。

噛む力にも耐えきれずにダメ(抜歯)となってしまうのです。

そもため、歯周病治療を行なった後でも
こうした歯の動揺(グラグラ)が改善しないようなケースでは、
歯を動かないようにすることが必要になります。

固定です。

固定の方法には、さまざまな方法がありますが、
最も強固な固定方法は、被せ物を行い、
その被せ物を連結させて固定する方法です。

特にもともと被せ物が装着されているようなケースでは、
ここの歯に被せてある物を撤去し、
連結した被せ物を作り替えることがあります。

ただし、注意しなければいけないこともいくつかあります。

動揺している歯同士を固定しても(連結した被せ物を装着しても)
強固な固定にはなりません。

固定した歯自体が動いてしまうからです。

そのため、固定をする場合には、
必ず固定する歯の中に動かない状態の歯を含めることが必要です。

良くあるケースとして、
上の写真のようなケースでは、
上顎の歯のほとんどが動いていることがあります。
こうした場合、どこまで固定するのか?
という判断が難しくなります。

上顎の歯がほとんど動いているような場合には、
全ての歯を固定対象とする治療を行ないます。

専門予用語では、
クロスアーチスプリント法と言います。

重度歯周病の場合で、歯の動揺が非常に大きく
固定でしか安定を得られないと判断されたケースでは
比較的良く行なう治療法です。

本日は、歯周病とオールセラミック
という話ですが、まずこうした歯周病の方法についてご理解していただくために
始めに このような話を させていただきました。

さて 20年程前には このような
クロスアーチスプリント法を行なわなければ安定が得られないケースでは、
金属製の被せ物で固定するか?
セラミックで固定するか?
という2つの選択肢でした。

セラミックの方が治療費(コスト)がかかるので、
金属製ということもありました。

また、前回のブログでも解説しましたが、
一般的にセラミックといわれる被せ物は、
表面の見える部分は、白いセラミックですが、
セラミックの内部は金属が使用されています。

これが今までの治療法です。

現在のクロスアーチスプリント法は、
金属を一切使用しない方法で行ないます。

それが前回アップした以下のような症例になります。
スライド4


これも上顎の歯を噛む面から見た状態の写真です。

写真はジルコニアという材料で作製されています。


審美性もまったく違います。

さて 本日は 歯周病とオールセラミックと言う話です。

ジルコニアは、歯周病の方にとって非常に良い材料と言えます。

以前まで良く使用されていた金属製の被せ物は、
非常に汚れが付きやすいのも大きな欠点です。

歯周病の大きな原因として、
口腔内に付着した汚れです。

十分に歯磨きができないために、
歯と歯肉の境目(歯周ポケット)に付着した汚れが、
歯周ポケット内部に侵入していきます。

この歯周ポケット内部に侵入した汚れ(歯周病細菌)が
歯肉を腫れさせたり、
歯を支えている骨の吸収を起こします。

当たり前なのですが、
歯周病を予防するためには、徹底した口腔清掃(歯磨き)管理が重要です。

金属製の被せ物は、汚れが付きやすいので
そうした点では不利な材料と言えます。

その反面、ジルコニアは非常に汚れの付着が少ないです。
歯周病の方には非常に適した材料と言えます。



今年は、大学で講義を行なう日程が非常に増えており、
現時点で13回の講演予定があります。

全て違う内容の講演なので、
まあスライドを作製するのに大変時間がかかっています。

1回の講演で300枚以上のスライドを作製しないといけませんので
これが13回ですから…
4000枚のスライド作製かと思うと…

結構辛いです。

今日もこれから講演スライド作製です。


次回も歯周病とオールセラミックの話です。



最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2016年2月22日

歯周病 と オールセラミック

2016年 2月22日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

さて今日のテーマは、
歯周病の話ではなくオールセラミック治療になります。

歯周病で問題がある方の口腔内には
多くの被せ物が装着されていることが多いです。

ご自身の口腔内を見て下さい。

なにも治療後がない方は少ないのではないでしょうか?

まったく口腔内に治療跡がない方は、
このブログをみていない可能性が高いです。

基本的に治療箇所が多い方は、
なにかしらのリスクを抱えている可能性があります。

虫歯のリスクが高いとか…
歯周病のリスクが高いとか…

また、その被せ物をみると金属製の被せ物が多いかと思います。

これは日本の保険診療では、
ほとんどの被せ物が金属製とされているからです。

この金属製の被せ物って見た目が悪いですよね。

日本人の場合、
大きく笑うと 「金属がキラット」見えることがあります。

一般的に海外の方でこうした金属が見えることは少ないです。

日本人特有の口腔内と言えます。

これは、先にも説明しましたように
日本の保険診療では、どうしても金属製の被せ物が治療のメインになってしまっているからです。

日本の保険診療は、世界的にみても非常にすぐれた制度であり、
多くの方が世界的にみれば、非常に安価で歯科治療を受けることができます。

例えば国民皆保険がない米国では、
虫歯治療は非常に高額になります。

日本の保険診療と違い、
治療費が決まっているわけではないので
州 や 歯科医院により治療費は大きく違いますが、
虫歯で被せ物をすると 10万円程かかります。
もし、虫歯が大きく神経を取る治療が必要であれば
さらに部位によっても違いますが、
さらに10万円程度加算されます。

日本で同じ治療を保険診療で行なうと
3割負担の方で数千円です。

あまりにも大きな違いです。

これは米国が高いのではなく、
世界的にみて日本の医療費が非常に安いのです。

こうしたこともあり、
日本の歯科医療では、使用できる材料等に大きな制限があります。

世界的に日本の歯科医療(健康保険医療)は、そうとう遅れているのが現状です。

その一つがオールセラミック治療と言えます。

オールセラミックは、世界的にはごく普通の治療となっています。

以下のデータは、米国での歯科治療における
被せ物の種類の内訳です。

メタルセラミックとは、長年使用されてきたセラミックのことで、
見た目(表面的)には、白いセラミックに見えますが、
内部には、金属製が使用されている被せ物です。

通常セラミックと言えば、このタイプです。

メタルボンドクラウン や 陶材焼付鋳造冠 と言います。

金属製のフレームにセラミックを焼き付けて作製されています。

日本でも長い間 このメタルボンドクラウンが主流でした。
(現在も多く使用されていますが…)

なぜこのような方法で作製されていたかと言いますと
セラミックのみでは強度を保つことができないため、
内部に金属製のフレームを作ることで、
セラミック自体の強度を高めるためです。

本日お話するセラミックは、
オールセラミックと言います。

金属をまったく使用しないで作製された被せ物です。

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)と
オールセラミックの違いは以下の写真でみて下さい。
左がオールセラミックで
右側がメタルボンド(陶材焼付鋳造冠)です。
セラミックの比較

さて

途中の話が長くなりましたが、
以下が米国での被せ物の種類のデータです。
全ての種類が掲載されているわけではありませんが、
主要な被せ物3種類を比較しています。

一つが   メタルセラミック:メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)
二つ目が  オールセラミック
三つ目が  金属製(全部鋳造冠)
です。
スライド3



2007年までは 
約65%がメタルセラミック(陶材焼付鋳造冠)
約24%がオールセラミック
約8%が金属製
となっていました。

金属製って8%以下なんですね。

日本では奥歯ではほとんどが金属製ですがね。
(健康保険診療以外の治療は除く)


さて米国では、これが2013年になると…
オールセラミックが約80%となっています。

つまり米国ではほとどの場合、
金属を一切使用しないオールセラミックが主流ということになります。

もちろんこれは2013年のデータですから
2016年ではもっと変わっている可能性が高いです。

もちろんオールセラミックの比率が80%以上になっているということです。

そででは本日の本題になります。

歯周病患者様において
今までは金属製の被せ物を装着する方が多かったのですが、
現在は、オールセラミックを使用することが非常に多くなりました。
スライド02

こうした材料の変化は、見た目だけのことではありません。

歯周病患者さんにとってオールセラミックは非常に多くの利点があるからです。

オールセラミック(特にジルコニア)は、汚れの付着が非常に少ないのです。

汚れが付きにくいということは、
歯周病にとって大きな利点です。

また、金属製の被せ物と違い
傷が付きにくいのです。

まだまだこうしたこと以上のオールセラミックの利点は多いのですが、
少なくとも金属製の被せ物を口腔内に装着する時代ではありません。


次回のブログでは歯周病とオールセラミックの話をもう少し詳しく解説します。





最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2016年2月15日

噛みしめ・くいしばりを防ぐために = TCH(上下の歯の接触癖)=:その2

2016年 2月15日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『噛みしめ・くいしばりを防ぐために = TCH(上下の歯の接触癖)=:その2』
になります。

前回の続きです。

T C Hの治療(改善方法)として、
認知行動療法という方法があります。
(TCHを行っているが確認する合図を設定する方法)が有効とされています。

以下が具体的な方法です。

まず、ポストイット や シール のような貼付ける印(10枚程度)を用意します。

この印を普段よく目にする場所に貼っておきます。

例えば、携帯電話とか トイレの扉とか パソコンとか 冷蔵庫とか
どこでもよいです。

そして、その印(ポストイット や シール 等)を見た時のみ
歯を接触させていることを自覚します。(TCHの自覚)

そして、その際にわざと一瞬ですが 歯を強く接触させてみます。(食いしばる)

この時、肩に力をいれて 肩を挙げて 食いしばる仕草も一緒に行った方が良いでしょう。

歯を接触させた後 すぐに力を抜き 歯の接触を止めます。

肩の力も一瞬でぬき脱力させます。

わざと噛みしめるのは一瞬です。

こうした行為を付けた目印を見るたびに行います。  

これだけです。

臨床研究では、こうした認知行動療法を応用したリマインダー法を行うことで、
数ヶ月から半年程度で多くの方でTCHが軽減してくるようです。

この方法は、
医院に行かなくてもご自身でできること、
治療費もかからないこと
薬のように副作用がないこと
が大きな利点です。

是非実施してみて下さい。






最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2016年2月8日

噛みしめ・くいしばりを防ぐために = TCH(上下の歯の接触癖)=

2016年 2月 8日(月曜日)です。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『噛みしめ・くいしばりを防ぐために = TCH(上下の歯の接触癖)=』になります。

噛み合わせが原因で
歯の痛み や 
顎の痛み、
歯がしみる(知覚過敏)、
被せ物や詰め物が良く取れる、
歯が折れる、歯の根が折れる(歯根破折)、
歯を磨いているのに歯がダメになる

さまざまなことが起こります。

こうしたことは噛み合わせが原因になっている可能性があります。

本日から2回に分けてこの噛み合わせによって起こる問題について解説します。



上下顎の歯が接触する時間は、1日の中で20分以下と言われています。

通常 上下顎の歯が接触するのは、
物を噛む時(咀嚼(そしゃく))と 飲み込む時(嚥下(えんげ)) 、会話時 等 に
瞬間的に触れるだけなのです。

それ以外の時間帯では、上下顎の歯が触れることは基本的にありません。
これを専門用語で安静位(あんせいい)と言います。
この安静位で生じる隙間を 安静位空隙(あんせいくうへき)と言います。

通常、唇を閉じた状態では
上下の歯は触れていなく、
約2〜3ミリの隙間(すきま)があるものなのです。

実際に行なってみて下さい。

唇を閉じた状態で、
上下の歯が触れている方は問題ありです。

こうしたことを実施していただく検査を
歯列離開(しれつりかい)テスト
と言います。

噛み合わせの診断をする際にとても重要な検査です。
(この内容についての詳細は次回のブログで説明致します)


本日から行なうテーマは、こうした方にとってとても大切な内容です。


また、先の唇を触れた状態で上下の歯が接触するのか?
という検査で
触れていないと回答された方でも
日中に上下顎の歯が接触することがある場合があります。

その一つが 噛みしめ や 歯ぎしり 等の習癖です。
これは就寝時に起こることです。

こうしたことに対しては、
就寝時にナイトガードといわれる
マウスピースのようなものを使用していただくことになります。

本日の内容である
TCH(上下の歯の接触癖)
は、就寝時ではなく日中に起こる話です。


本を読んだり、パソコン 等 下を向く動作が多い方では、
上下顎の歯が自然に接触する機会が多くあります。

他にも
スポーツ、車の運転、料理、洗髪、
「黙って集中して作業する行為」や 趣味に没頭する時 
等でも歯を接触させる機会があります。

さらに 緊張状態が続く方では、日常から歯を接触させる行為が続くことがあります。

先にも説明しましたように
上下顎の歯が触れない状態を「安静位(安静位空隙)」と言います。

本来 咀嚼時、嚥下時、会話 等で上下顎が瞬間的に触れる以外には、
この「安静位」を保つことが重要です。

例え 強く噛んでいなくても 上下顎の歯が触れると 口を閉じる筋肉(閉口筋)は働きます。

上下顎の歯が触れている間は、筋肉が働き続けるのです。

こうした歯の接触時間が長くなれば、なるほど筋肉は疲労してきます。

また、口を閉じる筋肉(閉口筋)が働くと、
顎の関節は上方に押さえつけられるので、
関節の血流循環が悪くなります。

このことを例えると 
正座を長時間すると足がしびれることと同じようなことが起こっているのです。

こうした無意識中の歯の接触を
「T C H( Tooth  Contacting  Habit):歯列接触癖」と言います。

これは、東京医科歯科大学の木野先生らのグループが発表したことです。

東京医科歯科大学の顎関節治療部は、
顎関節症で悩む患者さんが
年間2.000人以上来院する世界でも有数の顎関節治療医療機関であり、
長年の臨床研究から 多くの顎関節症状のある方にT C Hの改善治療を行った結果、
非常に高い効果があったことが実証されています。

また、T C Hが生じると 顎関節部に問題が起こるだけでなく、
歯は摩耗(歯がすり減る)し、
知覚過敏症が起こったり、
歯自体にダメージが加わりダメ(咬合性外傷)になったり、
神経のない歯では折れる(歯根破折)ことが起こりやすくなります。

食いしばり や 歯ぎしり 等 のことを専門用語で「ブラキシズム」と言います。

T C H も ブラキシズムの一種ですが、
食いしばりとの大きな違いは、噛む力の大きさ(強さ)と自覚の有無です。

最大咬合力の約70〜80%の力で噛む(食いしばる)と
「噛んでいる」と自覚します。

通常 自覚のある 食いしばり の場合には、自覚した時点で噛むことを止めます。

また、筋肉自体も疲労するために、あまり長時間におよぶことはありません。

それに対してT C H は、単に歯が接触するだけですので、噛む力の大きさ(強さ)は弱いです。

弱い力のために、自覚することが非常に少ないのです。

弱い力でも長時間作用すると顎関節部 や 歯 に問題が起こります。

こうした長時間の弱い力の方で問題が起こっている方が多いことが分かっています。



次回のブログでは、
TCHについてさらに詳しく解説します。




最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2016年2月1日

歯周病になりやすい人 と 歯周病になりにくい人の 違い:4回目

2017年 2月 1日(月曜日)です。

今年は、歯科大学の歯科医師研修医の教育プログラムの
指導講演がかなり多くなり、
日々 講演資料作りでいっぱいいっぱいです。

忙しい時にはブログを休ませていただくことも増えるかもしれません。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。


今日のテーマは、
『歯周病になりやすい人 と 歯周病になりにくい人の 違い:4回目』になります。

今までの3回では、歯周病の原因として、
1.歯周病細菌による感染
2.噛み合わせ
3.治療が続かない方、治療が中断してしまう方

について解説してきました。



本日は、4回目(このシリーズの最終回)になります。

歯周病 と 全身疾患の話です。

例えば、糖尿病の方は、歯周病になりやすいのです。

糖尿病の人は 感染に対する抵抗力が低下しており、
歯周病が悪化しやすいのです。

逆もあります。

歯周病の方は、血糖値を高めます。

歯周病細菌が糖の代謝に影響を及ぼし、血糖値のコントロールが悪くなります。

糖尿病の方は、歯周病の検査を行うことが重要です。

そして、もし歯周病であった場合には、きちんとした歯周病治療を行うことが重要です。
歯周病が治ると血糖値も安定することがあります。

口腔内も全身のヒ一つですから、体調に問題のある方は、
歯周病も悪化しやすいのです。


歯周病になりやすい人と言えば、喫煙者です。

喫煙と歯周病の関係は、歯周病の学会において 数多く報告されています。

ある報告によると、喫煙者は、非喫煙者と比較して、
歯周病の進行は 6倍以上も早い という結果もあります。

『歯周病を治したい!』と考えられている方は、是非禁煙して下さい。


歯周病は、歯周病細菌の感染症であることは、このブログでも良く書くことです。
そのため、重度歯周病の方は、口腔内の非常に多くの細菌が存在しているのです。

大量の菌が口腔内にあるのですから、大変なことです。

それを毎日の食事の際に、食べ物と一緒に飲み込んでしまいます。

飲み込んだ菌が肺に入って起こす病気を『誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)』といいます。

あまり聞き慣れない病名ですが、誰にでも起こる可能性がある病気です。

この誤嚥性肺炎は、えんげ(飲み込むこと)反射 と 
咳反射が低下した場合に起こることが明らかになっています。

歯周病を起こさないような口腔内であれば問題はありませんが、
歯周病であったり、
ブラッシングが不十分であると起こる可能性が高くなります。


しかし、細菌を飲み込んだからといって誰もがなるわけではなく、
寝たきりの方や老人性肺炎の方のように体力がおちた時にかかりやすい病気です。

日本人の死因の第4位が肺炎 (平成14年度の厚生労働省ホームページより)であり、
そのうちの約9割が65歳以上です。


また、歯周病細菌は、食べ物と一緒に飲み込むだけではありません。

血液を介して全身にまわっていきます。

菌血症という状態です。
菌血症とは、本来無菌である血液中に細菌が存在する状態を言います。

例えば、外科的治療の際に外部からの感染が血中へと入り込みます。

しかし、実際には、血液中に細菌が侵入しても一時的なことであり、
問題となることはほとんどありません。

しかし、歯周病細菌のように常に口腔内に細菌が存在する状態は良くありません。
歯周ポケット内部には大量の歯周病細菌が生存しています。

当然のことながら歯周ポケット内部にも血管(血液)が存在しますので、
その血管から歯周病細菌が侵入していきます。

特に注意しなければならないのは、心臓疾患がある方です。

心臓疾患がある方に歯周病治療(歯石を取る行為も同じです)を行う時には、注意が必要です。

歯石を取った際に、砕けた歯石から細菌が放出され、血液中に入っていきます。

血液を介して当然のことながら心臓へも流れ込みます。

ペースメーカーを使用されている方は、
流れ込んだ細菌が付着し
、問題を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

注意とは、治療前に抗生剤を服用し、感染防止を行うことです。

つまり、歯石除去前(1時間以上前)に抗生剤を服用することです。

可能であれば、治療の前日から服用された方が良いでしょう。

こうすることにより、歯周病細菌が血液中に流れても被害を抑えることができます。

ただし、このような話をすると『歯周病治療は怖い!』と感じてしまいがちですが、
これは違います。

誤解していただきたくないのですが、
歯周病である場合には、
歯周病治療を行わないで、
口腔内に常に歯周病細菌が存在する方が問題が高いのです。

重度歯周病の方では、常に口腔内に多量の細菌が存在するわけですから…

心臓疾患のある方 や 全身疾患のある方こそ、歯周病を治しておかないといけません。

歯周病は、放置すればする程、進行します。

進行した歯周ポケット内部には、多くの歯周病細菌が存在していますので、
リスクはさらに高くなってしまいます。

心臓病 や 全身疾患がある方 こそ徹底した治療が重要です。

また ご病気がある方は、歯科治療を受けられる際には、
問診票に病名等をしっかり記入することが必要であることと
担当医にも伝えることが必要です。
また、服用している薬についてもきちんと伝えることが大切です。

話は、ズレてしまいましたが、
喫煙者は、歯周病のリスクが非常に高いこと、
糖尿病 等の有病者も歯周病のリスクが高いことがあります。

また、歯周病が多くの疾患を誘発したり、
歯周病細菌によって全身的な問題も引き起こす可能性が高くなります。

持病をお持ちの方は、歯周病をきちんと治すことが大切です。
歯周病は、早期に治療を行えば、
治療回数も少なくなりますし、
十分治ります。

しかし、進行した歯周病であった場合には、
治療回数もかかり、
状況によって抜歯になってしまうことがあります。

一番問題となるのが、歯周病の放置です。
病気を放置して良いことは一つもありません。
歯周病は、どんどんと進行するだけです。

治療に無関心な人が一番 歯周病になりやすい人と言えます。


このシリーズはこれで終了です。



最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP