歯周病専門医サイトブログ

2017年3月6日

3DSの除菌持続効果

2017年 3月 6日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『3DSの除菌持続効果』になります。

ここ数回に分けて3DSについて解説してきました。

今までの歯科治療は虫歯になったら歯を削る
ということの繰り返しでした。

3DS除菌療法は、今までの歯科治療とはまったく違った対応です。

歯周病細菌や虫歯細菌を積極的に抑える方法です。

今回のシリーズの最初のブログにも書きましたが、
以下のような方に3DS除菌療法をお勧めします。

• 虫歯が多い方
• 詰め物 被せ物が多い方
• 歯磨きをしているのに虫歯になってしまう方
• 妊娠予定 や 授乳中の方で 子供を虫歯にしたくない方(母子感染防止)
• 乳歯から永久歯への感染防止
• 歯周病になりやすい方

3DS除菌療法は、
患者さん個人に合わせたマウスピースを作製し
そのマウスピースの中に除菌効果の高い薬剤を入れて
口腔内に装着することで 問題となる細菌を除菌し
虫歯の原因となる歯垢の定着を集中的に抑える治療です。

簡単な予防方法です。

是非お勧めしたい予防対策です。

それでは3DS除菌治療の効果はどれくらいあるのでしょうか?

3DSの持続効果については
生活習慣が適切に改善されれば半永久的にもちますが
そうでない場合には1年程度で元の状態に戻ってしまいます。

齲蝕 も 歯周病 も 細菌感染症ですが
その背景には細菌的要因だけでなく、
口腔清掃状態 食生活等の生活習慣が大きく関与していることは
当然のことです。

そのため口 腔衛生状態が悪かったり
食生活 等の改善がない場合には 3DSを行ったとしても
細菌叢は戻ってしまいます。

3DSによる効果の持続を確認するためには
日々の口腔清掃管理が重要であることはもちろんのこと

定期的に細菌検査を行い、
口腔内のリスクを管理すること
そしてリスクを軽減するためにも定期的に除菌することが有効です。
(PMTC後に高濃度薬液を使用した院内3DSを実施)

治療にお金と時間をかけるのか?

予防のためにかけるのか?

ということになります。

3DS除菌療法をご希望される方は、
ご予約の際もしくは、
受付 や 担当歯科医師にご相談下さい。

次回から新しいテーマになります。

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP