歯周病専門医サイトブログ

2017年4月24日

重度歯周炎症例:侵襲性歯周炎(しんしゅうせいししゅうえん)

2017年 4月24日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『重度歯周炎症例:侵襲性歯周炎(しんしゅうせいししゅうえん)』になります。

先週のブログでは侵襲性歯周炎(しんしゅうせいししゅうえん)の症例と解説をしていきました。

だいぶ長い話になりました。

本日は症例のみアップします。

まず初診時からみて見ましょう!

初診で来院された状態の正面からみた状態です。
歯肉は腫れ、歯の位置も動いており、歯並びの問題も起こっています。

次の写真は、上顎の歯を噛む面から見た状態です。

この写真からも歯肉の腫れが認められます。

次の写真は、下顎を噛む面からみた状態です。

次の写真は左右の奥歯です。

全体の写真が以下です。

次にレントゲン写真をみて見ましょう!

この写真だけであると分かりにくいので
レントゲン写真に線を記入したのが以下です。

まず正常な骨の位置を青線で記載します。
もともとは青線まで骨があったということです。
この青線の位置が正常な状態です。
この状態を覚えておいて下さい。

現在の骨の状態が以下の赤線です。
骨が吸収してしまったのです。

前回のブログでも解説しましたが、
歯周病は歯周病細菌による感染症です。

歯周病感染により骨が溶けていきます。

骨が溶ける前と
骨が吸収してしまった後の状態が以下です。

細かい歯周病の状態については前回のブログで解説しましたので
本日は治療後の写真のみ掲載します。

治療後が以下です。

次回も歯周病について解説していきます。

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP