歯周病専門医サイトブログ

2017年7月の記事一覧
2017年7月31日

歯周病治療(ルートプレーニング)でどこまで汚れが取れるか?

2017年 7月31日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、「歯周病治療(ルートプレーニング)でどこまで汚れが取れるか?」になります。

前回のブログでは、歯周病の検査について解説しました。
歯周ポケット検査です。

歯周ポケット検査が分からない人は以下をご覧になって下さい。
歯周ポケット検査

さて前回までで歯周病の基本中の基本である歯周ポケット検査 がご理解できたとします。

歯と歯肉の隙間から汚れが入り込むことで歯周病は進行していきます。

以下の図も以前にもアップしましたが、
歯周病の進行を表した図です。
まず健康な状態です。

そして歯周病になった状態です。
軽度です。
汚れが付着することで歯肉は腫れ、歯石が歯周ポケットの中に侵入していきます。
歯周ポケットの深さは3〜4mm程度になります。

次は中程度の歯周病です。
さらに汚れは歯周ポケット深くまで入り込みます。
骨も吸収してきます。
歯周ポケットの深さは5〜6mm程度になります。

さらに歯周病は進行し、
歯周ポケットの深さは7mm以上になります。
重度の歯周病です。
骨はさらに吸収します。

実際に歯周病で抜歯した歯を見てみましょう!
歯の根の周囲にある黒いのが歯石です。
この歯石の中に歯周病細菌が潜んでいるのです。

こうした歯周病細菌を取り除くのが歯周病治療なのです。
スケーリング、ルートプレーニングと言います。

実際には、超音波スケーラーという器具 や キュレットと言われる器具を用いて取り除きます。

それでは本日の本題となります。

こうした歯石等は、超音波スケーラー や キュレット を使用すれば全てとれるのでしょうか?

以下は スケーリグ や ルートプレーニングでどれだけ歯石が取れるのか?
という研究をしたデータです。

解説します。

歯周ポケットが1〜3mmであれば
歯周病専門医であれば 96%の歯石が取り除けます。
しかし、研修医(まだ若い先生)であれば 86%の歯石除去率ということになります。

しかし、歯周ポケットが深くなるとさらに歯石を取り除くのが難しくなります。
歯周ポケットが4〜6mm(中程度の歯周病)であれば
歯周病専門医であれば 89%の歯石が取り除けます。
しかし、研修医(まだ若い先生)であれば 66%の歯石除去率ということになります。

さらに歯周ポケットは深くなります。
6mm以上の深さです。
進行した歯周病の状態です。
この状態にまで歯周病が進行すると歯周病専門医であっても歯石除去率は81%です。
さらに研修医(まだ若い先生)であれば 34%しか歯石が取れないというデータです。

つまり歯石の除去には、個人差が非常に大きいということです。

特に進行した歯周病となると
歯周ポケットは深くなりますので、さらに歯石が取りにくくなります。
このデータでは、
研修医(まだ若い先生)の場合、
歯周ポケットが6mm以上になると
color=”red”>34%しか歯石が取れないということにはビックリです。

歯石は前歯では比較的取りやすいのですが、
奥歯は、非常に難しいです。

以下は上顎の奥歯です。

このように奥歯は複雑な形態をしているため、
一旦複雑な形態の中に汚れが侵入してしまうと取り除くことが困難になってしまいます。

奥歯のことをご理解いただくために少し難しい話をしていきます。
分岐部病変という話です。
まず正常な奥歯のレントゲンから見ましょう。

下顎の奥歯では、レントゲン上から2つの根があるのがわかります。

歯の根の形態を黄色線でかいて見ましょう。

ここが歯根です。

そしてここが根分岐部です。

根と根の間のことを根分岐部と言います。

実際に根分岐部病変になったレントゲンが以下です。

この根分岐部病変ですが、
こうなるとさらに歯石等の感染原因を取り除くことが難しくなります。

根分岐部病変に対してスケーリング ルートプレーニングを行なった場合には
どれだけ取れるのか?
というデータです。

さてデータを見て見ましょう。
これは分岐部病変のデータです。
つまり複雑な形態をしていた状態でどれだけ汚れが取れるのか?
ということです。

歯周病研修医の場合、
歯周ポケットが6mm以上になると22%しか取り除くことができないということです。

さらにビックリするのが歯周病専門医であったとしても
歯周ポケットが6mm以上になると37%しか取り除くことができないということです。

分岐部病変って本当に大変なのです。

以下の症例は他歯科医院で長年歯周病治療を行なっていたが、
治らないとのことで来院された患者様です。

見た目は綺麗に見えますが、
奥歯では歯周病が相当進行していました。

以下が初診時のレントゲンです。

本日は話が非常に長くなってしまいましたので、
省略する部分もありますが、
奥歯では治療ができない程進行していました。

以下のバツ(✖️)印は抜歯しか方法はありませんでした。

まず 黄色丸の歯を抜歯しました。

抜歯した歯を見て見ましょう!

歯石いっぱい残っていますよね。
分岐部はほとんど歯石が取れていません。

歯石除去率には、行う人によって大きく差がでるのです。

次に上顎です。


歯石大量に残っています。

スケーリング や ルートプレーニングにはこうした技術レベルの差が非常に大きくあるのです。

当医院では、
歯周病専門医の歯科医師が2名、
歯周病の認定歯科衛生士が2名在籍しています。


クリックでの応援よろしくお願い致します

2017年7月10日

歯周ポケット検査と歯根破折、セメント質剥離

2017年 7月10日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

歯周病の検査で最も基本的な検査として
歯周ポケット検査があります。

このブログでもよく解説する検査方法です。

非常に簡単であり、基本的にどこの歯科医院でも行えます。

知っている方も多いかと思いますが、
ちょっと見てて下さい。

歯と歯肉はくっついておらず 僅かな隙間があります。
この隙間のことを歯肉溝と言います。

歯肉溝がに汚れが入り込み 溝が深くなると
歯周ポケットと言われるようになります。
以下の図です。

以下のような器具を使用し、歯周ポケットの深さをはかります。

1歯につき 6カ所以上の深さを測定します。

この歯周ポケットが深くなると歯周病が進行しているということです。

歯周病ポケット1〜2ミリ  :正常

歯周病ポケット3〜4ミリ  :軽度

歯周病ポケット5〜6ミリ  :中程度

歯周病ポケット7ミリ以上  :重度

という判断になります。
歯周病の検査はこれだけではなく、
レントゲンによる骨吸収状態や
噛み合わせ
等さまざまな検査を総合して歯周病の診断をするわけですが、
上記の歯周ポケット検査は基本中の基本です。

さて本日は歯周病の話とはちょっとズレます。

それは、歯周病と同じような症状があるが、
実は歯周病とはまったく違う原因であることがあります。

私自身が歯周病専門医ということもあり、
来院される患者様の多くは歯周病に問題をかかえた方です。

歯肉が腫れるとか
噛んでいたいとか
出血があるとか

患者様はご自身の判断やネット等で検索して
「きっと歯周病に違いない」
とお考えになり来院される方も多くいらっしゃいます。

実際に歯周ポケット検査をしてみると
歯周ポケットが8ミリ
というこもあります。

先ほど歯周病の検査で歯周ポケットが深くなると
歯周病が進行していることを解説しました。

しかし、歯周ポケットが深くなる原因は
歯周病だけではありません。

本日は歯周ポケットが深くなる他の原因について解説します。

1症例目は、以下の患者様です。
レントゲンをみてみましょう!

「歯肉が腫れて出血がある」
「痛みもある」
とのことで来院されました。

患者様は歯周病が原因ではないかと思われています。

早速歯周ポケット検査 と レントゲン写真の撮影を行いました。
問題となる歯は印の歯です。

歯周ポケットは8ミリあり、
出血もあります。

本日の最初に重度歯周病は、歯周ポケットが7ミリ以上と解説しましたので
この歯は、8ミリもありますので
歯周病ということになりますが、
そうではありません。

確かに歯周ポケットは8ミリなのですが、
この歯周ポケットができた原因は、
歯周病細菌による感染症ではなく、
歯が折れたのです。

この歯は神経がない歯でした。

神経のない歯は脆く、通常の噛む力でも折れることが高頻度で起こります。

歯の根が折れることを
歯根破折と言います。

歯根破折の特徴的なレントゲン像をみてみましょう!

歯の根を取り囲むように黒い状態がみれます。

分かりやすいように黒くなっている部分を
黄色線で記載したのが以下です。

このようなレントゲン像を見た場合、
歯根破折を疑います。

患者様には歯根破折の可能性が高いことを説明させていただきました。

歯根破折を起こした場合には、
基本的に治すことはできません。

基本的にはですが…

歯根破折は抜歯となります。

今回ご来院された患者様には、
腫れの原因を説明させていただき、
歯根破折している場合には、抜歯となることも説明させていただきました。

患者様にとっては、抜歯は当然のことながら避けたいことです。

そのため、薬で腫れを抑えてこのまま経過をみられるとのご希望でした。

しかし、暫くして再度腫れたため、ご来院されました。
その時のレントゲンが以下です。

歯が完全に割れていました。

患者様はレントゲンの状況をみていただき、
ご納得の上、抜歯となりました。
現在はインプラント治療が完了し、噛めるようになっています。

神経のない歯は、本当に脆く、
こうした歯根破折が起こる確率が非常に高いです。

歯を削らないようにすること
神経を取らないようにすることは本当に大切なのです。

患者様も抜歯後には、できるかぎり周囲の歯に負担がかからない治療をご希望されていたため、
歯を削るブリッジではなく、
インプラント治療をご希望されました。

このように歯周ポケケットが深いから歯周病ということではなく、
様々な検査を総合して判断することが必要なのです。

次のケースになります。
患者様は、歯肉が腫れたとのことで来院されました。
出血もありました。

歯周病を疑い、歯周ポケット検査を行いました。

歯周ポケットは部分的に9ミリありました。

その時のレントゲン写真が以下です。

問題となるのが印の歯です。

歯周病ポケットが9ミリとは深いですね。

それではこのケースは
歯周病でしょうか?
歯根破折なのでしょうか?

実は両方とも違います。

答えはセメント質剥離
という病態です。

セメント質とは、
歯の根の周囲を取り囲んでいる薄い硬い組織のことです。

このセメント質がなんらかの原因で剥がれしまうことをセメント質剥離と言います。
以下の矢印部分が剥がれたセメント質です。

セメント質剥離を例えていうと
家の外壁を想像してみて下さい。

家の外壁にタイルがはってはったとします。
このタイルが
地震とか
劣化により剥がれ落ちてしまうこともありますよね。

この剥がれたタイルがセメント質であると思って下さい。

外壁のタイルが剥がれると困りますよね。

セメント質も
噛み合わせの負担が強く起こったりすると剥がれてしまいます。

この確率は年齢が高くなればなるほど多くなりますし、
神経のない歯で起こりやすいと言われています。

セメント質剥離が起こっても問題とならない場合もありますが、
剥離した部分が大きかったりした場合には、
歯周ポケット交通し、感染が起こることで腫れてきます。

今回のケースはそうしたことが起こり
腫れや出血が起こったのです。
治療は剥離したセメント質を取り除くことです。

以下が治療前と後です。

剥離したセメント質を取り除くことで腫れは治まりますが、
予後はよくありません。

今後問題を起こす可能性が高いです。

このように歯周ポケット検査は、歯周病の診断にとって非常に重要な検査ですが、
歯周ポケットが深いからといって
必ず歯周病ということではありません。

今回のケースのように
歯根破折の場合もありますし、
セメント質剥離の場合もあります。

また、今回は紹介できませんでしたが
他にも原因はあります。

病気の診断をする場合には、
さまざまな面からみることが大切なのです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2017年7月4日

歯科で使用する器具(エアータービン)の滅菌について

2017年 7月 4日(火曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

本日は歯周病の話ではなく
歯科で使用する器具の滅菌の話です。

他の3つのブログでも同様の話を書いています。

最近 テレビ や ネット で 歯科医院で使用する器具の滅菌についての話題があります。

歯を削る際に使用するエアータービンの使い回しです。

以下がエアータービンです。

user comment….

このエアータービンですが、
使用する際にはダイヤモンドのバー等で水を出しながら高速回転で歯を削っていきます。

もちろん口腔内で使用されるため、唾液や血液が付着するため、
当然のことながら滅菌が必要なのですが、
単にエアータービンが汚れが付くだけではなく、
回転を止めた際に、器具の中に水分が僅かに後戻りして入り込むことが報告されています。

そのため、使用後にエアータービンの表面をアルコール消毒しただけでは不十分であり、
タービンの中に入り込んだ感染原自体を取り除くことが重要になってきます。

エアータービンの表面だけを消毒しても
タービン内に入った感染原は、
次に使用する際に、水と一緒に出ていきます。

これが問題なのです。

当医院では開業以来づっとエアータービンの感染予防対策を行っています。

患者様ごとにエアータービンを交換し、
専用の高温滅菌器具で消毒をしています。

この滅菌作業は結構大変なんですよね。

まずエアータービンの数を揃えておかないといけません。

患者さんの数が多い歯科医院であれば、20本以上揃えておくことが必要です。

エアータービン1本の値段は10〜15万円程度しますので
数が増えれば増えるほどコストがかかります。

もちろん滅菌する器具自体も高価です。

しかし、最低限必要なことであることは間違いありません。

ご心配な方は、通院されている歯科医院でどのような滅菌対策を行っているか聞いた方が良いでしょう。

歯科医院で聞いてみて、
きちんとした回答がないような場合には
転院した方が良いかもしれません。

きちんとした滅菌対策を行っている歯科医院であれば
このような質問は失礼なことはなく、
積極的に滅菌対策について回答してくれるはずです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2017年7月3日

歯周病で失った骨の再生治療(骨再生の限界について)

2017年 7月3日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日はちょっと難しい話になります。

骨の再生治療についてです。

歯周病は、歯周病細菌より歯を支えている骨が吸収していく病気です。

骨の吸収過程や骨の再生治療の症例については前回のブログで解説しました。

前回のブログをご覧になっていない方は先にご覧になって下さい。
前回のブログ(歯周病で失った骨の再生治療)

それでは、再生治療を行うとどんな状態でも骨は再生するのでしょうか?

もし、全ての症例で骨が再生することが可能であれば、
歯周病は全て治るということになります。

本当にそんなことが可能なのでしょうか?

本日はちょっと難しい話になりますが、そうした骨の再生について解説していきます。

まず骨吸収のあるレントゲンからみていただきます。
以下のレントゲン写真の左手側の歯には骨の吸収が認められます。
分かりますかね?

矢印部分が骨吸収がある部位です。

何となく分かりますかね?

骨の再生治療は、こうした骨の吸収した部位に
骨の増大(再生)を行うわけですが、どのような骨吸収でも骨が再生するわけではありません。

本日はそうした話をしたいと思います。

以下は、歯と骨の図です。

ちょっと分かりにくので解説します。
以下が歯の部分です。

以下は歯根と言われる部分です。
歯肉の中にある骨に埋まっている部分です。

以下が骨です。
歯の根は骨の中に埋まっているのです。

歯の根や骨は、歯肉の中にありますので
本来は肉眼では見えない部分になります。

今回の図では歯肉の部分を除去して、
骨の状態を見やすいようにしてあります。

ちょっと難しいですかね?

骨の吸収のタイプはいくつかに分類されます。
この骨吸収のタイプにより
骨の再生が可能かどうかが分かります。

以下は2壁性骨吸収という状態です。
まずは見てみましょう!

私自身大学や講演を行っているのですが、
骨吸収を説明する際には以下の図を良く使用します。
歯の根を背に座ったとします。
以下の図のようにです。

その際に骨がどこに見えるのか?
ということが骨吸収のタイプを診断する大きなポイントになります。
歯根を背にして座ると
正面に骨が見えます。

左側にも骨が見えます。

骨の壁が2つ見えます。

これを2壁性骨吸収と言います。

次に以下のような骨吸収があります。

同じように歯根を背に座ってみます。

正面には骨が見える!

左側には骨は見えない!

右側にも骨は見えない!

骨の壁が1個しか見えないので
これを1壁性骨吸収と言います。

次に3壁性骨吸収を見てみましょう!

分かりますかね?
先ほどの2壁性骨吸収より右側に骨があるのです。

簡単に言えば、穴のようになっているのです。

図をまとめると以下になります。

骨の再生治療を説明する際には、
この骨吸収に血液を注ぐことを想像してみましょう。

まず左側の1壁性骨吸収に血液を注いでみましょう!

血液を注いでもこぼれてしまいます。

次に真ん中の2壁性骨吸収にも血液を注いでみましょう!

やはり血液はこぼれてしまいます。
しかし、左側(奥側)には骨の壁があるため、血液がこぼれるのは手前側(右側)だけです。

さて次に3壁性骨吸収に血液を注いでみましょう。

3壁性骨吸収は穴のような状態ですので、
血液はこぼれにくく、穴に溜まります。

さて他の図を用いて
骨の再生についてさらに解説します。

コップに血液を満たしてみましょう。

この血液が満たされたコップの中に骨の細胞を入れてみます。
骨の細胞がないと骨は再生しません。

この血液が満たされたコップの中で骨の細胞は動きまわることができるのです。
しかし、骨の細胞はコップの外に出て動くことはできないのです。

骨の細胞が動き回る範囲は決まっているのです。

さてこうしたことを他の例えで解説します。
海の中にいる魚は、当然水中で泳ぎます。

しかし、魚は水中を出ては生きられません!

骨の細胞も同じです。
血液が満たされた範囲でしか生きることはできないのです。
そのため、骨が再生しやすいのは血液が満たされる
3壁性骨吸収なのです。

本日の話はちょっと難しかったですね。

来週のブログもお楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP