歯周病専門医サイトブログ

2017年11月の記事一覧
2017年11月20日

歯周病の定期管理(メインテナンス)におけるPMTC(クリーニング)は効果があるのか?

2017年11月20日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯周病の定期管理(メインテナンス)におけるPMTC(クリーニング)は効果があるのか?』になります。

私が日本歯周病学会の歯周病専門医ということもあり
当院を受診される患者様の中には非常に歯周病が進行した方がいらっしゃいます。

重度歯周病の場合、治療期間もそれなりに長くなることがあります。
特殊な歯周病のケースを除き、
多くの場合、歯周病治療を行うことで
歯周病は改善してきます。

具体的には歯周病が進行している場合には歯周ポケットというのが深くなります。

このブログをよくご覧になっていられる方は、歯周ポケットについてご理解していただいているかもしれませんが、
ちょっと歯周ポケットについて解説します。

歯と歯肉はくっついておらず
わずかな溝があります。

この溝を歯肉溝(しにくこう)と言います。

歯磨きが不十分な場合、この溝の中に汚れが侵入して行きます。

汚れとともに歯周病細菌も繁殖します。

歯周病細菌は嫌気性(けんきせい)と言い、
酸素が少ないところで繁殖しやすいのです。

我々が生活している地上の酸素濃度は約21%です。
(高い山に登ると酸素は薄くなりますが…)

しかしこの後に説明する深い歯周ポケット内は酸素があまり届きません。
そのため、歯周ポケットの深い部分では、
酸素濃度は1%以下となってしまいます。

深い歯周ポケットは、酸素濃度が低いので
歯周病細菌が生息するには非常に優れた環境なのです。

この溝の中には歯肉溝浸出液(しにくこうしんしゅつえき)という体液が流れています。

この歯肉溝浸出液の中には、
歯周病細菌を撃退する成分も含まれています。

歯周ポケット内に侵入した歯周病細菌を洗い流しているのです。

しかし、大量の歯周病細菌が歯周ポケット内部に侵入すると
こうしたことができなくなります。

歯肉は腫れ、
そのうちに歯を支えていた骨が溶けていきます。

そのうち歯はグラグラとしてきます。
これが歯周病の進行なのです。

以下の図もこのブログでよくアップするものですが、
歯周病をご理解いただくために
ご覧になってください。

歯周病の治療は、
歯周ポケット内に侵入した細菌と汚れを取り除くことです。

実際に歯周病があまりにも進行しすぎて抜歯した歯を見てみましょう。

黒っぽいのが歯石です。
こんなのが歯肉の中にあるのです。

今日は歯周病の治療の話ではないので、
治療方法については省略します。

この歯石を取り除き、歯周病細菌を減らすことが歯周病治療の目的となります。

それでは歯石を取り除けば歯周病は完治するのでしょうか?

そうではないんですね。
歯周病は、再発傾向の高い疾患なのです。

そのため、歯周病治療後には定期的な管理が必要なのです。

前置きが長くなりましたが、本日のテーマである
歯周病の定期管理(メインテナンス)におけるPMTC(クリーニング)は効果があるのか?
という話をしたいと思います。

まず以下のデータをみていきましょう。

この研究論文は、
歯周病の方に対して
1. 歯周病治療を全くしないで10年間経過をみた場合
2. 歯周病治療を行ない10年後にどうなったかをみた場合
3. 歯周病治療を行い、さらに治療後には定期的な管理(メインテナンス)を10年間行なった場合
の3つのパターンに対して
10年後に歯がどれだけ失ったかをみたデータです。

1番の
歯周病治療を全くしないで10年間経過をみた場合

10年間で平均3.6歯が抜歯となりました。

2番の
歯周病治療は行なったが
その後に定期管理は行わなかった方では
10年間で平均2.2歯が抜歯となりました。

3番の
歯周病治療を行い、
治療後には定期的な管理を行なった場合、

10年間で平均1.1歯が抜歯となりました。

という研究データです。

つまり
歯周病治療を全く行わない人と比較すると
歯周病治療を行い、その後に定期管理(メインテナンス)を実施すれば
歯は3倍以上長く保つということです。

3倍ですよ。

非常に大きな効果です。

さらに次のデータをみてみましょう。

これは歯を1歯失う(抜歯する)のにどれくらいの期間(年数)がかかるのかをみたデータです。

歯周病治療を全く行わない方は、
1本の歯を失うのに平均2.8年という期間であったのに対して

歯周病治療を行い、
さらに定期的な管理をされた場合、
1本の歯を失うのに平均9.1年だったとい研究データです。

きちんと歯周病治療を行い、
定期管理をすれば、
3倍以上長く保たせることが可能であるというデータです。

それでは定期管理では
どのようなことをするのでしょうか?

メインテナンスでは様々なことを実施するのですが、
その中で最も重要なことの一つである
PMTCについて解説します。

PMTCは専門的には以下のように定義されています。

簡単に言えば、
歯石を取り除き、
歯を ピカピカ ツルツルに磨くことです。

だって歯がツルツルしていた方が汚れが付きにくいですよね。

この歯をツルツル ピカピカにする行為が
PMTCです。

歯周病は継続的に管理をすることが非常に大切です。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2017年11月6日

歯周病で失った骨(溶けた骨)を再生させる治療法:歯周組織再生剤(リグロス)

2017年11月6日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

本日は歯周病で失った骨を再生する 歯周組織再生剤(リグロス)の話をします。

歯周病で失った骨(溶けた骨)を再生させる治療法が保険適応になりました。
歯周組織再生剤です。

商品名は「リグロス」と言います。
トラフェルミン製剤です。

組換え型ヒトbFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)を有効成分とする
世界初の歯周組織再生医薬品です。

健康保険が適応されます。

治療費は、保険3割負担の方で 
リグロスを使用した歯周外科治療は、
1歯分で約8.000円です。
*リグロスの使用量 等により費用は若干異なります

今までエムドゲイン法という歯周組織再生治療が行われていましたが、
保険は適応されていませんでした。

このリグロスが保険適応されたことで
今後 歯周病に問題のある多くの方に適応することになるでしょう。

さて前置きはここまでとし、歯周病とリグロスについて解説します。

まずリグロスの話の前に歯周病について簡単に解説します。

歯周病は歯周病細菌による感染症です。

歯磨きが不十分であった場合、汚れが付着します。
この汚れとともに歯周病細菌が歯と歯肉の境目(歯周ポケット)から
侵入します。
以下はこのブログでよく使っている歯周病の進行を説明するための図です。
いつもブログをご覧になっていられる方は見慣れた図ですね。

始めは歯肉が腫れたりしますが、
歯周ポケットが深くなると 歯を支えている骨が吸収します。
骨の吸収が進行すると
歯は次第にグラグラとし、
抜けてしまいます。
これが歯周病です。

歯周病の進行を図で見てみましょう!



歯周組織再生剤であるリグロスは、
こうした歯周病で吸収(溶けた)骨を再生させる働きがあります。

リグロス(トラフェルミン)の作用機序
歯周病により傷を受けると その傷を治すために体はさまざまな物質を放出します。
生体が傷を治すために放出する物質の一つに細胞増殖因子があります。

細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)の役割は
細胞を増やすことによって、傷の修復を促すことです。

傷によって組織を失っているため、細胞分裂を促すことで傷を早く治そうというのです。
 
細胞増殖因子として、
bFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)という物質があります。
 
bFGFの働きによって、表皮が形成されるようになります。
また、血管が新たに作られます。
このことにより新たな組織に栄養が供給されるようになります。
  
bFGFを歯周病で吸収した(失った)骨に作用させれば
骨の再生が促進されるということです。

以下はリグロスの成分であるトラフェルミンについてです。
トラフェルミンはもともと床ずれ(とこずれ)の治療として開発された薬です。
床ずれは、医療用語で褥瘡(じょくそう)と言います。
褥瘡は、寝たきりの人が同じ姿勢でいることで
同じ部位に体重が加わることで起こる皮膚のただれです。

トアフェルミンは、この褥瘡の修復を促すために開発されたのです。

この皮膚の修復を促すことを歯周病治療に応用したのが
歯科用トラフェルミン(商品名:リグロス)なのです。

それではリグロスを使用すれば
どのような重度の歯周病で失った(吸収した)骨でも再生するのか?
ということですが、
そんなに上手くはいきません。

適応症があります。

骨が再生しやすい状態(吸収状況)であれば効果はありますが、
適応症でないケースに応用しても効果はありません。

リグロスは歯周組織再生剤ですが、魔法の治療ではありません。
きちんとした適応をふまえて治療に応用することが必要です。

どのようなケースに効果があるのかは、
歯科医師にお尋ね下さい。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP