歯周病専門医サイトブログ

2018年3月の記事一覧
2018年3月26日

歯が欠損している部位に親知らずを移植する:自家歯牙移植

2018年 3月26日(月曜日)です。

本日は歯周病の話ではなく、自家歯牙移植の話です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯が欠損している部位に親知らずを移植する:自家歯牙移植』になります。

最近抜歯して欠損した部位に対してインプラント治療ではなく
親知らずを移植したいという希望で来院される患者様が増えています。

例えば、下顎の奥から2番目を抜歯された場合ですが、
一般的には3つの治療方法があります。

1.ブリッジ
2.義歯(入れ歯)
3.インプラント
です。

ブリッジは、欠損部の両側の歯を削り欠損部を含めて連続した被せ物を行う治療方法です。
歯を削ることが必要な治療法です。

義歯(入れ歯)は、ブリッジのように歯を削ることは行いませんが、
取り外し式であることと
義歯自体に違和感があったりするため、
使用を敬遠される方も多いです。

次にインプラント治療です。
現在欠損部の治療法として一般的な対処方法ですが、
治療費が高額になることもあり、
全ての人に受け入れられる治療法ではありません。

上記の3つの治療法の中でどれを選択するかは
それぞれの利点、欠点を十分にご理解された上でお決めになることが必要です。

上記以外での欠損部の治療方法には
自家歯牙移植があります。

この治療法は欠損部に親知らず等を移植する方法です。

もちろん移植可能な親知らずが存在しないといけません。

また親知らずが埋まっているような状態でもできません。
親知らずがしっかりと生えていて
虫歯にもなっていない状態でないといけません。

また親知らずの大きさや
根の形態によっても可能かどうかが決まります。

またベストな治療法としては、
抜歯と同時に
抜歯した穴に親知らずを移植することが良いです。

これは当然のことながら
抜歯した当日には穴があいていますよね。
この穴を多少加工(削り)して
親知らずと同じような形態の穴を開けるのです。

これが抜歯してから時間が経ってしまうと
穴を一から開けることが必要であり、
これは相当大変です。

親知らずと同じ大きさの穴を削ることは
本当に時間がかかり大変な作業です。

患者様も手術時間が非常に長くかかり、
腫れも大きくなることがほとんどです。

抜歯と同時の親知らず移植が基本です。

ただし、抜歯してから数週間程度であれば
まだ穴は十分に残っているため
治療がさほど困難人らないこともあります。

実際に抜歯と同時の方が成功率も高いです。

自家歯牙移植をご希望されてご来院される患者さんの中には
上記のような適応基準が整っておらず
移植ができないケースもあります。

もし、親知らずの移植をご希望される場合には、
できれば抜歯前に診査を受けられることをお勧めします。

以下症例です。
治療前です。

治療後です。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”
自家歯牙移植,歯の移植,親知らず移植

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年3月19日

歯周病は歯周病専門医の治療

2018年3月19日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

前回のブログでは歯周病の患者様の口腔内写真を数症例見ていただきました。

歯周病は歯周細菌による感染症です。

歯周病細菌は小さい頃から感染が始まります。

最初は小学校頃から感染し、
中学校頃に次の感染が起こり、
18歳から20歳頃に再度感染が起こり、
歯周病細菌の菌層が確立されます。

その後30歳以上になると病状が進行し始めるのが
一般的な慢性歯周病の経過です。

口腔清掃が悪くなると問題が起こりやすくなります。

慢性歯周病の場合、
10年20年という長い単位で病状が進行することがほとんどで、
初期の段階では痛みが生じることが少なく、
歯肉の腫れや出血が起こることで自覚されることが多いです。

その後さらに進行すると歯がグラグラしてきます。

こうなるとかなり進行していることが多いです。

私自身は日本歯周病学会の歯周病専門医ですから
来院される患者様の中には
非常に歯周病が進行されている方も多くいらっしゃいます。

他の歯科医院で歯周病が進行しているため、
抜歯しか方法がありません
と言われ、
なんとか治療法はないのかと
インターネットで探されて来院される方も多くいらしゃいます。

先にも書きましたように
歯周病は初期症状が少なく、
10年以上の長い年月をかけて進行しますので
発見が遅くなることが多いです。

もっと早く分かっていれば…
という状態の方も多いです。

歯科医院にはづっと通っていたのに歯周病なんて言われたことがない
と言われる方も多いです。

そうなんですよね。

歯周病の検査なんてさほど難しいことはないので
もっと早い段階で行なっていれば
十分対応ができたケースがほとんどです。

歯周病が進行してしまってからでは
治療自体も大変になりますし、
歯周病専門医だからといって
全ての病状に対応できるわけではありません。

どのような病気もそうですが、
早期発見、早期治療が基本です。

痛みがなければ病気ではないのです。

よくある話として、
体調が悪く、病院に行ったらガンが発見されたり、
健康診断や人間ドックでガンが発見され、
その時にはかなり進行しているとされることもあります。

今まで痛みもなにもなかったので…
健康だと思っていたのに…
というようなことも多くあります。

先にも書きましたが病気は早期発見、早期治療が基本です。

そのためには、歯周病も早い段階での検査が非常に大切です。
20歳を過ぎたら
1年に1回の歯周病検査が大切です。

特に30歳以上になったら
必ず歯周病の検査を受けて下さい。

特に歯周病は個人差(リスク)が高い病気であり、
歯を全く磨かなくても一生問題が起こらない方がいらしゃるのも事実ですし、
頑張って毎日歯を磨いでいても歯周病が進行する方がいらしゃるのも事実です。

その違いは歯周病細菌の質や種類の違いや
生体の反応の差にもよります。

そのたため必ず歯毎日磨いているから大丈夫ということにはなりません。

健康的な生活を送っているから
病気にはならないと
いうことと違うのと同様に
リスクには個体差が必ずあります。

そのために
早期発見、早期が治療が大切なのです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年3月5日

歯周病の口腔内を見てみましょう!

2018年 3月 5日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日は歯周病の患者さんを見て見ましょう。

いつもは歯周病について様々な話をしているのですが、
今日はそうしたことは一切なく、
単に歯周病の写真を見ていただくだけです。
以下は初診時です。
汚れの付着が多く、
普段から歯磨きが十分にできていないことが分かります。

誰が見ても問題のある口腔内ですね。
ほとんどの歯はグラグラです。

次のケースです。
歯並びが悪い方の場合、どうしても歯磨きが十分にできないことがほんとです。
そのため、もともと歯周病のリスクの高い方は
どんどんと悪化してしまいます。

次のケースです。
歯肉が全体的に大きく腫れ上がっています。
このような状態になるには10年15年と長い年月がかかっていることが多く、
患者さんも問題を感じていながらも放置してしまうことがあります。
歯周病の専門医も少ないことから
歯科医院を受診しても歯石を取るぐらいで
特に歯周病治療が行われないこともあり、
どんどんと進行してしまうのです。

最後のケースです。
上の前歯に被せ物が装着してある方です。
被せ物のしてある歯は、歯磨きが難しくなることが多く、
被せ物と歯のつなぎ目に汚れが付着しやすくなります。
結果的に毎日汚れが残ることで歯周病が進行してしまいます。

全てのケースで共通していることは
口腔清掃管理が不十分であることです。

歯周病で来院される患者さんの共通のこととして
患者様ご自身は十分に歯磨きができていると思っていることです。

先ほどの写真の患者様もご自身は
毎日歯磨きを行なっているのに
と思っていらっしゃいます。

本当なんですよ。
歯周病の患者さんのほとんどが
自分はよく歯磨きを行なっていると思っています。

しかし、現実的にはただ歯磨きを行なっているだけで
汚れはほとんど取れていません。

口の中で歯ブラシを動かしているだけで
汚れが取れていないのです。

正しい歯磨きができなければ
毎日磨いていても効果がでていないのです。

きちんと歯科医院で正しい歯磨き指導を受けることが必要であり、
必ず定期的に歯科医院を受診して
予防に努めないといけません。

歯周病にならないために


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP