歯周病専門医サイトブログ

2018年3月5日

歯周病の口腔内を見てみましょう!

2018年 3月 5日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日は歯周病の患者さんを見て見ましょう。

いつもは歯周病について様々な話をしているのですが、
今日はそうしたことは一切なく、
単に歯周病の写真を見ていただくだけです。
以下は初診時です。
汚れの付着が多く、
普段から歯磨きが十分にできていないことが分かります。

誰が見ても問題のある口腔内ですね。
ほとんどの歯はグラグラです。

次のケースです。
歯並びが悪い方の場合、どうしても歯磨きが十分にできないことがほんとです。
そのため、もともと歯周病のリスクの高い方は
どんどんと悪化してしまいます。

次のケースです。
歯肉が全体的に大きく腫れ上がっています。
このような状態になるには10年15年と長い年月がかかっていることが多く、
患者さんも問題を感じていながらも放置してしまうことがあります。
歯周病の専門医も少ないことから
歯科医院を受診しても歯石を取るぐらいで
特に歯周病治療が行われないこともあり、
どんどんと進行してしまうのです。

最後のケースです。
上の前歯に被せ物が装着してある方です。
被せ物のしてある歯は、歯磨きが難しくなることが多く、
被せ物と歯のつなぎ目に汚れが付着しやすくなります。
結果的に毎日汚れが残ることで歯周病が進行してしまいます。

全てのケースで共通していることは
口腔清掃管理が不十分であることです。

歯周病で来院される患者さんの共通のこととして
患者様ご自身は十分に歯磨きができていると思っていることです。

先ほどの写真の患者様もご自身は
毎日歯磨きを行なっているのに
と思っていらっしゃいます。

本当なんですよ。
歯周病の患者さんのほとんどが
自分はよく歯磨きを行なっていると思っています。

しかし、現実的にはただ歯磨きを行なっているだけで
汚れはほとんど取れていません。

口の中で歯ブラシを動かしているだけで
汚れが取れていないのです。

正しい歯磨きができなければ
毎日磨いていても効果がでていないのです。

きちんと歯科医院で正しい歯磨き指導を受けることが必要であり、
必ず定期的に歯科医院を受診して
予防に努めないといけません。

歯周病にならないために


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP