歯周病専門医サイトブログ

2018年4月の記事一覧
2018年4月30日

喫煙者は歯周病が治らないって本当?』

2018年 4月30日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『喫煙者は歯周病が治らないって本当?』になります。

私は歯周病専門医ですが、
専門医でも治らない歯周病があります。
その代表的なのが喫煙者です。

喫煙者は本当に歯周病が治りにくいです。

本日はそうしたデータをご紹介します。

まず
タバコを吸わない人(非喫煙者)
喫煙者
歯肉の色を見て見ましょう!

以下はタバコを吸わない人(非喫煙者)です。
歯肉はピンク色をしています。

以下は喫煙者です。
歯肉が黒っぽく見えます。
喫煙者の特徴的な歯肉の色です。

次に
タバコを吸わない人(非喫煙者) と
喫煙者
の歯周病のなりやすさをデータで見ましょう。
タバコを吸わない人(非喫煙者)を1とすると
喫煙者は4.9倍歯周病になりやすいというデータです。

喫煙者は歯周病に約5倍なりやすいというのは非常に大きな問題です。

次のデータを見てましょう。
非常に興味深いデータです。
受動喫煙(じゅどうきつえん)です。
つまりご自身ではタバコは吸わないが、
周囲の人が吸っているため、その害がおよぶというデータです。

ご自身でタバコは吸わなくても
周囲の人が吸っていることで
その煙を吸い込むことがあります。
受動喫煙ですよね。

ご自身でタバコを吸わなくても
周囲の人が吸っている影響で
歯周病のリスクが2.9倍も高まるというデータです。

昔はレストランでも
禁煙席 と 喫煙席が別れておらず、
タバコを吸わない人でもその影響を受けていました。

私が高校生頃までは
東海道線の中でもタバコを吸っている人がいましたね。
電車の中に灰皿ありました。

今の子供がそんなことを知ったら
すごく驚くでしょうね。

時代はだいぶ変わってきました。

私は歯周病の専門医として20年以上診療をしていますが、
喫煙者は本当に歯周病が治らないです。

重度歯周病の場合、
徹底した歯周病治療を行い、
患者さんも歯磨きを十分に行なっているにも関わらず
歯はどんどんとなくなっていきます。

喫煙者は明らかに歯周病が治らないです。

ただ喫煙量にもよります。
次のデータをみてみましょう。
1日10本以上喫煙する人と
1日10本以下の人
とでは歯周病のリスクに差があります。
喫煙量が増えることでさらにリスクは増すということです。

それでは今まで喫煙していた人は歯周病が治らないのか?
ということですが、
禁煙することで回復してきます。
次のデータです。
10年以上喫煙している人と
10年以下の人とでは
歯周病のリスクが変わってきます。

歯周病を治したいと真剣に考えられている方は
タバコは必ずやめて下さい。

また量を減らすだけでも多少の効果はありますが、
やめることが重要です。

またご本人がタバコを吸わなくても
周囲の人が吸っているだけでも
影響は受けます。

本日は歯周病と喫煙の害についてでした。

最後に他の口腔内を紹介して終わります。
まずタバコを吸わない人(非喫煙者)です。

次に喫煙者です。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年4月23日

歯周病の治療前後

2018年 4月23日(月曜日)です。

本日は歯周病の患者さんの治療前後をみていただきましょう。

以下は初診時です。
歯肉の腫れや
上顎前歯部では、被せ物の間に隙間が目立ってきています。
これは歯肉が退縮することで起こったことです。

歯周病になると初期症状としては、
歯肉の腫れ、
歯肉の出血が起こります。

さらに進行すると
歯を支えている骨が吸収してきます。

骨が吸収すると歯肉も退縮することがあり、
写真のようになることがあります。

骨吸収が進行すると
歯がグラグラとしてきます。

以下は左右側方面です。

以下は上下顎の噛む面です。
あまり見ることがない写真ですが、
上顎前歯部の前歯の歯肉の内側などは腫れが認められます。

歯周病治療はなかなか治療内容を適切にご理解していただくことが難しいのですが、
治療前と後では
腫れが改善することだわかるだけでなく、
審美性の改善も分かります。
以下は治療後です。

歯周病は全ての起こるわけではなく、
歯磨きを全くしなくても
10%程度の方は歯周病がほとんど発症しないと言われています。

それに対して
10%程度の方はどんなに頑張って磨いていても歯周病が進行しやすいと言われています。
侵襲性歯周炎 や 難治性歯周炎 と言われるタイプです。

残りの80%の方は
きちんと毎日の歯磨きができていて、
適切な生活習慣が実際されてば歯周病を抑えることができますが、
口腔清掃が悪かったりすると
歯周病が発症していきます。
慢性歯周炎と言われます。

本日ご紹介した患者様は
20歳代から歯肉の腫れを繰り返し、
30代になると抜歯する歯が出てきて、
グラグラするようになってきたとのことです。

当医院を受診したのが40歳で、
その時には歯周病が非常に進行していました。

歯周病は早期発見、早期治療が基本中の基本です。

少しでも問題を感じられたら
歯周病の検査を行うことをお勧めします。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『』になります。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP