歯周病専門医サイトブログ

2018年5月の記事一覧
2018年5月28日

歯周病治療が成功しない理由

2018年 5月28日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

歯周病治療が成功しない理由

はじめに

歯周病は 生活習慣病です。
歯ブラシによる口腔内清掃が最も重要ですが、
それ以外にも噛み合わせもありますし、
口腔内以外にも、食生活、運動、睡眠、喫煙、ストレス…等さまざまな原因があります。

これは、糖尿病 や 高血圧、高コレステロール といった病気が 生活習慣病であることと同じです。
糖尿病 や 高血圧、高コレステロール が薬だけでは治らないのは ご存知であると思います。
いくら内科等で薬をもらっていても、生活習慣が乱れれば、悪化してしまうのです。
実際に一度病気(糖尿病 、高血圧、高コレステロール)の治療を行っても多くの方は再発しているのが現状です。
歯周病も同様に一度治っても再発する方が多くいらしゃいます。
以下では、歯周病治療の失敗原因について解説したいと思います。

歯周病治療の中断は症状を悪化させる!

歯周病治療を中断したAさんを例に解説します。

日々仕事中心の生活をしているAさんは、歯肉の腫れと痛みがあったため歯科医院を受診しました。
検査の結果、重度歯周病と診断されました。

1~2回程度歯石の除去や歯ブラシの指導を行いましたが、 症状の消退と仕事の忙しさから治療を続けて行いませんでした。
その後も時々歯肉が腫れるものの 数日で改善するため たいしたことはないだろうと思い そのまま放置していました。
それから何年かたち、歯がグラグラし 食事にも支障をきたすようになったため再度歯科を受診しました。

診査の結果、歯周病はさらに悪化しており 何本かの歯を抜歯しなければならない状態でした。
Aさんは抜歯しないで治療はできないかと希望しましたが、 その受診した歯科医院では 抜歯しかないと診断されました。

Aさんは 抜歯という診断結果に不満をもち 他歯科医院に転院しました。
しかし、転院した歯科医院でも抜歯と診断されたので 再度抜歯しないで治療を行ってくれる歯科医院をさがしました。

そうしたことをくり返しているうちに 状態は進行し、ほとんどの歯牙を失うことになってしまいました。

Aさんは非常にショックをうけました。
しかし本当に大変なのはこれからでした。

それは 歯周病を長期間にわたって放置しておいたために
顎の骨が非常に吸収してしまい、 入れ歯も合わない状態になってしまいました。

入れ歯は がたつき 食事もままならないため 多くの歯科医院を渡り歩き入れ歯を作成しましたが、
満足できる入れ歯はできませんでした。

このような話しは 特別なことではなく、入れ歯をしている多くの人にあてはまります。
ポケット義歯といわれる 使用しない入れ歯 を多く持っている方は 非常に多くいます。
一度失った歯は ともとには戻りません。
歯周病と診断されたら、正しい知識と自覚をもつことが大切です。

歯周病は自覚症状が現れにくい!

歯周病の自覚症状はある程度進行してから現われることがほとんどです。
初期の段階では、歯周病と診断されても自覚症状がないため、治療を行わない方は多くいらしゃいます。

また、治療の必要性はわかっていても 忙しい等の理由で1日延ばしにしている方も多くいらしゃいます。

歯周病の自覚症状は ある程度進行してから現われることがほとんどです。

現在 出血 や 腫れ がある場合は ある程度進行している可能性があります。
歯がグラグラしてきたら 赤信号と思って下さい。

歯周病は、治療開始時期が遅れることが多い!

早期に治療すればするほど治療は簡単になります。
先程話したように歯周病の初期は自覚症状があまりありません。
時々出血する程度だから まだ大丈夫だろう という軽視した考えは一番よくありません。
むしろ早期に治療すればするほど治療は簡単です。

重傷になってから治療したら 治療も大変なだけではなく
治療終了後も厳密なメインテナンスを行わないと再発してしまいます。
早期治療が歯周病において大切なことです。

歯周病は生活習慣病です!
病院まかせでは歯周病は治りません。
患者さん自身の歯周病に対する意識と行動がなければ 治らないのが歯周病の治療です。

歯周病を治療することは 歯科医師や歯科衛生士の役目ですが、 患者さんの協力なくしては それもかなわないものです。

まず 第一に歯周病は『感染症』であることを自覚して下さい。
歯周病細菌は もともとあなたの口腔内には存在しないものです。
他の人から感染してくるものです。

この話はいつも患者さんにするのですが、感染すること自体は悪いわけではありません。
というのは、もしあなたの口腔内に歯周病細菌が感染したとしても 細菌が繁殖するような口腔内の環境がなければ歯周病は進行しません。
簡単に言えば 歯ブラシがきちんと行われていない状態があると 歯周病細菌はどんどんと繁殖していきます。
いくら病院で細菌の除去を行っても 適切な歯ブラシができなければ歯周病の治療は成功しません。
患者さん自身の歯周病に対する意識と行動がなければ治らないのが歯周病の治療です。

治療が終了したら必ず定期検査を受けること!

歯周病の治療が終了したら、定期検査(メインテナンス)をきちんと受ける必要性があります。
歯周病の治療が終了したら、メインテナンス(定期検査)が非常に重要です。
歯周病の治療が終了したとしても その後のメインテナンスをするかしないかでその後の再発率が大きく変わります。
特にある程度進行した歯周病であった場合には絶対にかかせないことです。

本日はこれで終了です。

次回また歯周病について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年5月14日

歯周病は治るのか?

2018年 5月14日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯周病は治るのか?』になります。

歯科医院で
「歯周病」と診断されたり、
「抜歯が必要」と言われたり、
された方もいらっしゃるかと思います。

歯周病って治るのでしょうか?

始めに その答えからお話します。
中程度までの歯周病であれば、十分改善します。

状況しだいで、重度の歯周病であっても改善する可能性もあります。

骨再生治療を行えば、骨の回復(再生)もかなり行えることができます。

しかし、あまりにも非常に進行した歯周病の場合には、治りません。

それでは、
『中程度とはどのような状態であるのか?』
『非常に進行した歯周病(重度歯周病)とはどのような状態か?』
『どこまで進行したら、抜歯となるのでしょうか?』
『また、治る場合、どこまで改善するのでしょうか?』

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌は口腔内に非常に多くの種類が存在しています。

その口腔内細菌の中でも
現時点で歯周病にとって特に悪性度が高い細菌は3種類と言われています。
Treponema denticola
Tannerella forsythia
Porphyromonas ginvalis
です。

Treponema denticola
Tannerella forsythia
の2種類は
小学校から高校生の頃に口腔内に定着することが可能性が高いです。

また
Porphyromonas ginvalis
は18歳頃から口腔内に定着し始めます。

そして20歳代には口腔内で細菌層が確率されます。

そのため、一般的には
口腔清掃が不十分であったり、
生活習慣に問題がある方や
噛み合わせの問題が大きい方では
ある程度の年月をかけて歯周病が発症します。
通常は、30〜40歳を過ぎてから歯周病となることが多いです。

こうした歯周病を慢性歯周炎と言います。

ただし、もっと年齢が若い段階でも歯周病が発症することもあり、
こうした病態を
侵襲性歯周炎(しんしゅうせいししゅうえん)と言います。

歯周病になると歯を支えている骨が吸収します。

以下は健康な方の口腔内とレントゲンです。

以下は歯周病が進行した方の口腔内とレントゲンです。

骨吸収の段階を図解しましょう。
はじめに健康な状態です。

初期の歯周炎です。

中程度です。

重度です。

感染が進行すると 歯を支えている骨が吸収します。
この骨吸収がどの程度進行しているかが、歯を残せる大きなポイントになります。

ただし、骨の吸収だけで、治る基準 や 抜歯の基準 を正確に決めることは非常に難しいことです。

この理由として、歯周病は、生活習慣病であり、さまざまな要因から成り立っているからです。
歯周病の原因は、
1. 歯周病細菌 
2. 歯磨きが適切にできていない(1.の原因になります)
3. 噛み合わせ(歯ぎしりを含む) 
4. 喫煙 
5. 食生活、運動、飲酒、睡眠、ストレス…等です。

そのため、単に骨の吸収があるからダメ(抜歯)ということではありません。

中程度以下の歯周病で、骨吸収がさほど少なくても、
歯磨きができていない、
歯ぎしりが強い、
噛み合わせが悪い、
喫煙している 
ということが重なっている患者様では、治らない可能性が高くなります。

逆に骨吸収がある程度ある 重度歯周病でも
今後 徹底して歯磨きをきちんと行うことができる
喫煙や生活習慣が適切である
等も問題がなければ、治る可能性も十分あります。

それでは歯周病を知るためには
歯周ポケットというのを理解することが必要になります。

歯周ポケットとは、
歯と歯肉の境目のことです。

この歯周ポケットという隙間から細菌が入り込み問題を起こします。

以下は歯周ポケットを検査する器具です。
非常に単純な器具であり、
細い棒状に目盛りがついています。
プローブと言います。
以下のプローブは1ミリ間隔で目盛りがついています。

このプローブを歯周ポケットに挿入して深さを測定するのです。

中程度の歯周病とは?
まず、歯周病ポケット検査 において、5ミリ以上の歯周ポケットであった場合には、中程度になります。
ちなみに7ミリ以上は、重度歯周病です。

しかし、もっとも重要なのは、レントゲン写真による骨吸収程度の検査です。

歯周ポケットが7ミリ以上あっても、レントゲンで骨吸収がない場合もあります。

骨吸収がなければ、歯周ポケットが7ミリ以上でも中程度以下の歯周病です。
言い換えれば、骨吸収が進行していると 状態としては悪いのです。

また、同じ歯周ポケットでも検査時に出血がある場合には、問題があります。
出血があるということは、現時点で進行している歯周病であるということです。
例えば、5〜6ミリ程度の歯周ポケットでも、出血があり、レントゲンで骨の吸収が進行していれば、重度歯周病ということになります。
* ただし、出血がなくても歯周病が進行している場合もあります。
  これは、喫煙者に多く見られる症状です。

1/3程度以下の骨吸収であれば、中程度の歯周病と言えます。

非常に進行した歯周病とは どのような状態か?
骨の吸収が大きいケースは、進行した歯周病と言えます。

噛み合わせ等にもより違いますが、歯を支えている骨が1/3程度吸収してくると “ 歯がグラグラ ”してきます。
骨の吸収が1/3以上ある場合には、中程度〜重度歯周病といってもいいでしょう。
しかし、重度歯周病といっても まだまだ 半分程度の 骨が残っている場合には、抜歯にはなりません。

2/3以上の骨吸収がある場合には、非常に進行した重度歯周病になります。

また、“ 歯のグラグラ ”程度をあらわす数値として『動揺度検査』という簡単な検査があります。
以下のようにあらわします。
動揺度0:歯がほとんど動かない
動揺度1:歯が頬側、舌側のみに若干動く程度
動揺度2:上記+歯が横(左右)にも動く
動揺度3:上記+上下にも動く

動揺度2以上であれば、重度歯周病です。
動揺度3であった場合、抜歯となる可能性が高くなります。

どこまで進行したら、抜歯か?
ここまでで、中程度の歯周病、重度の歯周病というのが、ある程度分かったと思います。

それでは、どこまで歯周病が進行したら抜歯になるのでしょうか?

最初にも書きましたように、歯周病の原因は さまざまあります。
そのため、抜歯の基準は正確にあるものではありません。

しかし、以下の場合には、抜歯になる可能性が高くなります。
1. 骨吸収が2/3以上ある
2. 動揺度が2もしくは、3
3. 6点法の歯周ポケット検査において、全てが7ミリ以上の歯周ポケット検査が存在する。
4. 歯磨きがまったくできていない

歯周病治療によりどこまで治るのか?(改善するのか?)
どこまで治るかを説明する前に 以下のことは患者様ご自身で徹底して管理して下さい。

1. 徹底した歯磨きを行う
毎食後、10分以上は、時間をかけ、歯科衛生士による適正な指示にしたがい 行って下さい。

2 生活習慣をきちんと見直す
何度も書きますように歯周病は、生活習慣が不適切であると治らないと思って下さい。
また、口腔内も身体の一部ですから健康な身体こそ
健康な口腔内になります。
食生活、睡眠、適度な運動、ストレスの少ない生活をできるかぎり心がけて下さい。

それでは、歯周病治療によりどこまで治るのかを解説します。
まず、骨吸収がさほどなく、動揺度も大きくなければ、歯周ポケットは治療によりほとんど治ります。

もともと歯周ポケットが7〜8ミリあっても、
徹底して歯周病治療を行うことにより2〜3ミリ程度に改善します。

これは、歯周病治療により歯周ポケット内部に存在した
汚れ(歯周病細菌)を除去したことにより改善するのです。

しかし、治らないものもあります。
これは、吸収してしまった骨です。
吸収した骨は、基本的には元の状態には戻りません。

歯周病の治療には、
骨を再生させる治療法があります。

GTR法 や エムドゲイン法 と言われる方法です。

私自身もこうした治療法を得意としています。

しかし、GTR法 や エムドゲイン法 は魔法の治療ではありません。
どのような状態の歯でも再生治療を行えば骨が再生するのではありません。

再生するための適応基準に当てはまれば 骨が再生することは可能です。
しかし、それでも100%元に戻るわけではありません。

基本的には、歯周病治療により吸収した骨の量は、増えません。

しかし、歯周病治療の目的は、歯周病の進行を止めることにあります。
歯周ポケット内部の細菌を取り除き、歯周病の進行を食い止めることにより、
悪化を阻止することが最も大切なことです。

長い話でしたが、
歯周病について少しご理解していただけたと思います。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年5月3日

ゴールデンウィーク期間中の休診案内

ゴールデンウィーク期間中は以下が休診となります。
5月3日(木曜日)
5月4日(金曜日)
5月5日(土曜日)

5月6日(日曜日)は診療いたします。

休診中のご予約は以下からお願いいたします。
24時間オンライン予約

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP