歯周病専門医サイトブログ

2018年11月の記事一覧
2018年11月26日

歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その2

2018年11月26日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは『歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その2』になります。

まず前回のブログをおさらいしましょう。

前回のブログで以下のような論文を紹介しました。

歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない
スリランカの紅茶農園の労働者480人を
未治療のまま15年間定期的に検査し
歯周病の発生 や 進行 がどのように起こるかを観察。

その結果、
約81%が中程度の歯周病の進行がみられました。

約8%が急速な歯周病の進行がみられました。

約11%は歯周病に全くなりませんでした。

歯を全く磨かなくても
約1割は歯周病にならなかったのです。

でも約1割は進行性の高い歯周病になってしまいました。
このようなタイプの歯周病を
侵襲生歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)と言います。
この研究では、
約1割の方は、
歯周病の発症が早く(侵襲生歯周炎)、
ものすごい勢いで歯周病が進行し、
35歳で歯を平均12本失い、
40歳で20本、
45歳前に歯を全部失いました。

同じような生活習慣にも関わらず
なぜこのように歯周病の進行状態が違ったのでしょうか?

その理由の一つが細菌の種類と質です。

歯周病に関連する細菌の中で
特に問題視されているのが以下の3種類の細菌です。

1. P.g.菌
2. T.f.菌
3. T.d.菌
です。

これらの菌をRed Complex(レッドコンプレックス)と言い、
悪性度の非常に高い最近に位置付けています。

細菌の詳細は以下を参考にして下さい。

1. P.g.菌( Prophyromonas gingivalis )
  慢性歯周炎の発症に関連が深い菌
  年齢に比較して骨吸収が大きく この菌の比率が高い場合
  侵襲性歯周炎と診断される 非常に悪性度の強い細菌

2. T.f.菌( Tannerella forsythensis )
  慢性歯周炎の発症に関連が深い菌

3. T.d.菌( Treponema denticola )
  慢性歯周炎の発症に関連が深い菌

特に問題となるのがP.g.菌とされています。

このP.g.菌の量や質に歯周病が進行する原因があるのです。

そのため、患者さんの歯周病の状態を詳細に把握するためには、
細菌の種類を検査することが有効です。

そのための検査方法が、
歯周病細菌遺伝子(DNA)検査リアルタイム PCR法です。

リアルタイム PCR法は、
今まで検出が難しかったP.g.菌 A.a菌等の細菌をのDNA
短時間で増幅させることが可能になりました。

映画のジュラシックパークであった方法と同じような手法です。

歯周病は歯周病細菌による感染症です。
細菌を適切に減らすことが歯周病を治すことになります。

歯周病でお悩みの方は、まずご自身の口腔内が
どのような状態であるのかを適切に知ることが大切です。

遺伝子検査(リアルタイムPCR法)の検査費用は以下です。

3菌種(例:P.g.菌 T.d.菌 T.f.菌)検査: 15,000円

5菌種(P.g.菌 T.d.菌 T.f.菌 A.a.菌 P.i.菌): 20,000円
* 検査1回分の費用
* 細菌検査は治療前後の2回は必要
* 消費税は別途

次回の歯周病ブログも侵襲生歯周炎について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年11月19日

歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!)

2018年11月19日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!)になります。

歯周病(ししゅうびょう)という言葉は、今では比較的一般的に使用されるようになってきています。
昔は歯槽膿漏(しそうのうろう)と言ってましたね。

歯周病というと中高年以降の方がなると思われているとかもしれませんが、
そうではありません。

歯周病は若い方でもなることがあります。

まず、歯周病ってどのような病気であるのかを説明していきます。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌がいなければ、歯周病にはなりません。

歯周病にならないためには、歯磨きが最も重要です。
これは最大のポイントと言えます。

それでは
歯を磨かないと歯周病になるのか?
歯を磨けば歯周病にならないのか?
という話をしたいと思います。

以下は1986年に報告された研究です。

どのような研究かと言いますと

歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない
スリランカの紅茶農園の労働者480人を
未治療のまま15年間定期的に検査し
歯周病の発生 や 進行 がどのように起こるかを観察しました。
Löe H, et al Natural history of periodontal disease in man.
J Clin Periodontol. 13(5):431-45 1986 May

1971 1973 1977 1982 1985年
にそれぞれ検査を実施

この検査に参加した480人は
共通してプラーク 歯石 が均一に大きな凝集体として確認されました。

結果です。

9割の人が歯周病となりました。
その内訳は
約81%が中程度の歯周病の進行がみられました。

まあ そうですよね。
歯を1回も磨かないわけですし、
歯石も取ったりしないわけですから
歯周病になったのは当然のことと思いますよね。

約8%が急速な歯周病の進行がみられました。
この人達は、
歯周病の発症が早く、
ものすごい勢いで歯周病が進行し、
35歳で歯を平均12本失い、
40歳で20本、
45歳前に歯を全部失いました。

35歳で12本の歯が抜歯になったということは
20歳代で歯周病が進行していたことが十分考えられます。

先ほど解説したように
歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌が感染すると
歯を支えている骨が吸収(溶ける)していきます。

結果的に歯がグラグラとします。

この抜歯となるような状態までの骨吸収は、
数ヶ月で起こるわけではありません。

少なくとも10年以上はかかります。

そのため、
35歳で12本の歯が抜歯になった
ということであれば
20歳代で歯周病が進行していた
ということになります。

この結果から
同じ歯周病であったとしても
1割の方は、非常に歯周病が進行するとことがわかりました。

全ての人は、
歯を1回も磨かず、
歯科でクリーニングもしないにも関わらず、
その進行程度には違いがあったのです。

ここで最も印象的なのなのは、
残りの1割はほとんど歯周病にはならなかったことです。

同じ話になりますが、
歯磨きを1回もせず、
歯科治療も1回も行わないでも
全く歯周病にならない人が10%もいたわけです。

これらの人は、
なぜ 歯周病にならなかったのでしょうか?

その理由にはいくつかのことが考えられますが、
一つは、歯周病細菌の質や量の問題です。

本日の最初でも解説しましたように
歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

そのため、どのような歯周病細菌が感染しているかによって
歯周病の進行状態が変わってくるのです。

詳細はまた次回のブログで解説しますが、
少しその内容を言えば、
悪性度の高い歯周病最近に感染した場合には、
将来的に歯を失う確率が格段に高くなるのです。

続きはまた次回!


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年11月5日

歯科用内視鏡:ペリオスコーピーの症例

2018年11月5日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯科用内視鏡:ペリオスコーピーの症例』になります。

前回の続きです。

前回は歯科用内視鏡の話をしました。

本日は実際に内視鏡で見た症例を症例を解説します。
歯科用内視鏡で歯周ポケット内部を見ると以下のように見えます。

通常は動画で撮影するのですが、
ブログでは静止画で解説します。

内視鏡って見慣れないとわかりにくいんです。
上の写真の左側のシールドというのは、内視鏡の一部分です。
歯とかではありません。

中央に見える赤いのが歯肉です。

右側に見える少し茶色っぽいのが歯根で、
実際に茶色っぽく見えるのが歯石です。

それでは症例をみて見ましょう。
まずケース1です。
右上奥歯が重度の歯周病です。


この右上一番奥歯のさらに奥を内視鏡でのぞいて見ましょう。

右側に見えるのが歯石です。
奥歯って歯磨きが難しい部位ですからね。

次の症例をみて見ましょう。
ケース2です。
これも先ほどと同じ右上一番奥歯です。


これも内視鏡で見ましょう。

これ実はあまり歯石がついていなかったんですね。

わかりやすく先ほどの ケース1 と ケース2 を比較してみましょう。

左側がケース1 で 右側がケース2です。
内視鏡は見慣れないとわかりにくいのですが、
ケース1では茶色っぽく見えるのが
ケース2では比較的白っぽく見えます。
つまりケース2では歯石の付着があまり認められないのです。

次のケースを見ましょう。
右上の犬歯部です。


このケースを歯周病治療(SRP)を行いました。

これを 治療前 と 治療後 で比較してみましょう。
左側が治療前
右側が治療後です。


治療前は画面の右上が茶色っぽく歯石がついているのが見えますが、
治療後では白っぽく見えます。

歯石が取れたということです。

また次回も内視鏡について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年11月1日

歯科用内視鏡を使用した歯周病治療

2018年11月 1日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

先週末 大阪で 日本歯周病学会
が開催されました。

今回は私は講演をしてきました。

講演内容は、以前にもこのブログでアップした
歯科用内視鏡を使用した歯周病治療です。

歯周病治療の基本となるのがSRP(スケーリング/ルートプレーニング)という治療法です。

スケーリング/ルートプレーニングについて簡単に説明します。
歯周病になると歯周ポケットという歯と歯肉の隙間から汚れが入っていきます。
汚れとは、歯石のことです。
この汚れの中には歯周病細菌が多量に含まれており、
この歯周病細菌によって歯肉が腫れたり、歯を支えている顎の骨が吸収していきます。

この汚れ(歯石:歯周病細菌)を取り除くのがスケーリング/ルートプレーニングです。


この治療は歯肉の中(歯周ポケット)に器具を入れて、
歯石を取り除く治療なのです。

ここで歯周ポケットについて解説します。
まず「プローブ」という細長いメモリがついた器具を
歯と歯肉の境目(歯周ポケット)に挿入して深さを計測します。



健康な状態であれば歯周ポケットは浅く、ほとんど入りません。

歯周病が進行してくるとポケットはだんだんと深くなります。




この歯周ポケットの深くまで入った歯石を取り除くことが歯周病治療なのです。

歯周ポケットが5ミリ以上になると歯周病はかなり進行していると言えます。

それではこのスケーリング/ルートプレーニングで全ての歯石が取れるのかといますと
そうではありません。
歯肉の中は直接目で見ることはできません。
そのため、確実に歯石が全て取れるのかと言いますと
そうではありません。

ある研究では
歯周病専門医と
歯周病研修医で
歯石がどれだけ取れたのか?
ということを調べた結果、
歯周ポケットが6ミリ以上に深くなると
歯周病専門医で81%の歯石が取れた、
まだ経験の浅い歯周病研修医であれば34%しか歯石が取れなかった。
という結果です。

さらに奥歯に限っては、
さらに歯石が取りにくいことがわかっています。
歯周ポケットが6ミリ以上に深くなると
歯周病専門医で37%の歯石が取れたが、
まだ経験の浅い歯周病研修医であれば22%しか歯石が取れなかった。
という結果です。

歯周ポケットが6ミリ以上に深くなると
奥歯では
歯周病専門医でも歯石が37%しか取れないという結果です。
歯周病の研修医に限っては22%ですから
いかに歯周ポケットが深くなると歯石が取れないかがわかります。

歯石が取れないということは
歯周病が治らないということです。

そこで今回の歯周病学会で講演した内容は
歯科用内視鏡を使用したSRPというテーマでした。

歯周ポケット内部に内視鏡を挿入して
直接歯石を見ながら取り除くわけですから
今までの治療とは明らかに違います。

取ろうとする歯石が見えるわけですから
格段に歯石が取れるようになるのは当然のことです。

本日は内視鏡の基本事項について解説しました。

次回は実際の内視鏡画像をみて解説していきます。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP