歯周病専門医サイトブログ

2018年12月の記事一覧
2018年12月24日

歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その5

2018年12月24日(月曜日)です。

始めに年末年始の休診案内です。
12月29日(土曜日)〜1月4日(金曜日)まで休診となります。
12月28日(金曜日)の診療は午前中までとなります。
休診中の予約は当院ホームページ より
24時間インターネットオンライン予約
をご利用下さい。

昨日は3名の先生での講演でした。

主催者から参加された方からも好評との意見を伺いました。
講演の提案者である三辺教授からも続きの講演も行いたいとの意見をいただきました。

さて今日も前回の続きで
歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その5です。

今年(2018年)最後のブログです。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

本日は侵襲性歯周炎(しんしゅうせいししゅうえん)について解説します。

今日はちょっと難しい話しです。

侵襲性歯周炎とは、
若い年齢でも歯周病になってしまう方のことです。

具体的には35歳以下でも歯周病が進行している方です。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

細菌感染であるということを認識することが歯周病治療の第一歩です。

それでは歯周病細菌はどこから感染するのでしょうか?

歯周病細菌は唾液感染の可能性が高いことが多くの研究により報告されています。

以下は、「夫婦間ので歯周病細菌の伝播」の研究です。

夫婦間で歯周病細菌は移るのか?
ということですね。

怖いですね。

夫から妻へ、
妻から夫へ
歯周病細菌が移るのか?
という研究です。

研究概要
重度歯周炎に罹患し
悪性度の高い歯周病細菌の代表的な細菌であるP.g.菌の感染がみられる
18名の被験者 と その配偶者の歯周ポケットから
P.g.菌を分離し そのDNAパターンを調べました。

研究結果/考察
18名中 10名は 配偶者からも同様のP.g.菌が検出された。
そのうち8組の P.g.菌 の DNAを解析したところ
6組の P.g.菌 は同一のDNAパターンをもっていた。
配偶者間で P.g.菌 の伝播が起こっていることが考えられる。

Van Steenbergen et al
: Transmission of Porphyromonas gingivalis between spouses.
J.Clin.Periodontol.,20(3):340〜345,1993.

やっぱり歯周病細菌は移っているのですね。

それでは、夫婦間以外でも移るのでしょうか?

当然恋人同士であれば移りますよね。
唾液感染ですから。

それではそれ以外の人からは移らないのでしょうか?

歯周病細菌はどこからでも移ります。

口腔内には何百種類もの細菌が存在していますが、
歯周病細菌を大きく分類すると3つに分けられます。

以下は歯科医師なら誰でも知っている図です。
細菌のピラミッドという図です。
1999年にソクランスキー先生が報告したもので、
数ある歯周病細菌をピラミッドのように
積み重ねたもので
ピラミッドの頂点に君臨する細菌が
現在最も悪性度が高い細菌とされています。

Socransky,SS,et al.
Ecological considerations in the treatment of Actinobacillus actinomycetemcomitans
And Porphyromonas gingivalis periodontal infections.
Periodontol 2000 1999;20:341-362.

今日はちょっと難しい内容ですよね。

最も若い年齢であると
小学校低学年頃から感染が起こります。
歯周病細菌の初期感染です。

通常の生活でも
大皿料理を箸でつまんだり、
くしゃみでも移ります。

次に中学生から高校生頃に以下の歯周病細菌が感染してきます。

そして歯周病にとって最も悪性度の高い細菌とされているのが
ピラミッドの頂点にいるレッドコンプレックス(Red Complex)と言われる細菌です。
18歳以降に感染します。

そして20歳第後半で口腔内の歯周病細菌が完成します。

口腔内歯周病細菌は長い年月をかけて構築されるのです。

そして、
患者さんがお口の清掃管理が悪いと
歯周病細菌が増えていき、
歯周病が進行していきます。

ただし、歯周病は1年、2年で急激に進行するわけではありません。
抜歯するような状態にまで歯周病が進行するには、
10年、20年、30年という長い年月がかかります。

歯周病が初期の段階では出血が認められることが時々あるだけで
大きく腫れたり、痛むことはありません。

自覚症状は少ないのです。

歯周病が進行するには長い年月がかかるため
一般的な歯周病の場合、40歳代、50歳代、60歳代以降に
歯周病が進行することで
歯がグラグラしたり、痛み、腫れといった自覚症状が生じ始めて
歯科医院を受診されることが多くなります。

これは一般的な歯周病の進行状況です。

しかし、本日のテーマである
侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)は、
一般的な感染時期より早い段階での歯周病細菌が起こっていることが考えられています。

最初に歯周病細菌の中でも
ピラミッドの頂点にいるレッドコンプレックスという
悪性度の高い3種類の歯周病細菌は18歳以降で感染が生じることを解説しました。

この3種類は、
P.g.菌( Prophyromonas gingivalis )
T.f.菌( Tannerella forsythensis )
T.d.菌( Treponema denticola )
です。

実際に歯周病が進行した患者様からは、P.g.菌、T.f.菌、T.d.菌が多く検出されます。

その中でもP.g.菌は最も悪性度の高い細菌とされ、
年齢に比較して骨吸収が大きく この菌の比率が高い場合
侵襲性歯周炎と診断されます。

P.g.菌は「やばい菌!」ですね。

小学生の口腔内細菌を調べた研究によると
「100人以上の小学生からのP.g.菌の検出率は1%以下であった」
Ooshima T,et al.
Occurrence of periodontal bacteria in healthy children:2-year longitudinal study Community.
Dent Oral Epidemiol 2003;31:417-425.

とされています。

このデータから読み取れることは、
小学生でも1%以下ではあるが、
悪性度の高いP.g.菌が検出されています。

つまり、非常に少数ではあるが、
若年の時点ですでに悪性度の高いP.g.菌に感染している子供がいるのです。

このような子供は、将来的に歯周病の進行が早く、
若い年齢で歯周病によって抜歯する歯が出てくるのです。

お父さん、お母さん、お爺ちゃん、お婆ちゃんが歯周病で問題があったり、
若い頃から歯を失うことがあって
義歯となっている場合には、
悪性度の高い歯周病細菌による感染が起こっている可能性があります。

こうした場合には、日常の生活の中で唾液による感染が子供に移っていくことが十分に考えられます。

今日はかなり難しかったですね。

また来年も歯周病について勉強していきましょう。

P.g.菌を含めた歯周病細菌は
当院でも調べることができます。
ご希望の方は、担当歯科医師にお知らせ下さい。
歯周病細菌遺伝子検査(DNA検査)


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年12月17日

歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その4

2018年12月17日(月曜日)です。

始めに年末年始の休診案内です。
12月29日(土曜日)〜1月4日(金曜日)まで休診となります。
12月28日(金曜日)の診療は午前中までとなります。
休診中の予約は当院ホームページ より
24時間インターネットオンライン予約
をご利用下さい。

今日は前回の続きで
歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その4です。

歯周病は、歯周病細菌による感染症であることは、ここまで3回のシリーズで解説してきたとおりです。

歯周病細菌には多くの種類の細菌が関与していますが、
現在もっとも歯周病にとってもんだとなる細菌とされているのが、
P.g.菌です。

正式名称は
Prophyromonas gingivalis です。

歯周病にとっては、非常に悪性度の強い細菌と言えます。

この細菌を調べることが歯周病の病態を把握する大きなポイントとなります。

現在の歯科医学では、こうした細菌を遺伝子レベルから調べることが可能になっています。

リアルタイムPCR法:歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 です。

歯周病の病態は大きく分けて 以下の2つに分類(2018年現在の分類方法)されます。

1.慢性歯周炎
2.侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)

慢性歯周炎は、歯周病の約8割以上の方に当てはまります。
このような方は、通常の歯周病治療で治る可能性が高いです。

ただし、歯周病になってしまう原因には、
様々な要因があります。

喫煙 や 糖尿病は、歯周病を悪化させる因子となりますし、
身体の歯周病に対する抵抗性にも個人差があります。

また噛み合わせ等 口腔内の状況によっても悪化の程度が異なります。

そのため慢性歯周病だからといっても
治りの程度には個人差はあります。

もう一つの侵襲性歯周炎は、歯周病患者さんの約1~2割で発症すると言われています。

若い年齢(20~40歳以下)で歯周病が進行している場合には侵襲性歯周炎である可能性が高いです。

これは若年期に家族間 等から特定の歯周病細菌感染が起こっているからです。

歯周病最近の感染については、ここまでの3回でも解説したとおりです。

侵襲性歯周炎の場合、
通常の歯周病治療を行っても 治りが悪かったり、再発を繰り返すことが多いです。

侵襲性歯周炎の場合には、
どのような歯周病細菌に感染しているかを検査することで適切な除菌療法が行えます。

現在歯周病でお困りの方は、細菌検査をされることをお勧めします。

次回は、侵襲性歯周炎の治療について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年12月10日

歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その3

2018年 12月10日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その3』になります。

まず今までのおさらいから始めましょう!

このテーマの1回目では、
「歯を磨けば歯周病にならず 歯を磨かないと歯周病になるのか?」
ということを考えるため、
歯を磨くことのない民族の研究を紹介しました。

以下の論文です。
歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない
スリランカの紅茶農園の労働者480人を
未治療のまま15年間定期的に検査し
歯周病の発生 や 進行 がどのように起こるかを観察。

その結果、
約8%急速な歯周病の進行がみられ、

約81%中程度の歯周病の進行がみられ、

約11%歯周病に全くなりませんでした。

歯を全く磨かなくても
約1割は歯周病にならなかったのです。

でも約1割は進行性の高い歯周病にな理、
45歳前に歯を全部失いました。

このように
歯を一切磨かない
生活習慣の同じような人でも
歯周病になるのか
歯周病にならないのか
には大きな違いが出ることがわかっています。

その原因の一つが歯周病細菌の存在です。

歯周病細菌が全くいない(存在しない)人はいません。

歯周病細菌の種類 や 質 には違いがありますが、
口腔内に細菌が0%という人はいません。

口腔内には、数百種類の細菌が存在していますが、
現時点で歯周病にもっとも影響している細菌が
1. P.g.菌( Prophyromonas gingivalis )
 
2. T.f.菌( Tannerella forsythensis )

3. T.d.菌( Treponema denticola )
  
の3種類です。

現在 この細菌の存在を調べることができるようになってきました。

歯周病細菌遺伝子(DNA)
検査リアルタイム PCR法です。

前回のブログでは、ここまで解説しました。

こうした口腔内の歯周病細菌を調べることで
この細菌の質や数には大きな個人差があることがわかってきました。

歯周病にかかりやすい人は、
悪性度の高い歯周病細菌に感染していることがわかっています。

それでは、なぜ歯周病細菌の感染には、個人差があるのでしょうか?

まず、一般的な歯周病について解説します。
通常、歯周病は40〜60歳程度の方に起こり始めることが多いです。

歯周病は、歯周病細菌による感染症であり、
感染した歯周病細菌が
歯と歯肉の境目(歯周ポケット)から侵入し、
歯を支えている骨を溶かすようになります。

以下の図のようにです。
(この図はよくこのブログでも紹介していますのでご覧になった方もいらっしゃるかと思います)



されそれでは、
この歯周病細菌はいつ頃から感染したのでしょうか?
また歯周病細菌はどこから感染して来るのでしょうか?

歯周病細菌は、人から人へと感染します。

ご家族から感染する機会がもっとも多いでしょう。

お父さん、お母さんが歯周病であったり、
おじいちゃん、おばあちゃんが歯周病であったり、
若いうちうに歯を無くし、義歯(入れ歯)を使用されているような方の場合には、
その子供 や 孫に 歯周病細菌が感染している可能性が高いです。

歯周病細菌は、人から人へと感染するからです。

唾液感染です。

会話中に飛び散った唾液であったり、
皿に盛ってある料理を箸で取ることを共有したり

様々な状況で歯周病細菌は感染していきます。

恋人同士のキスでももちろん感染しますよね。

実際にに夫婦間における唾液中の歯周病細菌を検査した研究によると
夫婦間では、同じ遺伝子をもつ歯周病細菌が発見される確率が高いことが報告されています。

一般的な慢性歯周炎という状態の歯周病の場合、
始めの歯周病細菌の感染は、
小学校低学年頃から感染すると言われています。

そして現在もっとも悪性度の高いとされている P.g.菌は、
18最ごろから感染が始まるとされており、
20歳前後に口腔内の歯周病細菌層は完成するとされています。

そのため、20歳以降、
歯磨きが不十分であった場合には、
歯周病細菌が好む汚れ(食べかす)がいっぱいあるわけですから
歯周病細菌は爆発的に増殖していきます。

その歯周病細菌が繁殖する場所が上記の図にもあった
歯周ポケットなのです。

 P.g.菌 等の歯周病細菌は、酸素があるところが苦手です。
我々が生活している空間の酸素割合は、約21%程度です。

しかし、歯周ポケットが深い部位には、
酸素が届きにくく、酸素割合が1%以下になることがあります。

このような歯周ポケットが深い部位では、
歯周病細菌である P.g.菌 が生きやすい環境ですから
歯周ポケットの深い部位で歯周病細菌はどんどんと繁殖していきます。

歯周病細菌が増殖することで
先ほどの図にあったように
歯の根を支えている骨が溶けてくるのです。

骨が溶けると
歯がグラグラしてきます。

こうなると歯周病としては、末期の状態です。

しかし、こうした骨の吸収は、1ヶ月とか2ヶ月とかの短期間で起こるわけではありません。
抜歯となるぐらいまで骨吸収するまでには、
10年、20年という長い期間がかかるのです。

そのため、20歳頃に歯周病細菌層が完成したも
すぐには歯が抜けるわけではないのです。

40歳、50歳ぐらいになると
問題が起こり始める方が増えてくるのです。

今日はここまでにしましょう。

次回も歯周病細菌の感染について解説します。

また今後は若い時に悪性度の高いP.g.菌が感染する問題についても解説します。

少し説明すると現在小学校低学年のお子様をお持ちの方で
ご自身(お父様やお母様)が歯周病が進行している場合には、
ご自身の歯周病細菌をお子様に移す可能性が高いです。

こうした話も今後解説していきます。

お楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

f=”http://www.sugiyama-dental.com/inquire.html” target=”_blank”>メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP