歯周病専門医サイトブログ

2019年7月の記事一覧
2019年7月29日

歯周病と口臭:2回目

2019年 7月29日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯周病と口臭:2回目』になります。

前回のブログでは歯周病の方は非常に強い臭いがあることを説明しました。

しかし、歯周病にかかっているご本人は歯周病の臭いを感じにくいことも解説しました。
前回のブログは以下をご覧ください。
2019年7月22日:歯周病と口臭

歯周病が進行している方は、口臭があるにも関わらず
ご本人は臭いを感じにくいのは
マスキング効果があることを解説しました。

でもこれって気になることですよね。

自分では口臭は気にしていないのに
他人は自分の口臭に気がついているのですから

もし、あなた自身がそうだったら嫌ですよね。

歯周病で口臭が起こっているのかどうかを判断するためには、
歯周病の検査をすることが必要です。

歯周病の検査は特別難しいことではありません。

私のような歯周病専門医でなくとも
通常は一般歯科でも可能です。

現在通院されている歯科医院があれば
担当医に
「歯周病の検査をして下さい」
と伝えて下さい。

先にも説明しましたように
歯周病の検査は特別難しい検査ではありませんので、
歯周病があるかどうかは通常どこの歯科医院でも行えます。

このブログでも歯周病の検査についてはよく説明していますが、
初めてこのブログをご覧になった方でも
わかりやすいように図を用いて解説します。

歯周病の検査に必要な器具は以下の「プローブ」というものです。
器具の先端は曲がっており、細い棒状になっています。
この先端から1ミリ間隔で目盛りがついています。

この「プローブ」を歯周ポケットという歯と歯肉の境目に挿入します。

1歯について通常6箇所計測します。
状態によっては1歯について6箇所以上計測することもあります。

このポケットの深さによって歯周病の進行状態が分かります。

1〜2ミリであれば非常に良い状態です。
歯周病には問題ないです。

3〜4ミリでは、状況によって歯周病が多少ですが、進行し始めてきている可能性があります。

5ミリ以上になると歯周病に問題があります。

7ミリ以上になると歯周病はかなり進行してきていることが分かります。

歯周病の検査はこの歯周ポケット検査だけではありませんので、
レントゲン や 噛み合わせの検査 等
様々な検査を総合して歯周病の進行状態を把握します。

本日のブログは、歯周病の検査 や 治療についての話ではなく、
歯周病と口臭についてのブログですから
その他の歯周病検査については割愛します。

この歯周ポケット検査だけでも
歯周病に問題があるかどうかは分かります。

もし、歯周ポケット検査で
歯周ポケットが7ミリ以上の部位が何ヶ所もある場合には、
歯周病による口臭が起こっている可能性があります。

この歯周ポケット検査自体だけであれば
数分あれば十分可能です。

もし、歯周病による口臭が起こっているのではないか?
とご心配な方は
歯周ポケット検査を受けられて下さい。

次回も口臭について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年7月22日

歯周病と口臭

2019年 7月22日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯周病と口臭』になります。

歯周病と口臭には非常に大きな関係性があります。

日本口臭学会では、
口臭の原因を以下としています。

1. 舌苔(舌からの臭い)
2. 歯周病
3. 大きなう蝕(虫歯)
4. 不適合な修復物(隙間があったり、ぴったりと合っていない被せ物)
5. 口内炎
6. 副鼻腔炎
7. 糖尿病
8. 白血病
9. 消化器疾患
10.性周期

先日行われた日本口臭学会のガイドラインでも上記のような説明がありました。

この中で最も口臭の原因として大きいのが歯周病です。

歯周病が進行した方はかなり臭います。

私自身(院長)は、日本歯周病学会の専門医 であることから
歯周病が進行した患者様が多く来院されます。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病が進行した方は、
当然のことながら歯周病細菌が口腔内に大量に存在します。

特に P.g.菌(Porphyromonas gingivalis)は、
強い臭いを発生します。

私は歯周病専門医 ですが、
日本口臭学会認定医 でもあります。

口臭学会の認定医ですから
口臭が気になる患者様も来院されます。

ここまでの話からすると
口臭が気になって来院される患者様は、
歯周病が進行した方であると考えられると思います。

それは、口臭の大きな原因は歯周病であると先ほど説明しました。

でも実際に口臭が気になるとして
来院される方のほとんどは
歯周病が進行していることはあまりありません。

歯周病でないのに口臭があるということなのです。

おかしな話ですよね。

歯周病は口臭の最大の原因であるのに
口臭が気になって口臭外来を受診される方には
さほど歯周病の問題がない。

この理由は比較的簡単なことです。

歯周病が進行している方は、
治療をしなければ当然のことながら24時間、365日歯周病です。

今日歯周病が進行していて
明日歯周病が自然に治るということはありませんから
当然毎日歯周病です。

歯周病が進行しているわけですから
先ほど説明しましたP.g菌等の歯周病細菌がいっぱいいるわけです。

歯周病細菌は強い臭いを発しますから
歯周病が進行している方は、1日中臭いがあります。

結構臭う方はいらっしゃいます。

しかし、歯周病が進行しているご本人は、
ご自身の臭いに気がついていません。

しかし、周囲の人は臭いを感じています。

それは何故なのでしょうか?

臭いは慣れがあります。

これを「マスキング効果」と言います。

こうしたことは、臭い以外にも起こります。

大きな音ばかり聴いていると、そのうち大音量に感じられなくなります。

辛い食べ物を食べ続けると、そのうち辛さに慣れてきます。

臭いはその典型です。

ただし、臭いと言っても
アンモニアなどの無機物の臭いには慣れが少ないとされています。

しかし、脂肪酸 等 体臭などに含まれる有機物は、慣れが大きいとされています。

口臭も有機物の臭いですから
慣れてくるのです。

様々な場所で特有の臭いがあります。

例えば、
犬や猫などのペットを飼っているご家庭で
掃除が十分にできていないと
ペットを飼っている臭いがあります。

住んでいる方は、毎日その部屋にいますから
さほど臭いが気にならないかもしれませんが、
知り合いが遊びに来た時に
部屋に入った場合、
「あっ ペットの臭いがする」
と感じられるかもしれません。

このように口臭には「マスキング効果」があるため、
歯周病が進行している方は、
他人は気がついても
ご本人は気がつかないことが多いです。

歯周病が気になる方は、
一度検査を受けてみて下さい。

また歯周病以外にも口臭が起こる原因はいくつもあります。

歯周病のようなことが原因の口臭を病的口臭と言います。

歯周病の治療を行えば、口臭が改善する可能性は高いです。

それ以外にも
最初に記載した口臭の原因10項目も同じです。

原因が特定されれば、その治療を行えば口臭は治る
ということになります。

病的口臭ですから
病気を治すことが基本です。

しかし、こうした病的な問題がないにも関わらず
臭いに悩まされる方がいらっしゃいます。

こうした口臭を生理的口臭と言います。

生理的口臭が原因の場合、
歯科医院を受診して口臭をうったえても
歯科医師に
「問題ありません」とか
「歯周病や虫歯もないので治療の必要性はありません」
と言われてしまいます。

話は長くなりましたので
本日はここで終わります。

次回もまた口臭の話をしましょう。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP