歯周病専門医サイトブログ

2020年3月の記事一覧
2020年3月23日

重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD:その3

2020年 3月23日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD:その3』になります。

このシリーズは3回目です。

1回のブログでは、
歯周病は、歯周病細菌による感染症であり、
感染する歯周病細菌の種類(タイプ)や数には個人差があり、
悪性度の高い歯周病細菌に感染すると
歯周病が進行しやすいことを解説しました。

このブログの詳細は、以下をクリックして下さい。
2020年 3月 2日(月曜日):重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD治療1回目

2回目のブログでは、
歯周病の基本的な治療方法について解説しました。

このブログの詳細は、以下をクリックして下さい。
2020年 3月 9日(月曜日):重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD治療2回目

本日は、このシリーズの最終回です。

前回のブログでも解説しましたように
重度の歯周病(侵襲性歯周炎)の場合、
数回に分けて歯周病治療(SRP/スケーリング•ルートプレーニング)を行う際に、
治療が完了した部位から
まだ治療が終わっていない部位へと
細菌感染する可能性が報告されています。

そこで
進行した重度歯周病の場合(侵襲性歯周炎)の場合、
「SRP/スケーリング•ルートプレーニング」は
短期間で治療を行うことで効果が高いです。

そこで 短期間(1日 もしくは 数回に分けて)で全ての歯周病に感染した歯に対して、
歯周病治療(SRP/スケーリング•ルートプレーニング)を行うことで
歯周病細菌を他の歯に転移させないようにする治療方法を
F M D ( Full Mouth Disinfection)法と言います。

一般的な慢性歯周炎の場合、
歯周病治療(SRP/スケーリング•ルートプレーニング)を行うことで
歯周ポケット内の細菌(歯周病細菌)の数は劇的に減少します。

しかし、進行した重度歯周病(侵襲性歯周炎:しんしゅうせい ししゅうえん)の場合、
通常の歯周病治療(SRP/スケーリング•ルートプレーニング)では、
細菌の数は減るものの、
治療後、約4週間程度で細菌叢(細菌の割合:比率)は元に戻ってしまうことが
多くの研究論文で分かっています。

つまり、進行した重度歯周病(侵襲性歯周炎)では、
歯周病治療後に
細菌の数は減ってはいくものの毒性の強い細菌の割合(比率)は
大幅には変化しない可能性があるのです。

そこで感染を防ぐために
先ほどにも解説しましたように
短期間(1日 もしくは 数回に分けて)で全ての歯周病に感染した歯に対して、
歯周病治療(SRP/スケーリング•ルートプレーニング)を行います。

また、抗菌剤による 毒性の強い歯周病細菌の除菌を行います。

また抗菌性の非常に高い
0.12%以上のグルコン酸クロルヘキシジンを使用した洗口を行います。

この0.12%以上というのが非常に大きなポイントです。

日本で購入できるグルコン酸クロルヘキシジンは、この濃度に圧倒的に届きません。

エビデンス的には、
日本で販売されているグルコン酸クロルヘキシジンは、
ほぼ水といってもいいでしょう。

当医院では、
アメリカから輸入した
0.12%以上のグルコン酸クロルヘキシジンを使用しています。

また治療開始前の細菌の減少効果を的確に把握するために
PCR法による細菌検査を行います。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年3月16日

歯磨き紙芝居

2020年 3月16日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯磨き紙芝居』になります。

子供に歯磨きを教える紙芝居が株式会社モリタより無料ダウンロードがありましたので
面白かったのでブログにアップしてみたいと思います。

「歯ならび歯たろう」
はじまりはじまり

昔々あるところに、お爺さんとお婆さんが住んでいました。
お婆さんは川へ洗濯に、

山で芝刈りも・・・お婆さんがしてました。
「えっほえっほ、今日も頑張るぞー!」

お爺さんはというと・・・家で寝ていました。
なぜなら、

歯並びガタガタ、歯がボロボロで元気がなかったからです。

そんなある日、
「ハハハハハハハハハハ!」
どこからか高らかな笑い声が聞こえ、
「ジャジャジャジャーン!」
突然、奇妙な物体が飛びだしてきました。 「トゥース!俺っちの名前は歯ならび歯たろう、よろしくな!」 「どっひゃー、たまげた」
「歯の化け物じゃー」 「さっそくだけど、お婆さん。俺っちと一緒にタイムトラベルに出かけよう!」

「この歯型タイムマシーン『タイム歯シーン』で!」

「お爺さんが子どもだった時代へタイムスリーップ!」

歯ならび歯たろうとお婆さんはお爺さんが子どもだった時代へタイムスリップしてきまし た。
「あれがお爺さんが子どもの頃住んでた家だ、さっそく見てみよう」

「いたいた、子どもの頃のおじいさん。寝てる。横向き寝。寝ぞうが悪いなー」

しかも
いつも頬杖ついてる。
姿勢も悪い。
口もポカンとあいてる。
「うっわー・・・ひっどいなー・・・」

「おいらにまかせるんだワン」
そこへ犬登場!

「ワンワンワワワンワーン」
頬杖ついたら、すぐ吠えます。
「ひえー!もう頬杖つかないよー」

「猫背解消、まかせるニャー」
猫登場!

「にゃにゃにゃんにゃにゃにゃん」
猫必殺、猫背解消スペシャル炸裂。
「あたたたた、猫背はもうこりごり」

「おまかせあれあれ」
ポカン口なおし隊登場!
赤 → 歯磨き矯正レッド
黄色 → 咬合矯正イエロー
ピンク → 呼吸矯正ピンク
紫 → ベロベロパープル

「ベロベロベロリンチョー」
一緒に楽しくあいうべ体操。
大きく口をあけて「あー」
口を横に開けて「いー」
口をとがらせ「うー」
ベロを伸ばして「ベーーー」
ポカン口と悪い寝ぞうもこれでおさらば。

「さよーならー」
「頬杖つかない、正しい姿勢、あいうべ体操、毎日続けるんだよー」
歯ならび歯たろうとお婆さんは元の時代に戻っていきます。

「元の時代へタイムスリーップ!」

元の時代に帰ってくると、そこに 1 人の人影。
「おかえり、婆さん」「その声は!」

なんということでしょう。お爺さんがイケメン、細マッチョボディに大変身!

「爺さん、素敵??」

そして、数年後。
2 人の間には桃太郎という可愛い子どもが産まれ、 犬猿キジのペットと一緒に、健康な歯で楽しい毎日を暮らしました。
めでたしめでたし。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年3月9日

歯周病短期間治療(重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD)

2020年 3月 9日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、歯周病短期間治療:重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD(FMD)になります。

前回のブログでは、
歯周病は、歯周病細菌による感染症であり、
感染する歯周病細菌の種類(タイプ)や数には個人差があり、
悪性度の高い歯周病細菌に感染すると
歯周病が進行しやすいことを解説しました。

前回のブログの詳細は、以下をクリックして下さい。
2020年 3月 2日(月曜日):重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD

本日は、具体的な歯周病治療方法について解説します。

今回の話は、このブログでもよく解説している内容ですが、
患者様からメール等で時々ご質問を受ける内容です。

歯周病が進行している方には、
必ずと言ってもいいほどスケーリング / ルートプレーニングという方法を行います。

以下のような治療法です。

左側は、健康な状態であり、
右側は、歯周病が進行した状態です。

歯と歯肉には若干の隙間があり、
歯周病が進行するとこの隙間は、
歯周ポケットと言われます。

健康な方では、歯周ポケットは、1〜3ミリ程度ですが、
歯周病が進行すると深くなっていきます。

歯周ポケットが5〜6ミリになると中程度歯周病になり、
歯周ポケットが7ミリ以上になると重度歯周病になります。





実際に、歯石は以下のように
歯肉の中の歯根に付着しているのです。

歯肉の中の歯根に付着している汚れ(歯石 等)を取り除くのがルートプレーニングです。

一般的に行われている歯周病治療ルートプレーニングは、4~6回に分けて行われます。

こうした一般的に行われる複数回(4~6回)に分けて行う歯周病治療(ルートプレーニング)は、
治療が完了していない部位から 治療が完了した部位へと 細菌が感染(転移)することが分かっています。

特に重度歯周病(侵襲性歯周炎)で起こる可能性が高いとされています。
侵襲性歯周炎の場合、悪性度の強い歯周病細菌(P.g.菌 や A.a.菌…等)が非常に多く検出されます。

これらの悪性度の強い歯周病細菌は、
通常の4~6回に分けて行われる歯周病治療では 感染(転移)してしまうため、
1回(1日)もしくは1週間以内に歯周病細菌を除去(ルートプレーニング)すると同時(FMD治療)に
舌や口腔粘膜 等に付着している歯周病細菌を抗菌薬(CHX抗菌うがい薬、3DS法の使用)を用いて
除去 あるいは 抑制させて、感染(転移)をさせない治療法が報告さています。

これが今回のテーマであるFMDという治療法です。

次回のブログではもう少し詳細に解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年3月2日

重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD

2020年 3月 2日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『重度歯周病患者様に適している歯周病治療:FMD』になります。

ここ何回かは、
COVIDー19(新型コロナウイルス感染症)の流行によって話題になっているPCR検査の話をしてきました。

前回のブログでも歯周病細菌検査(リアルタイムPCR法)の必要性について解説しました。
2020年 2月24日(月曜日):歯周病ブログ

その中でも解説しましたが、
現時点で歯周病に最も影響が大きい細菌は以下の5菌種であることが分かっています。

A.a.菌( Aggregatibacter actinomycetemcomitans )
侵襲性歯周炎の発症に関連が深い菌 非常に悪性度の強い細菌

P.g.菌( Prophyromonas gingivalis )
慢性歯周炎の発症に関連が深い菌
年齢に比較して骨吸収が大きく この菌の比率が高い場合
侵襲性歯周炎と診断される 非常に悪性度の強い細菌

T.f.菌( Tannerella forsythensis )
慢性歯周炎の発症に関連が深い菌

T.d.菌( Treponema denticola )
慢性歯周炎の発症に関連が深い菌

P.i.菌( Prevotwlla intermedia )
思春期性 や 妊娠性歯周炎 の発症に関連が深い菌

特に特に
P.g.菌
T.f.菌
T.d.菌
の3菌種は非常に悪性度の高い細菌と言われています。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

しかし、全ての人に同じ細菌が感染するわけではありません。

様々な研究報告から
10人がいれば、
1人は、非常に悪性度の高い細菌の数が多く認められ、
こうしたタイプの人は、非常に歯周病の進行が早く、治りが悪いことが言われています。

しかし、10人中1人は、
全く逆で、悪性度の高い細菌が少ないもしくはいない状態であり、
極端に言えば、歯を全く磨かなくても歯周病になりません。

先にも説明しましたように
歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

その歯周病細菌がほとんどいない場合には、
歯周病にはなりません。

そのため、
悪性度の高い歯周病細菌の感染がない場合には、
歯を磨かなくても歯周病にはならないのです。

さて残りの10人中8人ですが、
これらの方は、歯周病細菌の数はある程度存在すると考えられるため、
歯をきちんと磨かないと歯周病になってしまいます。

しかし、
こうした方は、歯周病であっても
徹底した口腔清掃(歯磨き)が十分され、
徹底した歯周病治療を行い、
治療終了後も定期管理をすることで
歯周病の悪化を最小限にすることは十分可能です。

問題となるのは、
悪性度の高い歯周病細菌に感染している
10人中の1人です。

このようなタイプの歯周病は、
非常に治すのが難しいですし、
歯周病治療によって改善したとしても
再発率が高いのが特徴です。

そのため、
通常の歯周病の方より
徹底した細菌のコントロールが必要になります。

このような方は、侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)と言います。
 *世界的には現在分類名が変わってきていますが、日本では現時点ではこの名称で分類されています。

同じ歯周病であっても
感染している歯周病細菌には、大きく差があります。

そのため、歯周病が進行している方の場合には、
まず細菌検査を行うことが良いでしょう。

それがここ何回説明させていただいている
リアルタイムPCR法です。

本日は、ここまでの話です。

次回は、
リアルタイムPCR法の後に行う歯周病治療について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP