歯周病専門医サイトブログ

2020年7月の記事一覧
2020年7月27日

第7回 : 歯周病細菌は人から人へ感染する?

2020年 7月27日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第7回 
歯周病細菌は人から人へ感染する?』
になります。

いつものように新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の話から始めましょう。

前回は防護着について解説しました。

本日は換気です。

換気は非常に重要なことであることはみなさんご存知のことと思います。

3密という言葉は、
今や誰でもしっている感染対策のキーワードになりました。

1.密閉
2.密集
3.密接

ですよね。

1.密閉
窓がなかったり換気ができなかったりする場所ですよね。

2.密集
人がたくさん集まったり、少人数でも近い距離で集まることです。
2メートル以上、最低でも1メートルの距離を保つようにすることが大切であるとされています。

3.密接
互いに手が届く距離で会話や発声、運動などをすることを言います。

今回は、歯科医院における1.密閉について解説します。

当医院では、窓を開けて換気をしています。

4方向 6箇所の窓を開けています。

診療中は常時、開けぱなしです。

さらに換気扇が6箇所あります。

また撰風機を5台使用して
空気が停滞しないよう空気の流れをつくるようにしています。

また空気清浄機を6台稼働しております。

空気清浄機と新型コロナ感染症の効果については、
まだはっきりとしたことはわかりませんが、

シャープのプラズマクラスターイオン効果についての研究では、
ウイルス研究で世界的な権威の社団法人 北里研究所 北里研究所メディカルセンター病院 
鈴木達夫先生、小林憲忠先生と共同で、
コロナウイルス科に属するネココロナウイルスに対して、
プラズマクラスターイオンによる不活化実証実験を実施し、
その結果、40分以内に99.7%を不活化、
すなわちウイルスを破壊し感染力を抑える働きがあることを実証しました。

と報告しています。

実際には新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への効果については
はっきりとしたことは言えません。

また、部屋の広さや設置台数によっても
その効果には差はあるかと思いますが、
けして空気清浄機を使用してマイナスではありません。

ただし、
この空気清浄機ですが、
日々の手入れ(清掃)が大切です。

空気清浄機自体の衛生管理はとても大切であると考えています。

そのため、
毎日内部まで清掃しています。

屋外で診療することは不可能ですから
現実的には
こうしたことが精一杯な対応であると思います。

しかし、問題となることがあります。
雨の日です。

窓が開けられないのです。

当然のことながら
窓から雨が入ってきてしまうからです。

これはどのうな施設でも同じですよね。

しかし、当医院ではどんなに雨が降ろうとも
開けぱなしのところもあります。

それが、非常出口のドアです。

以下は非常口が閉じている状態です。

以下が非常口を開けた状態です。

ここはドアですので
開けるだけでかなりの空気の流量が確保できます。

ドアの先には天井があるため、
相当の突風でないかぎりほとんど雨は入って来ないのです。

他にも開けられる窓がもう1箇所あります。

梅雨が長かったこの時期は、
少しでも雨が止んだら
窓を開ける
といったことを繰り返していました。

この密閉は、
どの業種でも課題です。

高層ビルなんかは、同然のことですが、
窓は開けられません。

飲食店でも多くの場合には、
入り口のドアを開けておくくらいの所も多いです。

雑居ビルなんかは、
窓すら開けられない環境も多いですしね。

換気は非常に大切です。

さて話が長くなりました。

本日の課題である
歯周病細菌は人から人へ感染する?
を始めましょう。

歯周病は、
歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌は、
人から人へと感染することが多くの研究により分かっています。

夫婦間 や 親子間での
歯周病細菌がうつるかどうか
という研究でも同じ遺伝子をもつ歯周病細菌が検出されており、
歯周病細菌は、
人から人へと感染することが分かっています。

またペットの犬の口腔内からも
飼い主と同じ遺伝子をもつ歯周病細菌が発見されていることから
動物への感染が起こっていることも示唆されています。

しかし、歯周病細菌が感染したら
必ず歯周病が発症するわけではありません。

これは
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)でも同じですよね。

無症状の人でも
PCR検査を行なって
陽性
と診断されるケースもあることを
ご存知かと思います。

特に若い方では、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染しても無症状のことが多く、
また発熱等があっても
重篤化しないことも多いです。

それに対して、
高齢者や
肺疾患、糖尿病 等の持病がある方の場合には、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染すると
重篤化しやすいことが報告されています。

歯周病では、
口腔清掃が悪い方では、発症しやすいです。

歯周病細菌といっても
悪性度の高い歯周病細菌もいれば
そうではない歯周病細菌もいます。

歯周病細菌は、
人から人へとうつると解説しましたが、
細菌は、目に見えるわけではありません。

そのため、
誰が悪性度の高い歯周病細菌を持っているのかなんてわかりません。

父親が悪性度の高い歯周病細菌がいて
母親は、悪性度の低い歯周病細菌ということもありますし、

当然逆もあります。

ご両親ともに
悪性度の高い歯周病細菌を持っていることもあります。

細菌は見えませんから
誰がどのような歯周病細菌をもっているのかはわかりません。

しかし、
口腔清掃が悪そうな方や
多くの歯が欠損している方、
口臭が強い方は、
歯周病が進行している可能性があります。

もちろん可能性です。

口臭については、
歯周病が進行した人は、
多くの場合、口臭があります。

それは、
悪性の高い歯周病細菌の代表である
P.g菌という細菌がいますが、
これは臭いの元となる揮発性硫黄化合物を排出します。

ただし、
歯周病に問題がなくても
口臭が起こることもありますので、
臭いは、歯周病の一つの判断でしかありません。

本日のまとめとして、
歯周病細菌は、
人から人へと感染することが分かっています。

しかし、どのような歯周病細菌が感染するかや

その人の口腔清掃状態によっても
発症するかが違いますので
徹底した口腔清掃が重要であることは間違いありません。

また糖尿病の方は、
歯周病が悪化しやすい傾向があります。

喫煙者も歯周病が悪化しやすいです。

他にも歯周病と全身的な関連性については
多くの報告があります。

こうしたことも今後のブログで解説します。

次回(来週の月曜日)もお楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年7月20日

洗口剤による うがい は歯周病に効果があるのか?

2020年 7月20日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第6回目 
洗口剤による うがい は歯周病に効果があるのか?』
になります。

さてこのシリーズも6回目になりました。

はじめに新型コロナウイルス感染症関連の話をしたいと思います。

当院では、
歯科医師、
歯科衛生士、
受付、
歯科助手、
歯科技工士
の医療従事者全てが
感染防護着で診療に携わっています。

以下のような格好です。

こうした格好ですから
暑いです。

このブログでも何度か説明いたしましたが、
窓も全開ですから
クーラーもあまり効きません。

それでもガウンを着て診療しています。

このガウンはどれだけ効果があるのでしょうか?

またどのような意味があるのでしょうか?

防護着(ガウン)を着て、
防護キャップをする最大の目的は、
その下にある白衣や制服が汚染しないようにするためです。

このガウン や キャップは、
診療室だけで使用します。

絶対に、診療室以外にはこの格好では入りません。

トイレも同様です。

トイレに行きたい時にも
必ず全て脱ぎます。

こうしたことは、
感染領域と清潔領域をきちんと区別することが最大の目的です。

例えば、
診療室で虫歯を削るとします。

もちろん、
換気もしていますし、
治療者の後ろからは、
必ず送風機を使用して、
術者自身に飛沫が飛びにくいようにしています。

状況によって口腔外バキュームも使用します。

しかし、それでも飛沫は飛び散ります。

こうした飛沫が服についた場合、
その格好で控え室やトイレに入ってしまうと
汚染を持ち込んでしまう可能性があります。

そのため、
控え室に感染原因を持ち込まないようにすることが非常に大切です。

もちろんフェイスガードも重要です。

マスクも高機能マスクであるN95は必須です。

例えば、
通常の白衣で診療し、
その格好のまま控え室に入ると控え室に持ち込んでしまいます。

その格好で食事をしたりすることは良いことではありません。

髪の毛もそうです。

控え室に入るたびに
洗髪することはできません。

当然です。

そのため、診療室ではサージカルキャップをして、
控え室等他の部屋に入る時には
脱ぎます。

もちろん
全ての行動の後には手指を洗い、アルコール消毒を行います。

もし、髪の毛に汚染物が付着していた場合、
控え室で昼食を取る際に
無意識で髪の毛に触れることもあるかもしれません。

しらないうちに手を口元に触れる可能性もあります。

ご存知のように
新型コロナウイルス感染症は、
口からの感染を防止することが非常に大切です。

我々医療従事者が感染してしまうことは、
他にうつすことになってしまいますので、
この点は十分注意が必要です。

きちんとした感染防止のための格好をしていることも
医療機関を受診する際の目安となるでしょう。

もちろん靴もそうです。

控え室には、
通勤時の靴も持ち込むことはできません。

感染防止のマットの上で脱ぎ、
控え室専用の個人個人のスリッパに履き替えます。

診療室で履く、シューズも同様です。
絶対に食事をしたり、着替える場所である控え室には
そのままで入ることはできません。

青いマットの上で
部屋の外で使用した靴を脱ぎ、
左手にあるシューズボックスに入れます。

控え室内は、右手にあるスリッパに履き替えます。

話は長くなりましたが、
こうした感染領域との区別は大切です。

これでも100%ウイルスを控え室に入れないことはできません。

しかし、可能な限りの対策はした方がいいです。

こうしたことは皆さんも
普段の生活でも実施された方がよいでしょう。

例えば、
ご自宅に入る前に
玄関前で服をはたき、
粘着テープ等で服をコロコロする。

服を着たままリビングや食事をする場所には行かずに
衣服を脱ぐ場所を決めておくことも大切です。

100%は無理です。

玄関で下着以外の衣服を全て脱ぎ、
それを室内に入れないようにすることは現実的ではありません。

しかし、できることをすることで
感染を室内に持ち込まないようにする努力は必要です。

また帰宅したら
手洗い、うがい、舌の清掃はもちろんのこと、
シャワーを浴びることも必要です。

顔や髪に飛沫が付着した状態で
食事をすることは良いことではありません。

でもこうしたことは
外食では難しいですよね。

せめて手を洗ったり、消毒したり、
テーブルを拭いたり、消毒したり
するぐらいしかできません。

時々飲食店でご自身が使用したマスクを
テーブルの上に置いている人もいらっしゃいます。

ウイルスは当然目で見えませんから

どこにいるかはわかりません。

来院される患者様に安心していただけるように
日々感染対策に取り組んでいます。

さて前置きがあまりにも長くなりました。

本題です。

洗口剤でのうがいは、
歯周病に効果があるのか?

ということです。

マウスウォッシュを使用されている方も多いかと思いますが
効果はあるのでしょうか?

うがいをすることで
食べかすをある程度取ることは可能です。

しかし、歯面に付着しているプラークという
細菌の塊を取ることは不可能です。

歯の表面には、ネバネバした汚れの塊が付着しています。

専門的には、バイオフィルムと言います。

それでは、殺菌成分が含まれれているマウスウォッシュを使用すれば
こうしたバイオフィルムは取れるのでしょうか?

答えは、
取れません。

またバイオフィルムの中にいる細菌を殺菌することも不可能です。

殺菌作用のあるマウスウォッシュの効果は、
唾液等に浮遊している細菌だけです。

そのため、
マウスウォッシュを使用したからといって
歯磨きの代わりになることはありません。

バイオフィルムを取り除く方法は一つだけです。

それは歯磨きです。

徹底した歯磨きを行わないとバイオフィルムは取れません。

特に歯と歯の間(隙間)は、
デンタルフロス(糸ようじ)を使用しないと
歯ブラシだけでは取れません。

もし、口腔内から徹底的に細菌を減らすとなると
歯磨きとフロスの使用で
20分くらいはかかります。

そのため、毎食これだけの時間をかけることは難しいと思いますので、
1日1回でいいので
時間をかけて歯磨きとデンタルフロスを使用することをお勧めします。

マウスウォッシュ等の洗口剤は、
あくまで補助的なものです。

過信はよくありません。

私は使用していません。

でもマウスウォッシュが意味ないいと言っているわけではありません。

当医院でも現在は、
治療開始前にエタノール入りのマウスウォッシュで洗口をお願いしております。

マウスウォッシュも効果はありますが、
けして歯磨きやフロスの代わりにはならないということです。

また来週もコロナ関連と歯周病について解説します。
お楽しみにして下さい。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年7月13日

こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第5回目 喫煙は歯周病に悪いのか?

2020年 7月13日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第5回目 喫煙は歯周病に悪いのか?』になります。

このシリーズも5回目になりました。

まだまだ続きますよ。

いつも初めに新型コロナ感染症の対策について書いています。

今では、
アルコールでの手指消毒はみなさん日常行っていることと思います。

もちろん当医院でも
受付前 と お手洗い(化粧室)にも
エタノール消毒液を置いております。
エタノール濃度は、76〜81%です。

しかし、
最近ではこのエタノールのポンプに触れるのを嫌がる方もいらっしゃいます。

お気持ちは分かります。

現実的には、ポンプを押した後に
エタノールで消毒するわけですから
ご心配はいりません。

しかし、人の気持ちというのは
科学的な根拠だけでは感じることは難しいことも事実です。

やはり消毒用のポンプにも触れないようにすることは、
気分的に安心するという人もいらっしゃいます。

そこで
足で踏むことでエタノールが噴射される装置を導入しました。

以下です。

非常に単純な装置です。

最下点にあるペダルと足で踏むことで
レバーが下がり、
消毒ボトルを押します。

ちなみに
新型コロナウイルス感染症に対して、
どれくらいのエタノール濃度であれば効果があるのでしょうか?

今回のCOVID-19でエタノール消毒を行うようになった方多いかと思いますが、
我々のような医療機関では、
エタノール消毒はごく普通に頻繁に使用していました。

75〜80%程度のエタノールが一般的に医療機関で使用されていました。
様々な研究により
細菌 や ウイルスに効果があるとされている濃度です。

消毒に用いるエタノールの殺菌効果は古くから研究されており、
その至適濃度範囲は、

日本薬局方では、
エタノール 76.9~81.4 vol% となっています。
https://www.info.pmda.go.jp/ogo/J0601006147_01_13

米国薬局方(USP-NF)では、
エタノール 68.5~71.5 v/v% となっています。

また、WHO(World Healthcare Organization)ガイドライン では、
エタノール 60〜80 v/v% となっています。

日本のエタノール濃度に関する研究については以下を参考にして下さい。
殺菌・抗ウイルス効果に及ぼすエタノール濃度の影響

また新型コロナ感染症(COVID-19)に対するエタノール効果についても
いくつかの研究があります。
医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化効果について

どれくらいのエタノール濃度であれば新型コロナウイルス感染症に対して効果があるあkということは、こうした研究データから読み解くことになりますが、
一般的に医療機関で使用している日本薬局方の
エタノール 76.9~81.4 vol%
であれば問題ないと思われます。

エタノール濃度100%の無水エタノールは手指の消毒には適していません。

なんとなく100%の方が良いかとおもわれがちですが、
そうではありません。

無水エタノールは、
刺激が強いです。
また皮膚に付着すると水分を奪ってしまう性質があります。

そのままでは、すぐに蒸発してしまうため、
手指消毒には使用ができません。

さて本日の本題です。
タバコは、歯周病にとって悪いのか?

という話です。

まず結論からお話しますと
タバコは、ものすごく歯周病にとって問題です。

喫煙 と 歯周病についての研究報告は多くあります。

一般的には、
非喫煙者と比較して、
喫煙者は、
歯周病のリスクが5倍高いと言われています。

実際に私が経験する臨床でも
喫煙者は、本当に歯周病が治りにくいです。

歯周病を治したいとお考えの場合には、
是非禁煙されて下さい。

喫煙者は、
他の全身的な病気にとっても
圧倒的に高リスクとされており、
良いことなんてありません。

また、
加熱式タバコ や 電子タバコについてはどうでしょうか?

歯周病とこうした新型タバコについては、
現在様々な研究が進められていますが、
高リスクであることは間違いないと思われます。

次回も歯周病の問題について解説していきましょう。

本日はエタノールの話の方が長くなってしまいました。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年7月6日

こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第4回目 噛み合わせ(歯ぎしり等)は歯周病の原因?

2020年 7月 6日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

またまだ新型コロナ感染症は治まることがない状況ですが、
このブログでも何度も解説してきましたように
感染対策をしっかりして、
経済活動を継続することが必要なステージになってきています。

この感染対策ですが、
大変な面も多いです。

例えば、
患者様が座るユニットという椅子ですが、
患者様の治療が終わるごとに
座っている部分は当然のこと、
唾液等が周囲に飛散している可能性も考えられるため、
こと細かく、隅々まで
エタノール と 次亜塩素酸で消毒しています。

これには時間がかなりかかります。

そのため、
患者様の予約数も通常と同じでは対応が難しいです。

予約は、今までの20%程度少なくして対応しています。

受付周囲もそうです。

会計ごとに
エタノール消毒をするため、
どうしても時間がかかります。

使用するパソコンひとつにとっても
感染対策が必要です。

我々医療従事者自身が感染してしまうことが
問題であるため、
全ての従業員は防護服を使用し、
マスクも高機能マスクであるN95を使用し、
さらにその上からもサージカルマスクをしています。

N95規格マスクとは、
NIOSH(国立労働安全衛生研究所) が制定した呼吸器防護具の規格基準です。
N は not resistant to oil 耐油性なし を表しています。
95は、5μm以下の飛沫核に付着した病原体を捕集することができ、
着用者の肺への病原体の進入を防ぐことができることです。

さらにフェイスシールドを装着していますので、
とても暑いです。

雨でどうしても窓を開けられない時以外は、
院内の4方向(5箇所)の窓を開けて
換気しているため、どうしても冷房が聞きにくいのが難点です。

院内には8台のエアコンがあるのですが、
すべて20度に設定しても
これだけ窓を開けると冷房効果はかなり下がります。

しかし換気はとても重要です。

また風の流れを起こすために
扇風機も重要なことです。

6台の扇風機を使用して、
風邪の流れを外に出すようにしています。

しかし、問題なのは、雨の時です。

当然窓を開けると雨が入ってしまいます。
(多少の雨であれば開けておくことは可能ですが)

全ての窓は開けられないので
雨が比較的入り込まない非常用避難通路のドアを開けて、
換気扇も5箇所稼働しながら
できるかぎりの対応をしております。

このへんの対応は今後の課題です。

先ほど窓をあけているため、
クーラーが効きにくいと説明しましたが、
防護ガウンを装着し、
相当息苦しいN95マスク(2重マスク)をして
私自身は、頭もサージカルキャップをした上に
飛沫防止対策のキャップをさらに2重で装着しているため、
とても暑いです。

ただ、医療従事者が感染してしまうと
患者様にも感染させてしまい、
院内感染となってしまいますので、
こうした対策は今後も必須となります。

ちなみに
こうした防護具を着た状態では、
トイレにもいけません。

そのままでは水も飲めません。
こんな格好ですからね。

防護具を脱いで、もう一度装着するには、時間もかかります。

この点も
これから暑くなる夏に備えて対策を立てることが必要になってきます。

治療する医療従事者が熱中症で倒れたら
診療自体ができなくなってしまいます。

今後の医療体制は、
感染対策を十分しながら
それに対する問題点を改善しないといけない時代になってきています。 

それでは本日の本題です。

今日のテーマは、
『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第4回目 噛み合わせ(歯ぎしり等)は歯周病の原因?』になります。

このシリーズも4回目ですね。

噛み合わせに問題があると
歯周病になってしまうのでしょうか?

答えは、
噛み合わせに問題があるからといって
歯周病にはなりませんが、
歯周病を悪化させる原因にはなります。

そもそも歯周病は、
歯周病細菌による感染症です。

歯周病の原因は、細菌です。

噛み合わせではありません。

しかし、
上下顎の噛み合わせに問題があったり、
噛む力が強かったり、
歯ぎしり や くいしばり によって
歯周病は進みやすくなってしまいます。

特に
歯周病が進行すると
歯の根を支えている骨が吸収してしまいます。

歯がグラグラすると
噛む力に耐えきれないこともあります。

このような場合には、

1.強くぶつかっている歯の噛み合わせを調整したり

2.マウスピースを使用するこで
  歯ぎしり や かみしめ、くいしばりを軽減させたり

3.歯自体を固定したりします

特に難しいのが
歯ぎしり や かみしめ、くいしばり です。

人によっては、
以下のように歯が大きくすり減っていることもあります。

歯がすり減るということは、
歯ぎしり等を頻繁に行っているということになります。

しかし、はがすり減っていなくても
噛みしめ や くいしばり
によって歯自体に負担が加わっていることもあります。

これらの噛み合わせによる負担は
なかなか患者様ご自身では気がつかないことが多く、

我々が説明させていただいても
ご理解を得ることが難しい場合もあります。

また、
そもそも 歯ぎしり自体は治療によって
完全になくすことはできないため、
マウスピース等で軽減することが必要になります。

他にも歯の接触癖(TCH)に対しての対応もあります。

この歯の接触癖(TCH)に対しては、
次回のブログで解説します。

本日のまとめです。

噛み合わせ(歯ぎしり等)は歯周病を悪化させる原因となります。

クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP