歯周病専門医サイトブログ

2020年9月の記事一覧
2020年9月28日

こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く) :第13回 歯周病は治るのか?

2020年 9月28日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く) :第13回 歯周病は治るのか?』
になります。

前回のブログでは
「歯周病は治るのか?」という内容で

治る歯周病もあれば

治らない歯周病もあることを解説しました。

また歯周病が進行する悪性度の高い菌である
P.g菌にも種類があることを解説しました。

噛み合わせが歯周病を悪化させる要因になることも解説しました。

前回のブログは、以下をご覧下さい。
9月21日ブログ:こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く) :第12回 歯周病は治るのか?

本日はその続きです。

歯周病を悪化させる原因についての続きです。

歯ぎしりくいしばり噛み締め
等も歯周病を悪化させる原因になります。

以下は、歯ぎしり や 食いしばり といった
噛み合わせが強いことで
歯が大きくすり減った方です。

こうした場合には、
「ナイトガード」というマウスピースのような装置を作成したり、
TCHという歯の接触癖がある方の場合には、
自己暗示療法で対応することもあります。
TCHの詳細は、以下を参考にして下さい。
噛みしめ・くいしばりを防ぐために:TCH(上下の歯の接触癖)

おタバコを吸われる方も歯周病が治りにくいです。
喫煙者は、
非喫煙者と比較して、
約5倍も歯周病のリスクが高いと言われています。

歯周病の方は、是非とも禁煙された方がいいです。

他にも
糖尿病の方も歯周病が治りにくいです。

特に血糖値がコントロールされていない方は
歯周病が治りにくい傾向があります。

当医院では歯周病の方に対して、
患者様のご希望により
血糖値 や HbA1c の測定も行なっています。

次に
骨吸収の状態による歯周病の治りの違いについて解説します。

歯周病が進行すると
歯を支えている骨が溶けていきます。

この骨吸収がどの程度進行しているのかが
歯周病が治るかどうかに非常に影響してきます。

様々な要因によっても違いますが、
骨吸収が根の半分程度(50%)であれば、
歯周病治療を徹底して行い、
その後の徹底した口腔清掃ができ、
適切にメインテナンスを受けていただくことで
長期間維持できる可能性は十分あります。

しかし、
骨吸収が50%以下となると
歯周病治療を行なったとしても
長期的に維持できる可能性は低くなります。

もし、骨吸収が70〜80%程度になってしまっている場合には、
歯周病治療を行ったとしても
長期的に維持できる可能性は低くなります。

実際には、
骨吸収が70%程度になると
歯がグラグラです。

骨吸収のない正常な人の口腔内写真とレントゲン

骨吸収が大きい重度歯周病のレントゲン

このような状態になると
一般的な歯科医院では、
抜歯との診断となることが多いです。

しかし、骨吸収があっても
骨を再生させる治療の適応症であれば
エムドゲイン法等再生治療を行うことで骨の再生が期待でき、
より長期的な維持が可能となることもあります。

エムドゲイン法が適応されるかどうかは、
骨吸収の状態 等様々な条件によって変わってきます。
具体的なことは、検査をして判断することになります。

ちなみに
骨の再生治療は、私の最も得意とする治療分野です。

私が歯科大学を卒業し、
大学病院の歯周病診療科に勤務した際に
歯周病で失った骨の再生治療が専門でした。

長年骨の再生治療の研究を行ってきました。

歯周病でお悩みの方は、ご相談下さい。

本日の歯周病ブログはこれで終了です。

来週もお楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年9月21日

こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く) :第12回 歯周病は治るのか?

2020年 9月21日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

最初に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の話をしたいと思います。

YouTubeで大変興味のある話がありましたので
ご紹介します。

DNAパパ
という方がYouTubeにアップした動画です。

この方は、以前より新型コロナウイルス感染症について
様々ななテーマをアップされていますが、
今回新しくアップされた動画はとても驚愕な話でした。

「トイレは新型コロナウイルスの感染危険地帯の可能性」
という話です。

この動画見た後は、
外のトイレは使いたくないと感じるくらいです。

以前より、
トイレは感染リスクが高いと言われていました。

トイレは非常に密閉された空間であることはもちろん

排水管を通して
新型コロナウイルスが移動してくることが言われています。

この動画の中でも言われていますが、
タワーマンションで人が居住していない部屋からも
新型コロナウイルスが検出されたということです。

誰も住んでいない部屋ですから
当然人の出入りもありません。

排水管を通して
新型コロナウイルスが部屋に充満した可能性があると
この動画で言っています。

ご興味のある方は是非ご覧下さい。

そのため、
トイレを清潔にすることは大変重要なことです。

またトイレの換気も非常に重要です。

換気が感染防止に対しては、とても重要であることは
現在どなたでもご理解されていることと思います。

トイレは、狭い部屋で密閉されていますので、
換気扇はずっとつけぱなしにすることが大切であり、
使用後には、トイレの入り口は閉めずに、
開けておくことが良いかと思います。

当医院でも
トイレの隣にある窓は開けており、
換気をしております。

また、トイレの入り口のドアは、
「ご使用後には、開けて下さい。」
と注意書きをさせていただいております。

密閉にしないためです。

また定期的に
入り口のドアが閉鎖していないかと確認しております。

トイレ自体は、
塩素系の洗剤で清掃を頻繁に行うようにし、
トイレの床も 毎日 次亜塩素酸で拭き取りを行なっております。

もちろん便座、トイレットペーパーホルダー 等
触れる可能性がある部位も
次亜塩素酸で清掃しております。

外出先でトイレをご使用になる方も当然いらっしゃるかと思いますが、
その際には、必ずマスクを着用したままが良いでしょう。

密閉された空間であった場合には、
トイレの中には、
感染原因となるウイルスが多く存在する可能性がありますので
トイレ内でもマスクは必要と考えられます。

もしご使用される直前に
他の人が使用されていた場合で、
その方が新型コロナウイルスの感染者であった場合には、
トイレという狭い密閉された空間ですので
高リスクと言えます。

当然
トイレから出た後は、
十分に手を洗い、
適性濃度のエタノールで手指消毒をすることも必須です。

現在 飲食店 や スーパー 等
様々な施設でエタノールが設置されていますが、
時々
「あれ?このエタノールってどうみても薄まっているよな?」
と感じることがあります。

エタノールは75%以上での使用が必要です。

薄まった濃度での消毒では効果は軽減してしまいます。

ご自宅でもトイレを清潔にすることや
換気対策は十分にされて下さい。

また、便座は、必ず蓋をして流す習慣も大切です。

尿 や 便には
ウイルス等が含まれている可能性があり、
便座の蓋をしないで流すと
トイレ中に拡散するリスクが高まります。

また排水管を通して
ウイルスが拡散することも考慮すると
蓋はした方がいいでしょう。

今日のテーマは、
『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く) :第12回 歯周病は治るのか?』
になります。

歯周病の患者様にとって
もっとも気になることは、
「歯周病は治るのか?」ということです。

細かく回答にするには、非常に時間がかかりますが、
一言で言えば、

治る歯周病もあれば

治らない歯周病もあります

例えば、
癌(ガン)という病気に罹った方が、
「癌は治りますか?」
というご質問があったとします。

癌の種類や進行程度によって
治り方が違うのはご理解できるかと思います。

しかし、現実的なこととして、
癌で亡くなられる人がいらっしゃるのもご存知のことと思います。

現在日本人の死亡原因で最も多いのが「癌」です。

歯科で抜歯された原因で最も多いのが「歯周病」です。

しかし、全ての歯周病が治らないわけではありません。

中程度の歯周病であれば十分治る可能性があります。

重度の歯周病であっても
治る可能性は十分にあります。

それでは、
どのような状態の歯周病であれば治り!

どのような状態の歯周病であれば治らないのか?
ということになります。

そもそも歯周病は、
歯周病細菌による感染症です。

その歯周病細菌には、多くの種類があり、
特に悪性度が高く、問題視されている歯周病細菌があります。

代表的なのがP.g菌といわれる菌です。

このP.g菌の比率が高いと歯周病は治りにくいです。

またさらに詳細な話になりますが、
P.g菌にもいくつかのタイプがります。

P.g菌が存在すると必ず歯周病が悪化しやすいかというと
そうでもないことが近年の研究によってわかってきています。

P.g菌の中でもタイプ2と言われる種類が悪性度が非常に高いことがわかってきています。

そのため、非常に悪性度の高いP.g菌(Type Ⅱ)に感染していると
歯周病が非常に治りにくいです。

また歯周病細菌以外にも
治りにくい様々な要因もあります。

典型的に歯周病が治りにくいのが
「歯磨きが十分にできていない方!」です。

患者様ご自身では十分磨けていると思っていられる方でも
奥歯の歯間部 や 内側 では、
汚れの取り残しが目立つことは多いです。

この口腔清掃が十分できなければ
歯周病は治りにくいですし、
一度改善しても歯周病が再発することがあります。

他にも
噛み合わせに問題がある方です。

噛み合わせといっても
いくつもの要因があります。

まず単純に歯並びに問題がある場合です。

歯が重なっていたりする場合には、
どんなに頑張って歯磨きを行なっても
十分磨けないことがあります。
こうした場合には、矯正治療で歯並びを治すことも必要となる場合があります。

また、
奥歯のみが噛み合い、
前歯が噛み合わないという噛み合わせの問題がある方がいらっしゃいます。
専門的には「オープンバイト」 と言います。

奥歯だけが噛み合っているため、
どうしても奥歯への負担が強く、
歯周病の悪化を助長する大きな原因になってしまいます。

本日の歯周病ブログはここまでです。

続きは来週の月曜日になります。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年9月14日

こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く) :第11回 出血は悪いのか?

2020年 9月14日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く)
:第11回 出血は悪いのか?』
になります。

「歯磨きをすると出血がある!」
という方はいらっしゃると思います。

歯磨きをしてる時に出血があるのは問題でしょうか?

始めに回答からします。

出血があるということは、
歯周病である可能性が高く、
かなり問題があります。

早急に歯科医院を受診された方がいいです。

特に歯周病専門医であった方がいいです。

出血がある場合には、
歯周病が進行している可能性が高いため、
そのまま放置すると
抜歯となることが考えられます。

ただし、
歯周病でない場合でも
出血が認められることもあります。

例えば、
歯ブラシの圧力が強く、歯肉を傷つけてしまったり、

歯間ブラシで歯肉を傷つけてしまうこともあります。

デンタルフロスで歯肉を傷つけてしまうこともあります。

こうした不適切な口腔清掃用具の使用で
出血することもあります。

しかし、
出血の原因が歯周病であるのか
不適切な口腔清掃によるものなのか
を正しく判断することは難しいため、
歯肉からの出血を認められた場合には、
やはり歯科医院を受診し、
歯周病の検査を受けられた方が良いです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年9月7日

グラグラした歯は治るのか? 

2020年 9月 7日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く)
:第10回 グラグラした歯は治るのか? 』
になります。

このブログでは良く解説していますが、
歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌は、誰の口腔内にも存在しますが、
その細菌の種類 や 数 には大きな違いがあります。

悪性度の高い歯周病細菌が多量に存在すると
歯周病は非常に進行します。

歯周病が進行すると
歯を支えている骨が吸収します。

以下の図は、このブログでよく使用する
歯周病による骨吸収です。

骨吸収が進行すると
歯がグラグラしてきます。

それでは、
この歯のグラグラは治るのでしょうか?

始めに回答からすると
グラグラが改善する場合もありますが、

まったく改善しない場合もあります。

歯周病治療を行なうと
歯周ポケットという数値は改善してきます。

歯周ポケットとは、
歯と歯肉の隙間にある深さのことです。

プローブという細い器具を
歯と歯肉の隙間に入れて、
その溝の深さを計測します。

1歯に対して歯の周囲を6箇所計測します。

正常値は、1〜3ミリ程度です。

4〜5ミリぐらいになると歯周病が進行していると言えます。

歯周ポケットが7ミリ以上になると
重度歯周病と言えます。

どうしても治せない歯周病も存在します。

この場合には抜歯となりますが、
治せる状態であれば、歯周病治療を行なうことで、
歯周ポケットは改善してきます。

歯周ポケットが10ミリもある進行した重度歯周病でも
適切な治療を行なうことで、
歯周ポケットが3ミリ程度に改善することもあります。

それでは、
歯周ポケットが改善した場合には、
吸収した骨ももとの状態に戻り、
グラグラも治るのでしょうか?

歯周病治療によって
骨吸収が改善することもありますが、

基本的に歯周病治療で骨が回復することは少ないです。

そのため、
グラグラした歯が治ることは基本的にありません。

しかし、
グラグラの原因が骨吸収だけでない場合には、
グラグラの原因を取り除くことで、
歯が動かなくなることもあります。

歯がグラグラしていることは良いことではありません。

こうした場合には、
グラグラを固定によって治すことがあります。

一般的には、
歯に被せ物を行い、
グラグラしている歯と
グラグラしていない歯を
連結した被せ物で固定します。

様々な方法がありますが、
固定が一般的に行われます。

それでは、
グラグラしていることは絶対にダメなのでしょうか?

そうではありません。

グラグラしていたとしても
噛むことに問題を生じていなかったり、

歯周病の進行を助長させない状態であったり、

等問題が起こっていない場合には、
固定せずにそのまま経過をみていくこともあります。

歯周病の進行には
比較的長い期間がかかることが多く、
歯周病が進行してから
5年、
10年と経過してから
グラグラを実感される場合もあります。

しかし、
こうした時には歯周病がかなり進行しており、
手遅れになることが多いです。

グラグラしたら相当悪いとお考え下さい。

本来は、このような状態にならないように
定期的に歯周病検査を行なうことが大切です。

歯周病がご心配であれば、
お近くの歯周病専門医を受診されて下さい。

歯周病専門医の調べ方ですが、
日本歯周病学会のホームページに記載してあります。

以下から検索できます。
日本歯周病学会 歯周病認定医と専門医名簿一覧

ちなみに
認定医専門医
の違いですが、

受験の難易度がかなり違います。

歯周病学会認定医より
歯周病学会専門医の方がはるかに取得するのが難しいです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP