歯周病専門医サイトブログ

2020年12月の記事一覧
2020年12月28日

歯を磨かないと歯周病になるのか?

2020年12月28日(月曜日)です。

年末年始の休診案内

2020年 12月29日(火曜日) 午後から
2021年  1月 4日(月曜日)
まで休診とさせていただきます。

休診中の緊急連絡は以下よりメールでご連絡下さい。
休診中の緊急連絡先

また休診中の予約は以下からお願い致します。
24時間オンライン予約

また神奈川県内の
休日急患歯科診療所は、以下をご覧下さい。
神奈川県:休日急患歯科診療所

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

2020年最後のテーマは、
『歯を磨かないと歯周病になるのか?』になります。

という話です。

歯周病は、歯周病細菌よる感染症であることは、
このブログでよく解説する話です。

歯周病細菌は、生まれたばかりの子供の口腔内には存在しません。

人から人へと感染していきます。

現在の新型コロナウイルス感染症(COVID 19)と同じ感染症です。

それでは、
歯周病細菌はどこにいるのでしょうか?

誰から移るのでしょうか?

歯周病細菌は人の口腔内に存在しています。

しかし、
歯周病細菌の種類や数は人によって大きく変わります。

悪性度の高い歯周病細菌が感染している場合には、
歯周病が悪化しやすい傾向が高いです。

悪性度の高い歯周病細菌の代表的なのが
ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)です。

Pg菌の感染が起こり、
またその量(数)が多い場合には、
歯周病となってしまう可能性が高くなります。

またもっと詳細な話にはなりますが、
ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)にも
様々なタイプがあります。

現在わかっていることは、
ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)の中でも
Pg菌 タイプ2が最も悪性度が高いとされています。

こうしたPg菌 タイプ2に感染していた場合には、
歯周病が悪化する可能性が非常に高くなります。

別の言い方をすれば、
悪性度の高い歯周病細菌に感染していない人は、
歯周病になりにくいのです。

歯周病専門医であれば知らない人はいないというくらい有名な研究があります。

スリランカの紅茶農民を対象として、
歯周病の状態を15年にわたり長期的に観察した研究です。

研究に参加した方達は、
歯磨きをまったくしない民族でした。

この方達が生活する地域には、
歯科医院は存在せず、
歯石を除去することも一切ない環境でした。

つまり、
歯を磨かないと歯周病になるのか?

という研究と言ってもいいでしょう。

多くの方は、
「歯を磨かないと歯周病になってしまう」
と思われているでしょう。

本当でしょうか?

この研究の結果です。

ほとんどの方に歯石が付着していました。

そして約80%の人達は、歯周病が進行していました。

また約10%の人達は、急速に歯周病が進行しており、
若くして多くの歯を失っていました。

しかし、注目すべきことは、
約10%の人達は、歯周病に問題がなかったのです。

歯を磨かないという同じ生活習慣、
歯科医院も存在しないので、歯石除去等の歯科治療も経験していません。

またおそらく食生活等のライフスタイルも大きく変わっていることはないことが想像されます。

しかし、
歯周病の進行は、全く違ったのです。

歯周病の進行には、
歯周病細菌の質が大きく関わってきます。

歯周病がご心配な方は、
悪性度の高い歯周病細菌の有無や量を調べることができます。

歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 リアルタイムPCR法です。

この詳細は、以下を参考にして下さい。
歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 リアルタイムPCR法

来年も歯周病情報をアップしていきます。

是非ご覧になって下さいね。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年12月14日

PDT:フォトダイナミックセラピー:新しい歯周病治療

2020年12月14日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『PDT:フォトダイナミックセラピー:新しい歯周病治療』
になります。

PDTとは、
Photo Dynamic Therapy(フォトダイナミックセラピー)の略で、
日本語では光線力学療法と言います。

今までにない新しい歯周病治療です。

それでは PDT(a- PDT)の実際の使用方法について解説します。

詳細はその後で説明します。

まず、歯周ポケット内部にバイオジェル(光活性剤)を入れます。

次に歯周ポケット内部に光エネルギーを約1分間照射します。

これにより歯周ポケット内部の歯周病細菌は死滅します。

大まかな流れはこれで終了です。

非常に簡単な治療です。
痛みはありませんし、非常に短時間で行えます。

それではPDT(a- PDT)の詳細について解説します。

歯周ポケット内部にバイオジェル(光活性剤)を入れると
歯周病細菌 と結合(くっつく)します。

このバイオジェルは光感受性物質と言い、
光を吸着すると 化学反応が起こり活性酸素を発生させることができます。

この時に使用する光エネルギーは、
「Periowave」という装置を使用します。

「Periowave」は、
670nmの波長で 220mWの低出力光エネルギーです。

発熱を起こすこともないため、痛みを感じることはありません。

光エネルギー(Periowave)を照射することにより、
色素(バイオジェル)が結合した歯周病細菌は破壊されます。

このバイオジェル(色素)は、人間の身体の細胞には結合しません。

また、光が照射される1~2ミリが有効範囲であるため、その効果は限局的です。

そのため、
ピンポイントでバイオジェル(色素)を塗布し、
光を照射することが必要です。

以下は、「Periowave」という
光エネルギーを照射する実際の装置です。
非常に小さいものです。

以下は PDT(a- PDT)の適応です。

1.歯周病治療と併用すると有効!
  歯周病の治療と併用して行うことにより効果があります。
  あくまで歯周病に対してPDT(a- PDT)単独で使用するのではなく、
  PDT(a- PDT)前に歯周ポケット内部の感染物質(歯石 等)を超音波スケ
  ーラー等で除去(クリーニング)してからPDT(a- PDT)を行い、
  PDT(a- PDT)終了後には必ず破壊された歯周病細菌 および 毒素を洗浄
することが必要です。

2.メインテナンス(定期検査)で使用すると有効!
  PDT(a- PDT)によって ある程度の期間 歯周病細菌の再発を抑えることが
可能となりますので、メインテナンスにおいて歯周ポケットの再発した部
位に使用することにより維持安定を得ることができます。

  どれくらいPDT(a- PDT)の効果が持続するかということは、
  さざざまな条件により大きく変わりますが、約1~2ヶ月は維持可能とな
  ります。
  (PDTを使用すれば歯周病にならないということではありません 
   徹底した歯磨きができていないと効果はありません)

  つまり、重度歯周病の方 や 再発率の高い人は、
  メインテナンスの度に行うと効果が高いということになります。

  PDTを行えば、一生歯周病細菌がいなくなるということではありません。

3.再発しやすい歯周病には有効!
  先にも説明しましたように 歯周病は歯周病細菌よる感染症です。
  そのため、もともと歯周病細菌が多い方は 再発率が高くなります。
  歯周病が再発しやすい方にはPDT(a- PDT)は最適と言えます。

4.歯周病治療における菌血症の防止に有効!
  歯科治療における菌血症とは、
  汚れ(細菌)が歯周病治療(抜歯 等の他の歯科治療でも起こります)
  を行うことにより、身体の中(血管内)に細菌侵入することを言います。
 
  歯周ポケット内部(歯肉の内部)には当然のことですが、
  血管が存在します。

  特に歯周病で歯肉が腫れている方は出血が起こっていることが多いため、
  歯周ポケット内部に存在する汚れ(歯石)と血管が触れていることになり
  ます。

  他の言い方をすれば、汚れ(歯周病細菌)が血管に触れている状態と
  いってもいいでしょう。

  こうした汚れ(細菌)が一時的に血管内部に侵入することを菌血症と
  言います。

  特に 歯周病治療 等の歯科治療を行うとこうした菌血症が起こることが
  報告されています。

  歯周病治療の基本的な治療であるルートプレーニングでは、
  報告に差はありますが、
  「8~79%の確立で菌血症が生じる!」
  と報告されています。

  事実 ルートプレーニング を行った後(6分後)に採血して調べると血液
中から歯周病細菌が発見されることが報告されています。

  PDT(a- PDT)をルートプレーニング 前に行うことにより、歯周病細菌の
減少をはかることが可能となるため菌血症のリスクを減少できます。

5. 細菌性心内膜炎、大動脈弁膜症、チアノーゼ性先天性心疾患、人工弁、シャント術実施患者…の方に有効!
  上記のような方は、歯周病治療を行う上で最もリスクが高い患者様と言え
  ます。
  上記の疾患等を 有する患者様は、歯周病治療において菌血症を起こす可能
  性が高いため、PDT(a- PDT)は有効と言えます。

6.インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)に有効!
  インプラントは虫歯になることはありませんが、歯周病のような状態には
  なります。
 
  このことをインプラント周囲炎言います。

  インプラント周囲炎はインプラントがダメになる原因として最も高いこと
  です。

  メインテナンス(定期検査)の際にPDT(a- PDT)を使用し、細菌の減少を
行うことも有効ですし、もしインプラント周囲炎になってしまった場合に
も効果が高い治療と言えます。

PDTの治療費
現在 歯科領域ではこのPDTは保険が適応されていません。
そのため、自費診療となります。

当医院でのPDTの治療費は
1歯 2.000円(1回分:消費税別)となっております。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年12月7日

歯を失う原因のNo1は、歯周病!!

2020年12月 7日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

新型コロナウイルス感染症(COVID19)のはますます拡大していますね。

本格的に寒くなってきていますが、
当医院では緊急事態宣言時と同じように感染対策を重視しています。

寒い時期ですが、
窓を5箇所開けて、換気をしております。

また院内全体の換気扇も可動し、

空気清浄機も6台可動しています。
もちろん加湿もつきです。

換気の中でも重要なのは、窓を開けることである考えています。

もちろん暖房を強にしていますが、
寒くなってくると窓を開けての換気は、
十分に室内を温めることが難しいこともあり、
患者様にとっては少し寒いと感じられるかもしれません。

しかし、
それでも換気は大切です。

新たに自動検温計を導入しました。
ご来院の際にはご協力お願い致します。

今日のテーマは、
『歯を失う原因のNo1は、歯周病!!』になります。

8020推進財団の調査によれば、
歯を失う原因の第一位は、歯周病です。

約40%が歯周病で抜歯していることになります。

10歳台〜20歳台でも歯周病で歯を失うこともありますが、

多くの場合、
40歳〜50歳になって
歯周病で抜歯する機会が始まります。

50〜60歳台で
さらに進行していきます。

歯周病は、
早期発見、早期治療が最も大切です。

歯がグラグラになってからでは
私のような歯周病専門医であっても
治すことが難しことが多いです。

歯周病を予防するためには、
まず日々の口腔清掃(歯磨き)が大切です。

多くの方は、
ご自身は歯磨きが十分できていると考えられていますが、
実際に歯磨きが問題なくできている方は、
非常に少ないです。

そのため、
定期的に歯科医院で
汚れの付着具合をチェックして、
クリーニングすることも大切です。

歯周病は、
歯周病検査をすれば問題があるかどうかがわかります。

定期的に歯周病の検査をされることをお勧めします。

通院されている歯科医院がある方は、
担当の先生に
「歯周病検査希望」をおっしゃっていただければと思います。

もちろん保険も適応されますし、
検査自体は大変なことではありません。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP