歯周病専門医サイトブログ

2021年1月の記事一覧
2021年1月25日

歯周病と糖尿病:その2

2021年 1月25日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病と糖尿病:その2』になります。

前回は糖尿病の基本的な話をしました。

今日は、糖尿病の合併症について解説します。

おそろしい糖尿病の合併症!

高血糖が続くことで様々な合併症が起こります。

<糖尿病性網膜症>

2005年の日本眼科医会の報告によると
糖尿病性網膜症
( 糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気 )
が進行することで失明を起こす人が
毎年 約3,000人いるとしています。

自覚症状が出にくいのが特徴で、
ある日突然目の前が真っ暗になることが多いです。

非常に怖いですね。

<糖尿病性神経障害>

高血糖が長く続くことで、神経周囲の血管が傷んだりするだけでなく、
神経そのものの性質が変わってしまい、
神経の働きを悪くさせてしまう状態です。

多くの糖尿病患者さんに起こりやすい病状です。

どこの神経が障害されたかにより症状はさまざまです。

自律神経障害が起こると
立ちくらみ
排尿障害
下痢
便秘
勃起障害
などが現れます。

感覚・運動神経障害が起こると
足のしびれ
冷え
つり(こむらがえり)
などが現れます。

足の指先に傷が生じることで
水虫により足が壊死し、
足を切断となることも多く、
その数は年間2万本にもなります。

これも恐ろしいことです。

<糖尿病性腎症>

腎臓(じんぞう)の小さな組織である糸球体ががダメージを受けて起こる病状です。

腎臓(じんぞう)は、
細小血管の集合体で、
血液の老廃物をろ過して
尿として身体の外へ排出させます。

糖尿病性腎症が進行すると
排出機能が弱まり、
むくみが起こったりします。

また
腎臓の機能が正常時の10%以下になると
血液のろ過が十分に行えず体内に
老廃物が蓄積されていきます。

そこで人工的に血液の浄化を行う
透析療法が必要になります。

日本透析医学会
(図説 わが国の慢性透析療法の現況 2015年12月31日現在)によると

国内で透析療法を受けている患者数全体は
32万4,986人で

糖尿病性腎症である患者の数は
12万278人と報告されています。

透析になると
通常は、週に3回(毎回4時間)行うことが必要です。

透析患者さんは、
腎臓移植しない限り、
一生続けなけることになります。

辛いことです。

次回も本日の続きを解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年1月18日

歯周病と糖尿病:その1

2021年 1月18日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病と糖尿病:その1』になります。

まず糖尿病について学びましょう!:インスリンの働き!

人は、食事をすることで必要なエネルギーを摂取します。
炭水化物は糖質が非常に高いです。

摂取したエネルギー源(ブドウ糖 等)は、小腸で吸収されて血液中に入り込みます。

これにより血液中の血糖値は上昇します。

ただし、ブドウ糖が血液中にあっても
それをエネルギー源として利用できないのです。

ブドウ糖を細胞に取り込ませるために働くホルモンが、
「インスリン」です。

インスリンは、
膵臓(すいぞう)の β(ベータ)細胞から分泌されます。

血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌され、
血液中のブドウ糖を細胞に取り込むことで、
エネルギーとして利用されます。

血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれるため、
血液中のブドウ糖は減少し、
結果的に血液中の血糖値が下がります

しかし、インスリンの働きが鈍ることで、
血液中の糖分が細胞に取り込まれないまま残り、
血糖値が高くなるのです。

高血糖が続くと…
インスリンが不足したり、効きにくくなったりすると、
血液中の「糖」が増えていきます。

「糖」が多くなると
血管の内側から活性酸素が発生します。

「糖」が増えることで停滞し、
活性酸素が血管を破壊します。

身体に酸素や栄養素が届かなくなり、
足 や 手の痺れたり、足がつったり、
頻尿、多尿、喉の乾き 等 様々な症状が起こる。

今日は、
糖尿病の基本中の基本の話でした。

次回も
糖尿病についての基本的な話からしていきます。

糖尿病の基本が分からないと
歯周病と糖尿病についての話ができないのです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年1月11日

歯周病と関節リウマチ

2021年 1月11日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病 と 関節リウマチ』になります。

今年最初の歯周病ブログです。

昨年(2020年)の11月〜12月は
歯周病 と 全身疾患についていくつかの話をしてきました。

2020年11月 2日:歯周病 と 認知症(アルツハイマー型):その1

2020年11月9日:歯周病 と 認知症(アルツハイマー型):その2

2020年11月16:歯周病 と 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

2020年11月23日:歯周病 と 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

本日のテーマは、
歯周病と関節リウマチとなります。

関節リウマチという病気は、
関節に炎症が起きることで
腫れや痛みが起こる病気です。

好発年齢は30〜50歳代で、
女性に多く発症します。

そして、
進行すると
関節の変形 や 手足の 運動障害が生じます。

関節リウマチの患者さんは、
以前より
歯周病の方が多いと言われていました。

その理由には、
関節リウマチの患者さんは、
手指を十分に動かすことができないため、

歯磨きが十分にできないことで
口腔内が不衛生となり、

結果的に歯周病細菌が増えて
歯周病が進行しやすいとされていました。

しかし、近年では
多くの研究により
歯周病 と 関節リウマチの関係性が
数多く報告されるようになってきました。

歯周病細菌による感染症は、
自己抗体の産生 と 免疫寛容の破綻をもたらすころで
関節リウマチを起こすとされています。
(歯周病原細菌由来の酵素によってシトルリン化タンパクが増加し、
 関節炎を悪化させると考えられています)

また
関節リウマチの患者様が服用する
免疫抑制薬による易感染性 や
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)併発による影響も報告されています。

初診時に歯周病をもつ関節痛患者様は、
歯周病をもたない関節痛患者様と比較して、

その後 関節リウマチと診断され、
抗リウマチ治療を開始されるリスクが
約 2.77倍高くなるという研究が
京大病院リウマチセンター と 歯科口腔外科の共同研究グループにより
報告されています。

歯周病細菌は、
本当に様々な病気と関係しているのです。

歯周病細菌は、
血液を介して
全身へと流れていきます。

当然のことですが、
口腔内に細菌が大量にいることは
けして健康によいことはありません。

しかし、
この歯周病細菌ですが、
完全に除菌することは
現在の歯科医学では不可能です。

しかし、
細菌数を減らすことは可能です。

そのため、
歯周病の方は、
まずは歯周病治療を行い、
徹底して歯周病細菌数を減らすことがとても重要です。

また進行した歯周病には完治という言葉はありません。

専門的には、
寛解(かんかい)と言います。

例えて言えば、
糖尿病が進行している患者様の場合、
血糖値を安定させる薬を飲めば、
歯周病が完治するわけではありません。

高カロリーな食事をすれば、
血糖値は上昇してしまいます。

糖尿病を悪化させないためには、
適切な食生活 や 運動 等
様々なことをコントロールすることで
病状を安定させることが重要なのです。

このことは、
十分ご理解できると思います。

歯周病は、
歯周病細菌による感染症です。

この歯周病細菌を、完全になくすことはできません。

歯周病治療を行うことで
細菌数を減らすことはできますが、
また増えていきます。

そのために、
日々の口腔清掃(歯磨き)が大切になってきますし、

定期的に歯科医院を受診していただき、
歯ブラシでは届かない部位の
清掃を行うことで
歯周病細菌を増殖を抑えることが
非常に重要なのです。

このことを
PMTCと言います。

本日はこれで終了です。

来週もまた歯周病について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP