歯周病専門医サイトブログ

2021年2月の記事一覧
2021年2月22日

歯周病の人はウイルス感染しやすい

2021年 2月22日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病の人はウイルス感染しやすい』 になります。

ウイルスと歯周病の関連性は、
100年も前から報告されていました。

スペイン風邪(H1N1型インフルエンザ)が流行した時代に
調査された研究データです。

260人を対象とした研究によると

歯周病になっている人
スペイン風邪の罹患率は、72% であったのに対して、

歯周病になっていない人
スペイン風邪の罹患率は、32% でした。

なぜこのような結果になったのかは、
来週のブログで解説します。

お楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年2月15日

歯周病 と 低体重児出産

2021年 2月15日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

パルスオキシメーター販売

パルスオキシメーターは、
指先などに器具を装着するだけで
脈拍数 と 経皮的動脈血酸素飽和度 (SpO2) を
リアルタイムでモニターするための医療機器です。

血中酸素濃度が低いと
心肺機能の低下が起こっており、
新型コロナウイルスの感染が疑われます。

非常に簡便なので、
大人気です。

1個 8,910円(消費税込)となります。

ご希望の方は、受付で販売しております。

今日のテーマは、
『歯周病 と 低体重児出産』になります。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。              

感染が起こると炎症物質が生じます。

その炎症物質が歯肉の毛細血管を通じて血液中に入り込みます。

炎症物質が子宮に到達すると子宮が収縮する刺激を受け、
結果的に子宮収縮を引き起こし
早産、低体重児出産になると報告されています。

1996年に報告された Offenbacher らの研究によると、        
歯周病に罹患している初産妊婦は、                 
罹患していない妊婦に比べて
早産・低体重 児出産になる確率が     
7.9倍高いと報告しています。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年2月8日

歯周病と糖尿病:その4

2021年 2月 8日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

はじめにお知らせです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により
パルスオキシメーターの需要が拡大しています。

しかし、在庫不足があり、
なかなか購入ができないと患者様の声があります。

そこで
当医院でもパルスオキシメーターを個数限定ですが、
販売することにしました。

1個 8,910円(消費税込)です。

在庫がなくなりしだい販売中止となります。

ご希望の方は、
受付でお申し込み下さい。

今日のテーマは、
『歯周病と糖尿病:その4』になります。

前回も糖尿病の合併症の話をしました。

今日も歯周病と糖尿病ついて解説します。

糖尿病の患者数は非常に多い!

2017年の国民健康・栄養調査によると
「糖尿病が強く疑われる人」 や
「糖尿病の可能性を否定できない:予備群」
を合わせると
2,210万人推計されると報告されました。

ものすごい数ですね。

厚生労働省が2017年に報告したデータによると
実際に糖尿病の治療を受けている患者数は、
328万人となっています。

実に
日本人の約40人に1人が糖尿病ということになります。

歯周病の人は、糖尿病が悪化する!

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌は
炎症を起こす物質を放出し、
歯肉が腫れます。

この炎症関連物質は、
血糖値を下げるインスリンを効きにくくします。

ここまでの何回かで説明しましたように
インスリンは、
血液中のブドウ糖を細胞に取り込む働きをしますので、
歯周病によりインスリンの働きが悪くなれば、
血糖値は下がりにくくなります。

このため、歯周病の人は糖尿病が悪化するのです。

歯周病治療を行うことで血糖値が下がる!

歯周病治療をすると血糖コントロールが改善する
という研究は数多く報告されています。

しかし、
こうした結果は、全ての糖尿病の患者様に言えることではありません。

今後どのような糖尿病の患者様に効果があるのかが研究されていくでしょう。

私自身もこうした糖尿病と歯周病の関連性の研究を行っています。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年2月1日

歯周病と糖尿病:その3

2021年 2月 1日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病と糖尿病:その3』になります。

前回は糖尿病の合併症の話をしました。

今日も糖尿病の合併症について解説します。

<心筋梗塞>

糖尿病の人は
そうでない人に比べて
心筋梗塞になるリスクが3倍ほど高いことが報告されています。

梗塞が起こる場所によっては
10分ほどで死に至ることもあります。

<脳梗塞>

糖尿病の人はそうでない人に比べて脳梗塞になるリスクが
男性で2.2倍、
女性では3.6倍高いと報告されています。

前回と同様に
糖尿病って本当に恐ろしいですね。

次回はいよいよこのテーマのクライマックスである
歯周病と糖尿病です。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP