歯周病専門医サイトブログ

2021年4月の記事一覧
2021年4月26日

歯周病治療は、ガンの手術前にも効果的!:入院日数が減るという研究データ

2021年 4月26日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

お知らせ:1

当医院のオフィシャルLINEですが、
誤ってアカウントを削除してしまいました。

そのため、今までLINEでご相談されていた方は、
患者様側からは送れるのですが、
当医院の方で見ることができなくなってしまいました。

ご迷惑をおかけいたします。

現在新しいLINEに変更しておりますので、
新たにご登録いただければと思います。

よろしくお願い致します。

お知らせ:2

現在までインターネットオンライン予約の方法は、
2つの予約サイトを使用しておりましたが、
一つに統一することにしました。

20年前よりご利用いただいていた
インターネットオンライン予約サイトですが、
今後ご利用できなくなります。

今後は、以下の予約サイト に統一いたしますので
よろしくお願い致します。
新インターネットオンライン予約サイト  

お知らせ:3
ゴールデンウィーク期間中は以下の日程で休診させていただきます。

5月4日(火曜日)
5月5日(水曜日)
*月曜日、木曜日、祝日は通常どおり休診日となります。

休診中の緊急連絡は、以下 よりメールでご連絡下さい。
休診中の緊急連絡先  

また休診中のご予約は、以下より24時間オンライン予約 ができます。
ご利用下さい。
24時間オンライン予約  

今日のテーマは、

『歯周病治療は、ガンの手術前にも効果的!:入院日数が減るという研究データ』になります。

ガン等の外科手術を行う際に、
全身麻酔による気管内挿管時に
歯周病の問題があると

歯周病細菌が気管内挿管のチューブを通じて
肺に送り込まれることで
肺炎(人工呼吸器関連肺炎:VAP)を発症しやすくなることが報告されています。

また、
手術後の合併症においては、
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)や
ガンの化学療法、
放射線治療中に起こる菌血症(*」)に対しても
口腔内の歯周病細菌が影響してくることがわかってきます。

*菌血症とは、
 本来無菌である血液の中に細菌が入り込む現象です。

このような手術後の細菌感染による問題を防ぐために
ガン等の手術前に
口腔内の衛生管理を徹底して行うことが必要とされています。

日本の保険医療でも
2012年から「周術期口腔機能管理」
として、保険医療の中でも重要視されています。

当院でも
手術を受けられる患者様の
手術前の管理として
歯周病専門医という立場から
医科の先生から依頼されることが非常に多くなっています。

実際に
手術前に歯周病治療を徹底して行い、
口腔衛生管理を実施することで
入院日数が減ったという研究データがあります。
(食道癌や胃がんの手術を行う消化器外科、心臓の手術を行う心臓血管外科、悪性リンパ腫などを治療する血液内科でも入院日数が減っているというデータがあります)

口の中には、
無数の細菌がひそんでおり、
細菌数を減らすことが健康にとってとても重要なのです。

来週も
歯周病の情報をお届けします。

当医院を受診されている患者様 や
ブログを見られた方のクチコミを募集 しています。

励みになりますので
ブログのコメントもよろしくお願い致します。

以下をクリックして下さい。
Googleでクチコミ募集中  


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年4月19日

食べる歯周病予防対策!?:プロバイオティクス

2021年 4月19日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

お知らせ:1

当医院のオフィシャルLINEですが、
誤ってアカウントを削除してしまいました。

そのため、今までLINEでご相談されていた方は、
患者様側からは送れるのですが、
当医院の方で見ることができなくなってしまいました。

ご迷惑をおかけいたします。

現在新しいLINEに変更しておりますので、
新たにご登録いただければと思います。

よろしくお願い致します。

お知らせ:2

現在までインターネットオンライン予約の方法は、
2つの予約サイトを使用しておりましたが、
一つに統一することにしました。

20年前よりご利用いただいていた
インターネットオンライン予約サイトですが、
今後ご利用できなくなります。

今後は、以下の予約サイト に統一いたしますので
よろしくお願い致します。
新インターネットオンライン予約サイト  

今日のテーマは、
『食べる歯周病予防対策!?:プロバイオティクス』になります。

人間の身体には多くの菌が生息しており、
最も多いのが腸(腸内細菌)です。

口腔内にも無数の細菌が生息しています。

その数は 600種類 とも 700種類 とも言われています。

腸についで多い部位です。

歯周病は、歯周病細菌 による感染症 です。

歯周病細菌は、血管を通して全身に運ばれていき、
さまざまな全身的な病気に関係しています。

少し前のブログにもこうした話を書きました。

歯周病 と 糖尿病

歯周病 と 認知症

歯周病 と 掌蹠膿疱症

歯周病 と 誤嚥性肺炎

歯周病 と 低体重児出産

歯周病 と 関節リウマチ

歯周病 と 慢性腎疾患

こうした歯周病細菌が全身疾患に影響することが
わかってきている現在では、

腸内細菌の環境を高めるために
ヨーグルトを食べるように

口腔内環境を整えるための食品を摂取することで
歯周病を予防しようとする考え方が進んできています。

こうした考えを
プロバイオティクス と言います。

現時点では
ロイテリ菌(ラクトバチルス・ロイテリ菌) が歯周病細菌を抑制する効果があることが研究で分かってきました。

ロイテリ菌 は、
乳酸菌の一種です。

また他の乳酸菌でも効果が認められたという研究報告もあります。

LS1
WB21
といった乳酸菌です。

こうした菌が含まれた製品も市販されています。

ヨーグルト や
タブレット
として摂取されています。

ただし、
こうした乳酸菌によるプロバイオティクスは、
歯周病を治す治療 ではありません。

あくまでも予防効果として摂取するという考え方になります。

来週も歯周病の情報をお届けします。

お楽しみに!

当医院を受診されている患者様 や
ブログを見られた方のクチコミを募集 しています。

励みになりますので
ブログのコメントもよろしくお願い致します。

以下をクリックして下さい。
Googleでクチコミ募集中  


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年4月12日

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬を飲んでいても歯周病治療はできるの?

2021年 4月12日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

お知らせ

当医院のオフィシャルLINEですが、
誤ってアカウントを削除してしまいました。

そのため、今までLINEでご相談されていた方は、
患者様側からは送れるのですが、
当医院の方で見ることができなくなってしまいました。

ご迷惑をおかけいたします。

現在新しいLINEに変更しておりますので、
新たにご登録いただければと思います。

よろしくお願い致します。

今日のテーマは、
『骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬を飲んでいても歯周病治療はできるの?』
になります。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬の一つの
ビスフォスフォネート製剤 ですが、
抜歯等の歯科治療を行うことは問題が起こりやすいと報告されています。

以下が歯科治療と関係するビスフォスフォネート製剤 の一覧です。

経口用製剤
  ・ダイドロネル
  ・フォサマックボナロン
  ・アクトネルベネット

注射用製剤
  ・アレディア
  ・オンクラストテイロック
  ・ビスフォナール
  ・ゾメタ

上記のお薬をご使用されている場合には、
担当医にお知らせ下さい。

ビスフォスフォネート製剤は、
骨粗鬆症(こつそしょうしょう) や
癌(ガン)で骨転移するなどに対して
用いられています。

上記のような骨粗鬆症の薬を
服用されたり、
注射されている方で

抜歯等の外科治療を行った場合には

顎(あご)の骨が壊死を起こしたり、
骨髄炎を併発することが報告されています。

ただし、発症頻度は1%以下と報告されていますので、
さほどご心配される必要性はありませんが、
発症すると重篤な症状を示す病気です。

歯周病治療に関しては、
通常の歯周病治療であれば
まず問題はありません。

しかし、歯周病の手術などは問題が起こる可能性があるので
避ける必要性があります。

ただし、
歯周病に問題がある方の場合、
きちんと治療を行わないと

歯周病が進行してしまいます。

そのため、
抜歯となってしまうことになります。

そうならないためにも
歯周病の方は、
早期に治療を開始して、
悪化を防ぐことが非常に重要です。

骨粗鬆症の薬を使用されている方だからこそ
徹底した歯周病の管理が重要になってくるのです。

本日の歯周病ブログはこれで終了です。

来週の月曜日もアップしますのでお楽しみに!

当医院を受診されている患者様 や
ブログを見られた方のクチコミを募集 しています。

励みになりますので
ブログのコメントもよろしくお願い致します。

以下をクリックして下さい。
Googleでクチコミ募集中  


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年4月5日

健康で豊かな生活をするために大切な歯の話

2021年 4月 5日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

お知らせ

当医院のオフィシャルLINEですが、
誤ってアカウントを削除してしまいました。

そのため、今までLINEでご相談されていた方は、
患者様側からは送れるのですが、
当医院の方で見ることができなくなってしまいました。

ご迷惑をおかけいたします。

現在新しいLINEに変更しておりますので、
新たにご登録いただければと思います。

よろしくお願い致します。

今日のテーマは、
『健康で豊かな生活をするために大切な歯の話』になります。

健康で豊かな生活をおくるために
ご自身の歯が残り、
食事がきちんとできることはとても重要なことです。

歯と健康を調査したデータ(*)によると
食事を
「とてもおいしい」
「おいしい」
と感じられている人は、
平均で約20本の歯が残っていたということが報告されています。
*8020推進財団指定研究事業報告2007より

本来人間の歯は、
上顎で14本、
下顎にも14本
合計28本の歯が存在しています。
(親知らずを除く)

歯の数が少なくなると
当然の結果、
噛めなくなっていきます。

「おいしくない」
と感じている人の
残っている歯の平均歯数は、11.1本です。

つまり、
17本の歯を抜歯すると
食べ物がおいしくない
と感じられるのです。

他にも
噛み合う歯の数が多いほど
脚力 や からだのバランスをとる能力が高い
という報告もあります。

また運動能力が高い人ほど
歯の数が多いという報告もあります。

ご自身の歯でしっかりと食べることができるように
歯を長く維持させていくことが大切です。

来週も歯周病ブログをアップしますので
お楽しみにして下さい。

当医院を受診されている患者様 や
ブログを見られた方のクチコミを募集 しています。

励みになりますので
ブログのコメントもよろしくお願い致します。

以下をクリックして下さい。
Googleでクチコミ募集中  


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP