歯周病専門医サイトブログ

カテゴリー: 未分類の記事一覧
2019年7月29日

歯周病と口臭:2回目

2019年 7月29日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯周病と口臭:2回目』になります。

前回のブログでは歯周病の方は非常に強い臭いがあることを説明しました。

しかし、歯周病にかかっているご本人は歯周病の臭いを感じにくいことも解説しました。
前回のブログは以下をご覧ください。
2019年7月22日:歯周病と口臭

歯周病が進行している方は、口臭があるにも関わらず
ご本人は臭いを感じにくいのは
マスキング効果があることを解説しました。

でもこれって気になることですよね。

自分では口臭は気にしていないのに
他人は自分の口臭に気がついているのですから

もし、あなた自身がそうだったら嫌ですよね。

歯周病で口臭が起こっているのかどうかを判断するためには、
歯周病の検査をすることが必要です。

歯周病の検査は特別難しいことではありません。

私のような歯周病専門医でなくとも
通常は一般歯科でも可能です。

現在通院されている歯科医院があれば
担当医に
「歯周病の検査をして下さい」
と伝えて下さい。

先にも説明しましたように
歯周病の検査は特別難しい検査ではありませんので、
歯周病があるかどうかは通常どこの歯科医院でも行えます。

このブログでも歯周病の検査についてはよく説明していますが、
初めてこのブログをご覧になった方でも
わかりやすいように図を用いて解説します。

歯周病の検査に必要な器具は以下の「プローブ」というものです。
器具の先端は曲がっており、細い棒状になっています。
この先端から1ミリ間隔で目盛りがついています。

この「プローブ」を歯周ポケットという歯と歯肉の境目に挿入します。

1歯について通常6箇所計測します。
状態によっては1歯について6箇所以上計測することもあります。

このポケットの深さによって歯周病の進行状態が分かります。

1〜2ミリであれば非常に良い状態です。
歯周病には問題ないです。

3〜4ミリでは、状況によって歯周病が多少ですが、進行し始めてきている可能性があります。

5ミリ以上になると歯周病に問題があります。

7ミリ以上になると歯周病はかなり進行してきていることが分かります。

歯周病の検査はこの歯周ポケット検査だけではありませんので、
レントゲン や 噛み合わせの検査 等
様々な検査を総合して歯周病の進行状態を把握します。

本日のブログは、歯周病の検査 や 治療についての話ではなく、
歯周病と口臭についてのブログですから
その他の歯周病検査については割愛します。

この歯周ポケット検査だけでも
歯周病に問題があるかどうかは分かります。

もし、歯周ポケット検査で
歯周ポケットが7ミリ以上の部位が何ヶ所もある場合には、
歯周病による口臭が起こっている可能性があります。

この歯周ポケット検査自体だけであれば
数分あれば十分可能です。

もし、歯周病による口臭が起こっているのではないか?
とご心配な方は
歯周ポケット検査を受けられて下さい。

次回も口臭について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年3月25日

歯磨き剤について学ぼう:11回目 知覚過敏予防 

2019年 3月25日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯磨き剤について学ぼう:11回目 知覚過敏予防 』になります。

今日も知覚過敏の最終回です。

ここまで4回に分けて知覚過敏について解説してきました。

この4回のブログをご覧になっていない方は、
是非過去のブログをご覧下さい。

本日は、知覚過敏の治療法です。

当然のことながら知覚過敏の原因によって
その対処方法は変わってきます。

前回も説明しましたが、知覚過敏の原因は以下のようなことがあります。

知覚過敏の原因
1.歯肉退縮(歯周病、歯ぎしり、過度な歯磨きの圧力、加齢 等)
2.破折、亀裂
3.治療した歯の詰め物等の隙間
4.ホワイトニング

3番目の治療した歯の詰め物等の隙間が原因であれば、
詰め物 や 被せ物を作り変えます。

4番目のホワイトニングですが、
ホームホワイトニング
オフィスホワイトニング
ともに使用中にしみてきた場合には、ただちに中断し、
知覚過敏の対応を行うことが必要です。

歯肉退縮(歯周病、歯ぎしり、過度な歯磨きの圧力、加齢 等)による知覚過敏が生じた場合には、
その原因によって対応が変わります。

就寝時に歯ぎしり や 食いしばりが起こっていることが原因であれば
就寝時にナイトガード(マウスピース)の使用が必要になる場合が考えられます。

起きている時にも噛み合わせの問題が起こることがあります。
歯の接触癖です。
これを専門的にTCHと言います。

この対策については、今後のブログで解説します。

知覚過敏の治療法については、
歯科医院で行う方法と
ご自宅で行う方法があります。

このシリーズのテーマは歯磨剤ですので
歯磨剤による知覚過敏予防について解説します。

ご紹介する製品は
ライオンから発売されているシステマ センシティブです。

使用方法は、通常の歯磨き剤と同じようにお使い下さい。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年1月28日

歯磨き剤について学ぼう:2回目 虫歯予防(再石灰化促進 編)

2019年 1月28日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

前回から始まった歯磨剤です。

本日は、歯磨き剤について学ぼう:2回目 虫歯予防(再石灰化促進 編)です。

本日は「再石灰化促進ジェル」として
「MIペースト」を紹介します。

「再石灰化促進」ってなんのことでしょうか?
そこから解説しましょう。

まず虫歯発生メカニズムについて説明しましょう。

糖質を食べることで虫歯菌が「酸」を出します。
糖質の代表的なのがケーキとかの甘いものです。

通常口腔内は「弱酸性」状態です。
しかし、糖質を食べることで虫歯菌が糖を代謝する過程で「酸」を出すわけです。

これにより口腔内は酸性に傾きます。

食べてから約3分で急激に酸性になっていきます。

そして、「酸」により歯の中にある
リンカルシウム が外に溶け出します。

これを 脱灰(だっかい)と言います。

虫歯のことです。

しかし、人の身体にはとてもすごい働きがあります。
この脱灰(虫歯)した状態を治す働きです。

この時に重要な働きをするのが「唾液」です。

唾液( 重炭酸イオン)は「酸を中和」して 洗い流し、
溶け出した「リン」「カルシウム」戻す働きをします。

これを「再石灰化(さいせっかいか)」と言います。

初期虫歯を治す力です。

身体の仕組みってすごいですね。

本日ご紹介する歯磨き剤はGCから発売されている「MIペースト」です。

MIペーストは、
豊富なミネラル(カルシウム / リン)を含むCPP-ACP(リカルデント)により
再石灰化を促進する作用を持っています。

唾液よりはるかに多くの「リン」 や 「カルシウム」が含まれているのです。

ここで虫歯の成り立ちを図で再度解説します。

朝食事をします。
食事の中の糖分を餌にして虫歯菌は、食後3分程度で口腔内は酸性に傾きます。

虫歯って食べたらすぐになってしまうんです。

これは、「ステファンカーブ」と言い、
歯科医師、歯科衛生士であれば必ず知っている図です。

あまりにも有名な図です。

よく患者さんからのご質問で
「定期的に歯科医院に来れば虫歯にならないですか?」
と聞かれます。

例えば
3ヶ月に1回歯科医院を受診すれば
絶対に虫歯にならないということはありません。

だって食事をすると3分で脱灰するのですから…

しかし、唾液中は、酸性に傾いたpHを中性に戻す働きがあります。
すごいですよね。

これが再石灰化です。

唾液の力です。

専門用語では「唾液の緩衝能」と言います。

この「唾液の緩衝能」には個人差があります。

唾液の緩衝能力が低い人がいらっしゃいます。

こうした方は、虫歯になりやすいです。

食べた直後(約3分)に脱灰カルシウムリン溶け出す)します。

しかし、唾液の作用(緩衝能)によって再石灰化(カルシウム や リン が戻る)が起こります。

この再石灰化の力が低い方は、虫歯になりやすいです。

しかし、いくら再石灰化したとしても
また食事をすると脱灰が起こります。

あらら…
また虫歯になってしまうのですか?

こうしたことを繰り返すことで虫歯が進行するのです。

つまり間食が多い人は、脱灰の回数が多いわけですから
虫歯になる頻度が多いということです。

食生活習慣を改善しないと
いくら歯磨きを頑張っても虫歯予防にはなりません。

例えば、甘い(砂糖入りの)コーヒー や ジュース お菓子などを取っている人は、
虫歯になる行為が多いわけですから
虫歯予防を考えれば、間食はダメですよね。

それでは本日の本題になります。

MIペーストは、
多くの「カルシウム」「リン」が含まれているわけですから
「再石灰化」が起こりやすいのです。


MIペーストの使用方法です。

ステップ1
   フッ素入り歯磨き剤でブラッシングを行う
  ( CPP-ACPは フッ素との併用でより効果が高まる)
   通常のは歯磨き剤のほとんどはフッ素が入ってます。

ステップ2
  歯ブラシにMIペーストを半分程度出し歯面全体に塗る(指でもOK)

ステップ3
  3分間放置(保持時間が長いほど効果大)

ステップ4
  3分すぎたら唾液を軽く出し、
  30分飲食禁止。
  30分過ぎたら軽くゆすぐ(就寝前が効果的)

一般的にはあまり聞かない虫歯予防の話でした。
ご参考になればと思います。

次回も虫歯予防について解説します。
フッ素
です。

お楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年12月17日

歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その4

2018年12月17日(月曜日)です。

始めに年末年始の休診案内です。
12月29日(土曜日)〜1月4日(金曜日)まで休診となります。
12月28日(金曜日)の診療は午前中までとなります。
休診中の予約は当院ホームページ より
24時間インターネットオンライン予約
をご利用下さい。

今日は前回の続きで
歯周病はいつからなるの?(若くても歯周病になることがある!!):その4です。

歯周病は、歯周病細菌による感染症であることは、ここまで3回のシリーズで解説してきたとおりです。

歯周病細菌には多くの種類の細菌が関与していますが、
現在もっとも歯周病にとってもんだとなる細菌とされているのが、
P.g.菌です。

正式名称は
Prophyromonas gingivalis です。

歯周病にとっては、非常に悪性度の強い細菌と言えます。

この細菌を調べることが歯周病の病態を把握する大きなポイントとなります。

現在の歯科医学では、こうした細菌を遺伝子レベルから調べることが可能になっています。

リアルタイムPCR法:歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 です。

歯周病の病態は大きく分けて 以下の2つに分類(2018年現在の分類方法)されます。

1.慢性歯周炎
2.侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)

慢性歯周炎は、歯周病の約8割以上の方に当てはまります。
このような方は、通常の歯周病治療で治る可能性が高いです。

ただし、歯周病になってしまう原因には、
様々な要因があります。

喫煙 や 糖尿病は、歯周病を悪化させる因子となりますし、
身体の歯周病に対する抵抗性にも個人差があります。

また噛み合わせ等 口腔内の状況によっても悪化の程度が異なります。

そのため慢性歯周病だからといっても
治りの程度には個人差はあります。

もう一つの侵襲性歯周炎は、歯周病患者さんの約1~2割で発症すると言われています。

若い年齢(20~40歳以下)で歯周病が進行している場合には侵襲性歯周炎である可能性が高いです。

これは若年期に家族間 等から特定の歯周病細菌感染が起こっているからです。

歯周病最近の感染については、ここまでの3回でも解説したとおりです。

侵襲性歯周炎の場合、
通常の歯周病治療を行っても 治りが悪かったり、再発を繰り返すことが多いです。

侵襲性歯周炎の場合には、
どのような歯周病細菌に感染しているかを検査することで適切な除菌療法が行えます。

現在歯周病でお困りの方は、細菌検査をされることをお勧めします。

次回は、侵襲性歯周炎の治療について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年8月6日

夏期休診案内

2018年  8月9日(木曜日)〜8月16日(木曜日)まで
夏期休診とさせていただきます。

休診中の連絡は下記よりご連絡下さい。
休診中の連絡先

また休診中の予約は下記より24時間インターネットオンライン予約が可能です。
24時間インターネットオンライン予約

2018年5月3日

ゴールデンウィーク期間中の休診案内

ゴールデンウィーク期間中は以下が休診となります。
5月3日(木曜日)
5月4日(金曜日)
5月5日(土曜日)

5月6日(日曜日)は診療いたします。

休診中のご予約は以下からお願いいたします。
24時間オンライン予約

2018年3月26日

歯が欠損している部位に親知らずを移植する:自家歯牙移植

2018年 3月26日(月曜日)です。

本日は歯周病の話ではなく、自家歯牙移植の話です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯が欠損している部位に親知らずを移植する:自家歯牙移植』になります。

最近抜歯して欠損した部位に対してインプラント治療ではなく
親知らずを移植したいという希望で来院される患者様が増えています。

例えば、下顎の奥から2番目を抜歯された場合ですが、
一般的には3つの治療方法があります。

1.ブリッジ
2.義歯(入れ歯)
3.インプラント
です。

ブリッジは、欠損部の両側の歯を削り欠損部を含めて連続した被せ物を行う治療方法です。
歯を削ることが必要な治療法です。

義歯(入れ歯)は、ブリッジのように歯を削ることは行いませんが、
取り外し式であることと
義歯自体に違和感があったりするため、
使用を敬遠される方も多いです。

次にインプラント治療です。
現在欠損部の治療法として一般的な対処方法ですが、
治療費が高額になることもあり、
全ての人に受け入れられる治療法ではありません。

上記の3つの治療法の中でどれを選択するかは
それぞれの利点、欠点を十分にご理解された上でお決めになることが必要です。

上記以外での欠損部の治療方法には
自家歯牙移植があります。

この治療法は欠損部に親知らず等を移植する方法です。

もちろん移植可能な親知らずが存在しないといけません。

また親知らずが埋まっているような状態でもできません。
親知らずがしっかりと生えていて
虫歯にもなっていない状態でないといけません。

また親知らずの大きさや
根の形態によっても可能かどうかが決まります。

またベストな治療法としては、
抜歯と同時に
抜歯した穴に親知らずを移植することが良いです。

これは当然のことながら
抜歯した当日には穴があいていますよね。
この穴を多少加工(削り)して
親知らずと同じような形態の穴を開けるのです。

これが抜歯してから時間が経ってしまうと
穴を一から開けることが必要であり、
これは相当大変です。

親知らずと同じ大きさの穴を削ることは
本当に時間がかかり大変な作業です。

患者様も手術時間が非常に長くかかり、
腫れも大きくなることがほとんどです。

抜歯と同時の親知らず移植が基本です。

ただし、抜歯してから数週間程度であれば
まだ穴は十分に残っているため
治療がさほど困難人らないこともあります。

実際に抜歯と同時の方が成功率も高いです。

自家歯牙移植をご希望されてご来院される患者さんの中には
上記のような適応基準が整っておらず
移植ができないケースもあります。

もし、親知らずの移植をご希望される場合には、
できれば抜歯前に診査を受けられることをお勧めします。

以下症例です。
治療前です。

治療後です。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”
自家歯牙移植,歯の移植,親知らず移植

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2017年12月29日

休診案内

12月30日(土曜日)から
1月 4日(木曜日)まで休診となります。
休診中の緊急連絡は以下からメールでお願いいたします。
2017〜2018年冬季休診連絡メール先

また休診中の予約は以下からお願いいたします。
24時間オンライン予約

2017年11月6日

歯周病で失った骨(溶けた骨)を再生させる治療法:歯周組織再生剤(リグロス)

2017年11月6日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

本日は歯周病で失った骨を再生する 歯周組織再生剤(リグロス)の話をします。

歯周病で失った骨(溶けた骨)を再生させる治療法が保険適応になりました。
歯周組織再生剤です。

商品名は「リグロス」と言います。
トラフェルミン製剤です。

組換え型ヒトbFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)を有効成分とする
世界初の歯周組織再生医薬品です。

健康保険が適応されます。

治療費は、保険3割負担の方で 
リグロスを使用した歯周外科治療は、
1歯分で約8.000円です。
*リグロスの使用量 等により費用は若干異なります

今までエムドゲイン法という歯周組織再生治療が行われていましたが、
保険は適応されていませんでした。

このリグロスが保険適応されたことで
今後 歯周病に問題のある多くの方に適応することになるでしょう。

さて前置きはここまでとし、歯周病とリグロスについて解説します。

まずリグロスの話の前に歯周病について簡単に解説します。

歯周病は歯周病細菌による感染症です。

歯磨きが不十分であった場合、汚れが付着します。
この汚れとともに歯周病細菌が歯と歯肉の境目(歯周ポケット)から
侵入します。
以下はこのブログでよく使っている歯周病の進行を説明するための図です。
いつもブログをご覧になっていられる方は見慣れた図ですね。

始めは歯肉が腫れたりしますが、
歯周ポケットが深くなると 歯を支えている骨が吸収します。
骨の吸収が進行すると
歯は次第にグラグラとし、
抜けてしまいます。
これが歯周病です。

歯周病の進行を図で見てみましょう!



歯周組織再生剤であるリグロスは、
こうした歯周病で吸収(溶けた)骨を再生させる働きがあります。

リグロス(トラフェルミン)の作用機序
歯周病により傷を受けると その傷を治すために体はさまざまな物質を放出します。
生体が傷を治すために放出する物質の一つに細胞増殖因子があります。

細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)の役割は
細胞を増やすことによって、傷の修復を促すことです。

傷によって組織を失っているため、細胞分裂を促すことで傷を早く治そうというのです。
 
細胞増殖因子として、
bFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)という物質があります。
 
bFGFの働きによって、表皮が形成されるようになります。
また、血管が新たに作られます。
このことにより新たな組織に栄養が供給されるようになります。
  
bFGFを歯周病で吸収した(失った)骨に作用させれば
骨の再生が促進されるということです。

以下はリグロスの成分であるトラフェルミンについてです。
トラフェルミンはもともと床ずれ(とこずれ)の治療として開発された薬です。
床ずれは、医療用語で褥瘡(じょくそう)と言います。
褥瘡は、寝たきりの人が同じ姿勢でいることで
同じ部位に体重が加わることで起こる皮膚のただれです。

トアフェルミンは、この褥瘡の修復を促すために開発されたのです。

この皮膚の修復を促すことを歯周病治療に応用したのが
歯科用トラフェルミン(商品名:リグロス)なのです。

それではリグロスを使用すれば
どのような重度の歯周病で失った(吸収した)骨でも再生するのか?
ということですが、
そんなに上手くはいきません。

適応症があります。

骨が再生しやすい状態(吸収状況)であれば効果はありますが、
適応症でないケースに応用しても効果はありません。

リグロスは歯周組織再生剤ですが、魔法の治療ではありません。
きちんとした適応をふまえて治療に応用することが必要です。

どのようなケースに効果があるのかは、
歯科医師にお尋ね下さい。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2017年9月21日

休診案内

2017年 9月21日(木曜日)です。

休診案内

9月24日(日曜日)は日本口腔インプラント学会出席のため、休診とさせていただきます。
そのため祝日と休診日が続きますので
9月23日(土曜日)〜9月25日(月曜日)まで休診となります。

ご迷惑をおかけいたします。

休診中の予約は以下からよろしくお願い致します。

インターネット24時間オンライン予約


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP