歯周病専門医サイトブログ

カテゴリー: 歯周病と全身疾患の記事一覧
2021年3月15日

歯周病最新情報!:歯周病細菌は腸内細菌にも影響する

2021年 3月15日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病最新情報!:歯周病細菌は腸内細菌にも影響する』になります。

腸内には、約100兆個もの腸内細菌が生息しているとされ、
善玉菌
と 
悪玉菌
が共存しています。

善玉菌 は、
乳酸 や 酪酸などを作り、
悪玉菌の増殖を抑え
病原菌の感染 や 発ガン物質の産生を
抑制する働きをしています。

このように腸内細菌は生態にとってとても重要な働きをしています。

最近の研究報告では、
新潟大学のグループによって以下のようなことがわかってきています。

歯周病細菌の中で悪性度の高いP.g菌 という細菌がいます。

このP.g菌
マウスに口から投与して、
全身にどのような影響があるのかを調べました。

その結果以下のようなことが分かりました。

血管の炎症反応、
脂質代謝の変動、
糖尿病で耐糖能異常 と インスリン抵抗性の誘導
などが確認されました。

これらは以前から報告されているデータですが、
これに加えて、

腸内細菌のバランスが乱れる ことがわかったのです。

また他にも
歯周病細菌が腸内細菌の中から見つかったという研究も
複数報告されています。

歯周病と全身疾患については、
少し前のブログで数週間にわたりアップしていますので
ご覧になって下さい。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌が、
血液を介して全身にまわっていくことは、
様々な問題を引き起こします。

歯周病は放置して良いことはありません。

早期発見、早期治療が大切です。

30歳以降になれば、
1年に1回は、
歯周病検査を受けた方が良いでしょう。

ただし、
歯周病のリスクには個人差が非常に大きいです。

さほど歯周病のリスクが高くない人もいらっしゃいますが、

歯周病のリスクの高い人の場合には、
10歳代でも発症することがあり、

20歳代でも
歯周病によって歯が抜けることもあります。

そして、30歳代でほとんどの歯を失うケースもあります。

先週の歯周病セルフチェック表 に当てはまることがありましたら
早急に歯科医院を受診していただき、
歯周病検査を受けて下さい。

重複しますが、
早期発見、早期治療が大切です。

来週の月曜日も歯周病ブログをアップします。

当医院を受診されている患者様 や
ブログを見られた方のクチコミを募集しています。

励みになりますので
ブログのコメントもよろしくお願い致します。

以下をクリックして下さい。
Googleでクチコミ募集中  


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年2月15日

歯周病 と 低体重児出産

2021年 2月15日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

パルスオキシメーター販売

パルスオキシメーターは、
指先などに器具を装着するだけで
脈拍数 と 経皮的動脈血酸素飽和度 (SpO2) を
リアルタイムでモニターするための医療機器です。

血中酸素濃度が低いと
心肺機能の低下が起こっており、
新型コロナウイルスの感染が疑われます。

非常に簡便なので、
大人気です。

1個 8,910円(消費税込)となります。

ご希望の方は、受付で販売しております。

今日のテーマは、
『歯周病 と 低体重児出産』になります。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。              

感染が起こると炎症物質が生じます。

その炎症物質が歯肉の毛細血管を通じて血液中に入り込みます。

炎症物質が子宮に到達すると子宮が収縮する刺激を受け、
結果的に子宮収縮を引き起こし
早産、低体重児出産になると報告されています。

1996年に報告された Offenbacher らの研究によると、        
歯周病に罹患している初産妊婦は、                 
罹患していない妊婦に比べて
早産・低体重 児出産になる確率が     
7.9倍高いと報告しています。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年2月8日

歯周病と糖尿病:その4

2021年 2月 8日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

はじめにお知らせです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により
パルスオキシメーターの需要が拡大しています。

しかし、在庫不足があり、
なかなか購入ができないと患者様の声があります。

そこで
当医院でもパルスオキシメーターを個数限定ですが、
販売することにしました。

1個 8,910円(消費税込)です。

在庫がなくなりしだい販売中止となります。

ご希望の方は、
受付でお申し込み下さい。

今日のテーマは、
『歯周病と糖尿病:その4』になります。

前回も糖尿病の合併症の話をしました。

今日も歯周病と糖尿病ついて解説します。

糖尿病の患者数は非常に多い!

2017年の国民健康・栄養調査によると
「糖尿病が強く疑われる人」 や
「糖尿病の可能性を否定できない:予備群」
を合わせると
2,210万人推計されると報告されました。

ものすごい数ですね。

厚生労働省が2017年に報告したデータによると
実際に糖尿病の治療を受けている患者数は、
328万人となっています。

実に
日本人の約40人に1人が糖尿病ということになります。

歯周病の人は、糖尿病が悪化する!

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌は
炎症を起こす物質を放出し、
歯肉が腫れます。

この炎症関連物質は、
血糖値を下げるインスリンを効きにくくします。

ここまでの何回かで説明しましたように
インスリンは、
血液中のブドウ糖を細胞に取り込む働きをしますので、
歯周病によりインスリンの働きが悪くなれば、
血糖値は下がりにくくなります。

このため、歯周病の人は糖尿病が悪化するのです。

歯周病治療を行うことで血糖値が下がる!

歯周病治療をすると血糖コントロールが改善する
という研究は数多く報告されています。

しかし、
こうした結果は、全ての糖尿病の患者様に言えることではありません。

今後どのような糖尿病の患者様に効果があるのかが研究されていくでしょう。

私自身もこうした糖尿病と歯周病の関連性の研究を行っています。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年2月1日

歯周病と糖尿病:その3

2021年 2月 1日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病と糖尿病:その3』になります。

前回は糖尿病の合併症の話をしました。

今日も糖尿病の合併症について解説します。

<心筋梗塞>

糖尿病の人は
そうでない人に比べて
心筋梗塞になるリスクが3倍ほど高いことが報告されています。

梗塞が起こる場所によっては
10分ほどで死に至ることもあります。

<脳梗塞>

糖尿病の人はそうでない人に比べて脳梗塞になるリスクが
男性で2.2倍、
女性では3.6倍高いと報告されています。

前回と同様に
糖尿病って本当に恐ろしいですね。

次回はいよいよこのテーマのクライマックスである
歯周病と糖尿病です。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年1月25日

歯周病と糖尿病:その2

2021年 1月25日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病と糖尿病:その2』になります。

前回は糖尿病の基本的な話をしました。

今日は、糖尿病の合併症について解説します。

おそろしい糖尿病の合併症!

高血糖が続くことで様々な合併症が起こります。

<糖尿病性網膜症>

2005年の日本眼科医会の報告によると
糖尿病性網膜症
( 糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気 )
が進行することで失明を起こす人が
毎年 約3,000人いるとしています。

自覚症状が出にくいのが特徴で、
ある日突然目の前が真っ暗になることが多いです。

非常に怖いですね。

<糖尿病性神経障害>

高血糖が長く続くことで、神経周囲の血管が傷んだりするだけでなく、
神経そのものの性質が変わってしまい、
神経の働きを悪くさせてしまう状態です。

多くの糖尿病患者さんに起こりやすい病状です。

どこの神経が障害されたかにより症状はさまざまです。

自律神経障害が起こると
立ちくらみ
排尿障害
下痢
便秘
勃起障害
などが現れます。

感覚・運動神経障害が起こると
足のしびれ
冷え
つり(こむらがえり)
などが現れます。

足の指先に傷が生じることで
水虫により足が壊死し、
足を切断となることも多く、
その数は年間2万本にもなります。

これも恐ろしいことです。

<糖尿病性腎症>

腎臓(じんぞう)の小さな組織である糸球体ががダメージを受けて起こる病状です。

腎臓(じんぞう)は、
細小血管の集合体で、
血液の老廃物をろ過して
尿として身体の外へ排出させます。

糖尿病性腎症が進行すると
排出機能が弱まり、
むくみが起こったりします。

また
腎臓の機能が正常時の10%以下になると
血液のろ過が十分に行えず体内に
老廃物が蓄積されていきます。

そこで人工的に血液の浄化を行う
透析療法が必要になります。

日本透析医学会
(図説 わが国の慢性透析療法の現況 2015年12月31日現在)によると

国内で透析療法を受けている患者数全体は
32万4,986人で

糖尿病性腎症である患者の数は
12万278人と報告されています。

透析になると
通常は、週に3回(毎回4時間)行うことが必要です。

透析患者さんは、
腎臓移植しない限り、
一生続けなけることになります。

辛いことです。

次回も本日の続きを解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年1月18日

歯周病と糖尿病:その1

2021年 1月18日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病と糖尿病:その1』になります。

まず糖尿病について学びましょう!:インスリンの働き!

人は、食事をすることで必要なエネルギーを摂取します。
炭水化物は糖質が非常に高いです。

摂取したエネルギー源(ブドウ糖 等)は、小腸で吸収されて血液中に入り込みます。

これにより血液中の血糖値は上昇します。

ただし、ブドウ糖が血液中にあっても
それをエネルギー源として利用できないのです。

ブドウ糖を細胞に取り込ませるために働くホルモンが、
「インスリン」です。

インスリンは、
膵臓(すいぞう)の β(ベータ)細胞から分泌されます。

血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌され、
血液中のブドウ糖を細胞に取り込むことで、
エネルギーとして利用されます。

血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれるため、
血液中のブドウ糖は減少し、
結果的に血液中の血糖値が下がります

しかし、インスリンの働きが鈍ることで、
血液中の糖分が細胞に取り込まれないまま残り、
血糖値が高くなるのです。

高血糖が続くと…
インスリンが不足したり、効きにくくなったりすると、
血液中の「糖」が増えていきます。

「糖」が多くなると
血管の内側から活性酸素が発生します。

「糖」が増えることで停滞し、
活性酸素が血管を破壊します。

身体に酸素や栄養素が届かなくなり、
足 や 手の痺れたり、足がつったり、
頻尿、多尿、喉の乾き 等 様々な症状が起こる。

今日は、
糖尿病の基本中の基本の話でした。

次回も
糖尿病についての基本的な話からしていきます。

糖尿病の基本が分からないと
歯周病と糖尿病についての話ができないのです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年1月11日

歯周病と関節リウマチ

2021年 1月11日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病 と 関節リウマチ』になります。

今年最初の歯周病ブログです。

昨年(2020年)の11月〜12月は
歯周病 と 全身疾患についていくつかの話をしてきました。

2020年11月 2日:歯周病 と 認知症(アルツハイマー型):その1

2020年11月9日:歯周病 と 認知症(アルツハイマー型):その2

2020年11月16:歯周病 と 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

2020年11月23日:歯周病 と 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

本日のテーマは、
歯周病と関節リウマチとなります。

関節リウマチという病気は、
関節に炎症が起きることで
腫れや痛みが起こる病気です。

好発年齢は30〜50歳代で、
女性に多く発症します。

そして、
進行すると
関節の変形 や 手足の 運動障害が生じます。

関節リウマチの患者さんは、
以前より
歯周病の方が多いと言われていました。

その理由には、
関節リウマチの患者さんは、
手指を十分に動かすことができないため、

歯磨きが十分にできないことで
口腔内が不衛生となり、

結果的に歯周病細菌が増えて
歯周病が進行しやすいとされていました。

しかし、近年では
多くの研究により
歯周病 と 関節リウマチの関係性が
数多く報告されるようになってきました。

歯周病細菌による感染症は、
自己抗体の産生 と 免疫寛容の破綻をもたらすころで
関節リウマチを起こすとされています。
(歯周病原細菌由来の酵素によってシトルリン化タンパクが増加し、
 関節炎を悪化させると考えられています)

また
関節リウマチの患者様が服用する
免疫抑制薬による易感染性 や
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)併発による影響も報告されています。

初診時に歯周病をもつ関節痛患者様は、
歯周病をもたない関節痛患者様と比較して、

その後 関節リウマチと診断され、
抗リウマチ治療を開始されるリスクが
約 2.77倍高くなるという研究が
京大病院リウマチセンター と 歯科口腔外科の共同研究グループにより
報告されています。

歯周病細菌は、
本当に様々な病気と関係しているのです。

歯周病細菌は、
血液を介して
全身へと流れていきます。

当然のことですが、
口腔内に細菌が大量にいることは
けして健康によいことはありません。

しかし、
この歯周病細菌ですが、
完全に除菌することは
現在の歯科医学では不可能です。

しかし、
細菌数を減らすことは可能です。

そのため、
歯周病の方は、
まずは歯周病治療を行い、
徹底して歯周病細菌数を減らすことがとても重要です。

また進行した歯周病には完治という言葉はありません。

専門的には、
寛解(かんかい)と言います。

例えて言えば、
糖尿病が進行している患者様の場合、
血糖値を安定させる薬を飲めば、
歯周病が完治するわけではありません。

高カロリーな食事をすれば、
血糖値は上昇してしまいます。

糖尿病を悪化させないためには、
適切な食生活 や 運動 等
様々なことをコントロールすることで
病状を安定させることが重要なのです。

このことは、
十分ご理解できると思います。

歯周病は、
歯周病細菌による感染症です。

この歯周病細菌を、完全になくすことはできません。

歯周病治療を行うことで
細菌数を減らすことはできますが、
また増えていきます。

そのために、
日々の口腔清掃(歯磨き)が大切になってきますし、

定期的に歯科医院を受診していただき、
歯ブラシでは届かない部位の
清掃を行うことで
歯周病細菌を増殖を抑えることが
非常に重要なのです。

このことを
PMTCと言います。

本日はこれで終了です。

来週もまた歯周病について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年11月30日

歯周病と全身疾患:歯を失うことの問題点

2020年11月30日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病と全身疾患:歯を失うことの問題点』になります。

ここ数回で 歯周病 と 全身疾患 の関係性について解説してきました。

歯を失うことは、健康にとっても良いことではありません。

特に歯周病は、歯周病細菌による感染症であり、
歯周病細菌は、血液を介して、全身へと運ばれていきます

それがこのシリーズのテーマである
「歯周病と全身疾患」となるのです。

また歯を失うと噛むことが困難になってきます。
歯を失う原因として、もっとも大きいのが歯周病です。

下の図(2018年11月 公益財団法人 8020推進財団 の調査)では、
60歳以降になると抜歯の数は急激に増えていきます。

それに伴い、義歯(入れ歯)の使用率も年齢とともに高くなっていきます。

入れ歯より
ご自身の歯で食べることの方が
よりしっかりと噛めます。

「歯周病と認知症」の際にも説明しましたが、
アルツハイマー型認知症の患者さんは、
健康な人よりも歯の数が少なく、
「残っている歯が少ないほど脳の委縮が進んでいた」
ということが報告されています。

また、噛むことで脳を活性化することもわかっています。

そのためにも可能なかぎり、歯は長く維持された方が良いです。

年齢が高くなるにつれ、
食べることは健康にとって非常に大きな要因になります。

歯周病の方は、全身への影響も考慮して、
徹底した治療することが大切です。

歯周病による抜歯は、一般的に50歳ぐらいから始まることが多いです。
しかし、50歳から急激的に歯周病になるわけではありません。

早い方の場合には、20歳代から歯周病が始まり、
30歳、40歳でさらに進行していきます。

つまり、どれだけ早い時期に治療を開始するかが大きなポイントになります。

どのような病気もそうですが、
早期発見、早期治療が大切です。

歯周病検査も若い時期から行われた方がいいですね。

来週も歯周病による全身への影響について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年11月23日

掌蹠膿疱症 と 歯周病

2020年11月23日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『掌蹠膿疱症 と 歯周病』になります。

掌蹠膿疱症とはどんな病気か?

「 掌蹠膿疱症 」という漢字を見ても
読めない方の方が多いのではないでしょうか?

掌蹠膿疱症の読み方は、
「しょうせきのうほうしょう」
と言います。

は、「てのひら」です。

は、「あしのうら」です。

膿疱は、「液体が袋状に溜まる」病態のことです。

つまり、
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、

手のひら や あしのうら に液体が溜まっている状態です。

嚢胞は無菌性ですので、人にうつることはありません。

掌蹠膿疱症は、
悪くなったり、
良くなったりを 慢性的に繰り返すことが多いです。

男女比では、
男性より 女性の方が2〜3倍多く認められるという報告があります。

原因

掌蹠膿疱症のはっきりとした原因は分かっていません。

しかし、以下のことが増悪因子として考えられています。

扁桃腺炎、
副鼻腔炎、
虫歯、
歯周病
等のある方に掌蹠膿疱症が認められることが多いことから
それらの菌に対する生態反応と考えられています。

喫煙による
咽頭炎の生態反応 や
ニコチンが掌蹠膿疱症を悪化させるという報告もあります。

歯科治療による金属がある方に多く認められることから
金属に対するアレルギー反応。

私自身歯科医師ですので、
口腔内金属を撤去することで掌蹠膿疱症が改善したことを多く経験しています。

他にも「ストレス」 や 「薬剤」 の影響も言われています。

治療

なにが原因かを正確に判断することは難しいため、
原因と考えらることを排除しながら皮膚のケアを行うことになります。

皮膚への対処は、皮膚科医にご相談されて下さい。

皮膚科での治療によっても改善がない場合には、
口腔内金属の撤去 や
歯周病治療、虫歯治療を並行して行うことで改善する可能性もあります。

このシリーズは、
歯周病 と 全身疾患というテーマで解説していますが、

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という
皮膚疾患も歯周病と関連している可能性があるのです。

来週も
歯周病 と 全身疾患との関連性についてです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年11月16日

歯周病 と 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

2020年11月16日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

はじめに
いつものように
新型コロナウイルス感染症の話です。

第3波といってもいいほど
感染が広がっています。

現在の状況は、
緊急事態宣言の時以上にリスクが高いといっていいほどです。

コロナ禍に慣れてきていることもあり、
街中は人でいっぱいです。

ただし、ずっと自粛状態では経済は疲弊してしまいますので
経済活動をある程度戻しながら
感染対策をしていくことには多くの皆さんはご納得されていることでしょう。

そこで大切なのは、
もう一度基本に戻り、
3密を回避し、
消毒の徹底です。

特に会食事には、感染リスクが高くなりますので
特別に注意が必要です。

以下は神奈川県公式の
会食時の新マナー
「マスク会食」です。

それでは本題です。

前回までは、
歯周病 と 認知症について解説してきました。

最近は、テレビ や ネットで話題になっており、
患者様からも聞かれることがありました。

今日のテーマは、
『歯周病 と 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)』
になります。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
という病気を聞いたことがありますか?

若い方は聞いたことはないかもしれません。

その名前のとおり肺炎です。

(ガン)と聞くと
誰もが知っている病気であり、

もし ご自身がに罹患してしまった場合には、
当然ショックのことと思います。

「治るのか?」
「死んでしまうのか?」
等 
不安があると思います。

それに対して、
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)と聞くと
癌(ガン)ほどの深刻性を感じられないかと思います。

しかし、
高齢になればなるほど肺炎は、深刻な病気となります。

65歳以上の高齢者死因のトップは肺炎です。

肺炎の原因となる一般的な細菌は、
肺炎レンサ球菌、
肺炎桿菌、
緑膿菌、
黄色ブドウ球菌などですが、

口腔内に生息している細菌、
特 に歯周病細菌も肺炎を起こすことが知られています。

口腔内には、非常に多くの細菌が生息しています。

口腔内細菌の種類は、
研究報告によりある程度の違いはありますが、
おおよそ400〜500種類が生息しているのではないかと言われています。

その細菌の数は、
糞便1gに生息する細菌数より多いとされています。

びっくりですね。

糞便より口腔内細菌の数の方が多いなんて…。

普通、
食物等を飲み込む際には
肺の入り口にあたる気道への通路が遮断されます。

これにより肺に異物が行かないようになっています。

しかし、高齢者になると
その遮断機能がうまくいかなくなり、
誤って肺に入り込んでしまいます。

これが誤嚥(ごえん)です。

この誤嚥により起こす肺炎を
誤嚥性肺炎と言います。

高齢になればなるほど誤嚥のリスクは高まります。

食事の際に咳き込むことが多い方は、要注意です。

特に歯周病患者さんにおいては、
莫大な数の細菌が生息しており、
飲食の際 や 唾液を飲み込んだ際にも
誤嚥してしまう可能性があります。

また、
歯周病原菌の中には
タンパク質を分解する酵素を作りだすことがあります。

この酵素は、
咽頭粘膜(喉の粘膜) の表面に影響を与え、
肺炎の原因となる
肺炎レンサ球菌、
肺炎桿菌、
緑膿菌、
黄色ブドウ球菌などか
付着しやすくなってしまいます。

歯周病細菌の影響で
誤嚥性肺炎の危険性はますます高まってきます。

歯周病の問題がある方は、
まず徹底して歯周病治療を行うことが必要ですし、
日々の口腔清掃(歯磨き)も非常に重要です。

また定期管理(メインテナンス)を行い、
ご自身では清掃が難しい部位(歯周ポケット内部 等)の清掃を定期的に行うことも大変重要です。

歯周病に大きく影響している口腔内細菌
ポルフィ ロモナス・ジンジバリス
(Porphyromo- nas gingivalis)
アクチノバシラス・ アクチノミセテムコミタンス
(Actinob- acillus actinomycetemcomitans)

当医院では、
こうした歯周病細菌の種類 や 数を測定することが可能です。
以下を参照して下さい。
歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 リアルタイムPCR


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP