歯周病専門医サイトブログ

カテゴリー: 歯周病の記事一覧
2021年3月1日

歯周病を予防するとウイルスが減る

2021年 3月 1日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病を予防するとウイルスが減る』 になります。

先週のブログでは、
歯周病の人はウイルス感染しやすい
という話をしました。

本日は、
『歯周病を予防するとウイルスが減る』
という話をしたいと思います。

ウイルスが口の中の感染して、体内に入る時、
粘膜の細胞膜の受容体(レセプター)にくっついて
ウイルスの遺伝子を細胞の中に放出して、
増殖していきます。

通常は、口腔内の粘膜細胞は、
粘液で覆われており、
ウイルスの侵入を防いでくれます。

ウイルスが受容体(レセプター)とくっつきにくくなっているのです。

しかし、
歯周病になると
歯周病細菌の出す毒素
粘液の層を破壊することで
受容体(レセプター)が露出してしまうため、
ウイルスが吸着しやすくなってしまうのです。

次回も
続きを解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年2月22日

歯周病の人はウイルス感染しやすい

2021年 2月22日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病の人はウイルス感染しやすい』 になります。

ウイルスと歯周病の関連性は、
100年も前から報告されていました。

スペイン風邪(H1N1型インフルエンザ)が流行した時代に
調査された研究データです。

260人を対象とした研究によると

歯周病になっている人
スペイン風邪の罹患率は、72% であったのに対して、

歯周病になっていない人
スペイン風邪の罹患率は、32% でした。

なぜこのような結果になったのかは、
来週のブログで解説します。

お楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2021年1月11日

歯周病と関節リウマチ

2021年 1月11日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病 と 関節リウマチ』になります。

今年最初の歯周病ブログです。

昨年(2020年)の11月〜12月は
歯周病 と 全身疾患についていくつかの話をしてきました。

2020年11月 2日:歯周病 と 認知症(アルツハイマー型):その1

2020年11月9日:歯周病 と 認知症(アルツハイマー型):その2

2020年11月16:歯周病 と 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

2020年11月23日:歯周病 と 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

本日のテーマは、
歯周病と関節リウマチとなります。

関節リウマチという病気は、
関節に炎症が起きることで
腫れや痛みが起こる病気です。

好発年齢は30〜50歳代で、
女性に多く発症します。

そして、
進行すると
関節の変形 や 手足の 運動障害が生じます。

関節リウマチの患者さんは、
以前より
歯周病の方が多いと言われていました。

その理由には、
関節リウマチの患者さんは、
手指を十分に動かすことができないため、

歯磨きが十分にできないことで
口腔内が不衛生となり、

結果的に歯周病細菌が増えて
歯周病が進行しやすいとされていました。

しかし、近年では
多くの研究により
歯周病 と 関節リウマチの関係性が
数多く報告されるようになってきました。

歯周病細菌による感染症は、
自己抗体の産生 と 免疫寛容の破綻をもたらすころで
関節リウマチを起こすとされています。
(歯周病原細菌由来の酵素によってシトルリン化タンパクが増加し、
 関節炎を悪化させると考えられています)

また
関節リウマチの患者様が服用する
免疫抑制薬による易感染性 や
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)併発による影響も報告されています。

初診時に歯周病をもつ関節痛患者様は、
歯周病をもたない関節痛患者様と比較して、

その後 関節リウマチと診断され、
抗リウマチ治療を開始されるリスクが
約 2.77倍高くなるという研究が
京大病院リウマチセンター と 歯科口腔外科の共同研究グループにより
報告されています。

歯周病細菌は、
本当に様々な病気と関係しているのです。

歯周病細菌は、
血液を介して
全身へと流れていきます。

当然のことですが、
口腔内に細菌が大量にいることは
けして健康によいことはありません。

しかし、
この歯周病細菌ですが、
完全に除菌することは
現在の歯科医学では不可能です。

しかし、
細菌数を減らすことは可能です。

そのため、
歯周病の方は、
まずは歯周病治療を行い、
徹底して歯周病細菌数を減らすことがとても重要です。

また進行した歯周病には完治という言葉はありません。

専門的には、
寛解(かんかい)と言います。

例えて言えば、
糖尿病が進行している患者様の場合、
血糖値を安定させる薬を飲めば、
歯周病が完治するわけではありません。

高カロリーな食事をすれば、
血糖値は上昇してしまいます。

糖尿病を悪化させないためには、
適切な食生活 や 運動 等
様々なことをコントロールすることで
病状を安定させることが重要なのです。

このことは、
十分ご理解できると思います。

歯周病は、
歯周病細菌による感染症です。

この歯周病細菌を、完全になくすことはできません。

歯周病治療を行うことで
細菌数を減らすことはできますが、
また増えていきます。

そのために、
日々の口腔清掃(歯磨き)が大切になってきますし、

定期的に歯科医院を受診していただき、
歯ブラシでは届かない部位の
清掃を行うことで
歯周病細菌を増殖を抑えることが
非常に重要なのです。

このことを
PMTCと言います。

本日はこれで終了です。

来週もまた歯周病について解説します。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年12月28日

歯を磨かないと歯周病になるのか?

2020年12月28日(月曜日)です。

年末年始の休診案内

2020年 12月29日(火曜日) 午後から
2021年  1月 4日(月曜日)
まで休診とさせていただきます。

休診中の緊急連絡は以下よりメールでご連絡下さい。
休診中の緊急連絡先

また休診中の予約は以下からお願い致します。
24時間オンライン予約

また神奈川県内の
休日急患歯科診療所は、以下をご覧下さい。
神奈川県:休日急患歯科診療所

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

2020年最後のテーマは、
『歯を磨かないと歯周病になるのか?』になります。

という話です。

歯周病は、歯周病細菌よる感染症であることは、
このブログでよく解説する話です。

歯周病細菌は、生まれたばかりの子供の口腔内には存在しません。

人から人へと感染していきます。

現在の新型コロナウイルス感染症(COVID 19)と同じ感染症です。

それでは、
歯周病細菌はどこにいるのでしょうか?

誰から移るのでしょうか?

歯周病細菌は人の口腔内に存在しています。

しかし、
歯周病細菌の種類や数は人によって大きく変わります。

悪性度の高い歯周病細菌が感染している場合には、
歯周病が悪化しやすい傾向が高いです。

悪性度の高い歯周病細菌の代表的なのが
ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)です。

Pg菌の感染が起こり、
またその量(数)が多い場合には、
歯周病となってしまう可能性が高くなります。

またもっと詳細な話にはなりますが、
ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)にも
様々なタイプがあります。

現在わかっていることは、
ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)の中でも
Pg菌 タイプ2が最も悪性度が高いとされています。

こうしたPg菌 タイプ2に感染していた場合には、
歯周病が悪化する可能性が非常に高くなります。

別の言い方をすれば、
悪性度の高い歯周病細菌に感染していない人は、
歯周病になりにくいのです。

歯周病専門医であれば知らない人はいないというくらい有名な研究があります。

スリランカの紅茶農民を対象として、
歯周病の状態を15年にわたり長期的に観察した研究です。

研究に参加した方達は、
歯磨きをまったくしない民族でした。

この方達が生活する地域には、
歯科医院は存在せず、
歯石を除去することも一切ない環境でした。

つまり、
歯を磨かないと歯周病になるのか?

という研究と言ってもいいでしょう。

多くの方は、
「歯を磨かないと歯周病になってしまう」
と思われているでしょう。

本当でしょうか?

この研究の結果です。

ほとんどの方に歯石が付着していました。

そして約80%の人達は、歯周病が進行していました。

また約10%の人達は、急速に歯周病が進行しており、
若くして多くの歯を失っていました。

しかし、注目すべきことは、
約10%の人達は、歯周病に問題がなかったのです。

歯を磨かないという同じ生活習慣、
歯科医院も存在しないので、歯石除去等の歯科治療も経験していません。

またおそらく食生活等のライフスタイルも大きく変わっていることはないことが想像されます。

しかし、
歯周病の進行は、全く違ったのです。

歯周病の進行には、
歯周病細菌の質が大きく関わってきます。

歯周病がご心配な方は、
悪性度の高い歯周病細菌の有無や量を調べることができます。

歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 リアルタイムPCR法です。

この詳細は、以下を参考にして下さい。
歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 リアルタイムPCR法

来年も歯周病情報をアップしていきます。

是非ご覧になって下さいね。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2020年9月14日

こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く) :第11回 出血は悪いのか?

2020年 9月14日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く)
:第11回 出血は悪いのか?』
になります。

「歯磨きをすると出血がある!」
という方はいらっしゃると思います。

歯磨きをしてる時に出血があるのは問題でしょうか?

始めに回答からします。

出血があるということは、
歯周病である可能性が高く、
かなり問題があります。

早急に歯科医院を受診された方がいいです。

特に歯周病専門医であった方がいいです。

出血がある場合には、
歯周病が進行している可能性が高いため、
そのまま放置すると
抜歯となることが考えられます。

ただし、
歯周病でない場合でも
出血が認められることもあります。

例えば、
歯ブラシの圧力が強く、歯肉を傷つけてしまったり、

歯間ブラシで歯肉を傷つけてしまうこともあります。

デンタルフロスで歯肉を傷つけてしまうこともあります。

こうした不適切な口腔清掃用具の使用で
出血することもあります。

しかし、
出血の原因が歯周病であるのか
不適切な口腔清掃によるものなのか
を正しく判断することは難しいため、
歯肉からの出血を認められた場合には、
やはり歯科医院を受診し、
歯周病の検査を受けられた方が良いです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年9月7日

グラグラした歯は治るのか? 

2020年 9月 7日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く)
:第10回 グラグラした歯は治るのか? 』
になります。

このブログでは良く解説していますが、
歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌は、誰の口腔内にも存在しますが、
その細菌の種類 や 数 には大きな違いがあります。

悪性度の高い歯周病細菌が多量に存在すると
歯周病は非常に進行します。

歯周病が進行すると
歯を支えている骨が吸収します。

以下の図は、このブログでよく使用する
歯周病による骨吸収です。

骨吸収が進行すると
歯がグラグラしてきます。

それでは、
この歯のグラグラは治るのでしょうか?

始めに回答からすると
グラグラが改善する場合もありますが、

まったく改善しない場合もあります。

歯周病治療を行なうと
歯周ポケットという数値は改善してきます。

歯周ポケットとは、
歯と歯肉の隙間にある深さのことです。

プローブという細い器具を
歯と歯肉の隙間に入れて、
その溝の深さを計測します。

1歯に対して歯の周囲を6箇所計測します。

正常値は、1〜3ミリ程度です。

4〜5ミリぐらいになると歯周病が進行していると言えます。

歯周ポケットが7ミリ以上になると
重度歯周病と言えます。

どうしても治せない歯周病も存在します。

この場合には抜歯となりますが、
治せる状態であれば、歯周病治療を行なうことで、
歯周ポケットは改善してきます。

歯周ポケットが10ミリもある進行した重度歯周病でも
適切な治療を行なうことで、
歯周ポケットが3ミリ程度に改善することもあります。

それでは、
歯周ポケットが改善した場合には、
吸収した骨ももとの状態に戻り、
グラグラも治るのでしょうか?

歯周病治療によって
骨吸収が改善することもありますが、

基本的に歯周病治療で骨が回復することは少ないです。

そのため、
グラグラした歯が治ることは基本的にありません。

しかし、
グラグラの原因が骨吸収だけでない場合には、
グラグラの原因を取り除くことで、
歯が動かなくなることもあります。

歯がグラグラしていることは良いことではありません。

こうした場合には、
グラグラを固定によって治すことがあります。

一般的には、
歯に被せ物を行い、
グラグラしている歯と
グラグラしていない歯を
連結した被せ物で固定します。

様々な方法がありますが、
固定が一般的に行われます。

それでは、
グラグラしていることは絶対にダメなのでしょうか?

そうではありません。

グラグラしていたとしても
噛むことに問題を生じていなかったり、

歯周病の進行を助長させない状態であったり、

等問題が起こっていない場合には、
固定せずにそのまま経過をみていくこともあります。

歯周病の進行には
比較的長い期間がかかることが多く、
歯周病が進行してから
5年、
10年と経過してから
グラグラを実感される場合もあります。

しかし、
こうした時には歯周病がかなり進行しており、
手遅れになることが多いです。

グラグラしたら相当悪いとお考え下さい。

本来は、このような状態にならないように
定期的に歯周病検査を行なうことが大切です。

歯周病がご心配であれば、
お近くの歯周病専門医を受診されて下さい。

歯周病専門医の調べ方ですが、
日本歯周病学会のホームページに記載してあります。

以下から検索できます。
日本歯周病学会 歯周病認定医と専門医名簿一覧

ちなみに
認定医専門医
の違いですが、

受験の難易度がかなり違います。

歯周病学会認定医より
歯周病学会専門医の方がはるかに取得するのが難しいです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年7月13日

こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第5回目 喫煙は歯周病に悪いのか?

2020年 7月13日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第5回目 喫煙は歯周病に悪いのか?』になります。

このシリーズも5回目になりました。

まだまだ続きますよ。

いつも初めに新型コロナ感染症の対策について書いています。

今では、
アルコールでの手指消毒はみなさん日常行っていることと思います。

もちろん当医院でも
受付前 と お手洗い(化粧室)にも
エタノール消毒液を置いております。
エタノール濃度は、76〜81%です。

しかし、
最近ではこのエタノールのポンプに触れるのを嫌がる方もいらっしゃいます。

お気持ちは分かります。

現実的には、ポンプを押した後に
エタノールで消毒するわけですから
ご心配はいりません。

しかし、人の気持ちというのは
科学的な根拠だけでは感じることは難しいことも事実です。

やはり消毒用のポンプにも触れないようにすることは、
気分的に安心するという人もいらっしゃいます。

そこで
足で踏むことでエタノールが噴射される装置を導入しました。

以下です。

非常に単純な装置です。

最下点にあるペダルと足で踏むことで
レバーが下がり、
消毒ボトルを押します。

ちなみに
新型コロナウイルス感染症に対して、
どれくらいのエタノール濃度であれば効果があるのでしょうか?

今回のCOVID-19でエタノール消毒を行うようになった方多いかと思いますが、
我々のような医療機関では、
エタノール消毒はごく普通に頻繁に使用していました。

75〜80%程度のエタノールが一般的に医療機関で使用されていました。
様々な研究により
細菌 や ウイルスに効果があるとされている濃度です。

消毒に用いるエタノールの殺菌効果は古くから研究されており、
その至適濃度範囲は、

日本薬局方では、
エタノール 76.9~81.4 vol% となっています。
https://www.info.pmda.go.jp/ogo/J0601006147_01_13

米国薬局方(USP-NF)では、
エタノール 68.5~71.5 v/v% となっています。

また、WHO(World Healthcare Organization)ガイドライン では、
エタノール 60〜80 v/v% となっています。

日本のエタノール濃度に関する研究については以下を参考にして下さい。
殺菌・抗ウイルス効果に及ぼすエタノール濃度の影響

また新型コロナ感染症(COVID-19)に対するエタノール効果についても
いくつかの研究があります。
医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化効果について

どれくらいのエタノール濃度であれば新型コロナウイルス感染症に対して効果があるあkということは、こうした研究データから読み解くことになりますが、
一般的に医療機関で使用している日本薬局方の
エタノール 76.9~81.4 vol%
であれば問題ないと思われます。

エタノール濃度100%の無水エタノールは手指の消毒には適していません。

なんとなく100%の方が良いかとおもわれがちですが、
そうではありません。

無水エタノールは、
刺激が強いです。
また皮膚に付着すると水分を奪ってしまう性質があります。

そのままでは、すぐに蒸発してしまうため、
手指消毒には使用ができません。

さて本日の本題です。
タバコは、歯周病にとって悪いのか?

という話です。

まず結論からお話しますと
タバコは、ものすごく歯周病にとって問題です。

喫煙 と 歯周病についての研究報告は多くあります。

一般的には、
非喫煙者と比較して、
喫煙者は、
歯周病のリスクが5倍高いと言われています。

実際に私が経験する臨床でも
喫煙者は、本当に歯周病が治りにくいです。

歯周病を治したいとお考えの場合には、
是非禁煙されて下さい。

喫煙者は、
他の全身的な病気にとっても
圧倒的に高リスクとされており、
良いことなんてありません。

また、
加熱式タバコ や 電子タバコについてはどうでしょうか?

歯周病とこうした新型タバコについては、
現在様々な研究が進められていますが、
高リスクであることは間違いないと思われます。

次回も歯周病の問題について解説していきましょう。

本日はエタノールの話の方が長くなってしまいました。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年6月29日

こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第3回目 口臭の原因は歯周病?

2020年6月29日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『こうして歯は失われる(歯周病の謎を解く):第3回目 口臭の原因は歯周病?』になります。

さてこのシリーズも3回目となりました。

本日は口臭です。

歯周病は口臭の最大の原因といってもいいでしょう。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

細菌がいなければ、歯周病にはなりません。

基本的に歯周病が進行すればするほど
口腔内には、歯周病細菌が多くいるということです。

口臭の種類には、
1.硫化水素
2.メチルメルカプタン
3.ジメチルサルファイド
という臭いがあります。

これらの臭い物質は、歯周病細菌が代謝の過程で産生します。

歯周病をこのブログでする際には、
必ずといっていいほど歯周ポケットの話をします。

知っていられる方も多いかと思いますが、
はじめてこのブログを見られる方のために
歯周ポケットについて解説します。

歯周ポケッとは、
歯と歯肉の歯肉の溝のことで、
正常な溝の深さは、1〜3ミリ程度です。

歯周病が、進行すると
この歯周ポケットが深くなっていきます。

7ミリ以上になると
重度歯周病といっていいです。

歯周病細菌の多くは、酸素を嫌う
嫌気性菌(けんきせいきん)です。

我々が呼吸している地上の酸素割合は約21%です。

しかし、歯周ポケットが深くなると
酸素が届きにくく
酸素割合は、1%以下となることがあります。

つまり、歯周ポケットが深くなると
歯周病細菌が繁殖しやすい環境となるのです。

そのため、歯周病が進行し、歯周ポケットが深い場合には、
歯周病細菌が多く存在している可能性が高いため、
歯周病細菌が代謝の家庭で産生する
1.硫化水素
2.メチルメルカプタン
3.ジメチルサルファイド
が多くあるため、臭いが発生するのです。

歯周病が進行している方の多くは、口臭があります。

きちんと歯周病治療を行うことが大切です。

*口臭の原因は、歯周病だけではありません。
 歯周病が原因による口臭を病的口臭と言います。
 それに対して、
 歯周病等の問題がないにも関わらず口臭がある状態を
 生理的口臭と言います。

生理的口臭は、口臭外来による検査が必要です。
(2020年6月現在、口臭外来は、新型コロナウイルス感染症のため、休診しています)


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

LINE相談

2020年2月13日

リアルタイムPCR法

2020年 2月13日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

いつもは、月曜に書いているブログですが、
この前の月曜日(2月10日)に間に合わなかったので
今回は木曜日アップです。

今日のテーマは、『リアルタイムPCR法』になります。

最近、COVIDー19(新型コロナウイルス感染症)の報道が毎日のようにされています。

中華人民共和国湖北省武漢市の渡航歴がある方で発熱等が発症している方を優先的に
ウイルス検査を行っていることはみなさんご存知のことですよね。

この際に耳にするのが
「PCR検査」です。

聞きなれない検査だと思いますし、
今回の COVIDー19(新型コロナウイルス感染症)報道で初めて聞かれた方も多いかと思われます。

しかし、私のような歯周病専門医にとっては、
かなり一般的な検査であり、
当医院でも日常的に行っている検査なのです。

歯周病でPCR法?
と思われるかもしれません。

PCR法は、ポリメラーゼ連鎖反応と言われ、
Polymerase Chain Reaction
の頭文字をとって PCR法と言います。

これは、DNAを増幅するための原理またはそれを用いた手法のことです。

DNAは、地球上の多くの生物に備わる
遺伝情報の継承と発現を担う高分子生体物質のことです。

コロナウィルスもDNAを持っています。

難しい話はさておき、
DNAという言葉は聞いたことがあるかと思います。

つまりPCR法は、生物が持っている遺伝情報を増幅させる方法です。

PCR法は、
1985年、ケリー・マリスによって発表され、1993年にノーベル賞を受賞しています。

当医院でも行っているリアルタイムPCR法は、
PCR法をさらに進化させた手法です。

PCR法は、DNAを増やしたり、その有無を判定するために用いられるのに対して、
リアルタイムPCR法は、DNAの量を測定することができます。

量の測定ができるのが
リアルタイムPCR法です。

さて、話は歯周病になりますが、
歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌は、どんな人にでも存在します。

しかし、その種類や量には、個人差が大きいです。

歯周病細菌の種類は口腔内に無数に存在しますが、
現在歯周病に関連する最も悪性度の高い細菌は、以下の5種類とされています。

A.a.菌( Aggregatibacter actinomycetemcomitans )
侵襲性歯周炎の発症に関連が深い菌 非常に悪性度の強い細菌

P.g.菌( Prophyromonas gingivalis )
慢性歯周炎の発症に関連が深い菌
年齢に比較して骨吸収が大きく この菌の比率が高い場合
侵襲性歯周炎と診断される 非常に悪性度の強い細菌

T.f.菌( Tannerella forsythensis )
慢性歯周炎の発症に関連が深い菌

T.d.菌( Treponema denticola )
慢性歯周炎の発症に関連が深い菌

P.i.菌( Prevotwlla intermedia )
思春期性 や 妊娠性歯周炎 の発症に関連が深い菌

この5種類だけが問題ではありませんが、
現時点ではこの5種類の細菌を調べることが一般的となっています。

特にP.g.菌は、悪性度の高い歯周病細菌の代表です。

さらに詳細な話になりますが、
この悪性度の高いP.g.菌ですが、
さらに細かく分類されます。

現在の研究ではP.g.菌タイプ2が最も悪性度が高いと言われています。

こうした歯周病細菌が少ない人の場合、
極端な話をすれば、
歯を磨かなくても歯周病になる確率は低いです。

しかし、悪性度の高い歯周病細菌が非常に多い場合には、
頑張って歯磨きを行っても
歯周病が進行してしまう可能性が高くなります。

そのため、歯周病が進行している方では、
どのような歯周病細菌に感染しているのかを調べることで
将来的なリスクがわかるのです。

リアルタイムPCR法を行うことで
口腔内に存在する歯周病菌種の存在を定量的に調べることができます。

この詳細は、以下のページをご覧下さい。

リアルタイムPCR法

もし、悪性度の高い歯周病細菌に感染していた場合には、
歯周病治療と平行して、
抗菌薬による治療 や 口腔内細菌を減少させるための洗口薬の使用 等の対応を行うことで
口腔内細菌を減少できるという報告もあります。

本日は、
今話題のPCR法と歯周病との関係性についてでした。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年12月16日

歯周病は治るのか?

2019年12月16日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯周病は治るのか?』になります。

中程度までの歯周病であれば、改善する可能性が高いです。

重度の歯周病であっても改善する可能性もあります。

しかし、治らない歯周病があるもの事実です。

例えば、
癌(ガン)という病気の治るかを考えた場合、
癌が100%治ると思っていらっしゃる方はいないと思います。

多くの方は、
癌が治るかどうかについて
専門家でなくても
初期の癌であれば治る可能性が高く、
進行した末期ガンであれば、治りにくいと思っていられるでしょう。

多くの病気は、
早期発見、早期治療で治る可能性が高まります。

歯周病も同じです。

先に説明しましたように
初期の歯周病であれば十分治る可能性が高いです。

しかし、本当に進行した歯周病の場合には、
私のような歯周病専門医であっても治すことが難しいケースもあります。

そのため、
少しでも早く治療を開始することが重要です。

そこで疑問となるのが
軽度の歯周病
中程度の歯周病
重度の歯周病
の違いです。

本日からこうした話をしていきたいと思います。

まず、歯周病について理解をしていただくために必要な知識が、
歯周病は、歯周病細菌による感染症ということです。

歯周病細菌と言っても
口腔内には数百種類の細菌がいます。

その中でも悪性度の高い歯周病細菌がいます。

こうした歯周病細菌については、
このブログでもよく解説する内容です。

どのような歯周病細菌が存在しているのかは、
個人差が非常に大きいです。

さほど問題が生じにくい細菌もいれば、
非常に歯周病の進行を早める細菌もいます。

悪性度の高い歯周病細菌が多く存在する方の場合には、
その進行も早く、
再発率も高いです。

歯周病ハイリスクと言えます。

こうした歯周病細菌の種類を調べることも可能です。

細菌のDNAを調べることで
どのような種類の歯周病細菌が患者様の口腔内に存在するのかを
判断することが可能です。

歯周病細菌検査をご希望される場合には、
担当歯科医師にご相談下さい。

悪性度の高い歯周病細菌が多量に検出される場合には、
重度歯周病と言えます。

軽度の歯周病
中程度の歯周病
重度の歯周病
を判断するためには、
歯周病細菌検査以外にも様々な方法があります。

もっとも基本的な検査として、
歯周ポケット検査があります。

歯周ポケットとは、
歯と歯肉の境目にある溝のことです。

このブログでもよく出てくる言葉です。

この歯周ポケットの中に
以下の図のように
プローブと言われる1ミリ間隔のメモリがついた棒状の器具を挿入します。

この深さが
1〜3ミリ程度であれば、歯周病にさほど問題はありません。

4〜6ミリ以上になると中程度歯周病に分類されます。

7ミリ以上になると重度歯周病と言えます。

しかし、歯周ポケットの深さだけで
歯周病の進行状態を決めるわけではありません。

歯周病の進行程度にもっとも大きく影響しているのが
歯の根を支えている骨の量です。

歯周ポケットが深くなると
細菌が繁殖していきます。

歯周病細菌は、
歯肉を腫らします。

さらに進行すると
骨が溶けるのです。

この骨吸収がどの程度進行しているかが、歯を残せる大きなポイントになります。

ただし、骨の吸収だけで、治る基準 や 抜歯の基準 を正確に決めることは非常に難しいことです。

この理由として、歯周病は、生活習慣病であり、さまざまな要因から成り立っているからです。

歯周病の原因は、
歯周病細菌
歯磨きが適切にできていない
噛み合わせ(歯ぎしりを含む)
喫煙
食生活、運動、飲酒、睡眠、ストレス…
等です。

そのため、単に骨の吸収があるからダメ(抜歯)ということではありません。

中程度以下の歯周病で、骨吸収がさほど少なくても、
歯磨きができていない、
歯ぎしりが強い、
噛み合わせが悪い、
喫煙している 
ということが重なっている患者様では、
治らない可能性が高くなります。

逆に骨吸収がある程度ある 重度歯周病でも
今後 徹底して歯磨きをきちんと行うことができる
喫煙や生活習慣が適切である
等も問題がなければ、
治る可能性も十分あります。

次回もこの続きになります。


クリックでの応援よろしくお願い致します

歯周病再生治療(エムドゲイン法)無料
オールセラミック無料
のお知らせ(臨床研究ご協力のお願い)です。

現在 当院では中程度以上の歯周病の臨床研究を行っています。

ご協力いただいた方には、
歯周病再生治療(エムドゲイン法)を5歯分を無料
もしくは、
オールセラミック治療を5歯分無料
とさせていただきます。

詳細は以下をご覧になって下さい。

【研究テーマ】
歯周病と糖尿病の関連性についての臨床研究

【本研究の目的及び意義】
 糖尿病患者さまにおいては歯周病が高い頻度で発症することが知られており、
新たな合併症に加えられています。 
一方で、歯周病の治療が糖尿病をどの程度に改善させるかついては様々な報告があり、
見解が一致していません。
そこで本研究では、中等度~重度の慢性歯周炎患者さまにおける糖尿病血液検査(HbA1c / 空腹時血糖値) 等を検査し、その分布を調べます。
さらに歯周治療を行うことで、それら検査値がどのように変化するかも調べます。
この研究で得られる結果は、歯周病と糖尿病の関係だけでなく、
歯周病の治療を行うことが全身におよぼす影響についても示し、重要なデータとなることが期待されます。

以下の項目を調べます。
【主要検査項目】

血液検査 (以下の検査において指尖から数滴適度の血液採取を行う)

以下の検査を2回実施します。

1回目:歯周病治療開始前(歯周病治療は8〜12週間で終了予定)
2回目:歯周病治療後(歯周病治療後10〜12週後に検査)

1. 血液検査(HbA1c*:ヘモグロビンエーワンシー)
                  

2. 空腹時血糖値
    基準値 110~125mg/dl未満
    検査時には、朝食は取らずに ご来院いただき、午前中に測定させて
    いただきます。

3.高感度CRP
  *CRPは血液中にあるタンパク質の一つで、炎症があるとその重症度に応
じて濃度が高くなることから 炎症の診断や治療の改善効果をみるため
に行われる検査です。

【副次的評価項目】

・唾液検査(虫歯菌、酸性度、緩衝能、白血球、タンパク質、アンモニア)
    洗口用水によりすすいだ液から検査

・歯周病検査(歯周ポケット検査、Bleeding on probing, Clinical Attachment level,
プラーク指数, 歯肉炎指数, 歯の動揺度 )

・BMI :BMI(Body Mass Index)は、ボディマス指数とも呼ばれ、体重と
     身長の関係から算出される肥満度を示す体格指数です。

【研究に参加する患者様のメリット】

1. 患者様ご自身の健康状態(血糖値検査、唾液検査は無料)を把握することができる。

2. 歯周組織再生治療(エムドゲイン法)を最大5部位無料で行える(通常1部位5万円)

3. もしくはオールセラミック治療が最大で5部位無料で行える(通常1歯5万円)

  *2. もしくは 3. を合わせて5部位(合計25万円)まで可能。

*上記以外の歯周病の治療等 通常の保険費用はかかります。

【研究参加条件】

1. 中程度以上の歯周病の方
 (5ミリ以上の歯周ポケットが全体の30%以上ある場合です。
  歯周病検査後にご説明させていただきます。)

2. 20歯以上の残存歯がある方(抜歯後の残存歯数が20歯以上)
(親知らずを除く歯は全て揃っている場合28歯あります。つまり9歯以上の欠損がある方は本研究の対象外となります)

3. この研究内容に同意していただける方

以下の方はご参加できません。
・ 現在糖尿病治療を受けられている方
・ 過去6ヵ月以内に歯周病治療を受けている方
・ 過去3ヵ月以内に抗菌薬または抗炎症薬を投与されている方
・ 重篤な全身疾患に罹患している方
・ 喫煙者

【募集人数】
 30名(募集定員になりしだり終了いたします)

ご希望の方は、担当歯科医師にお知らせ下さい。

またご予約は、インターネットオンラン予約
インターネット・オンライン予約休診日でも24時間 オンラインで予約可能

もしくは

電話(045-891-3334)でお願いいたします。

*インターネットオンライン予約は担当医は指定できません。

ご不明な点は以下のメール相談をご利用下さい。
メール相談

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP