歯周病専門医サイトブログ

2011年4月11日

Full Mouth Disinfection:歯周病細菌除去療法 その1

4/11(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『Full Mouth Disinfection:歯周病細菌除去療法 その1』になります。


前回の歯周病ブログでは、『歯周病治療と菌血症』というテーマで解説しました。
前回のブログを見られていない方のために 簡単に説明しますと
歯周病は歯周病細菌による感染症 です。
歯周ポケット という 歯 と 歯肉の隙間から汚れが入り込み、歯肉を腫れさせたり、歯を支えている骨を吸収させる病気です。
つまり、歯周病の患者様は、歯肉の内部(歯周ポケット )に汚れ(歯周病細菌)がいっぱい存在しているということです。
こうした汚れ(細菌)が歯周病治療(抜歯 等の他の歯科治療でも起こります)を行うことにより、身体の中(血管内)に侵入することを菌血症と言います。
このような話しを聞くと怖い感じがあるかもしれませんが、心配はいりません。
健康な方であれば身体の中に入った細菌は、1時間もしないうちにいなくなるため、問題となることはありません。

本日から解説するFull Mouth Disinfection(歯周病細菌除去療法)という治療は、この菌血症と関係ある内容です。

Full Mouth Disinfection(歯周病細菌除去療法)の話しの前に 歯周病の一般的な治療法(ルートプレーニング )について解説します。
このルートプレーニング が分からないと先には進めないからです。

歯周病の原因は、『歯』と『歯肉の境目』に付着した汚れ(食べかす)がその境目の内部に侵入することから始まります。
この『歯』と『歯肉の境目』のことを専門用語で
『歯周ポケット』と言います。

測定方法は、『プローブ』(写真1)と言われる細い器具を 歯周ポケットに入れて計測します。(図1、写真2)
inspection1

歯周病ポケットについてもっと分かりやすくするために、
以下の動画をご覧になって下さい。
最初の動画は、『プローブ』を実際にみていただきます。(16秒)

次の 動画は、模型を使用し、下顎前歯部の『歯周ポケット検査』を行っているところです。(22秒)

プローブが歯肉の中に入っていくことが分かるかと思います。
動画では、3〜5ミリ程度『プローブ』が歯肉の中に入っています。
痛そうに見えますが、『プローブ』は非常に細いものですし、
無理矢理 押し込んでいるのではありませんので、痛みはほとんどありません。

次に、実際の口腔内で『歯周ポケット検査』を行っているところを見てみましょう!
この動画の方は、歯周ポケットは、1〜2ミリ程度しかありません。
(19秒)

これで、歯周ポケットがお分かりになったと思います。

歯磨きがきちんとできないと この歯周ポケットの周囲に汚れ(食べかす)が付着します。
次第にその汚れが歯周ポケット内部に入り込んでしまうのです。
歯周ポケットに入り込んだ汚れは 歯ブラシでは取ることができません。
そのため、汚れは どんどんと歯周ポケット内部に侵入していきます。
歯周ポケットが3ミリ程度になると『歯肉炎』と言われる状態になります。
歯肉が炎症を起こしており、歯ブラシにて出血することがあります。
しかし、歯を支えている骨は溶けておらず、歯肉のみの炎症です。
歯ブラシをしっかり行うことと、歯石を除去することで治ります。

歯周ポケットの内部に侵入した汚れは、歯の根の中に べったり とへばりつきます。
この汚れのことを『歯石』と言います。
聞いたことがありますよね。

歯石の除去 は歯科医院で経験されたことがある方も多いかと思います。
しかし、そうした場合に行う『歯石の除去』とは、歯肉の上に見える部分を取り除いているだけで、
歯周ポケットの内部に侵入した『歯石の除去』とは違うのです。
『歯周ポケットの内部に侵入した歯石の除去』は、歯肉に麻酔をして行うことが必要です。
この『歯周ポケットの内部に侵入した歯石の除去』を専門用語で
ルートプレーニングと言います。
または、『SRP(scaling root planing:スケーリング・ルートプレーニング)』とも言います。
ここでようやくルートプレーニングがでてきました。

『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』は、1回の治療で1歯ずつ行うのではなく、4〜7歯程度を一度に行います。
この時の治療時間は約30〜60分になります。

口腔内全体が歯周病の場合、全ての歯の『SRP』が終了するのに約4〜6回の治療回数がかかります。(上下顎合計で28歯全て存在する場合です)
患者様自身も 1回に口を開けていられる限界時間は 1時間程度ですので、
約4〜6回の治療回数に分けて行うことは一般的です。
これが、通常の『SRP』の進め方 と覚えておいて下さい。
この通常の『SRP』のことを『コンベンショナルSRP』とも言います。
『コンベンショナル』とは『ふつうの、古くからある、ありきたりの』という意味です。

このへんから本題に近い話しになります。
この『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』にも欠点があるのです。

歯周病は、細菌感染(歯周病細菌)によって起る疾患です。
先程説明しました汚れ(食べかす)が『歯周ポケット』内部へと侵入することです。
その治療として先程『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』について説明しました。

そして治療の進め方として 1回の治療で4〜7歯程度を行うため、
口腔内全体が歯周病の場合には 治療回数は4〜6回になります。
通常、『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』は、1週間に1〜2回程度行うペースが最適です。
もし、これが、1ヶ月に1回というようなペースで行った場合には、問題が生じる可能性があります。

つまり、『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』によって歯肉の内部がきれいになった(除菌)されたとしても、
他の部位がまだ汚れていれば、『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』した部位にも 再度新たな感染が生じてしまう可能性があります。
ある程度短期間で行う必要性があることが『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』にとって重要なのです。
これが欠点でもあります。

その欠点を回避するための方法が今回のテーマとなる治療法なのです。
この治療法については、次回解説します。
そして、この治療法が菌血症と関係があるのです。

全ての治療には利点もあれば、欠点もあります。
それぞれの特徴と患者様にどのような治療法が適しているのか?
をきちんと見極めることが大切なのです。

次回の歯周病ブログは、4月18日(月)になります。



インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2011年4月4日

歯周病治療と菌血症

4/4(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

このところ歯周病ブログのアップができずにすみません。

今日のテーマは、『歯周病治療と菌血症』になります。

歯周病治療(歯科治療)を行うと菌血症ということが一時的ですが 起こります。
歯周病治療における菌血症とは、歯周病細菌が一時的に血管の中に入り込む現象です。
歯周病は、歯周病細菌による感染症 です。
歯周ポケット という歯と歯肉の隙間から汚れが入り込み、歯肉を腫れさせたり、歯を支えている骨を吸収させる病気です。
shimiru_01

以下の写真は、歯の根に付着した歯石です。
スライド1

このような汚れが歯肉の内部に溜まっているのです。
この汚れの中には、歯周病細菌が存在するのです。
そして、歯周病治療のメインとなるのが、この汚れ(歯石)を取り除くことです。
歯周病治療として 最も初期の段階で行う治療がルートプレーニング という治療です。
スライド1

以下は模型上でルートプレーニング を行っているところです。

歯肉の内部には当然のことですが、血管が存在します。
特に歯周病で歯肉が腫れている方は出血が起こっていることが多いため、歯周ポケット 内部に存在する汚れ(歯石)と血管が触れていることになります。
他の言い方をすれば、汚れ(歯周病細菌)が血管に触れている状態といってもいいでしょう。
こうした汚れ(細菌)が一時的に血管内部に侵入することを菌血症と言います。
特に歯周病治療等の歯科治療を行うとこうした菌血症が起こることが報告されています。
ルートプレーニング では、報告に差はありますが、8〜79%の確立で菌血症が生じると報告されています。
事実ルートプレーニング を行った後(6分後)に採血して調べると血液中から歯周病細菌が発見されることが報告されています。
しかし、このような菌血症は、健康な方であれば1時間もしないうちにいなくなるため、問題となることはありません。
そのため、さほどご心配になることはないのです。
しかし、注意が必要な方もいらっしゃいます。
それは心疾患の方や 糖尿病の方など 全身的にご病気を持っていられる方や 抵抗力が低下している方です。
こうした場合には、歯石を取る治療や抜歯 等の歯科治療を行う際には注意が必要です。
また、重度歯周病の方は、炎症がある程度おちついていない状態でルートプレーニング を行うとよりリスクが高まりますので、歯周病治療前に歯磨きを徹底させたり、炎症を抑える治療を行った後でルートプレーニング 等を行った方が安全と言えます。
また、全身的に抵抗力が落ちている方の場合、治療前に抗生剤を服用して術前感染予防を十分に行うことも有効です。
当医院で治療を行っている患者様の中にも
当然のことながら 心疾患の方や 重度糖尿病の方もいらっしゃいます。
このような方の場合、状況によって治療の前日から抗生剤の服用を行ってからルートプレーニング 等を行うことがあります。

多くの歯科医院では、初診時に問診票で「過去病歴」を記載する欄がありますが、これをまったく記載されない患者様がいらっしゃいます。
たしかに 書くのが面倒なこともありますし、
単に虫歯治療や歯石を取るだけであれば、そこまで細かく病歴を記載する必要性はないと思っていらっしゃる方も多いのです。
しかし、たかだか歯石除去 や 抜歯といっても 問題が起こる治療もありますので、できるかぎり詳細に記載されていただきたいと思います。

話しはルートプレーニング に戻ります。
歯周病の治療を行う際には、このルートプレーニング はできるかぎり短期間で終了させることが重要です。
その理由として、歯周病は感染症 であるため、ある一部位のルートプレーニング を行ったとしても 他の部位の治療が終了していなければ、まだ感染している部位から 治療を行った部位(ルートプレーニング を行った部位)に感染が起こるのです。
そのため、ルートプレーニング はできるかぎり短期間で終了させることが必要です。
当医院では口腔内全体が歯周病の場合には、
一般的に4回に分けてルートプレーニング を行います。
一週間に1回の治療として
約1ヶ月間にルートプレーニング 終了するということです。
これは、歯周病治療の一つの方法として確立されたやり方です。
しかし、これは必ずということではありません。
患者様のさまざまなことを考慮して決定されます。
もし、非常に進行した歯周病の場合には、大量の歯周病細菌が歯周ポケット 内部に存在するということです。
このような方が重度糖尿病であった場合には、菌血症が起こる確立が高いため、できるかぎり炎症を抑える前処置を行ったり、4回に分けてルートプレーニング を行うのではなく、1回の治療での菌血症を抑えるために6回とか8回とかに分けて行うことも必要です。
もちろん抗生剤の前投与も検討することになります。

本日の話しは、菌血症という話しでした。
健康な方にとっては さほど気になさることではありません。
しかし、持病をお持ちの方は事前に担当医にきちんと伝えることも重要なことです。


次回の歯周病ブログは、4月11日(月)になります。



インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
2011年3月28日

本日の歯周病ブログは休みます

3/28(月)の歯周病ブログは休みです。
来週は必ずアップしますので、すみません。

新しく 計画停電についてのサイトを立ち上げましたので、
当医院の計画停電時間帯 や 休診日 等の情報は以下をご覧になって下さい。
計画停電情報サイト 大船駅北口歯科



以下は、計画停電サイトにアップしている内容ですが、支援物資の郵送方法についてお分かりの方がいらしゃればご連絡下さい。

東北地方太平洋沖地震 および 長野県北部を震源とする地震により被害を受けられた方に 心よりお見舞い申し上げます。
また 現在も被災地で大変な思いをされている多くの方が 早く安心して生活できるようにお祈り致します。

私自身も短期的に支援できること と 長期的に支援できることを行いたいと思っています。

まず すぐできることとして 支援物資を送ることにしました。
宮城県のホームページ を見ると毛布、米(精米)は十分な量が確保できているようで 受け入れを中止しているようです。
なんでも 送ればいいってものではないのです。
企業が大口単位で直接運搬することが可能な場合には良いのですが、
個人が直接持っていくことも
連絡しないで直接送ることも
逆に混乱してしまいます。

私自身は歯科医師ですので、口腔清掃不足は今後大きな問題を引き起こすことを知っています。
高齢者は、避難先で体力の消耗が起きると体調不良となります。
そうした状態で口腔内の清掃不足が起こると
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん) を起こすことがあります。

口の中にはさまざまな細菌がいます。
私達はこうした細菌を しらずしらずのうちに 飲み込んでいます。
この誤嚥性肺炎は、えんげ(飲み込むこと)反射 と 咳反射が低下した場合に起こることが明らかになっています。
歯周病を起こさないような口腔内であれば問題はありませんが、歯周病であったり、ブラッシングが不十分であると起こる可能性が高くなります。
日本人の死因の第4位が肺炎 (平成14年度の厚生労働省ホームページより)であり、そのうちの約9割が65歳以上です。

こうしたことから私は 支援物資として 歯ブラシを 1万本 用意しました。
しかし、当院周囲の市町村である横浜市(栄区) や 鎌倉市 に支援物資の相談を行ったのですが、
鎌倉市は 毛布のみの受け付けで、
横浜市(栄区)も受付を行っていないとのことでした。
そこで、岩手県 等の被災地域に直接送ろうと思い、
被災地に支援物資の依頼ファックスを送っているのですが、混んでいるようで
連絡が行えません。
どなたか 歯ブラシ1万本 を受け入れてくれる施設をご存知の方がいらっしゃればご連絡下さい。

引き続き 被災地 の役所 等にファックスを送ってみますが…





大船駅北口歯科 インプラントセンター 
   国際インプラント学会認定医
   日本歯周病学会専門医
横浜市栄区笠間1−5−1リーフビル3階
電話:045-891-3334
メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp
診療時間:9:30〜18:30
    (土、日は、17:30まで)
休診日:月、木、祝日

大船駅北口歯科 総合サイト
  
歯周病専門サイト

インプラント専門サイト
2011年3月26日

計画停電情報サイト 新規アップ

新しく 計画停電についてのサイトを立ち上げましたので、
当医院の計画停電時間帯 や 休診日 等の情報は以下をご覧になって下さい。
計画停電情報サイト 大船駅北口歯科




また、以下では歯周病ブログをアップしていますのでご覧になって下さい。


2011年3月24日

3/24(木)の計画停電(第5グループ)はありません

3/24(木)の計画停電(第5グループ)はありません。
以下では3/21:月の歯周病ブログをアップしています。
是非ご覧下さい。
歯科治療とレントゲン被曝についてです。
2011年3月21日

歯科治療における被曝の話し

3/21(月)の歯周病ブログです。
久しぶりのブログになります。

東北地方太平洋沖地震 および 長野県北部を震源とする地震により被害を受けられた方に 心よりお見舞い申し上げます。
また 現在も被災地で大変な思いをされている多くの方が 早く安心して生活できるようにお祈り致します。
震源地より離れている私もできることを行いたいと思います。

今回の地震による計画停電(当医院は第5グループです)では、多くの患者様に予約の変更をしていただき、大変ご迷惑をおかけしております。

今後 計画停電時間帯の患者様に関しては 可能なかぎり早めに
予約変更お願いのご連絡をさせていただきます。

また、キャンセルで
次回の予約が取りづらい方、
痛み等がある方、
その他 緊急方のために、
診療時間外、休診日 診療も行うことにしました。
ご希望がございましたら
メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp もしくは
電話(045-891-3334)
でご連絡下さい。

計画停電により患者様にはご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、
ご理解をいただきたいと思います。

本日の歯周病ブログのテーマは「歯科治療における被曝」です。

現在 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発のニュースが大きく報道されていますが、本来さほど問題とならないことでも 風評被害により 過剰な反応をしている方もいらっしゃいますし、情報不足のため不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

私自身は放射線専門医(もちろん原発関係の仕事でもありません)ではありませんので、詳細に知っているわけではありませんが、
歯科治療と放射線量について簡単に解説したいと思います。
(大学の講義で習った程度の知識ですが…)

テレビでは、放射線による影響を表す単位として
ミリ シーベルト
マイクロ シーベルト
という表現があります。

よく報道されていることとして、
「100ミリ シーベルトを超えると人体に影響がある」
ということです。

また、3/19の会見で枝野官房長官が
「福島県で採取された原乳 と 茨城県で採取されたホウレンソウ から微量の放射線量が検出された」
「しかし、これらは すぐに人体に影響があるレベルではない!」
と報道されました。
また、
「今回の検出と同量の放射性物質のホウレンソウ と 牛乳 を1年間とった場合の被ばく線量に関し、
牛乳CTスキャン1回分
ホウレンソウ5分の1程度
と報道されました。

このような話しを聞くと
「CT撮影はそんなに被ばくするの?」
「病院で撮影するレントゲンは大丈夫なの?」
と考えられる方もいらっしゃるかもしれません。

歯科医院(撮影器材が違うので病院ではなく、歯科医院とさせて下さい)で行うレントゲン撮影による人体への影響は非常に微量であることは確かです。
ご心配されることはありません。

しかし、医療という行為は 本来100%安全なことではないことを前提として考えられています。
例えば100%安全な薬というのは難しいことです。
抗生剤を例にとって考えてみましょう。
私達が大学の講義で習う抗生剤の話しとして、
必ず副作用ということを勉強します。
抗生剤の副作用は人体のさまざまな部位であらわれます。
また、アレルギー反応を起こすこともあります。
現在持病を抱えている場合、抗生剤の種類が限定されることもありますし、現在服用されている他の薬との相互作用もあります。
歯科医院でよくある 抜歯後 や 腫れた時 に服用する抗生剤で問題が起こったという例もあります。
だからといって抗生剤はダメということではありません。

医療行為の原則として、
不利益より利益の方が高いと判断した場合に行う!」
ということがあります。
つまり、抗生剤は栄養剤ではないので、服用して人体に良い栄養素ではないが、服用しないと感染を起こしたり、増悪されると判断した場合に使用します。

「抗生剤を服用しないとさらに病状が悪化し、人体に影響を及ぼす可能性が高いため、抗生剤を服用する」
これが、抗生剤を使用する理由です。

レントゲンもそうです。
どのような小さなレントゲンでも放射線による影響はあります。
もちろん微量ですが…
しかし、レントゲン撮影を行わないと診断できない病気があるのも事実です。
虫歯であっても 肉眼で分かる範囲は限られてきます。
 この虫歯は神経まで近いのか?
 虫歯の大きさは?
 見た目では分からないが、本当に虫歯なのか?
等 肉眼では分からないことがレントゲン撮影を行うことにより
より分かりやすくなることがあります。
虫歯かどうか正確に分からない状態でいきなり歯を削った場合で
結果的に虫歯ではなかった場合には、当然不利益となります。
これをレントゲン撮影を行うことにより さらに正確な判断が可能となるのです。
利益のが高いということです。

先程も説明しましたように「不利益より利益の方が高いと判断した場合に行う!」
これが基本です。

以下は医療で行うレントゲン撮影において部位別に受ける放射線量です。
(デジタル撮影か そうでないのか 等 使用する器材等により多少の違いがあります。参考程度と思って下さい)

撮影部位     1回当たりの有効線量
           (ミリ シーベルト)
 頭部         0.10 
 胸部         0.07 
 胃          3.3 
 腰椎         1.4 
 膀胱         2.5 
 股関節        0.34 
 集団検診:胸部    0.05 
 集団検診:胃     0.06 
 歯科:デンタル
(虫歯撮影)      0.0229 
 歯科:パントモ
(顎全体撮影)     0.043 

これを見ても歯科治療で使用するレントゲンの影響はいかに少ないかが分かると思います。

次回の歯周病ブログではさらに詳しく歯科治療とレントゲンによる影響について解説します。
次回のブログは3/28(月)になります。

第5グループ(栄区笠間1丁目)計画停電予定
3/22(火)  6:20〜10:00
3/23(水) 18:20〜22:00
3/24(木) 15:20〜19:00
3/25(金) 12:20〜16:00
3/26(土)  9:20〜13:00
3/27(日)  6:20〜10:00
3/28(月) 18:20〜22:00
3/29(火) 15:20〜19:00
3/30(水) 12:20〜16:00
3/31(木)  9:20〜13:00
4/ 1(金)  6:20〜10:00
4/ 2(土) 18:20〜22:00
4/ 3(日) 15:20〜19:00
4/ 4(月) 12:20〜16:00
4/ 5(火)  9:20〜13:00
4/ 6(水)  6:20〜10:00
4/ 7(木) 18:20〜22:00
4/ 8(金) 15:20〜19:00
4/ 9(土) 12:20〜16:00
4/10(日)  9:20〜13:00
4/11(月)  6:20〜10:00
4/12(火) 18:20〜22:00
4/13(水) 15:20〜19:00
4/14(木) 12:20〜16:00
4/15(金)  9:20〜13:00
4/16(土)  6:20〜10:00
4/17(日) 18:20〜22:00
4/18(月) 15:20〜19:00
4/19(火) 12:20〜16:00
4/20(水)  9:20〜13:00
4/21(木)  6:20〜10:00
4/22(金) 18:20〜22:00
4/23(土) 15:20〜19:00
4/24(日) 12:20〜16:00
4/25(月)  9:20〜13:00
4/26(火)  6:20〜10:00
4/27(水) 18:20〜22:00
4/28(木) 15:20〜19:00
4/29(金) 12:20〜16:00
4/30(土)  9:20〜13:00


2011年3月18日

第5グループ計画停電予定

3/18(金)〜4/30(土)までの
当医院(第5グループ)の計画停電予定です。

今回の計画停電のため、多くの患者様にはキャンセルをさせていただき、大変ご迷惑をおかけしております。

今週の日曜日(3/20)は当ビルの清掃のため、休診となっておりましたが、清掃がなくなったため、臨時診療となります。
3/20(日)の診療をご希望の方は、
メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp もしくは
電話(045-891-3334)
でご連絡下さい。

また、キャンセルで次回の予約が取りづらい方、
痛み等がある方、
その他 緊急方のために、
早朝 と 夜間、休診日 診療も行うことにしました。
ご希望がございましたら
メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp もしくは
電話(045-891-3334)
でご連絡下さい。

計画停電が起こった場合には、診療は不可能になります。
計画停電時間帯の患者様に関しては 可能なかぎり早めに電話でご連絡させていただきます。


予約のキャンセル、お問い合わせ等は
電話(045-891-3334)もしくは メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp でご連絡下さい。

交通機関の不通 等により従業員が通勤できないことが考えられます。
停電、スタッフ構成等により患者様にはご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、ご理解をいただきたいと思います。

診療情報は 計画停電の変更 や 確定があるたびに更新します。

第5グループ(栄区笠間1丁目)計画停電予定
3/18(金) 18:20〜22:00
3/19(土) 15:20〜19:00
3/20(日) 12:20〜16:00
3/21(月)  9:20〜13:00
3/22(火)  6:20〜10:00
3/23(水) 18:20〜22:00
3/24(木) 15:20〜19:00
3/25(金) 12:20〜16:00
3/26(土)  9:20〜13:00
3/27(日)  6:20〜10:00
3/28(月) 18:20〜22:00
3/29(火) 15:20〜19:00
3/30(水) 12:20〜16:00
3/31(木)  9:20〜13:00
4/ 1(金)  6:20〜10:00
4/ 2(土) 18:20〜22:00
4/ 3(日) 15:20〜19:00
4/ 4(月) 12:20〜16:00
4/ 5(火)  9:20〜13:00
4/ 6(水)  6:20〜10:00
4/ 7(木) 18:20〜22:00
4/ 8(金) 15:20〜19:00
4/ 9(土) 12:20〜16:00
4/10(日)  9:20〜13:00
4/11(月)  6:20〜10:00
4/12(火) 18:20〜22:00
4/13(水) 15:20〜19:00
4/14(木) 12:20〜16:00
4/15(金)  9:20〜13:00
4/16(土)  6:20〜10:00
4/17(日) 18:20〜22:00
4/18(月) 15:20〜19:00
4/19(火) 12:20〜16:00
4/20(水)  9:20〜13:00
4/21(木)  6:20〜10:00
4/22(金) 18:20〜22:00
4/23(土) 15:20〜19:00
4/24(日) 12:20〜16:00
4/25(月)  9:20〜13:00
4/26(火)  6:20〜10:00
4/27(水) 18:20〜22:00
4/28(木) 15:20〜19:00
4/29(金) 12:20〜16:00
4/30(土)  9:20〜13:00
2011年3月16日

3/18(金)〜4/30(土)計画停電予定

3/18(金)〜4/30(土)までの
当医院(第5グループ)の計画停電予定です。

今回の計画停電のため、多くの患者様にはキャンセルをさせていただき、大変ご迷惑をおかけしております。
明日(3/17:木)は 本来 休診日ですが、明日(10:00〜)は臨時診療となります。
診療をご希望の方はメール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp
もしくは
電話(045-891-3334)
でご連絡下さい。

また、今週の日曜日(3/20)も当ビルの清掃のため、休診となっておりましたが、清掃がなくなったため、臨時診療となります。
3/20(日)の診療をご希望の方は、
メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp もしくは
電話(045-891-3334)
でご連絡下さい。

また、キャンセルで次回の予約が取りづらい方、
痛み等がある方、
その他 緊急方のために、
早朝 と 夜間、休診日 診療も行うことにしました。
ご希望がございましたら
メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp もしくは
電話(045-891-3334)
でご連絡下さい。

計画停電が起こった場合には、診療は不可能になります。
計画停電時間帯の患者様に関しては 可能なかぎり早めに電話でご連絡させていただきます。


予約のキャンセル、お問い合わせ等は
電話(045-891-3334)もしくは メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp でご連絡下さい。

交通機関の不通 等により従業員が通勤できないことが考えられます。
停電、スタッフ構成等により患者様にはご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、ご理解をいただきたいと思います。

診療情報は 計画停電の変更 や 確定があるたびに更新します。

第5グループ(栄区笠間1丁目)計画停電予定
3/18(金) 18:20〜22:00
3/19(土) 15:20〜19:00
3/20(日) 12:20〜16:00
3/21(月)  9:20〜13:00
3/22(火)  6:20〜10:00
3/23(水) 18:20〜22:00
3/24(木) 15:20〜19:00
3/25(金) 12:20〜16:00
3/26(土)  9:20〜13:00
3/27(日)  6:20〜10:00
3/28(月) 18:20〜22:00
3/29(火) 15:20〜19:00
3/30(水) 12:20〜16:00
3/31(木)  9:20〜13:00
4/ 1(金)  6:20〜10:00
4/ 2(土) 18:20〜22:00
4/ 3(日) 15:20〜19:00
4/ 4(月) 12:20〜16:00
4/ 5(火)  9:20〜13:00
4/ 6(水)  6:20〜10:00
4/ 7(木) 18:20〜22:00
4/ 8(金) 15:20〜19:00
4/ 9(土) 12:20〜16:00
4/10(日)  9:20〜13:00
4/11(月)  6:20〜10:00
4/12(火) 18:20〜22:00
4/13(水) 15:20〜19:00
4/14(木) 12:20〜16:00
4/15(金)  9:20〜13:00
4/16(土)  6:20〜10:00
4/17(日) 18:20〜22:00
4/18(月) 15:20〜19:00
4/19(火) 12:20〜16:00
4/20(水)  9:20〜13:00
4/21(木)  6:20〜10:00
4/22(金) 18:20〜22:00
4/23(土) 15:20〜19:00
4/24(日) 12:20〜16:00
4/25(月)  9:20〜13:00
4/26(火)  6:20〜10:00
4/27(水) 18:20〜22:00
4/28(木) 15:20〜19:00
4/29(金) 12:20〜16:00
4/30(土)  9:20〜13:00
2011年3月15日

3/15(火)〜3/18(金)の当医院の計画停電時間のお知らせ

計画停電のお知らせ
当医院(第5グループ:横浜市栄区笠間1丁目)の計画停電は以下になります。

3/15(火)午後 0:20〜午後 4:00

3/16(水)午前 9:20〜午後13:00
       午後16:50〜午後20:30

3/17(木)休診日
       午前 6:20〜午前10:00
       午後13:50〜午後17:30

3/18(金)午後18:20〜午後22:00


青文字は、需要が増加し、供給力の不足が懸念される場合に、停電が実施される。

計画停電が起こった場合には、診療は不可能になります。
上記時間帯にご予約のある患者様に関しては 誠に申し訳ありませんが 診療ができませんので キャンセル扱いとさせていただきます。
また、計画停電時間帯の患者様に関しては 可能なかぎり早めに電話でご連絡させていただきます。


予約のキャンセル、お問い合わせ等は
電話(045-891-3334)もしくは メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp でご連絡下さい。

交通機関の不通 等により従業員が通勤できないことが考えられます。
停電、スタッフ構成等により患者様にはご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、ご理解をいただきたいと思います。

診療情報は 計画停電の変更 や 確定があるたびに更新します。




 インプラントモニター募集(20%割引
現在、新規にインプラント症例集のページを作成しています。
さまざまなケースを見ていただくことにより、よりインプラント治療についてご理解していただきたいと思います。
そのため、症例を公開しても大丈夫という方(インプラントモニター)を募集しています。
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談


2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
2011年3月14日

3/15(火)の当医院の計画停電時間のお知らせ

3/15(火)の当医院の計画停電のお知らせ
当医院(第5グループ:横浜市栄区笠間1丁目)は午後0:20〜午後4:00停電の予定になっています。
計画停電が起こった場合には、診療は不可能になります。

明日(3/16:水)は通常どおり診療致します。

本日 多くの患者様から問い合わせの ご連絡がありました。
予約のキャンセル、お問い合わせ等は
電話(045-891-3334)もしくは メール:info@sugiyama-d.sakura.ne.jp でご連絡下さい。

交通機関の不通 等により従業員が通勤できないことが考えられます。
停電、スタッフ構成等により患者様にはご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、ご理解をいただきたいと思います。

診療情報は毎日(計画停電の変更 や 確定があるたび)更新します。




 インプラントモニター募集(20%割引
現在、新規にインプラント症例集のページを作成しています。
さまざまなケースを見ていただくことにより、よりインプラント治療についてご理解していただきたいと思います。
そのため、症例を公開しても大丈夫という方(インプラントモニター)を募集しています。
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談


2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP