金属アレルギー外来

3.金属アレルギーを起こしやすい金属

金属アレルギーを起こしやすい金属

金属アレルギーをご心配されている方や
実際に金属アレルギー症状を起こしている方は
もちろん 原因となる金属を取り除くことが必要ですが、
まず 金属アレルギーについて正しく理解することも大切です。

金属アレルギーといっても
アレルギー反応が起こりやすい金属もあれば、
アレルギー反応が起こりにくい金属もあります。

ちょっと難しい話になりますが、
中学生の頃に習った「元素周期表」という表を覚えていますか?
H(水素)、He(ヘリウム)、Li(リチウム)……といった元素が書かれている表です。
「水兵 リーベ 僕の船……」なんて覚えたことがあるかと思います。
あの元素表のことです。
この元素周期表は、
小さくて 軽いものから 大きく 重いものへ 順番に 左から右へ 上から下へ と並べられています。
この表のことを詳しく思い出すことは必要ありませんが、
金属アレルギーを起こしやすい金属は、「重金属」と呼ばれるものです。
元素周期表の右側、下側にある元素のことです。
「重金属」というとなんか悪いイメージをお持ちになる方も いらっしゃるかと思いますが、必ずしも そうではありません。
生体に必要な金属もあるのです。

金属アレルギーと言っても
イオン化しやすい金属もあれば、
そうでない金属もあるのです。

もちろん個人によっても その反応は違います。

歯科金属で金属アレルギーが起こっているのであれば、
そんなことを考えずに全て金属を口腔内から除去れば良いのでは?
と考えられるかもしれません。

しかし、そうではないのです。
きちんと金属アレルギーについて知っておくことが大切なのです。

その理由として、
金属アレルギーを主訴として来院される患者様の口腔内をみると
奥歯は、ほとんど金属の詰め物 や 被せ物 が装着されていることが多いです。

前歯でも差し歯が入っていれば、そのほとんどに金属が使用されています。
一般的に使用される「セラミック」と言われる素材でも内部は金属製です。

そのため、口腔内から全ての金属製の材質を撤去しようとすると
大変なことになります。

治療期間もそうですし、
治療費といった問題もあります。

そのため、現実問題として、口腔内から全ての金属を撤去し、
メタルフリーとすることが困難な場合もあります。

こうした場合には、まず金属アレルギーに反応がある金属から撤去したり、
古い被せ物は、イオン化傾向が高いと考えられるため、
古い被せ物から撤去し、経過をみることもあります。

また、金属アレルギーは口腔内だけでなく、
身につける物や
食品にも含まれているため、
生活習慣自体を改善することも必要なのです。

そのために、
金属アレルギー治療をご希望される場合には、
まず、「金属アレルギー検査」を行い、
正しい知識を身につけることが大切なのです。

金属の性質 や アレルギーについて以下の順番で解説します。 特定の金属アレルギーについて知りたい方は、 以下から選択して下さい。



1.ニッケル

ニッケルは、私達が日常触れる機会が最もある金属です。
そのため、最も金属アレルギーとして起こりやすいものです。
ニッケルはイオン化傾向が高く
金属アレルギーパッチテストによる陽性率は18.3%
と最も金属アレルギーの高いものの一つです。

ニッケルの使用頻度が高い理由として、安価 で 加工がしやすいからです。
ピアス や ネックレス、指輪、ベルトのバックル、お金(50円硬貨、
100円硬貨)、調理器具、女性用下着に使用される金具、化粧品…等

含まれています。
相当のものに含まれています。

特にピアスは良くないですね。
ピアスは、指輪 等の単に皮膚に触れているだけでなく、
粘膜を貫通しているため、アレルギーが起こりやすいです。
特に夏場に起こりやすいです。
汗の中に含まれる塩素イオンは、ニッケルを溶かしやすく、
溶け出したニッケルイオンが金属アレルギーの原因となります。
矯正治療で使用されるワイヤー 等 歯科治療で使用される材質の中にも一
部含まれることがあります。

また、食品にもニッケルは含まれています。
チョコレート、海藻類、大豆、コーヒー、紅茶、ウーロン茶 等
にも含まれています。
そのため、ニッケルに金属アレルギー反応がある方は、上記のような食品
を大量に飲食しないことも必要になります。

ニッケルはあまりにも日常の中にあり、完全に避けることが難しい金属と言えます。

小さい頃にニッケルに触れる機会が多いほど、のちに金属アレルギーが起こりやすくなることが言われています。
小さい頃からピアスをしたり、宝飾品を身につけないことも重要なことです。

2.クロム

クロムも金属アレルギーが起こりやすい代表的なものです。
この金属の特性として、固い、光沢がある、耐食性があることからメッキとしての利用があります。
具体的には、台所のステンレス、包丁、ドアノブ、時計の皮バンド、
ハンドバック や 靴等の革製品、塗装の染料…等に含まれています。

クロム化合物には、3価クロム6価クロム があります。
アレルギー性皮膚炎を起こすのは 6価クロム です。

クロムメッキ や クロム合金が汗に溶け出すのは3価クロムのため、
皮膚炎は通常認められません。

6価クロムは、アレルギーの問題だけでなく、発ガン性の可能性もあり、
排除する動きがEUを中心に議論されています。

ニッケルと同様に食品にも含まれています。
エビ、ホタテ、アサリ等の貝類、大豆等の豆類…等です。

クロムは、人体の必須元素でもあります。
例えば3価クロムが不足すると糖代謝の異常が起こり糖尿病の発症に
関係する可能性も指摘されています。

歯科で使用される金属では、保険診療で使用される銀歯(12%金銀パラジウム合金)には一般的に含まれていませんが、
コバルトクロム合金として義歯の一部、矯正用のワイヤーに含まれることがあります。

クロム単体、3価クロムの毒性はありません。

クロムの金属アレルギーパッチテストによる陽性率は14.5%とされています。

3.コバルト

コバルトも金属アレルギーが起こりやすいです。

コバルトアレルギーは ニッケルアレルギーと同じ反応を示します。
ニッケルアレルギー患者の半数以上の人にコバルトアレルギーがあると報告されています(交差反応)。

ピアス 指輪等の宝飾品、化粧品に含まれています。

鉄より酸化しにくく、酸にも強く、加工しやすいことからも私達の生活の中で良く使用されています。

磁性の強いコバルトは、磁石に使用されることが多いです。

コバルトは、ビタミンB12に含まれており、人体にとって必須元素です。
コバルトが不足すると神経の働きが悪くなり、痺れ や 視力低下 が起こることがあります。

しかし、コバルトのアクセサリーを使用すると汗の中の塩素イオンにより溶け出されるため 夏場では皮膚にアレルギーがでやすいのです。

アクセサリー等で炎症が起こった場合には、すぐに使用を中断し、皮膚科で金属アレルギーテストを行うことが必要です。

歯科でも義歯などに使用されることがあります。

口腔内に使用されたコバルトは、唾液 や 酸によりイオン化(溶け出し)し、溶け出します。
多くは便として排出されますが、
数%程度は腸管から吸収され、
その一部は汗の中に排出されます。
その結果、コバルトによる金属アレルギーが発症するのです。

疑わしきは使用せずという姿勢が大切です。

コバルトの金属アレルギーパッチテストによる陽性率は14.8%とされています。

4.銀

銀はご存知のように生活の中に非常に多く使用されています。

銀は、金に次いで延びやすい金属であり、熱伝導性が高く、
デジタル機器の電気接点や配線 等でも良く使用されています。

また、抗菌作用が高いことも良く知られている性質です。

銀食器 や アクセサリー 等でも使用されています。

銀はイオン化傾向が低い金属であり、
アレルギーを起こすことは非常にです。
金属アレルギーパッチテストによる陽性率は0.1%
金属アレルギーの高いニッケルの陽性率18.3%と比較すると
金属アレルギーが起こる確率は低いとされています。

良く銀のアクセサリーでアレルギーがあるとされていますが、
これは、銀に反応している可能性は低く、
アクセサリーに含まれる
ニッケル や 銅 にアレルギー反応があることがほとんどです。

歯科(保険診療)においても銀は使用されることが多く、
いわゆる銀歯(12%金銀パラジウム合金)の約半分は、
銀が使用されています。
最近は減少してきましたが、神経がない歯の土台(コア)にも銀合金が
使用されることが多いです。

5.銅

銅もなじみのある金属であると思います。
人類の歴史の中でも1万年前から使用されている金属です。
銅は、金属アレルギーを起こしやすい金属でもあります。
歯科(保険診療)においても 銅は使用されることが多く、
いわゆる銀歯(12%金銀パラジウム合金)の15〜20%程度は、
銅が使用されています。
金属アレルギーパッチテストによる陽性率は4.0%程度とされています。
ニッケルほど問題は起こりにくいですが、金属アレルギーのある方の歯科治療では避けたい金属の一つです。

6.インジウム

インジウムはあまり聞き慣れない金属であると思います。

しかし、歯科治療では、非常に高頻度で使用されている金属です。
何度もでてきます歯科治療で使用される銀歯(12%金銀パラジウム合金)にも微量(1%以下)ですが、使用されています。

歯科治療では、その他の保険以外の金属においても このインジウムが使用されることが多いです。

この理由として、歯科で使用されている金属は、
例えば金単体で使用されることはなく、
合金が使用されており、加工上 どうしてもインジウム 等を含有させないといけないためです。

しかし、金属アレルギーを起こしやすいため、できるかぎり避けたい金属と言えます。

参考情報として、酸化インジウムスズは、液晶パネル や プラズマパネルとして使用されています。

2006年時点の資料として、
世界のインジウムの80%を日本が輸入しており、インジウム使用大国となっています。

7.イリジウム

イリジウムも歯科で汎用されている金属です。
歯科治療で使用される銀歯(12%金銀パラジウム合金)にも微量(1%
以下)ですが、使用されています。
イリジウム や インジウムに金属アレルギーの反応がある方は、
歯科で使用するほとんどの金属は使用できないと言えます。

8.亜鉛

亜鉛は、牡蠣、チーズ、レバー、卵黄 等に多く含まれています。
亜鉛は生体の必須元素です。
亜鉛が不足すると粘膜が荒れ、口内炎が生じ、味覚障害が起ることが知られています。
生体には非常に重要な金属と言えるのです。
健康な方で通常の食事取れる方には、亜鉛欠乏症は起こりませんが、
高齢で極度に食事が細い方には起こる可能性があります。
亜鉛は、生体に必須である反面、大量で高濃度は有害です。
食物による亜鉛摂取は良いのですが、工業的に作られた物の摂取(使用)は避けたいものです。
亜鉛はイオン化傾向の高い金属であり、
金属アレルギーパッチテストによる陽性率は7.3%とされています。
歯科治療で使用される銀歯(12%金銀パラジウム合金)にも微量(1%
以下)ですが 使用されています。

9.パラジウム

歯科治療で使用される銀歯(12%金銀パラジウム合金)の約20%に含まれています。
金属アレルギー反応が陽性となる確率の高いものです。
パラジウムにアレルギー反応がある方の多くは、ニッケルにもアレルギーを持つことが知られています。
近年では、EUを中心として、歯科治療でパラジウムを使用すること自体 問題視されており、ドイツでは小児や妊婦に対して、
歯科治療でパラジウム合金、水銀、銅、銀アマルガムを使用しないように勧告しています。
日本の歯科医療(保険診療ではほとんどで使用されています)では、
このパラジウムは必須の材料であり、パラジウムにアレルギー反応がある方は、基本的に金属治療は避けた方が良いでしょう。

私自身の考えとしては、将来的には日本以外の 先進国 ではパラジウムは一切使用されなくなると思います。
実際に現在海外では、パラジウムフリーが推奨されています。

それでは
何故日本ではパラジウム合金が使用されているのでしょうか?

歯科診療にパラジウムが使用された理由の一つに
口腔内に耐える硬さがあり、比較的安価であったことが挙げられます。

現在パラジウムを使用した保険適応の銀歯(12%金銀パラジウム合金
の世界価格は高騰しており、近いうちに健康保険で作製された銀歯より、
金属をまったく使用しないオールセラミックの方が材料費が安くなるのは間違いありません。

なぜ日本の歯科医療を考える役人が
いつまでたっても金属しか認めていないのか理由が分かりません。

金属製の被せ物には確かに利点はいっぱいあります。
破損も少ないですし、長い年月作製されていたため、作製する歯科技工士も作るのに慣れています。

しかし、現在の日本の歯科医療では、銀歯(12%金銀パラジウム合金)しか選択肢がないのも どうかと思います。

金属アレルギーの方も年々増加していると感じますし、
多くの国で金属を使用した歯科治療の問題点も多く指摘されています。

世界的な金属の高騰により材料のコストも安価とは言えません。

せめて金属アレルギー検査で陽性と診断された方は、
健康保険で金属フリーの治療が行えるようになってほしいものです。

ただし、こうしたことは金属製の治療を否定するわけではありません。
もちろん私自身も金属を使用した治療を行っています。
オールセラミックのように自費診療ではなく、
保険で対応できることも利点ですし、
歯ぎしりがあったり、噛み合わせが強い方の場合、破損するリスクが低いのも事実です。

そのため、金属を使用するのか?
金属フリーの治療を行うのか?
は、患者様の状況によって選択することが良いのです。

また、近年では破損しにくい、ジルコニア や オールセラミックも一般的な治療法として普及しています。

また、人の手ではなく コンピュター上で作製された被せ物のデータを自動で削りだし作製するセレック といわれる器械の登場で、かなり安価にオールセラミックを提供できるようにもなってきました。

当医院ではこうしたセレックを使用したオールセラミックを取り扱うようになってから今までの半額程度でオールセラミックを提供できるようになってきました。

日本の歯科保険医療も時代の流れを考えてもらいたいものです。

10.金

金による金属アレルギーはないだろうと思っている方も少なくありません。

安いシルバーのピアスではアレルギーは出たが、
ゴールド(金)のピアスではアレルギーは出ないから
ゴールド(金)は大丈夫と考えられている方も多いです。

確かに金は溶けにくい性質があり、
イオン化傾向は全 金属中で最小です。

しかし、金の金属アレルギーパッチテストによる陽性率は6.8%とされ、
この数字だけをみると金によるアレルギーは高いと言えます。

また、歯科治療において金を使用した被せ物 や 詰め物をご希望される方も当然いらっしゃいますが、この歯科で使用される金は ほとんどの場合 純金(24K)ではありません。

金単体(純金)であると軟らかく、加工も難しいため、さまざまな金属が含まれています(合金)。

そのため、金属アレルギーの方でパッチテストを行ったら
金 以外に陽性反応がでたので、
金を使用した被せ物 等を希望されることがありますが、
先にも説明しましたように歯科で使用する金製品には、他の金属も含まれていますので、その含まれている金属に反応を示します。

ちなみに「ホワイトゴールド」というのがありますが、
これは 金、ニッケル、銅、亜鉛などの合金です。

11.チタン

チタンは、軽く、強度が強く、腐食しにくく、比較的安価のため、さまざまな製品に利用されています。

歯科治療では、インプラント治療に使用されています。

インプラントの材質として チタンが使用されている理由として、
チタンは、骨としっかりと結合(くっつく)性質を持っているからです。
これは他の金属では起こらないことです。

また チタンは、
イオン化傾向が低く、
水に溶け出しにくいため、
金属アレルギーはほとんど起こらないと言われています。

この理由として、チタンは酸素との結びつきが強く、
チタン表面に「酸化膜」という薄い皮膜を作ります。
この「酸化膜」があることで金属イオンが溶け出さないのです。

それでは チタンはまったく金属アレルギーがないのかというと
そうではありません。
チタンアレルギーは非常に稀と言われていますが、
チタンによるアレルギーは報告されています。
ご心配の場合には、事前にチタンの金属アレルギー検査を行った方が良いでしょう。

その他の問題となる金属:水銀

水銀は大問題となる金属です。
水銀というと「水俣病」を思い浮かべるのではないでしょうか?

ご存知のように 水俣病は、1956年に熊本県 水俣市で発生が確認された公害病です。

日本の化学工業会社であるチッソが海に流した廃液により引き起こされたメチル水銀化合物による水銀中毒です。

「水俣病」は、中毒性中枢神経疾患であり、
その主要な症状としては、
視力障害、聴力障害、平衡機能障害、言語障害、手足の震え、四肢末端優位の感覚障害、運動失調 等があります。

症状が重篤な方では、死亡したりする例もありました。

口腔内にある金属の一部でも水銀が使用されています。

近年では使用頻度は激減していますが、ある程度の年齢以上の方の口腔内には 使用されていたのも事実です。
この水銀による問題点は重要なことですので、また別の項で詳細に解説します。

PAGE TOP