歯周病治療

歯周病症例

健康な方と歯周病の方の比較写真

下記には、健康な人重度歯周病の人の 口腔内写真 と レントゲン写真 がありますが、その前に歯周病の進行程度について簡単に説明したいと思います。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。
歯周病細菌に感染すると 最初は歯肉が腫れてきます。

次に歯ブラシで出血が起ってきます。
出血がある方は すでに歯周病が進行していると思って下さい。
出血がある場合、歯周病が初期から中程度以上に進行している可能性があります。

次に歯肉が退縮してきます。
これは、歯周病細菌により歯を支えている骨が吸収しているからです。
骨が吸収するとそれに伴い、歯肉も退縮するのです。
歯肉が退縮してきたと感じられた方は、すでに骨の吸収が起っている可能性が高いと思って下さい。
この段階では中程度から重度の歯周病になっています。

次に歯がグラグラしてきます。
こうなると歯周病は重度の段階に進んでいます。
場合により抜歯になる可能性が高い状態です。
歯がグラグラしているということは、歯を支えている骨が吸収しているからです。
早急に治療をしないといけません。

健康な方の口腔内写真とレントゲン写真

下の写真は、健康な方の口腔内写真とレントゲン写真 です。

健康な方の口腔内写真

歯肉は、ピンク色であり、歯肉の退縮も起っていません。
歯と歯の間も歯肉で封鎖されており、異常はありません。

健康な方のレントゲン写真

歯を支えている骨はしっかりとしています。

歯周病の方の口腔内写真とレントゲン写真

下の写真は、歯周病の方の 口腔内写真 と レントゲン写真 です。

歯周病の方の口腔内写真

まず、歯肉の退縮が起っていることがわかるかと思います。
これは、骨の吸収が起ったためです。
部分的に黒い歯石も見られます。

歯周病の方のレントゲン写真

骨の吸収が起っているのがわかるかと思います。
健康な方のレントゲン写真と比較して下さい。

歯周病治療

PAGE TOP