歯周病治療

歯周病の治療

ルートプレーニング(SRP)でどこまで治るのか?

歯周病の主な原因は、歯周病細菌による感染症 です。
このことは、このホームページのさまざまなところで説明しています。

そして、歯周病の進行程度を検査するために 通常『歯周ポケット検査』を行います。

『歯周ポケット検査』以外にもさまざまな検査があります。

そして、歯周病と判断された場合、歯周病の治療を行うことになります。
その中でも基本的な治療となるのが、『ルートプレーニング(SRP)』です。

それでは、『ルートプレーニング(SRP)』 によりどこまで治るのでしょうか?

以下は、『歯周ポケット』の深さにより、『ルートプレーニング(SRP)』 で取りきれる歯石を 研究した論文です。
(1986年 Caffesse)

下のグラフの縦線は、ルートプレーニング(SRP)後にどれだけ歯石が残ったかの割合です。
つまり、0%であれば、歯石が全て取れたということで、
20%であれば、まだ少し歯石が少し残っている ということです。
100%であれば、歯石はまったく取れず、残ってしまった
ということです。

歯石残存率が0%であってほしいものですが、
実際には、深い歯周ポケットの場合には完璧(100%)歯石を取り除くことは難しいのです。

ルートプレーニング後の歯石残存率

上記の研究から

1~3ミリ程度の歯周ポケット(度歯周炎)であれば、SRP後 残った歯石は、
14%程度であったが、

4~6ミリ程度の歯周ポケット(程度歯周炎)であれば、SRP後 残った歯石は、
57%程度、

6ミリ以上の歯周ポケット(度歯周炎)であれば、SRP後 残った歯石は、
68%程度にもなった

という結果でした。

歯周ポケットが深くなればなる程、ルートプレーニング(SRP)で歯石を除去するのが困難になるのです。

しかし、上記の結果には、術者の経験が大きく左右されます。
例えば、
歯周病専門医が行うのか?
一般開業医が行うのか?
歯周病認定歯科衛生士が行うのか?
一般の歯科衛生士が行うのか?
誰がルートプレーニング(SRP)を行うかによってこの結果は かなり変わるのです。
歯周病専門医 と 一般歯科医師との違いについては、こちらをクリックして下さい。

歯周病治療

PAGE TOP