予防歯科

日本は先進国で虫歯No1?

1980年ごろは日本も北欧諸国を初めとする多くの国と虫歯の数はさほどかわりませんでした。

しかしながら、それ以降多くの先進国では虫歯の数は激減しましたが、日本では若干減少はしたものの依然高いレベルにあります。
この違いは国民の予防に対する意識の違いと、国の医療システムの違いにあります。アメリカでは研究者を通じて歯科大学の予防に対する教育レベルの向上に、また北欧では行政により予防に対するレベルを上げたことによって虫歯の数は激減しました。
日本ではこの両方ともが行われませんでした。
下記のグラフは歯科先進国と日本でのDMF(虫歯および虫歯治療歯等の数)をあらわしたものです。
日本がいかに予防に対して遅れているということがわかると思います。
虫歯は予防できるのです!

12歳児のDMF

12歳児のDMF

PAGE TOP