最新インプラント症例ブログ

2004年7月23日

インプラント特殊手術

昨日の続きです。
上の奥歯の根の先(上)には上顎洞という空洞が存在します。
歯を抜歯するとその上顎洞という空洞は下がってきます。
そのため空洞が大きくなり、骨の高さが少なくなってしまいます。その空洞を下かた押し上げる治療がソケットリフト法です。
上顎洞の粘膜はハンモックのように垂れ下がっているのです。
このハンモックのような粘膜を下から特殊な器具を使用し、たたいて押し上げるのです。
この続きはまた明日説明します。

インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP