最新インプラント症例ブログ

2004年7月27日

今日のインプラント

2004-07-27
今日のインプラントは十分な骨幅がなかったため、埋入と同時に骨の再生療法(GBR法)を行いました。
インプラント治療を希望される方の多くは骨が十分存在しないため骨の再生治療が必要です。
骨の幅や高さがなくなってしまう原因として、歯周病が考えられます。歯周病を放置することにより骨はどんどんと吸収してしまいます。
現在、歯がグラグラしていたり、腫れていたり、出血がある方は早期に治療が必要です。早い段階であれば歯周病の治療を行うことにより、治ることができます。またインプラントを行う場合でも骨を良い状態にとどめておくことができます。
インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP