最新インプラント症例ブログ

2004年9月10日

今日のインプラント

今日はサイナスリフト(上顎洞底挙上術)という手術を行いました。これは上顎においてインプラントを埋入するための骨がまったくない場合に行う治療です。
通常インプラントを行うためには最低8〜10mm程度の骨が存在しないとインプラントは行えません。理想的には12mm程度の高さの骨が存在していれば良いのですが、多くの場合にはそれほどの骨が存在しないことが多いのです。
サイナスリフトは上顎の奥歯において骨の高さがまったくない場合や1〜2mm程度の場合に、高さを増大するために行う手術です。この手術を行うことにより、不可能であった場所でもインプラントは行えます。
手術時間は局所麻酔であれば30〜40分程度です。


インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP