最新インプラント症例ブログ

2004年9月14日

インプラント:カルシウム

カルシウムはなぜ必要か?

昨日カルシウムの99%は骨と歯に存在することを話しました。残りの1%は血液中に存在します。このわずかな量のカルシウムが身体全体の細胞活動を支えているのです。そして血液中のカルシウムの濃度は常に一定に保たれています。そのため、カルシウムが不足すると貯蔵庫である骨からカルシウムが溶け出し、血液中のカルシウム濃度を均衡に保とうとします。このカルシウム不足が長引くと骨に影響を及ぼすのです。

暫くはこのカルシウムについて解説します。


インプラントの杉山歯科医院

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP