最新インプラント症例ブログ

2004年10月27日

今日のインプラントおよび質問特集その4

今日はインプラントを行うための骨幅がないため骨の幅を増大するGBR法をおこないます。
通常こうした骨の増大手術(GBR法)を行わなければ、3〜4回(最短で2ヶ月程度)で治療は終了しますが、GBR法を行うとそれだけで2〜3ヶ月はかかります。歯周病等を放置していると骨が吸収してしまいますので、注意が必要です。

インプラント質問特集その4
今日は『治療回数および治療期間は? 』 です。

1回目にレントゲン検査、噛み合わせ検査、歯周病の検査等を行い、問題がなければ2回目にインプラント手術を行います。手術後、消毒と抜糸に来ていただきます。その後早ければ6週間後に最終的な型をとります。型をとった後10日程度で歯は完成します。大きな問題がなければ最短5回、2ヶ月程度で終了します。しかし、歯周病が存在したり、噛み合わせに問題がある場合はその治療から始めます。こうした問題を解決せずに行うとインプラント治療も上手くいかず、結果的に長期間もちません。またインプラントを行うための骨の幅や高さがない場合は骨を増大させるための治療から行わなければなりません。

インプラントの杉山歯科医院


最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP