最新インプラント症例ブログ

2004年11月2日

今日のインプラント

今日のインプラントはインプラントを埋入する為の骨が存在しないため、あらかじめ骨を再生させる治療法であるGBR法を行いました。
当医院の患者さんには他歯科医院で骨の状態が良くない(インプラントを埋入するための骨が高さや幅がない)という理由からインプラントが不可能であると診断された方が多くいらしゃいます。
そのため骨を再生させるGBR法(インプラントの特殊な治療を参考にして下さい)を行うことが多くあります。治療回数は通常の治療より増えますが、骨がない場所にインプラントを行うことは危険であり、後でダメになっていきます。
GBR法はインプラントを長期的に安定させるために必要な治療なのです。

インプラントの杉山歯科医院


最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP