最新インプラント症例ブログ

2004年11月の記事一覧
2004年11月22日

今日のインプラント:その2

インプラントが成功するか否かは適切な治療計画によって左右されます。
レントゲン診査や”診断用ワックスアップ”といわれるシミュレーションにより骨の幅や高さ、審美的要素などを十分に検討することによりインプラントを適切な位置に適切な方法で埋入することができます。インプラントの治療の目的は機能(噛むこと)と審美性の回復です。
そのため単に歯のない部分にインプラントを埋入すれば良いというわけではありません。
そのためインプラント埋入前に最終的に行う被せ物の位置、形態等を十分に診査し、治療計画を立てなくてはなりません。 そのためには”診断用ワックスアップ”といわれる最終的な形態を予想したワックスモデルを作製します。 この術前診査は非常に重要で、インプラントの成否に大きく関係してきます。そしてこの診断用ワックスアップから後で説明しますステントを作製します。
041122_1








インプラントの杉山歯科医院
2004年11月22日

今日のインプラント:その1

今日は午前1件、午後1件の2件のインプラント手術があります。
午後は一度に6本のインプラント埋入です。6本同時にインプラントを行うことは難しいことで診査が重要になってきます。
今日はその1〜その5までにわけ診査の方法の一部を紹介します。
下記の写真を御覧になって下さい。


インプラントの杉山歯科医院
2004年11月20日

今日のインプラント

今日は午前1件、午後に1件のインプラントがありました。
午後は四国から来ている方です。
手術が終了後帰られました。
遠いところご苦労様でした。
遠くから信頼して来ていただいているので有り難いことです。

インプラントの杉山歯科医院


2004年11月19日

今日のインプラント:先程の午前中のGBRの結果

午前中のインプラントが終了しました。
先程書いたように事前にGBR法を行っていました。骨は順調にできていました。



インプラントの杉山歯科医院
2004年11月19日

今日のインプラント

今日は午前1件、午後1件のインプラントがあります。
午後は前回は解説した。GBRを行った後のインプラントです。
治療前にGBRを行った結果、骨ができているか確認を行い、
問題がなければインプラント埋入です。
GBR法は約3ヶ月前に行っています。
骨のできるスピードはかなり個人差があり、必ずしも予想どうりに骨ができていないことも稀にあります。(ほとんどのケースでは骨の再生は予定どうりですが…)
人の身体というのは食生活、睡眠、ストレス等様々な原因によりその治癒能力は異なります。
健康な身体こそ全ての基礎となります。



インプラントの杉山歯科医院
2004年11月16日

今日のインプラント:GBR法の症例

今日はGBR法があります。
今回は解説ではなく、症例写真です。上から順番に術前、GBR後、インプラント埋入後です。



インプラントの杉山歯科医院
2004年11月16日

2004-11-16

041116_1






インプラントの杉山歯科医院
2004年11月16日

2004-11-16

041116_2






インプラントの杉山歯科医院

2004年11月16日

2004-11-16

041116_3






インプラントの杉山歯科医院
2004年11月15日

今日のインプラントおよび自家歯牙移植

今日の午前中は2本のインプラント埋入がありました。

自家歯牙移植の話し:パート2(症例写真)

041115_1












インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP