最新インプラント症例ブログ

2005年2月5日

今日のインプラント:ひさびさです

ひさしぶりの日記です。
このところ忙しく日記を書いていませんでした。

今日のインプラントは上顎の前歯部に2本のインプラント埋入です。インプラントを行ったのは歯が折れてしまったためです。
折れてしまった歯は神経がない歯でした。
歯の神経がないということは非常に問題が起りやすいのです。
神経のない歯は歯自体が折れてしまったり、膿みを持つことがよくあります。歯が折れてしまった場合、ほどんどのケースで抜歯をしなければなりません。
歯の神経があるということは非常に重要なことなのです。
また歯が折れてしまった状態で放置していると割れた部分から感染を起こし、歯根周囲の骨が吸収し始めます。
骨が吸収するとインプラントを行うのが困難になります。
今日のインプラントも同様に骨が吸収してしまった状態でした。
そのためインプラントを埋入すると同時に骨を再生させる治療でるGBRを併用して行いました。


インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP