最新インプラント症例ブログ

2005年2月16日

今日のインプラント:GBR法

今日のインプラントは骨の増大療法であるGBR法を行いました。

術前に上顎の前歯部にインプラントを埋入するための骨幅がなかったためにそのままインプラントを埋入するのではなく、予め骨を増大させることを行いました。
得に上顎の前歯部は審美性が非常に重要なため骨幅が十分に存在することが必要です。
一般的に欠損部は骨の吸収があるため上顎前歯部などでは欠損部の両隣のとの段差ができていることが多く、そのままインプラントを埋入すると欠損隣りの天然歯とのギャップができてしまい、審美性に劣ります。
上顎前歯の場合にはこうしたことを避けるためGBR法が必要な場合が多くあります。
詳細はホームページのGBR法を参照して下さい。


インプラントの杉山歯科医院

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP