最新インプラント症例ブログ

2005年5月14日

今日のインプラント:サイナスリフト後の埋入

今日は上顎に4本のインプラント埋入です。

数カ月前にインプラントを埋入するための骨の高さがなかったためあらかじめサイナスリフト(上顎洞挙上術)を行ったケースです。

サイナスリフトについてはホームページを参考にして下さい。

上顎では歯周病を放置していたり、歯を抜歯してから時間が経過するとインプラントを埋入するための骨の高さがなくなってしまいます。
適切にインプラントを埋入するためには最低10mm程度の骨の高さが必要です。
しかし、上顎では10mm以上の骨の高さが存在することの方が少なく、治療を困難にしています。
5mm程度の高さであればインプラント埋入と同時にソケットリフト(詳細HPを参考)法を行うことにより簡単に長い(10mm程度)インプラントを埋入することができますが、もともと5mm以下の高さがない場合にはインプラントの埋入が非常に困難になります。
そのような場合に行うのがサイナスリフト法です。
欠点としては時間がかかる(サイナスリフト後、骨ができるまで3〜6ヶ月かかります)ことと、手術を2回受けなければならないということです。
しかし、骨の高さがまったくない場合にはこのような方法を行わないとインプラント埋入はできないのです。

ホームページアップしました。御覧になって下さい。




インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP