最新インプラント症例ブログ

2005年7月4日

今日のインプラント:日記はさひぶりです

今日は上顎に2本ソケットリフト法によるインプラント埋入です。
ソケットリフト法についてはよくこの日記で記載していますので、今回は省略させていただきます。詳細はホームページを見られて下さい。

今日はインプラントの被せ物についてお話します。

インプラントの被せ物は大きく分けて
1 セラミック
2 ハイブリッドセラミック
3 金属

の3種類があります。
それぞれ、利点欠点があります。

セラミックとハイブリッドセラミックの違いですが、素材に違いがあります。セラミックというものは陶材でできており、審美的に非常に優れています。変色する可能性はありません。しかし、非常に硬いため対合歯(噛み合う歯)が天然歯の場合には天然歯が削れてしまう可能性があります。
次にハイブリッドセラミックですが、素材はレジンと言われるプラスティックと陶材とを混ぜて作られています。これはセラミックの欠点である硬さを改善するために新しくできた素材です。天然歯と同等の硬さをもっています。しかし、レジン(プラスティック)が含まれているため変色を若干起こす可能性があります。可能性というのはどれだけお茶やコーヒー等の着色性のあるものを服用するとか、タバコを吸うとか、歯ブラシの程度に左右されますが、若干は変色を起こすかもしれません。また汚れ(食物)等はハイブリッドセラミックの方が付着しやすいです。審美性を考えれば、セラミックの方が良いかと思います。
奥歯であればハイブリッドセラミックも良い方法かと思います。
また金属ですが、色調を考えなければ一番良い材料です。


インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP