最新インプラント症例ブログ

2005年7月21日

今日のインプラント

今日は下顎に2本のインプラント埋入でした。
骨の幅、高さともにまったく問題がない状態でした。
このように骨に問題がない場合はほとんどは虫歯で抜歯された後数カ月もしくは長くても2〜3年の状態です。
しかし、虫歯で抜歯された後にインプラントを希望される方はあまりいません。10人に1人いるかいないかというところです。
多くの方が歯周病で抜歯されたために骨の吸収が進行しており、実際にインプラントを埋入しようとしても十分に骨の幅や高さがないのが現状です。
そのためこの日記でもよく書きますが、骨の増大法(GBR法)や、ソケットリフト、サイナスリフト、リッジエクスパンジョン法といった特殊な治療を行わなければならないことが多くあります。
(これらの詳細はホームページ参照)
また当医院では歯周病でいらっしゃる患者さんも多く、歯がぐらぐらし、抜歯しか治療法はないが、どうしても抜歯したくないためそのままになっている場合があります。
抜歯したくないという患者さんの気持ちは十分わかりますが、放置する期間が長くなると周囲の骨がどんどんと吸収してしまいます。その結果、インプラント治療を困難にするばかりか周囲の残存している天然歯にも影響を及ぼします。
抜歯するかしないかという判断は難しいですが、治療をしないでただ放置することは危険ですので現在、出血がある、歯がぐらぐらするといった症状がある方はお早めに歯周病の検査をされて下さい。



インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP