最新インプラント症例ブログ

2006年12月6日

口臭

口臭

最近口臭が気になるとのことで来院される患者さんが増えています。
テレビでも口臭予防についてのコマーシャルも多いですしね。
口臭についての詳細はHPの口臭の項目を参考にしていただきたいと思います。
ここでは口臭を主訴として来院された患者さんのうちどれくらいの方が実際に口臭があったかというお話をさせていただきます。
まず結論からいいますと口臭を主訴として来院された患者さんの多くは実際にはほとんど口臭はありません。
『人と話す時に相手が自分の口臭を気にしている感じがする』とか『家族に口臭がすると言われた』、『歯を指で触った後、臭いを嗅ぐと臭い』等が多いです。
まず家族から1度言われたことがあるということですが、だれしも食べた物にもよりますが、食後には口臭があります。また体調によっても口臭があります。
時間帯によっても違います。得に朝は口臭が強いものです。
そうした時に口臭を指摘されたため気になっているということがあります。
また指で歯を触った後はブラッシング後でないかぎりやはり臭うものです。
先程多くの方が実際には口臭がなかったという話しをしましたが、口臭は気にすれば気にする程口臭があるように感じるものです。
こうした場合には歯科医院にて口臭の原因である虫歯や歯周病、舌の上の汚れ具合、唾液の性状等を検査してもらうことが大切です。
その結果問題がなければ治療の必要性はありません。
口臭が気になって口臭予防薬(マウスウオッシュ等)を使いすぎることは逆効果になることがあります。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP