最新インプラント症例ブログ

2006年12月10日

上顎洞底挙上術の患者さんが増えています。

上顎洞底挙上術の患者さんが増えています。

このところ上顎洞底挙上術という治療法が非常に増えています。
この上顎洞底挙上術という治療法は上顎の奥歯にインプラントを埋入する際、骨の高さがないためにできない場合に行う治療法です。
(詳細はHPのインプラントの項目の中の特殊な治療法を参考にして下さい)
骨が少ない部分に骨移植を行い高さや幅を増大する治療法です。
インプラントの治療としては非常に難しい治療法で、一般的にどこの歯科医院でも行っているような治療法ではありません。
逆に言うとほとんど行っている歯科医院はないような治療です。
大学病院の口腔外科では行っていますが、個人の歯科医院となると非常に少ないものです。
インプラントを受けたいが、骨が少なく、インプラントを断られたという方は多くいらしゃると思います。
上顎洞底挙上術等の骨移植を受けたいが、治療に対して不安がある、どこで行っているかわからない、治療費が高い、大学病院では通院時間帯や曜日に制限があり難しいという意見を聞きます。
以前はこうした場所を探すのが難しいものでしたが、今ではインターネットで探すことが可能な時代になっています。
患者さん御自身で通院が可能な地域で検索されれば意外に近くにあるかもしれません。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP