最新インプラント症例ブログ

2006年12月13日

歯周病の治療は大変なのか?

歯周病の治療は大変なのか?

歯科治療は麻酔をしたり嫌なものです。
そのため歯科治療を中断された経験がある方は多くいらしゃると思います。
よく歯周病治療の検査や治療計画の説明の時に聞かれることがあります。
『歯周病治療は痛いのですか?』、『歯周病治療は大変なのですか?』という質問です。
歯周病治療の内容についてはHPの歯周病の項目を参考にしていただきたいと思いますが、簡単に説明しますと歯周病の初期の段階では歯石を取ったりするだけです。この治療自体は痛はほとんどありませんし、さほど大変な治療ではありません。
歯周病が中程度になってくると歯石は歯肉の奥深い部分まで侵入していますので治療は若干大変になります。
そのまま歯石を取ると少し痛いので麻酔をして行います。麻酔さえすれば痛みはまったくありません。
しかしこの麻酔は嫌なものです。
そのためできるかぎり痛くない麻酔を心掛けています。
麻酔の前に歯肉を麻痺させる塗薬を使用したり、麻酔も痛くないように注射しますのでさほど心配はありません。
重度の歯周病になると歯周外科処置という治療を行う必要性があります。
外科処置というと恐い感じがしますが、もちろん麻酔をしますので御心配されないで下さい。
結論的に歯周病治療は痛みに対しては必要に応じて麻酔を使用しますので御心配はいりませんが、治療の回数はその程度にもよりますがある程度かかります。
なんども通院するのは嫌だなと思うかもしれません。しかし、歯周病は放置すればするほどその後の治療は困難になりますし、場合により抜歯することにもなります。
歯がなくなると入れ歯を使用することにもなります。もちろん噛めなくなります。そうしたことを考えれば少し大変でも早めに歯周病治療を受けた方が良いでしょう。
なにごとも早め、早めが予防の基本です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP