最新インプラント症例ブログ

2009年7月20日

格安インプラントは本当に大丈夫か?:その4

7/20(月曜日)です。

今日は連休の最終日です。
当医院も日曜、月曜と休診です。


今日も前回の続きで、『格安インプラントは本当に大丈夫か?:その4』になります。

前回までの3回で、『格安インプラント』は、
本当に広告された料金以外にも以下の費用等がかかることがあり、
最終的にかかる合計費用をきちんと把握することが重要であることを解説しました。
例えば、『インプラント1本10万円!』と言っても本当に10万円ということはありません。
上記以外にも

・検査費用、
・手術費用、
・2次手術費用、
・土台(アバットメント)費用、
・仮歯の費用、
・骨増大治療(GBR法)、
・ソケットリフト法 
・セラミック等の被せ物の費用

といったことが加算されることが多く、実際の費用以上にかかってしまうことがあります。
特に、仮歯や 骨増大治療(GBR法)、ソケットリフト法 等は、別途加算される医院もありますので、
事前に確認が大切です。
インプラント1本10万円で、
手術費用が5〜10万円、
GBR法(骨増大法) が5〜10万円、
ソケットリフト法 も5〜10万円
2次手術費用が5万円、
仮歯が5千円、
土台が5万円、
セラミッック等の被せ物が10〜20万円
という医院もあります。

『合計したら40万円以上にもなってしまった!』
なんていうことも良くある話です。

また、逆に『インプラント1本30万円!』と書いてある歯科医院でも
上記のようなことを 全て含めての合計なっている場合もあります。

きちんと確認をし、事前に治療費の明細書 や 治療計画書 を きちんともらっておくことが大切です。

また、保証も問題も重要であることを前回までのブログで書きました。
インプラント治療の成功率は非常に高いものですが、決して100%ではありません。
そのため、保証内容をきちんと把握しておくことが大切です。
保証期間、
保証内容(100%保証なのか? 50%まで保証してくれるのか? 等)、
保証条件(多くの歯科医院では、年間数回のメインテナンスが条件になっています)

単に保証といってもその内容は大きく異なります。

また、どこのインプラントメーカーを使用しているかも大きなポイントであることも解説しました。
現在世界には、100種類以上のインプラントメーカーが存在しますし、
日本国内でも30〜40社程度のインプラントメーカーが使用されています。
全てのインプラントメーカーが同じレベル(精度)ではありませんし、
全てのインプラントメーカーの原価が同じではありません。
原価が安いインプラントメーカーもありますし、
その3〜4倍以上もするインプラントメーカーも存在します。
しかし、これは、安いインプラントメーカーが悪く、高いインプラントメーカーが良い
ということではありません。
もし、品質も良く、価格も安いインプラントメーカーが存在すれば、
当然のことながらほとんどの歯科医師は、そのインプラントメーカーを使用するはずです。
しかし、現状としては、そうではありません。
例えば、『安い冷凍食品』があったとします。
それが、安全でおいしければ、当然その『安い冷凍食品』を買います。
逆に高くても 安全でなく、おいしくなければ誰も買わないでしょう。
しかし、品質の精度、安全性、おいしさを求めれば、
びっくりするような安い価格では、提供できないのが現実です。
お米や、野菜でも 無農薬で、土地から汚染されていないようなことろで栽培すれば、
生産量も限定されますし、手間も多くかかります。

単にインプラントという『ネジ』を工場で大量生産するだけではなく、
基礎研究開発や、長年の臨床での実績が反映されてこそ信頼性のある
製品が生まれるのです。
私達歯科医師は、インプラントメーカーは、『単に安いから…』といった理由では選択しません。

話は、少しずれますが、我家では『イヌ』を3匹、『ネコ』を2匹 飼っています。
いつまでも健康でいていただきたいので、食事には、気を使っています。
もちろんディスカウントショップで扱っている 添加物や保存料を使用していたり、
どこの商品だか分からないようなドックフード 等は買いません。
毎日手作りで作っています。
無農薬野菜(近くの鎌倉野菜)、脂身の少ない赤みの肉(肉の産地等も選んでいます)等で
毎日作っています。
動物は、食べる物を自分自身では選べませんので、飼い主がきちんと選択するしかありません。
イヌ も ネコも家族ですから当然です。

でも決して、安いドライフードが悪いと言っているわけではありません。
自分自身で、安全で栄養が高いものを選んだ結果が、
そうだったのです。


話はだいぶズレてしまいましたが、インプラントの費用(価格)には、それなりの理由があるのです。



次回のブログは7/23(木曜日)になります。


今週(7/17〜18)のインプラント手術報告

今週(昨日)のインプラント手術の中から、
難しいケース であったり、
特殊なケース 等を抜粋して、紹介するコーナーです。

それでは、今週のインプラント手術の中から下顎にインプラント埋入を行った1症例について解説します。
今日ご紹介する症例は、非常に簡単なケースでした。
その理由は、骨の幅や高さが十分に存在していたからです。

手術部位は、下顎の奥歯の1歯欠損です。
歯根破折していたため、抜歯となりましが、抜歯までの期間が早かったので、骨の吸収も少なく、抜歯後の回復(骨再生)も早くかったのです。

その結果、インプラント手術も簡単に終えました。
麻酔を除けば、手術時間は、5分もかかりません。
これが骨吸収が大きければ、20分以上もかかることもあります。

使用したインプラントは、 ストローマンインプラント(ITIインプラント)です。


今後の治療スケジュール
今後の予定としては、
1. 約7〜10日後に“抜糸”、
2. その後、 約2〜3ヶ月後に型を取ります。


  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

・ インプラントの基礎についてのブログは、 基礎ブログ(毎週金曜アップ)をクリックして下さい。

・歯周病専門ブログについては、 こちらをクリック


  ・歯周病専門サイトは、コチラをクリック

  ・インプラント専門サイトは、コチラをクリック


ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP