最新インプラント症例ブログ

2010年5月31日

インプラント症例:50回目

5/31(月曜日)です。
このインプラント症例ブログは毎週 月曜日木曜日にアップしています。
『50回目のインプラント症例』になります。

本日のテーマは、『インプラント治療期間中の仮歯をどうするか?』というテーマです。
インプラント治療をご希望される患者様の多くは、義歯(入れ歯)の使用が嫌な方です。
多くの患者様は、インプラント治療期間中も
『なんとか義歯(入れ歯)を使用しないで過ごしたい!』
という ご希望があります。
しかし、現実問題として非常に難しいケースも存在します。
本日ご紹介する患者様もインプラント治療期間中に義歯(入れ歯)を使用しないための工夫を行ったケースです。

患者様は、歯周病で多くの歯が抜けてしまい、義歯を作製しましたが、義歯では違和感があり、発音、咀嚼ができないため、インプラントを希望して当医院を受診されました。
以下のレントゲンが初診時になります。
スライド01

レントゲンが見にくくてすみません。
この症例は、10年以上前のケースです。
この頃の当医院は デジタルレントゲンではなく、通常のフィルムを使用していたため、
10年以上の期間が経過してしまったため、フィルムが劣化してしまい
このように見づらくなってしまいました。
古いフィルムで撮影されたレントゲンを デジタルカメラで 間接的に撮影し、それをPCに取り込んで使用していますので、このように見にくくなってしまいました。
p_img04

現在、上顎の前歯部の欠損部は 義歯(入れ歯)を使用しています。
しかし、入れ歯では違和感が強く義歯が使用できません。
また、上顎の左側の奥歯は 歯周病で歯がグラグラでした。
下顎の左側の奥歯も歯根破折 で歯がグラグラしていました。
スライド02

診査の結果、これらの歯は 抜歯しなければならないことが分かりました。
スライド03

問題(欠損)はさらに多くなってしまいます。
歯のグラグラ、腫れる、痛みがある…等から 患者様は、抜歯に関しては同意していただけました。
また、抜歯後にはインプラント治療を行うことになりました。
しかし、問題なのは治療期間中です。
×印を抜歯すると さらに大きな義歯(入れ歯)になってしまいます。
スライド04

そこで抜歯を2回に分けて行うことで 義歯を避ける治療法を行うことにしました。
スライド05

『どうやって義歯を避けてインプラント治療を行うの?』
ということを解説します。
最終的には、先程の×印の4歯を抜歯するのですが、
まず上顎左側の1歯のみを抜歯します。
スライド06

そして、抜歯と同時に仮歯を作成するのです。
スライド08

上記の● 青丸の歯を土台として、仮歯(ブリッジ形態)を作成するのです。
これにより すぐに義歯(入れ歯)から解放されます。
以下が仮歯を作成した状態です。
p_img05

初診から数日後には、このように固定式の仮歯となったのです。
これにより患者様は、義歯を使用しなくてすむようになりました。
この仮歯を使用しながらインプラント治療を進めていくのです。
インプラントは、以下のように埋入します。
1回目のインプラント埋入手術です。
スライド09

インプラント治療期間中は、先程の仮歯のままですので、
歯がない日は1日もありません。
実際の1回目のインプラント治療直後が以下になります。
スライド10

ブリッジの仮歯の下の部分にインプラントが埋入されているのです。
● 青丸が仮歯の土台となっている歯です。
この土台となっている歯でブリッジの仮歯を支えているのです。
この状態で約3〜4ヶ月待ちます。
インプラントと骨が結合(くっつく)までです。
そして、インプラントと骨が結合したら2回目の抜歯です。
上顎左側の奥歯を抜歯すると同時に インプラントに土台を付けて 仮歯を新たに装着します。
天然歯の土台から インプラントの土台に変更するのです。
スライド11

下顎左側も同様に抜歯し、インプラントの仮歯に変更します。
以下が治療終了し、10年後の状態です。
スライド12

現在メインテナンス(定期検査) も10年を超えましたが、問題なく機能しています。
ただし、心配なのは、残っている歯のほとんどが神経がないことです。
残っている歯に問題が生じないように徹底した管理が重要です。

今回の症例のようにさまざまな工夫を行うことで、
治療期間中も審美的にも問題なく、
違和感の少ない治療を行うことが可能になることもあります。
どうしたら良いのか?
とお悩みの方は、担当医にご相談されるといいでしょう!



次回のブログは6/3(木曜日)になります。
次回もまだまだ続く『インプラント症例』です。
さまざまケースを紹介しますので、きっと あなたと同じような症例があるはずです。

今週(5/28〜30)のインプラント手術報告
今週も多くのインプラント手術がありました。
インプラントモニター症例については、まとまったらこのブログでアップします。



 インプラントモニター募集(20%割引
現在、新規にインプラント症例集のページを作成しています。
さまざまなケースを見ていただくことにより、よりインプラント治療についてご理解していただきたいと思います。
そのため、症例を公開しても大丈夫という方(インプラントモニター)を募集しています。
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談


2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP